最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

春めくやみづはひかりの珠になり (る)

ウチの近所の大きな交差点には、信号脇に小さな植え込みが設えてあります。
季節に応じていろんな花が植えられますが、今は花甘藍(はなかんらん)。
大きな花が咲いているようで、思わず見惚れてしまいますconfident
昨日の雨が残っていたのか、葉の上には真珠のような水滴がキラキラshine
里芋や蓮の葉と同じように、超撥水タイプなんですね。
花甘藍は葉脈が多いので、その分あちらこちらに丸い水滴を散りばめていて、
何か童話が隠されているかに思えるほど美しいのです。

・・・そんな素敵なお話しを創造することは出来ませんでしたがcoldsweats01

タイトル句は「花甘藍みずはひかりの珠になり」から推敲。
「みず」は「みづ」ですねcoldsweats01
季語も、特定の植物から外し、「春めくや」に。
「や」は切れ字の他に、「~するやいなや」の「や」として捉えて頂いてもconfident

「水と光」はよく詠まれるので、類句も多いかとは思いますが、
やはり一度は自分なりに詠んでみたいものですよね。
いずれまたチャレンジするかも???

2016年1月30日 (土)

シクラメン春のルージュを選ぶごと (る)

花屋さんの店頭に並んでいるシクラメンの鉢が、
みんな微妙に色合いが違って綺麗です。
イメージの中ではいつも「単純に赤」だったけど、
ズラリと並んだたくさんの花を見ていると、その色の豊富さ絶妙さに圧倒されるほど。
どの色を選ぼうか、迷い始めたらキリがなさそうですsweat01

ウィキを見て篝火花(かがりびばな)という素敵な和名もあると知り、
改めて日本語の美しさを感じた次第。
 「Man on the Silver Mountain」だって「銀嶺の覇者」の方が絶対カッコいいもん!
満開の鉢に手をかざせば、ほんのりと温まりそうです。
このイメージから・・・ほっと心に灯をともすような一句が作れたら。

と思いながら、今の私には「季重なりですやん」なタイトル句が精一杯でしたとさsad

2016年1月27日 (水)

◆現代俳句ネット句会選句中~~~

毎月21日の0時に投句一覧が配信され、選句に入ります。
今回は・・・全1044句。
PC画面を見つめ続けるのがキツくなってきたのでプリントしたんですけど、
なんか20枚近くにもなったしcoldsweats01
でも、一枚一枚、ゆっくり読んでいくのはやっぱり楽しいです。
プリントは、行くところ行くところ携えていけるのがいいですね。
PC部屋から居間に移っても、続きが読める~~~。
良いと思った句を抜き出していくと、あっという間に20句くらいになっちゃいます。
ここから絞っていくのが難しいsweat01

選句締め切りは末日24時。
もうひと頑張りーーーhappy02

2016年1月26日 (火)

静電気祓うまじない冬日和 (る)

なんかこう・・・ドアノブとか触る前に・・・ヒラヒラしません?coldsweats01

ちょっと前の話になりますが、
バイト先でレジ合わせの途中、両替金を受け取る時に相手とパチ!!!thunderって来て、
握ってたコインをバラまいてしまったことがcrying
Hさん、そのせつは本当にすみませんでしたcrying

2016年1月25日 (月)

◆湯豆腐句会1月の結果

本日22時より、『湯豆腐句会』の披講が始まりました~~~。
今月は、3句中2句に票が入り、合計3票頂きました。
有難うございます!!!

・真知子巻たとえジャミラと呼ばれても  (2票)

寒くてマフラーをグルグル巻きにした時、フっと目に入った自分の姿が、
首をすくめていたこともあって「これはジャミラcoldsweats02」だったことから生まれた句。
今までで一番たくさんコメント貰えて、
管理人さんからも「面白い」とコメント頂けたのが超嬉しかったです!heart01happy02heart04
11月に「銀漢やジミー・ペイジのアルペジオ(1票)」という句を出した時は、
「ジミー・ペイジもアルペジオも、一般的には知らない方が多いです」とのご指摘を頂き、
リベンジ(?)がてらの投句でしたので、受け入れられて良かったですhappy02

・寝正月海苔の佃煮あれば足る  (1票)

パっと食べれるものなら何でも良いと思いつつ、
自分が好きで、たまたま7文字であるということで「海苔の佃煮」を選んだのですが、
調べてみると海苔は縁起物としてさまざまな時の贈り物・ご進物に使われてきたとか。
(贈答品としては「焼き海苔」の方が一般的なような気もしますが)
なので、取り合わせとしては悪くなかったな、とちょっとホっとした一句です。

・裸木や空を仰ぎて枝軽し  (0票)

これは20年以上も前に作っていた一句。
類想句をたくさん見るので新鮮味もないし、
評価はされないだろうという予感はありましたが、
来月になるともう早春になるので1月の投句に入れました。

今のところ、3句全部に票が入ったのは11月(合計4票)だけcoldsweats01
でも、「ジャミラ」のおかげでコメント数は過去最高なので、
これを励みにまた来月ガンバロウと思います。
スタート月(10月)は0票だったので、少しずつ成長していると思いたい・・・!

