最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆お題:「東京駅と虹」 | トップページ | ◆6月22日締切の兼題:「月見草」 »

2016年6月11日 (土)

【並】蜻蛉生る朝靄通り二番池

うおーーーー、「もうないかも」とあきらめかけた下から4番目に!
ありましたーーーー、良かった今回も何とか【並】に載れました

◆とんぼうまるあさもやどおりにばんいけ (る)

蜻蛉の羽化するさまがとても神秘的だったので、
思わず現実にはない住所を充ててみました。
童話(絵本)の世界とかにありそう?

なんで「二番」かというと、単に五文字で語呂が良かったからですが、
何となく「一番じゃない」というところに詩がありそうな気がしている部分も少し
うまく説明出来ないんですけどね

しかーし、今回は過去最多の10句送った訳ですが、この句の期待値は5番目でした。
その上に

【没】蜻蛉生る名もなき池のそこかしこ

を持って来ており、
自分としては「現実にある池」の方が「架空の池」よりいいかなと思ってたんですが、
もしかすると、「架空の池」の方が、蜻蛉の生まれる神秘性に近かったのかも?
「美しい池」っていうイメージがありますものね。

ふと気づけば私の句は、メルヘンよりな方が評価されているようにも感じますし、
もしかすると、これが私の「持ち味」となっていくのかも知れません。

ちなみに、期待値が「朝靄通り」以下だった5句は、
「銀」との取り合わせの句いろいろでした。

【没】蜻蛉生る神さまの銀細工より

こんな感じ
「銀」の句は【並】に2つのみ。これくらいやらなければ・・・!という感じです。

【並】蜻蛉生る銀河特急指定席          琵琶姫さま
【並】銀の羽広げ月夜に蜻蛉生まる  浜ちよさま

【人】に入っていたのは「金色」「光」「水」「透」「うすみどり」「プルシャンブルー」など。

【人】水底のひかり纏ひて蜻蛉生る         風更紗さま
【人】金色の蜻蛉生るや晴れ渡る           大蚊里(おがさと)伊織さま
【人】蜻蛉生まれて風景の透き通る        みちるさま
【人】うすみどりいろのたましひ蜻蛉生る 矢野リンドさま

そして、私が上位に挙げていたのは、「生まれ変わり」系。

【没】蜻蛉生る魂ひとつ引き受けて

羽化までの、思いがけず長い時間。
私はそれを、生まれ変わりの魂を蜻蛉が受け入れている準備期間のように捉えました。
【人】にある輪廻転生の句、非情に勉強になった次第。

【人】転生のこれが九度目蜻蛉生る      三重丸
【人】英霊の池より蜻蛉生まれ飛ぶ      TOSHI

「英霊」の句は、戦争のくくりの中にありましたが、
これも「生まれ変わり」を意識させる一句と感じます。
「えいれい」に対する「せいれい」も効いてますよね。

実は、今日の仕事中に「あっ、蜻蛉の『眼』で考えるの忘れてた!」と気づいたんですが、
考えていたとしても、この句は超えられなかったと思いました。

【地】蜻蛉生るさいしょに見たのは雲でした  さな(4才)さま

「蜻蛉生る」瞬間を「さいしょ」に見たのが「雲」だったという発想のなんと可愛いことでしょう。夏が動き出す頃の「雲」は元気な雲。生まれた「蜻蛉」と一緒に風を追いかけるのかもしれませんね。(夏井いつき評)

私がボヤ~~~と思い浮かべていた、そして句に出来なかった、
蜻蛉の眼には、空は何色に見えるのだろう?」
(↑この記事をほぼリアルタイムで読んでいたのに、兼題が出た時思い出せなかった!)
モヤモヤっとした思いが、すぱーーーーっと晴れていく気がしました。
動きのある「雲」、しかも早朝の、朝焼けに染まる美しいに違いない「雲」。
もくもくと盛り上がる、生命力に満ちた「夏の雲」。
もう、拍手を贈るのみでございます・・・おめでとう、さな(4才)さま!
将来がとっても楽しみですね


今回も、【人】に千波矢さま、亜阿介さま、さるぼぼさま、【並】に衒叟さま、紫さまと、
皆さまのお名前を発見し、何とか並べたことに安堵しています。
次は「ごきぶり」ですね・・・。
本当に思いつかなかったので、どうなることやら
初の「全没」も覚悟しております・・・うううううう



『俳句ポスト』(夏)結果一覧

・「五月雨」=締め切り:7月6日(水)
・「月見草」=締め切り:6月22日(水)
・「冷麦」=10句投句発表:7月4日(月)~
・「ごきぶり」=3句投句発表:6月20日(月)~
・「蜻蛉生る=10句投句中【並】×1、【没】×9.入選率10%。
・「蜜柑の花」=6句投句中【並】×2、【没】×4。入選率33%。
・「鮓」=5句投句中【並】×1、【没】×4。入選率20%。

