最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【並】ほくほくの土よ光よ馬鈴薯植う | トップページ | 留守番の少女くるまる菜種梅雨 »

2016年3月18日 (金)

菜種梅雨推して敲きて入れ替へて

「推して敲いて入れ替えて」、うまいこと中七下五になりますね
多分、「季語が違うだけ」の句が数多く存在することと思いながらも、
「菜種梅雨」が、開花を促す雨であるとの一文から、
推敲の先の開花を願う俳句愛を託して作ってみました。

推敲というと、自分にとって非常に思い出深い一句があります。

決めしこと守りて吾亦紅しづか (る)

『現俳ネット句会』10月句会に出して1点頂いた句ですが、原句は全然違うんです。

燃え殻なものかは路地の吾亦紅 (る)

吾亦紅を見た時・・・最初「マッチの消えたような」と思ったんです。
でも、よぉく見ると、深紅の色合いが実に美しくて、
「燃え殻なんかじゃない!」って、自分にとって結構なショックだったので、
その強い気持ちのまま、「ものかは」を使って句にしたのでした。
その後、「路地の」は要らんなーと気が付き、

燃え殻なものかは揺るる吾亦紅 (る)

に改変。これも、「燃え殻なんかじゃないっ」とフルフルしているイメージでした。
この句が出来たのは、もう10年以上も前になるんですが、
昨年『現俳ネット句会』に入会したのが秋だったので、使えるかもと思ったんですね
そこで投句検討中の句として、リアル句会に参加している友人にお伺いを立てたところ、
「燃え」と「紅」、「植物」と「揺れ」は”即きすぎ”になっちゃうって助言を頂き、
あと、「これは座による部分も大きいけど」と前置きした上で、
「俳句としては、感情を強く打ち出すことを避けて、写生の中で感じてもらうのがいい」
ということを教えてもらったんです。
ガーンと同時に「なるほど~!」

そこで「なにくそ感」捨てました
吾亦紅は、決して声高に叫んでいる感じじゃないですもんね
むしろ、「分かってくれる人がいる。それを信じてる」、そんな芯の強さを感じます。
自分もそんな紅(くれない)の心を持ちたいと思った時、句が変貌を遂げました。
何かを決意して日々過ごす自分を、吾亦紅が静かに見守ってくれている、というふうに。
決して写生句ではないながら、感情の押しつけではなく、
読んだ時に自然と吾亦紅の佇まいが立ち上がってくるような句を目指しました。

決めしこと守りてしづか吾亦紅 (る)
決めしこと守りて吾亦紅しづか (る)

平仮名続きの部分が少し読みにくく見えてしまうことと、
(ならば「静か」と漢字にするテもあるのですが、「しづか」って使いたかったんデス
句の中の「吾亦紅」の位置、口に出した時のリズムの好みで、句跨りにする方を選択。

原句から真逆の方向へ着地するなんて、思ってもみないことでしたが、
推敲するということの楽しさ(?)を初めて知った、思い出深い句なのです。

今後もきっと、そんなふうにして出来上がる句・変化していく句がたくさんあると思います。
なので、当ブログをお読みの皆さまには、本当に遠慮なく率直なご意見を頂きたいです。

「こんなコト言ったら気を悪くされるんじゃ・・・」みたいなお気遣いは無用ですよ
どうかよろしくお願い致します!!!

« 【並】ほくほくの土よ光よ馬鈴薯植う | トップページ | 留守番の少女くるまる菜種梅雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 はじめまして
 「夏井いつきの100年俳句日記」を経由して訪問いたしました。
 
 退職後、インドア的趣味もと思い、俳句を始めましたが一向に進歩しません。
 遡って拝見させていただき、所属している俳句会だけでなく、いろいろなところに投句することで、俳句モードが高まると思いました。努力してみます。

 余計なことですが、これだけネットも活用している人が、確定申告を電子申告にしないのか不思議です。初年度は「ICカードリーダー」を購入する必要がありますが(4~5000円だったと思います)時間帯に制約されないので楽です。忙しい人にお勧めです。

こんばんは。

    田舎者です。

     馬鈴薯植え付けは: 
        大きなイモは2~3等分に切る(イモに芽が3~4個入るようにして)
        この芋を一列単位で深さ10~15センチ、30~40㎝間隔に並べて
芋と芋の間に肥料を置いて土を上から掛けて
        地上10~15センチほどの高さの畝を作る。

         時期としては2~3月です。  5~6月ごろ収穫できます。

はじめまして
「夏井いつきの100年俳句日記」を経由して訪問いたしました。

毎日一句を目指して、私もブログ書いています。

お互い、佳い句を作るよう研鑽を積みましょう。

めぐるさんのお名前は、象さん句会2ndシーズンにはなかったようですが、3rdシーズンにはいかがですか?

俳ポニスト金曜常連に混じってのネット句会は楽しいですよ。
 

◆正丸さま

こんばんは!
当ブログにお越し下さり、またコメントも頂き、有難うございます!!
いつき先生のブログ大人気ですよね
先ほど正丸さまのブログも覗かせて頂きましたよ~~~海の男!!!なんですね
きっと私の想像もつかないような素敵な海の俳句が生まれるだろうなって羨ましく思いました。
「俳句ポスト」と「NHK俳句」は、さまざまな季語を知り、自分の引き出しを少しでも増やそうとチャレンジしています。自分で好きに作るだけでは、同じようなところをグルグル回るだけになりそうだな、と思ったのです。次々締め切りが来るので、早くもひーひー言ってますが
無理のない程度に頑張っていこうと思っております~。

あっ、確定申告へのご助言有難うございます!ネットでも出来るんですよね~~~いい時代になったー臨時収入があったらちょっと考えてみます!(でも、そんな時はたいてい本を買っちゃうんだよな~

◆田舎者さま

こんばんは♪
馬鈴薯の植え方講座、有難うございます!!
意外と早く収穫出来るんですね、ビックリ
実家でも作っていたけど、全然お手伝いしなかったのが今になって悔やまれます
でも確か、水仙のような色合いで、すごく可愛い花が咲いたのを覚えています。
次の機会にはもっとマシな「馬鈴薯植う」の句を作りたいです!ゴゴゴ(燃えている)。

◆伊東亜阿介さま

こんばんは!
当ブログにお越し下さり、コメントも頂いて有難うございます!!
ご高名はかねがね・・・うわぁ緊張するぅ
今回もいっぱいお名前出てましたよね~~~あやかりたいものです~~~
「象さん句会」、その名は千波矢さまのブログでも拝見したような・・・なんか・・・いっぱい作るんですよね?ひぃい
今は既にいっぱいいっぱいですが・・・あるひ突然門を叩いたら、その時はどうぞよろしくお願い致します・・・ドキドキ・・・。
伊東亜阿介さまのブログ、拝見しました。私と違って本当に一日一句キッチリ作ってらっしゃって、スゴイですちょっと、私もこれからエンジンかけなくてはですね
精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菜種梅雨推して敲きて入れ替へて:

« 【並】ほくほくの土よ光よ馬鈴薯植う | トップページ | 留守番の少女くるまる菜種梅雨 »