最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆NHK俳句(俳句さく咲く!)お題「蝶」*3月10日締切 | トップページ | 春雷の一撃を待つ明日かな »

2016年3月 5日 (土)

春颯より白球の疾しこと

世界卓球女子、準決勝の相手は予選トーナメントで破っている北朝鮮・・・。
予選では、徹底したカットマン対策が実を結び、楽勝にも思えたものでしたが、
そうなると相手も作戦を変えてきます。
第1試合の伊藤美誠選手まさかの(!)敗退・・・
しかし「昨日の負けは今日の勝ち」との言葉を発した15歳は、その真骨頂を見せます。
第4試合の伊藤美誠VSリ・ミョンスン。
第2試合の石川、第3試合の福原が勝っており、あとひとつで決勝進出という局面です。
その第4ゲーム目に最大のヤマ場がありました。
獲って獲られて、獲られて獲って、シーソーゲームが果てしなく続き、
最終的には何と18-20までカウントが進む、文字通りの死闘となったのです。
辛くもカウントをものにしたミョンスン選手には、
残る2ゲームをもぎとるまでの体力が残されていませんでした。

頽れながらも戦い抜いたリ・ミョンスン選手の気迫と底力に、心から敬意を。
決して心折れぬ堂々たる闘いぶりを見せた伊藤美誠選手に、改めて驚異を。

昨日のドイツ戦の後もテンション上がって全然眠れなかったケド、
今夜もヤバいかも知れません。

ただただ、本当に凄かった
決勝進出、おめでとう~~~~~

« ◆NHK俳句(俳句さく咲く!)お題「蝶」*3月10日締切 | トップページ | 春雷の一撃を待つ明日かな »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春颯より白球の疾しこと:

« ◆NHK俳句(俳句さく咲く!)お題「蝶」*3月10日締切 | トップページ | 春雷の一撃を待つ明日かな »