最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ざりざりと澱を削れば麦の秋 | トップページ | ◆選句始まってましたー! »

2016年5月15日 (日)

右腕はまだ手のかたち夏に入る (「寄生獣」より)

息子が久しぶりの漫画一気買い!
古本で全巻セットが見つかったとのことで、「寄生獣(岩明均)」も買ってきてくれました
映画化された時に出た新装版じゃなくて、古いオリジナル版。
ずっっっっと欲しかったんですが、
「おかあが買うとおかあの本になるやろ?俺が俺の本として欲しいねん」
と譲らなかったので、ホントこの日が来るのを待っていたんです

息子は他にも200冊くらい買っていたので、「寄生獣」は私が先に読ませてもらいました。
久しぶりに読んでも・・・いや、久しぶりだからこそ、
以前は分からなかった田宮良子(田村玲子)の気持ちが何となく分かる気がして・・・
新たに感動するシーンも多かったです。
お母さん絡みのシーンはもちろん、新一が涙を取り戻すところはもう号泣だった

Photo

初登場時はこんなカンジでだいぶグロかったミギー(右手に寄生してるから)。
これが、読んでるとスグに可愛く思えるようになるんだぜ!

« ざりざりと澱を削れば麦の秋 | トップページ | ◆選句始まってましたー! »

漫画×俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右腕はまだ手のかたち夏に入る (「寄生獣」より):

« ざりざりと澱を削れば麦の秋 | トップページ | ◆選句始まってましたー! »