2016年1月22日 (金)

冬銀河どこかにアツい五人組 (る)

このところ、めっきり韓国映画にハマっていたけれど、
今日は久しぶりに洋画を観ました。
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)。
懐かしの洋楽満載の、楽しい作品です。
『トレマーズ』を思い出したのは、作中にケビン・ベーコンの名が出たからか?(^^;

複数形だけあって、愉快な仲間たちが出て来る訳なんですが、
中でも樹木型のグルートがイカしてますlovely
喋れる言葉は、「I am Groot」だけなんですけど、
みんなのピンチの時に、いっぱい枝を伸ばしてモフモフドームを作って守るの。
「そんなことしたら死んじまうぞ!なんでそこまで・・・!」
泣き叫ぶロケットに、グルートはニッコリ笑ってこう言うの。
「We are Groot
・・・おおおcrying

一度は衝撃を受けてバラバラになっちゃったグルートだけど、
当然!ちっちゃい挿し木になって復活~~~happy01やっぱりね!良かった良かった!

ヨンドゥ役がマイラブ♪マイケル・ルーカーなのも嬉しかったし、
名曲『Ain't No Mountain High Enough 』の効果も絶大!!!

こーいう映画、大好きですhappy01

2016年1月21日 (木)

◆あかぼし俳句帖 (1、2巻)

原作有馬しのぶ、作画奥山直。

2014年12月からビッグコミックオリジナルで始まって、
現在第2集まで刊行されています。

私が俳句に本格的にハマり出したのも実はこの頃から。
それまでも、ポチポチ俳句らしきものは作っていて、
リアル句会に参加している友人とのメールのやりとりの中でチョコっと書いたりしてたけど、
多分本気で俳句作れるようになりたいなあって思ったのが、
羽生結弦くんのNHK杯(2014)の事故の後からなんです。
この時の句が、

冬薔薇 雲なき空に透けゆきぬ (る)

そーです、この頃はまだ切れ目に空白入れてたですcoldsweats01
以前から、結弦くんの演技を見ていると俳句が出来そうだって感じていたんですけど、
この時初めて、ようやくひとつの言葉の連なりとして出て来てくれました。
まあ、出来はともかくとして、
ただただ、透明な心で滑って欲しいと願って・・・。

これが12月の初めでしたから、『あかぼし俳句帖』連載開始のほんのチョット前。
まさしく、私は明星啓吾サンと一緒に俳句に触れて俳句を学んで、
夢中になって鳥肌立てて、調子に乗ったりヘコんだりしてきた訳です。
2巻では、明星サンがネット句会に参加します。
まあ、ボロクソ言われる訳ですが・・・
その後の、冷奴を前にして明星サンが

俺に俳句の才能があれば、
いい加減なごまかしも、
見抜かれた恥ずかしさも、
悔しさも八つ当たりも!!
全部お前が黙って吸い込んで、
酒の肴として俺に食われていくっていう
句に出来るんだ・・・!!


って言うところでグゥっと力が入りましたね。ウンbearing
そして明星サンが悩んでいる頃、スイちゃんは元同級生の一之瀬クンから、
結婚前提の付き合いを考えて欲しいと言われてたりなんかする訳だ。
ここで紹介されている、夏井いつき先生の句が素敵なんです。

野茨や寓話のような月である  夏井いつき

そんなこととはツユ知らない明星サンは、夜の街で偶然白帆先生に会い、
俳句への情熱と等身大の自分を取り戻します。
そして初めての吟行ですねー!
スイちゃんの句をめぐって赤星サンと遊佐くんが対決(?)するアツい展開は3巻で。
楽しみです!happy02

2016年1月20日 (水)

寒風も善き哉あなたとおぜんざい (る)

鏡開きの日に作るとか書いておいて、今頃デスcoldsweats01
昨日から寒くて寒くて。今朝なんか、雪がチラついてたし!!!
風邪引いちゃったっぽいダンナを温めるためにも、このタイミングで初ぜんざい。
「おぉ!」
驚くダンナ。
「これはぜんざい!」
当たり前ですcoldsweats01
回転焼きの美味しいお店『御座候』で買ったあずきあんなんだからね、
たとえ私が作ったとしても、味に間違いございません☆

美味しゅうございましたlovely

2016年1月19日 (火)

凩やユーロビートを打つ幟 (る+)

さぶっ!
寒い~~~~!!!crying
雪が降り出してもおかしくないくらいの冷たい風がばんばん吹き荒れています~!
タイトルは、原句「凩にユーロビートの幟かな」を友人にお手入れしてもらったものです。
「凩や」で切ったことで、幟が自発的(嬉しそう)にリズムを刻んでる印象に!coldsweats02
イメージ的には『Night of Fire/NIKOhappy02upup

ああ、ちょっとだけ強風を楽しく感じられる気が・・・してきた・・・カナ?coldsweats01

2016年1月18日 (月)

薄氷や日の暮るるやうに鳴る喇叭 (る)