「蜻蛉」で10句作って感じたことは、
「コレだっ!!!」という強い手応えがないからいろいろ作ってしまう?ということでした。
描きたい景がはっきり定まっていれば、その景を詠むために四苦八苦していれば、
そんなにあれこれ手を広げる余裕もないのかも。
まずは、「この兼題では、こういうことを詠みたい!」と方向を定めることが大事!
私の発想の中では、自分では「幼稚・・・」と感じている「メルヘンより」の部分が、
実は発想としては少し人と違った側面のものになっていて良いのかも?
ということも少し念頭に置いて、「月見草」に取り組みたいと思います。

遥かな天地目指して、まずは【並】に載れますように!!!

« ◆お題:「東京駅と虹」 | トップページ | ◆6月22日締切の兼題:「月見草」 »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

めぐるさん 蜻蛉生るを短期間に10句も作れるといことはそれだけ
頭の柔かさを感じさせます
「実景ならしっかり実景を」「噓をつくなら大嘘を」が私の考えですが
メルヘンチックな俳句は最先端の趣味を楽しんでおられるめぐるさん
ならではであり今後が楽しみです 

時代遅れの古希も二句ほどチャレンジ

 百人の僕を見ながら蜻蛉生る 
 蜻蛉生れ眼擦り首擦り頭擦る 

めぐるさん、こんにちは〜🐾

私の方は「蜻蛉が生まれて新たな空も生まれる」方向でどうにか作ってみたのですが…💦

【天】の句を拝見して、こりゃ足元にも及ばねぇ〜!って感じです。立方体の空…かぁ💭💭💭

表現力のなさと、稚拙な言葉選びしかできない自分を痛感した次第です。

改めて見返すと没には没の理由があるなぁ、と。

しかし、予想外に選に入った句について、「え?この句??」と毎回頭をかしげるばかりです…


以前の海胆の句をはじめ、今回の「朝靄通り二番池」などなど…

私、"めぐるワールド"の大ファンです💕

めぐるワールドと次回月見草は、特に相性が良さそな予感!楽しみにしてます💕

また、おじゃましまーす🙌

ハイポニストのビッグネームがめぐるさんのファンには多いのですね。

うかつな感想は言えないなぁと。

蜻蛉生る名もなき池のそこかしこ

象さんの選句なら、私は戴いていたと思います。
好きな句です。
なぜ選に入らなかったのでしょうか?
「名もなき」と「そこかしこ」が使い古された言い方と感じられたのでしょうか?

蜻蛉生る神さまの銀細工より

末尾が「より」より「なる」が好きかも
それ以外は好きな句です。
「なる」ならば、象さんで戴いていたと思います。

さるぼぼさま、はじめまして。

渡し場の杭って、しかも名残りの杭って、なんか詩情を感じます。

今は渡し場として使われていない、そういう情景が立ち、ちょっとレトロ感を覚えます。
羽化のはかなげな様子とのマッチングが、なんとも言えません。

◆やち坊主さま
>「実景ならしっかり実景を」「噓をつくなら大嘘を」
おおっ、いい言葉ですね!
「しっかり実景」これ、なかなか難しい・・・!そして「大嘘」これもなかなか難しい
いつか「大嘘」でスパーンと突き抜けられるような気持ちいい句を作ってみたいです。
やち坊主さまも、「蜻蛉→眼」連想ですね。
兼題が出た時、どうして思いつかなかったのか悔やまれます
思いついていたところでどうだったか・・・ではありますが、
挑戦しなかったことが悔やまれます。
あ!そういえばやち坊主さま、「馬鈴薯植う」の時も自作を披露して下さいましたね!
どうですか、この機会に『俳句ポスト』に本格参戦というのは
やち坊主さまの句をもっとたくさん拝見させて頂けたら嬉しいなあ~~~って
お忙しいかとは存じますが、よろしかったら是非ご一考下さいませ

◆さるぼぼさま
ぎゃー大ファンだなんて恐れ多くて体が捩れそう~~~~ひゃ~でも嬉しいもっと言って
【天】の句は今回もやはり「さすが」でしたね・・・!我々人間からしたら、空は平面の印象が大きいと思うんですけれど、蜻蛉が生まれる時に中空を意識出来る。
蜻蛉は空を上下左右自在に、立体的に動き回れるんだ・・・という憧れと同時に、
自分もこんなに大きな「立体」の中にいたんだと気づいて、軽く眩暈がしそうな思いでした。
さるぼぼさまの【人】選句も、亜阿介さまも言われているとおり、漂う詩情があってGOODですね
あーんど!『現俳協ネット句会』ではG2の最高得点おめでとうございます!!!
「骨太な扇風機」、すごく伝わるものがあって佳いと思いました
G1に移る日も遠くなさそうです、こちらでのご活躍も楽しみにしております

