最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ホイールの逆回転や花嵐 | トップページ | 春深む大正生まれの義母とゐて »

2016年4月 9日 (土)

囀りや増ゆるばかりの漫画本

んもう、本当に少し整理していかないと部屋がヤバい
「キングダム」も「はじめの一歩」も増える一方だし~~~。

それはそうと、今週の「あかぼし俳句帖」も内容が濃い~かったです。
白帆先生による「季語」の説明、
スイちゃんのチョコ、
明星サンの変化。
明星サンが今「うどんすき」の句の完成に向かって取り組んでいるところも、
読んでて力が入ります。

この仲でまた囲もうやうどんすき  明星啓吾

「うどんすき」が季語でないと知って、困ってるんですよね~。
私だったらどうするかな・・・。
「うどんすき」が動かせないし・・・「この仲で」も大事な部分だし・・・
「囲もうや」の部分を季語に変えるかな?

○○○○○この仲でまたうどんすき
うどんすき○○○○○またこの仲で
この仲でまた○○○○○うどんすき

もっと違う形になるのかな?
明星サンがぴったりくる言葉を見つける時が楽しみです。

私も、格闘中の句がいっぱいあるので頑張らなくっちゃ





« ホイールの逆回転や花嵐 | トップページ | 春深む大正生まれの義母とゐて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

読んでないけど自分なら

またやろう炬燵囲んでうどんすき

もしプレバトなら、組長は
「また囲もうやって呼びかけているのに、呼びかけた相手と違う人たちでうどんすきやるってことある?
呼びかけているんなら、この仲に決まってるでしょ、そんなの。季語は、うどんすきなら誰かの仲間の部屋で囲むでしょ。うどんすきは冬に温まりたい感じするから炬燵でも囲んだらどう?」って言いそう。

亜阿介さん、こんにちは
私は「うどんすき」は「囲む」ものなので「囲もうや」を削って考えましたが、亜阿介さんの「この仲で」の方を削るアプローチもアリかも知れませんね♪
実は、このうどんすきは、馴染みのお店の名物メニューとして登場するものなので、明星サンが辿り着くとしたら「忘年」あるいは「新年」あたり(○○会、のイメージ)になるのではないかと予想しているところです。

「あかぼし俳句帖」現在2巻まで刊行中。初心者の私には、明星サンが本当に等身大に感じられてグイグイ読まされる作品です。作中の俳句作品(いつき先生の句もあります)もとても良いので、もし機会があったら是非ご一読下さいまし~~~

熱燗でまた囲もうやうどんすき

主人公が未成年や下戸ではありませんように

亜阿介さん
大丈夫です、多分50代くらい?ですよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 囀りや増ゆるばかりの漫画本:

« ホイールの逆回転や花嵐 | トップページ | 春深む大正生まれの義母とゐて »