1月17日です。
阪神淡路大震災から早くも21年・・・。

◆湯豆腐句会、選句開始

今月は214句が集まった『湯豆腐句会』。
お正月の句が多く、晴れ晴れと和やかな空気感にとっぷり浸らせて頂きました~lovely

毎回、良い句が多くて選ぶのは大変なのですが、
まず最初にお気に入りの句にコメントをどんどんつけていくところから始めます。
良いと思ってもコメントの言葉が出て来ない句もあります。
それは、多分私自身の経験の浅さから、実感として捉えきれていないためだと思います。
また、これは単に好みの問題ということですが、
私自身が「明るい・元気・前向き・上向き・のんびり・心地良い」句が好きなので、
寂しい内容の句よりはそちらを選んでしまう、ということもあります。

コメントをつける句は、だいたい10句前後になる感じです。
その中から3句に絞らないとなんですが・・・これが悩ましいんですよねえ~~~bearingsweat01
どの句にも味わいがあるので、読み込めば読み込むほど選べなくなっていきますbearingsweat01

今回の選句締め切りは24日22時。
期限いっぱいまで、じっくりゆっくり取り組みます!

2016年1月16日 (土)

◆背すじをピン!と(1、2巻)

あの子たちは・・・そうだな・・・・・・・・・
両方とも小さくてかわいい・・・!

(2巻p119より)

2015年春から週刊少年ジャンプにて連載開始始の競技ダンス漫画。
横田卓馬は数年前に読み切り『競技ダンス部へようこそ』を発表しているほか、
短期集中連載された『こがねいろ』の登場人物が部の顧問として登場するなど、
この物語に対する深い思い入れを感じます。
主人公・土屋雅春くんの、平凡さ(本当に等身大の感じ)が可愛くて、
ヒロイン・わたりちゃんの良い子さが可愛くて、
「こんなコいたら、好きになっちゃうよな・・・!」とグっと、ググっときてしまうのがイイです。

また、出る人出る人みんないい人なのが最強!!
冒頭で紹介したのは、2人の初試合を見た学生チャンピオン咲本さんのセリフ。
わたりちゃんが緊張(とトラウマ)のせいでへたり込んでしまい、
しばらく踊れなかったのを、つっちーが立て直してガンバルんです。

この2週間を・・・
できなかったで終わらせちゃ・・・絶対ダメだ・・・!
まだ時間あるよ・・・!
最後まで
踊ろう・・・!
わたりさん・・・!!


「最初」から、背すじをピン!と伸ばすところから仕切り直す2人。
フワっとホールドに入って、音楽をよく聞いて・・・

”ナチュ” ”ラル” 「”ターーーン”!!」


先輩たちと一緒に手に汗握って応援しちゃいますねcoldsweats01
2人が、通学途中や日常生活のいろんな時に、一生懸命努力している姿を、
丁寧に描いているからこそ、ここでグググっとくるんですよね。

土屋くんたちきっとすぐに上達する・・・!
そのうち僕ら「決勝で会おう」とか言い合う関係になるよ!

元ジュニアチャンプ御木くんも何だかほんわかしていてイイ人だし、
御木くんのパートナー・ロシア人のターニャもカワイイ!
ロシア語訳を知ったらもう萌えるしかないという・・・。

2巻は、わたりちゃんがトラウマを語り始めるところで終わっています。
感動の文化祭編は3巻ですね・・・超楽しみ~~~!!!

2016年1月15日 (金)

熱くして虎落笛気にならぬほど (る)

タイトルは、夏井いつき先生のブログに初めて書き込みした句です。
お題が『虎落笛(もがりぶえ)』で、掲示板のコメント欄にそれはたくさんの投稿がありました。
秀逸句のうち、ラジオで読み上げられた3句が以下のとおり。

虎落笛あれは頭上を越える虎      猫じゃらし
君の死を君は知らない虎落笛      恋衣
陵を塒とせむや虎落笛      内藤羊皐

猫じゃらしさんの句は寂しい・暗い・怖いイメージをビュオっと飛び越えていてカッコいい。
発表された時、一言「さすが・・・!」と唸った一句です。
なにかこう・・・戦いに臨む孤高の武人の胸には、こんな音が鳴っているのかも、と思いました(あぁうまく言えない!bearing)。

翻って、私の句は「あま~~~い!coldsweats01」ですね。
まだまだ精進が必要だわ・・・!

2016年1月14日 (木)

松の内体重計には乗らずおく (る)

関西では、1月15日までが松の内らしいですね。
勤め先では、12月30日からつけていたミニ注連飾りが、今日外されました。
もはや、お雑煮すら作らなくなってしまった我が家・・・
せめて今年は、ぜんざいを作ろうと思ってあずきあんを買っていたのだけど、
やはりお餅を買いそびれ(><)
気が付けばまだ一度も作っていませんcoldsweats01

あっでも鏡開きが15日だから(今は違うかな?sweat01)明日!
明日こそはお餅買って帰って、ぜんざい作る!!!
ほんで明日は「あー美味しかった」的な俳句も作・・・れるといいなあーspa

2016年1月13日 (水)

短日や先ずは結露を拭き上ぐる (る)

ずいぶん寒い一日となりましたが、今日は、駐輪場でホッコリを頂きました!

