最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 春颯より白球の疾しこと | トップページ | ◆NHK俳句お題「蛙」 »

2016年3月 6日 (日)

春雷の一撃を待つ明日かな

女子が決勝進出を決めた世界卓球、今度は男子の応援ですぅーーー
ドヤ顔王子・水谷準選手率いる日本チーム、
今度は吉村真晴選手、大島祐哉選手が入って、丹羽くん・松平くんはベンチ。
すっごく層が厚くなったなあ・・・という印象を受けました。
吉村選手は、私の好きな韓国人俳優ファン・ジョンミンにちょっと似てて、
それだけで応援テンション上がる
まっっったく同じフォームから回転の違うサーブを繰り出して相手を翻弄、
ちょっと危うさも見せましたが、最後は流れを掴み粘りを見せて接戦をモノにしました。
終盤は、応援していてグっとくるものが・・・おめでとう真晴くん~~~

3戦目の大島選手は、今日が誕生日とのことでしたが、残念ながら敗退。
4戦目は、何と何と、1戦目で圧倒的な力を見せたエース水谷選手が、
あっさり2ゲーム連取される波乱の展開!!
ちょうどその時、晩御飯の支度にとりかかっていた私は、
経過を伝えてくれるダンナの声を聞いては「嘘!」「マジで?」の連発でした。
しかあし、支度を終えて戻ってくると同時に、水谷選手も調子を取り戻し、
3ゲーム目から逆転劇を見せてくれたのでした・・・ああああ、良かった

チームが勝利を決めたことで、大島選手の目に涙が・・・。
そしてそんな大島選手に何かを話しかけている監督の姿が心に残っています。

あ、そういえば、今年の男子はイケメン率高かったですね!!
松平・大島両選手は特集が組まれるほど評判のイケメンだし、
丹羽くんだってキーワード「イケメン」でちゃんと記事が出て来ます。

がっ。私は声を大にして言いたい。
日本卓球界で一番のイケメンは倉嶋監督だと!!!
選手に比べてネットに上げられてる画像が異様に少ないのですが、
カッコいいショットありました♪
卓球王国BLOG:台隅をつつけ』より、ちゃんと記事にも「男前」って書いてある~

Photo_2


(この直後にカッコ良くないショットがあるのも可愛い

決勝は、女子と同じく、卓球最強国・中国。
熱いスーパープレイの応酬、いっぱい見たいです。

ガンバレ日本!!!







« 春颯より白球の疾しこと | トップページ | ◆NHK俳句お題「蛙」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

春雷の一撃を待つ明日かな


運動競技に疎く 卓球の良し悪しは判りかねますが、掲句には惹かれるものを感じます。心象句としても、観念句としても、大きな余情を覚えます。「一撃を待つ」の措辞が見事ですね。

衒叟さま、コメント有難うございます!!!
うわ~~~超嬉しいです!!!
毎回、こういった句を作る時は、その競技や選手を知らない人にも何かが伝わるように出来ればいいなあと思いながら言葉を選んでいますが、今回最も外せない言葉として浮かんだのが「一撃」でした。
男子の打ち合いのダイナミックさを季語「春雷」に託したことによって、卓球から離れても成り立つ句になってくれたのかなと思います。
コメント、大きな励みになりましたまたガンバリマス!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春雷の一撃を待つ明日かな:

« 春颯より白球の疾しこと | トップページ | ◆NHK俳句お題「蛙」 »