最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆プレバト!今週のお題「雛祭り」 | トップページ | 春颯より白球の疾しこと »

2016年3月 4日 (金)

◆NHK俳句(俳句さく咲く!)お題「蝶」*3月10日締切

第1~第3週までとは、ちょっと趣の異なる第4週目。
俳句に取り組み始めたのが昨年の秋からなので、
『初心者の方、大歓迎』の言葉に魅かれます
過去の特選句を見ると、学生さんの作品も多く、
フレッシュな感性に太刀打ち出来ないのでは・・・とビクビクものです。

先生のあてられ上手雪礫 (2013年2月特選句)

この作品は、一般の方かな?着眼点がナイスと思います。
私もこういう句を作ってみたいのだけど・・・

さて、締め切り迫るお題は「蝶」!
蝶というと・・・私が真っ先に思い出すのは「てふてふ」の詩。
「てふ てふ」のリフレインと、「神様が毬をついている」という比喩が、
いかにも蝶のつかみどころのない羽ばたきぶりとマッチしていて、
強烈に印象に残っているのですが、検索してもちょっと見つけきれなかったのです。
詩も、諳んじている訳ではないので、正確な言葉の並びも分かりません。
代わりに、俳句が見つかりました。

てふてふやいま神様の毬ついて  小杉余子

正直「神様の毬」オマージュで考えてましたが・・・うぅーーーんどうしよう~。
他に思いつけるかなぁー

« ◆プレバト!今週のお題「雛祭り」 | トップページ | 春颯より白球の疾しこと »

NHK俳句」カテゴリの記事

コメント

めぐるさん こんにちは。
   季題: 蝶  (てふてふ) 先人が詠み尽くしているから大変ですね。

    かの名高い山頭火の永平寺に句碑がありますよ。

          「てふてふひらひらいらかをこえた」

          他に2句 句碑があります。ご参考まで

     蝶は越冬するもの居りますよ  
良く面の蝶もおります
                   「てふてふのあだ名いただき介護せり」・・・(苦笑)

              介護施設で各部屋を飛ぶようにして入居者の面倒を見ている
               人気者のです。   
               ヒントになりませんか?    

       

田舎者さま、こんにちは!
「介護施設の人気者」、ほんわかして素敵な景ですね
山頭火の句も有難うございます♪
てふてふひらひら・・・う~~ん長閑
高浜虚子の「初蝶来何色と問ふ黄と答ふ」も名句ですよね・・・
子季語を見ると、「胡蝶の夢」「眠る蝶」「双蝶」など美しい言葉がいっぱい。
いろいろとヒントも頂き、気力が戻ってきました
有難うございます、しっかり考えてみますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆NHK俳句(俳句さく咲く!)お題「蝶」*3月10日締切:

« ◆プレバト!今週のお題「雛祭り」 | トップページ | 春颯より白球の疾しこと »