シフト終わりに地上(勤務先が地下2F)に出ると、道が濡れてる・・・。
あー雨降ったんだ~なんて思いながら駐輪場に着くと、
屋上に止めてる自転車も濡れてる。
サドルもハンドルも濡れてる・・・うひぃ~~~~~~(>_<;;;
って思いながら出口に向かっている途中、駐輪場のおっちゃんが
「急に降ってきたからねえ!冷たいでしょ」
って、両手に持ってるタオルでサッサッサ~~~~♪って自転車を拭いてくれたのです。
きっと、屋上に止めてある自転車、1台1台拭いて回るためにタオル持ってきたのですね。
「うわぁー有難うございます~~~!」
ここの駐輪場のおっちゃんたち、みんな朗らかで優しくて、大好きです。
自転車がいっぱいでギチっと並んでる時、
ハンドルとかペダルが引っかかってうまく取り出せないでいると、
「ハイハイ任せてよ~~~はぁい、どうぞ♪」
って、ニコニコしながら動かしてくれるのです。
誰かの役に立てるって嬉しいなあ、有難いことだなぁ。
そんな気持ちが伝わってきて、なんだか元気になれるんです。

この気持ちを俳句にしてみたいけど、無理かなぁ~~~(^^;;;
秋口にも、「爽やかや・・・」って呟いてみたけど、うまくまとまりませんでした。
今日も「冬晴れや・・・」って思ったけど、まとまる気配ナシ(^^;;;
でもいつか、こういう気持ちをピタっと表せる言葉を見つけたいと思っています。

タイトルは、多分10年近く前に作った句を練り直したもの。
「結露」が季語だと思ってたら違ったので(^^;;;
まだピタっと来ている感じが足りないので、今後もマイナーチェンジ繰り返しそうです。
なんか、こういう未完成の句がいっぱいあるような気がするなあ(^^;
発展途上というか・・・イヤ、伸びしろがまだまだいっぱいある!と思っておこう!!(笑)

◆覚悟完了!

あっ、間違えた、「投句完了!」です(^^;
「覚悟完了」は『覚悟のススメ(山口貴由)』のアニソン。時々歌いマス。
https://www.youtube.com/watch?v=BxwUK0OcSTA
負けることは恥ではない。戦わぬことが恥なのだ!どどーん。

「湯豆腐句会」の方は、締め切り日に微妙にバラつきがあり、今月は17日。
でも、あんまりギリギリに出したくないので、5~10日の間に投句することが多いです。
こちらはアットホームな雰囲気で、選句以外にもコメントも入れられるし楽しい句会。
毎月だいたい220~250句くらいでしょうか。最大3句投句3句選句。

「現代俳句協会」の方は、スケジュールが決まっていて毎月20日が締め切り。
同じく、あまりギリギリに出したくないので、10~15日の間に投句することが多いです。
こちらは掲示板があって、選句の感想などが書き込めるようになってます。
現在は「掲示板における辛口批評の是非」について盛り上がっているようです。
私自身は、お気に入りの句への感想を書くのが精いっぱいですが、
鑑賞力を高めるためにも、より多角的に考えられるようになれればいいなとは思います。
自分がスルーしていた句でも、
気に入った方の感想を読むと新たに見えて来る景があったりしますし、
自分も取っている句についても、
良いと思った点や見えた景についての表現が少し違ったりするので、
それがとても新鮮に感じられて勉強になります。
こちらは今1050句前後になっているでしょうか。最大5句投句5句選句。
始めはG2会員から、4月までの累積ポイント次第でG1に昇格出来る仕組み。
初投句から、0点→4点→7点→7点と、ジワっと成長?してる気はしているので、
いつか昇格出来るように頑張りたいです。
道は果てしなく長く厳しそうですけど~~~~~~~(^^;;;

2016年1月10日 (日)

◆銀盤騎士7巻

銀盤騎士7巻、ようやくGET---!!!
愛用していたカモ柄パンツ(仕事の時も遊ぶ時も穿いてた)がついに限界を迎え、
生地が限りなく薄くなってきたので、作業用ズボンを2本買うことにしたついでに、
うっかり見つけてしまったカモ柄スリッポンとか、毛糸太めのニット帽とか、
「予算5000円っ・・・」と思ってたところ全くもってギリギリセーフのお買い物となりました。
銀盤騎士は、今回盛山さん大活躍(≧ー≦)
キレッキレのセリフが気持ち良いです。
ビミョ~~~~~~~~~にすれ違っているここっぺとせーちゃんですが、
モヤモヤして演技に精彩を欠き、後ろ向きなここっぺにせーちゃん飛び蹴り一発!

スタッフだけでねぇ
ファンの子達だってここっぺにいい演技してもらおうと必死だっぺよ 
なしてかわがってっけ 
ここっぺがここっぺの事が大好きだがら

本当に本当に好きだがらぁー

直前に、一部のマナー違反の応援をするファンへの苦言を呈しながらも、
「私たちこういうふうに応援していきましょう」と誓いを新たにしている
ファンの子たちの真剣で清らかな姿を見かけているから、
叫ばずにいられなかったせーちゃんなんです。
そしてせーちゃんの口から「大好き」と聞けてすっきりした表情のここっぺ。
新衣装で迎える『アーサー王』非常に楽しみです。
その前に、田村麗人選手の『火の鳥』!
「キャアァァッ麗人くーんっ」
「麗人くんが4回転降りたーッ」
「ギィヤアァァーッ麗人くーん」
「麗人くんがアクセルも降りたーッ」
ちょこちょこミスの多かった選手なだけに、ファンの喜びようったら!
なんかもー私も一緒になって応援している気分です。
おじいちゃんをオリンピックに連れていきたいんだもんね。ガンバレ麗人くん・・・!
大牙&まりあカップルもいいですよね~!
次巻予告を見ると、こちらでもジーンとさせてくれそうな気配・・・楽しみー♪
出場枠は3枠を確保しているんだよね、
気になるのは風太くんですが・・・ど~なるんだろ~~~(><)