◆亜阿介さま
いやいや、遠慮なく率直な意見をお願いしますよぉ~~~
私も「そこかしこ」の方が自分の評価は高かったのですが・・・「どこで生まれたか」に意味を持たせようとした句が【並】【人】に入っていますので、詰めの甘い句になってしまったのかな、とは思います。
例えば、昔であれば本当に至るところで蜻蛉が生まれていたのだろうけど、今はそんな綺麗な風景も少なくなってしまった・・・とかいったような、何らかの感慨を持たせられれば良かったのかな~。
   蜻蛉生る神様の銀細工なる  
   神様の銀細工なる蜻蛉生る
こちらは、「る」で音韻を作る案、有難うございます!
やはり個人個人、好みがありますね

めぐるさん、すみません〜💦
この場をお借りして…

>亜阿介さん
はじめまして、さるぼぼです😊

俳ポの月曜日(笑)をはじめ、人選にもコンスタントにお名前を拝見していたので、こうしてメッセージを頂き、とても嬉しいです。…というか、恐縮です💦

今後ともよろしくお願いします💕


>めぐるさん
現代俳句協会の方も見て頂けていたなんて、嬉しい限りです💕
めぐるさんのブログでネット句会を知り、お陰様でとても世界が広がりました!

選句という新たな楽しみも知ることができました。

今年度は自分らしさの投句を楽しみつつ、しっかり選句眼も養っていきたいと思ってます🙏

さるぼぼさん、コメントありがとうございます。
俳句ポストでお見かけした俳号を他で見かけるとワクワクします。

選句の機会があまりないのなら、今度、象さん句会に参加しませんか?
今度は七月中旬くらいにマルコボで募集します。
組長ブログのバナーからたどって、マルコボ行けるんです。

ウエンズデー正人さんとか、キムさんとか、マルコボの方々が世話人で、俳句ポスト金曜常連さんからピンポイントで選評戴けるんですよ。
金曜常連さんの俳句がいっぱい読めるし。

さるぼぼさま
おはようございます~!
『現俳協ネット句会』の記事を書いた時はG1の結果しか見ていなかったのですが、
7日過ぎてから「そろそろ講評が・・・」と見に行った時に一緒にG2も見て気が付きました。
凄いことですよ~~~1000句以上も集まる『現俳協ネット句会』で最高得点なんて!!!
改めてもう一度「おめでとうございます!」です

そうそう、『現俳協ネット句会』での選句は本当に勉強になりますよね・・・!
たくさんのさまざまな句に触れることで、刺激が受けられますし、
さるぼぼさまの今後の更なるご活躍、楽しみにしていますよ~!

>亜阿介さん

お誘いありがとうございます💕
「象さん句会」はめぐるさんも参加されたのをこのブログで拝見して、気になっております。
…と、同時に投句選句のスケジュールのタイトさに驚愕😱(笑)

俳ポと現代俳句ネット句会が慣れてきた頃に、お仲間に入れていただこうかと思います!

情報ありがとうございます〜🐾


>めぐるさん

1000句あまりの中で、埋もれても不思議ではないたったひとつの句を採って頂ける…って、感動、感謝です💡

私もひとつひとつ丹念に選句しなければと改めて思いました💕

毎回気に留めていただき、ありがとうございます😊✨

さるぼぼさま
私も、初めて自分の句に点を入れて頂いた時、感動に打ち震えたものです。
それから、自分では「平凡すぎるのでは」と投句をためらった句に、
思いがけず「涙が」というコメントを頂いた時・・・
自分の手を離れて受け手のものになる言葉の力というものを感じました。
それまでも一生懸命だったつもりでしたが、
それ以来、確かに自分の中で俳句と向き合う気持ちに変化が起こっています。
読み手の方に育てて頂く、そういう思いを強く感じましたので、
選句をする時には作り手さんに『作って良かった』と思ってもらいたくて、
感想も自分なりに精一杯書かせて頂いております。
(投句よりも選句の方が好きなくらいです
『現俳協ネット句会』掲示板は故あって自粛中ですので、
その分のエネルギーを『象さん』にぶつけているのかも知れません
いずれさるぼぼさまともご一緒出来る機会を楽しみに待っていますね

さるぼぼさん、お待ちしてます。
アットホームな句会です。
タイトなのは、管理人さんの優しさです。
出張とかで、投句や選句が遅れる連絡すると待ってくれているんです。
それで、選句一覧や句会報が遅れてもお互い様だから、みんな暖かくじっと待っています。
ツッコミぐらいは入れますけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【並】蜻蛉生る朝靄通り二番池:

« ◆お題:「東京駅と虹」 | トップページ | ◆6月22日締切の兼題:「月見草」 »