8巻は来春5月頃か~~~。
フィギュアシーズンがひと段落してからだから、それもまたヨシなタイミングですね。
掲載誌(月刊誌Kiss)の方は一切見ないようにしているので、
また新刊発売までワクワクしておきます!

◆NHK杯スペシャルエキシビション

先ほど、録画しておいた「NHK杯スペシャルエキシビション(第2部)」を観ました~~~!
超!嬉しかったのは鈴木明子元選手が、『O(オー)』の衣装で現れた時!!!
もう滑る前から感動で涙ぐんでしまいます。

春・・・小鳥のさえずりとともに、「今、目覚めたところ」。ぎこちない動きからスムーズに。
夏・・・飛ぶことにも慣れて、いろんな動きが出来るようになる。毎日が楽しくて仕方ない!
秋・・・風が冷たくなり、閉じ込められようとしますが、押しのけます。もっと飛んでいたい!
冬・・・胸を掻き毟られるような音楽の中、逆境の中でも羽ばたく、強く美しい姿。
春・・・明るい小鳥のさえずり。また春がめぐってきました。新しい1年が始まります。

このプログラムから浮かんでくるストーリーです。
鈴木明子さんが、とても好きなプログラムであり、
「NHK杯での『オー』が自身のベスト3に入る演技だった」
ということで、今回滑ることにされたそうです。
そうです、NHK杯の『オー』は完璧でした・・・。
このお正月も、年明けの一発目にYOU TUBEで映像を観て初涙を流したところ。
私自身、何か節目節目で美しい気持ちになりたい時に必ず見返す演技です。
(全日本の時の『オペラ座の怪人』も良い・・・!)

今回は、特に冬パート(と私が思っている部分)での澄み切った笑顔が美しくて、
本当に幸福な数分間でした・・・。
会場のお客様もスタンディングオベーションで、その姿にもまたウルウル。
鈴木明子さんの、これからの活躍を心から楽しみにしています。

荒川静香さんの『You Raise Me Up』も嬉しかった・・・そして美しかった!
ジャンプやスピンの技術面ももちろん評価されて然るべきですが、
フィギュアにおいてはやはり、その美しさこそが眼目であると、
だからこそ世界中の人がこの姿に拍手を贈るのだと、しみじみ感じた次第です。
美しさとしなやかさ、ますます成熟されている荒川静香さんにただただうっとり・・・でした。

それから、伝説のスケーター、フィリップ・キャンデロロ登場にもアガる!!!
長野オリンピック優勝、NHK杯は2連覇と、日本人にも馴染み深い選手ですよね。
43歳の今でもショーで滑ってらっしゃる現役というところが本ッ当に凄い・・・!
『ダルタニアン』の華やかな演技は健在で、本当に何度観ても飽きない名プログラム。
なんか、ヒュンヒュンしなる剣が見えるもの(≧ー≦)
そしてバク転もシッカリお決めになる!!カッチョいい!!!!
さすがに演技後は息が上がってらっしゃいましたが、そんな姿もチャーミングなのです。
最後に浅田舞ちゃんにキスしていたのも、さすがと言わざるを得ない(^^;;;

そしてそして、皇帝プルシェンコ!
ソチでの痛々しい姿が焼き付いていたので、華麗な滑りが観られて嬉しかった・・・。
ウィキを見ると、脊椎手術が成功し、平昌オリンピックも狙ってらっしゃるとか。
もしかして、ソチで叶わなかった結弦くんとの直接対決を望んでいるのかな~。
ソチで最も観たかった「世紀の対決」だったので、実現したら凄いことだと思っています。
結弦くんも、平昌で連覇して引退、という青写真を持っているとのことですし、
宇宙人同士のとんでもない試合になりそうで楽しみです。
なので、どうかその時をお互い万全で迎えられるようにと願います~~~。
出来ることなら、人類の財産として永久保存しておきたいくらいの二人ですもの・・・。

最後から2番目が真央ちゃんの『ジュピター』。
リベラボーイズ、仙台の子供たちと一緒に作り上げたプログラムで、
透明な祈りに満ちた、素晴らしい歌声そして構成、美しい滑りでした。
  命の限り 希望 胸に 未来への光 輝かせよう 輝かせよう
真央ちゃんが書いたという歌詞です。
全日本の時は引退も考えたという真央ちゃん・・・あの表情はやっぱり・・・(><)、
でも、今このプログラムを観て,真央ちゃん自身も「私も負けないように頑張る!」って、
気持ちを改めて感じているのではないかな、そんな光を感じました。

結弦くんもですが、滑りの中に感情がこもっていて、深く深く、心にしみいります。
録画を観る前は、「1時間半か~たっぷり観れるな♪」なんて思っていたのに、
気が付けば「えっもう?グランドフィナーレ???(@@;」というくらいに、
あっというまに至福の時は過ぎていったのでした・・・。

語彙と表現力が残念で申し訳なさすぎますが、本当に素晴らしかったです。
明日への活力を頂きました。有難うございました!!!



2016年1月 7日 (木)

春隣ふと口ずさむキャンディーズ (る)

今日はお休みだったので(って既に書いてるか)、ひっさびさにカラオケ行ってきましたー。
土曜日に、歌メッチャ上手い人とカラオケ行くので、その前にこっそり練習です(^^;

昨年末くらいから土日のバイト先(100均)のBGMでループしている曲のうち、
『サヨナラをあと何回(フレンチ・キス)』が凄く好きで歌えるようになりたかったのですが、
鬼門のCメロで「♪これ以上待ってても」のとこが微妙~~~~~。
でも、ゆったりしていて綺麗で覚えやすいメロディーなので、
私の初挑戦としては割といい方の点数が出たと思いますよ・・・。
『Black Bullet(fripSide)』は、全然ついて行けなくて80点の壁を超えたことない気が(^^;
でもカラオケの映像がソレっぽくてカッコいいので、ついつい入れちゃう。
今日もつい入れちゃったけど、やっぱりダメでした(笑)。

あと、『桜の花びらたち(AKB48)』も久しぶりに歌ったら、もう泣けて泣けてダメだったー。
もう前奏部分からグっときてて・・・「♪どこかで誰かがきっと祈ってる」で涙腺崩壊。
感情移入しすぎるせいか、好きな曲ほど歌えないというのは悲しいです~~~。
悲しい要素がないはずの『春一番(キャンディーズ)』ですら、
眩しさに切なさを覚えるのか、不意に胸に迫ってきちゃいますしね(^^;
そう、前向きな曲は逆にヤバいんですよね・・・そういう年齢ってコトなのかなぁ(^^;;;
その点、『越冬つばめ(森昌子)』は大丈夫で、声を出すのが気持ち良くて90点オーバー。
ビブラートが出せるようになればもうちょっと↑↑なんだけどなぁ~(><)

最後は『夢をあきらめないで岡村孝子)』でタイムアップ。
結局今日は、90点を超えられたのは『さくら(横山智佐/真行寺さくら)』と『越冬つばめ』、
『誰よりも遠くへ(「トム・ソーヤーの冒険」OP)』くらいだったのではないでしょうか。
今年はもうちょっとたくさんの曲を上手に歌えるようになりたい・・・。
一番の課題曲は『サクラ色(アンジェラ・アキ)』です。
アンジェラ・アキの曲の中で『手紙~拝啓15の君へ』と『サクラ色』がダントツに好きで、
でも『手紙』の方は泣けて歌えないので、『サクラ色』ばかり歌っています。
がっ!どうしても大サビの「♪サクラ色のあなたのこともサクラ色の私のことも」の、
「あ」と「わ」の音程を高く歌いすぎる傾向があって、
「♪サクラ色の時代を忘れない」のあたりは息切れしているという体たらく。
今年こそはーーーーっ。と思っています、2年前から(^^;;;

やっぱり挑戦を続けることって大事ですよね!!!
好きなことは上手になりたい。
そして、その輪の中で楽しく過ごしたい。
歌も、俳句も、頑張ります~~~。

春の夜の夢よピアノよ幻想よ  (る)

https://www.youtube.com/watch?v=ggFrCoaPSZE
(世界選手権2014:浅田真央選手SP『ノクターン/ショパン』)

今日は、12月19日(土)ぶりのお休みで気が昂っております~~~(^^)
朝から楽しい、いや前の晩から楽しいもの(笑)。
そんな訳で、昨日は夕方から『幽☆遊☆白書』(息子が全巻揃えた)を読み返したり、
真央ちゃんのSP最高得点演技を見返したりして、のーんびり。

この『ノクターン』本当に素晴らしくて、何度見ても幸せになります。
ふんわりと儚げな、でもしなやかで強靭な、軽やかで美しく、優しく柔らかな演技。
冒頭のトリプルアクセルから最後のビールマンスピン、そして最後に手を伸ばすまで、
ずうっと夢を見ているかのような数分間なのです。
いつもは苦しそうな表情になることの多かったビールマンスピンの時でさえ、
優しく微笑んでいる真央ちゃん。
こんなに満ち足りて温かな気持ちになる演技は初めてです。
織田信成くんが、真央ちゃんのベスト演技を選ぶならコレだと
何かの番組で語ったそうですが、私も激しく同意です。
例え真央ちゃん自身が別の試合を選んでも!
                 ↑ソチのフリーが選ばれたみたいですね(^^;;;

そして今日は、施設のお義母さんにも結弦くんを観てもらおうと!
タブレットを持ってケアセンターに向かったのですが!
アレうまく作動しない・・・あっ、Wi‐Fiが飛んでなかったOrz
次は息子からポケットWi‐Fi借りて行かなくっちゃ~~~(><)
お義母さん、待っててね!!!

2016年1月 6日 (水)

雪をんな笑みを残して消えにけり (る)

ゆうべのうちにか今朝方にか、現代俳句協会の掲示板で、
「数え日や」の句に対して、とある方からコメントを頂いていました。
思いがけず講評者の方からの「高得点以外の注目作」のひとつに挙げて頂いて、
ほわ~~~~っと舞い上がっていたのですが、
海外生活の長いその方にとっては、
「ノープロブレム」は嫌な思い出のある言葉だったようです。
無責任な物言いで不愉快に感じたとのこと。

あくまでも年末を迎える日常のひとコマを詠んだつもりだったのですが、
確かに、仕事で相手からそんなふうにヘラヘラされたら嫌でしょうね(^^;
それは私も実感としてよく分かります。
なので、帰宅してからポチポチ返事を書き進め、
ようやく文章がまとまって投稿しようとしたら、そのコメントが消えていました。
うーん、残念。

今回は不愉快な思いをさせてしまって申し訳なかったですが、
いつかその方からも選んでもらえるような句が作れたら、と思っています。

2016年1月 5日 (火)

◆しょっぱい五・七・五

だいぶ以前(昨年11月頃)に、新聞で見つけて記事を切り抜いていたんだけど、
夏井いつき先生のブログで紹介されて思い出しました!!

「伯方の塩 しょっぱい五・七・五 俳句コンテスト」
http://www.hakatanoshio.co.jp/campaign/2015haikucontest/
オオ、いつき先生のコメント動画まである~~~。
「涙」、そういう切り口もあるのか。

しょっぱい思いと言うか、私なんて存在そのものがショッパイからなあ・・・。
昨日職場で「○○くんには困ったナ~」なんて話をしていたら、
自分がやるべき発注忘れて、今日大慌てでやったようなしょっぱさでして・・・。
この思いは果たして俳句になるのでしょうか。

しばらく考えたいと思います(><;

2016年1月 4日 (月)

初春や行方も知らず我と彼  (る)

見てからちょっと時間が経っちゃったのでけっこう忘れてしまったんですが・・・。
今年の初夢には何故か、
出資馬マイティーハニーがお世話になっている尾関調教師が出て来て、
それが「学校の先生」という役どころで、
試験の日だったのに私ったら最後の課目の時に抜け出して、
誰か忘れたけど騎手の引退セレモニーに競馬場に行って、
その競馬場は馬場の半分がスケートリンクになっていて、
セレモニーで騎手がスケーターと一緒にコンビ技をキメたりしていて、
学校に戻ったらもう6時40分くらいでみんな帰ってて、
尾関先生が残ってる部屋に入ろうかどうしようかとビビっているところで目が覚めました。

本当に良く分からない夢だったんですけど、
私の趣味である競馬とフィギュアが混然一体となった世界で楽しかったです。
今年もこの2つを軸に一年回っていくのかなーというカンジかな?

タイトル欄は、結婚1年目の年明けに作った句。
先行きに不安しかなかった私たちも、昨年で銀婚ですって。
何とかなるもんですねえーーー(^^;;;

2016年1月 3日 (日)

極月や未踏の峰を超す男  (る)

昨年のクリスマス頃に行われた、フィギュア全日本選手権の録画を、
今頃になってようやく全部見終わりました。
リアルタイムでは、ちょうど夕飯の支度にとりかかったり夕飯食べたりで、
落ち着いてじっくり観る感じじゃなかったので、時間のある時にゆっくり観たかったんです。
全日本選手権は、キラキラした若手に出逢えたり、
逆に「これで引退」となる選手の演技があったり、
特別印象深いし、特別楽しみにしている試合。
今年は男子も女子も殊の外ドラマチックで、たくさんの選手が心に残っています。

中でも、男子は14歳の島田高志郎くん!!!
羽生選手のスタイルの良さと、宇野選手の可愛さを併せ持つ、凄い人材です。
伸びやかな手足を存分に活用しての、表現力たっぷりの演技に震えました。

それから女子では今シーズンは何と言っても本郷理華選手です。
鈴木明子振付による『キダム』が素晴らしくて、もう何回もコレばっかり観ています。
私が、フィギュアを観て初めて泣いたのが鈴木明子選手の『オー』を観た時で、
翡翠(かわせみ)をイメージした衣装も美しくて、音楽も素晴らしくて、
四季を表現しているのが、そのまま選手人生を彷彿させるようで、
もう、何回観ても泣けるのです・・・。
本郷理華選手を通じて、また鈴木明子の世界に触れられるのが嬉しく、
また本郷選手がその振付を「自分のモノ」として熟成させていく過程が頼もしく、
世界選手権が今からとても楽しみなのです。
宮本賢二振付のフリー『リバーダンス』も目が離せない素晴らしいプログラムですし、
ひょっとするとひょっとするかもとすら思っています。

2連覇の宮原知子選手は持ち前の美しいアウトラインと凛々しさに磨きがかかり、
豊かな表現力も手に入れて、初々しさと完成度の高さを併せ持って非常に魅力的です。
(エキシの『翼を下さい』がピッタリで大好き~~~!)
浅田真央選手の見せた底力も素晴らしかった!
フリーの『蝶々夫人』は真央ちゃんの儚げでたおやかな演技が超ハマってる!
味わいがあってベテランにしか出せないスケーティング、
軽やかでゆったりした動きを可能にする途轍もない強靭さ。
あのフワリと何気なく飛ぶトリプルジャンプ、
妖精のように可憐なアラベスクスパイラル、
Ⅰ字のように見えるY字バランス、世界一美しいと思っています。
今はまだ復帰直後で体にも心にも馴染みきっていない部分があるのでしょう。
フリーを終えた後の表情は切なすぎて、何とも言えない気持ちになりましたが、
世界選手権は是非とも透明な気持ちで迎えて欲しい・・・と願っています。
真央ちゃん、貴女は世界の誇りです(T^T)



そして世界の誇りと言えば、昨年のグランプリファイナルの羽生結弦選手!!!
この感動を書こうとすると、時間がいくらあっても足りないので割愛するとして(笑)、
彼の偉業を称えるには余りにも言葉足らずではありますが、
羽生くんから受けた感動を何とか句にしようと、
私なりに精一杯格闘した結果がタイトル欄にございます~~~(^^;

初めて『ロミオとジュリエット』を観た頃は、演技終盤には疲れを隠せなかった少年が、
今や「ザ・クライマックス!!!」とばかりに怒涛の畳み掛けを見せる立派な男に・・・。
本当に、最後のジャンプの後のステップシークェンスは神がかっていると思います。
彼の手足から音楽が振り撒かれているように見える『バラード1番』も素晴らしいですが、
『SEIMEI』のハイドロブレーディングからイナバウアーという流れが最高です。
たとえ何度暗雲が立ち込めようとも、俺がこの手で切り開く!
というような、高い精神性を感じさせる振付だと思います。
それにしても、神と言っていいのか鬼と言っていいのか(^^;
本当にこんな人が存在するのですねえ・・・。

アスリートではない普通の人々も、みんな何かと戦っています。
年末の忙しさの中で過去最高の何かを達成した・自分の限界を超えたという事例は、
決して珍しくないと思います。
頑張り切った皆さま、お疲れ様でした。
私はコレといって何も達成していないのですが・・・
12月19日から休みナシ、次の休日が7日(木)なので、それまで頑張ります!

◆12月句会の結果

■現代俳句協会(全1048句)

5つの投句作品のうち、3句に点を入れて頂き、合計7点/累計19点となりました。

・数え日やノープロブレムと言うてみる (3点)

最初に中七下五があって、合う季語を探していたもの。
12月の季語の中で「数え日」を見つけた時、「これだっ!」と。
「言うてみる」を「言うておく」に変えても良かったかなーと思いましたが、
何となく目が泳いでいる感じが出ているかな~~~ということでそのまま投句。
共感して下さる方がいて嬉しかったです。

・耳たぶも眉もをさめて冬帽子 (3点)

だいぶ暖冬だったのですが、投句締め切りの数日前くらいに急に寒くなって、
ニット帽を引っ張り出してすっぽり被った時に出来た句です。
「耳朶も耳も収めて冬帽子」と変換されるままに打ち込んでみて、
ニット帽のやわらかい温かい感じが欲しいなと思って平仮名を多くしてみました。
内容はコレといってなく、ただもうホントにそのまんま・・・なので、
1000句以上も集まる句会で点が入るのか自信はなかったのですが、
友人がすごく気に入って勧めてくれたので投句に踏み切りました。
冬帽子の句、5つくらいあったかな?
飛び抜けて人気の7点句もあり4点句もある中、3点頂けて本当に嬉しかったです。
べるちゃん、ありがと~~~!

・白き猫するり時雨に閉じる路地 (1点)

「わあ降ってきたー(><)」パタパタする人間どもにお構いなしに、
しなやかに路地をすりぬけてゆく猫。その表情は超然として、
空間ばかりか、時間までも自在に行き来しているような気さえしてくる。
実際に私が目にしたのは模様の入った猫だったんですが、
「時雨」にも音が響き合うし、絵面としても綺麗かなと思って白にしてみました。
ちょっとメルヘンぽくなりすぎたかもと思いつつも、
ちょっと「不思議の国の」っぽくて気に入っていたので、点を頂けて嬉しかったです。

■湯豆腐句会(全234句)

・あと二日いや三日待つ次郎柿 (1票)

こちらは3句投句中、1句に1票頂きました。
自分の好みの熟れ加減まで、グっと我慢ーーー。
子供が10歳前後の頃に、私に対してちょっとピリピリしていた時期があって
気持ちが和らぐまで待っていたこともあり、そういうことも思い出しながら作りました。
頂いたコメントの中に「頑張れ次郎柿」というものがあってホッコリ(^^)

今月は新年らしい句を作らなくちゃですね。
お正月にお雑煮も作らず、牛丼と稲荷寿司買っただけの私が、
果たしてどんな新年を詠めるものやら・・・(汗
ガンバリますーーー。

◆始めます

2016年が始まりました。

昨年は、9月から「現代俳句協会」10月から「湯豆腐句会」に参加し、

俳句のことばっかり考える毎日になっています。

と言っても、フっと思いついてもスっと忘れていくことも多いため、

日々、思いついた言葉たちを書き留めるべく、ブログを活用することにしてみました。

ご感想、ご指導など頂ければ幸いと存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

トップページ | 2016年2月 »