最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 【未】蜚蠊(ごきぶり)を師匠に励むダッシュ錬 | トップページ | ◆披講開始~~~! »

2016年6月26日 (日)

涼しさや雨やむ屋根に鳴く小鳥

日曜日、小鳥のさえずりで目が覚めました
小鳥が鳴くってことは・・・雨が止んでる

そして、ちょっぴり窓を開けた部屋に、ス~~~っと入って来る冷気。
「これや!これが『涼しさ』や!・・・ワイはとうとう掴まえたでぇええ
どっかの漫画のキャラのようなことを脳内で口走りながらガバっと起きる私!
この時の素直な気持ちの句を、忘れないうちにタイトルに上げておきます~。

自分では「雨やむ」あたりに推敲の余地がありそうに思うのですが・・・
どうでしょうかっ!!!


早速頂きました!有難うございます!!!

涼しさを屋根の小鳥に告げらるる  悠
朝上がり小鳥の声も涼しげに    悠   朝上がり=朝方に上がった雨
涼しさや雨後の朝に鳥のこゑ   けんG  動詞は少なめに


けんGさまからは、俳句を作る時の心構えも残して頂き、感謝です。
悠さまからも、口酸っぱく言われ続けていることなのですが、
なかなか、気づけないでいます・・・
特に「当たり前のことを言わない!」
一読して「だよね~」で終わってしまう句になるので、
やはり、何らかの衝撃を与えなければ、人の心に残る「俳句」にならないですよね
そんなことを考えながら、私なりに推敲してみました


涼しさや雨の終はりの鳥のこゑ   めぐる  この「終はり」は名詞
涼しさや雨終はらする鳥のこゑ  めぐる  こっちは動詞未然形+使役助動詞

「鳥のこゑ」をけんGさまの案から頂いております~。
上の句が、朝起きた時の一番素直な気持ち(「屋根」とか「朝」は不要)。
それを、ちょっとだけ捻って、
「雨が上がったから鳥が鳴いている」から、「雨を終わらせたのは鳥の声である」へ。
俳句的断定というものに挑戦してみました。ドキドキ

原句よりだいぶスッキリしたと思いますが、いかがでしょうか?


涼しさや雨の終はりは鳥のこゑ  


「の」×3がクドいかも・・・とのことで「終はりは」案を頂きました
確かに、「は」の方が締まると思い、これを最終形としたいと思います。
丁寧にご指導下さって、皆さま本当に有難うございました!
「涼しさや」の句は幸せでした

« 【未】蜚蠊(ごきぶり)を師匠に励むダッシュ錬 | トップページ | ◆披講開始~~~! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・涼しさを屋根の小鳥に告げらるる


・朝上がり小鳥の声も涼しげに

朝上がり/朝方に上がった雨

俳句は言いたいことのみ簡潔に伝える


下五を体言止めにしたり中七もいろいろいじって十七音にまとめたり努力の跡は伝わりました。
ですが、ちょっと欲張りすぎて身動きが取れません
中七がむにゃむにゃしてて早口言葉みたいですし
俳句はリズムも大事です。
僕がこそこそ巡回してるブロガーさんの記事に、今のめぐるさんに見て貰いたい金言があるので貼っておきます。
http://blog.goo.ne.jp/kyouen01/e/822fd0c82982bb391ae2456d15ec7dfd


・俳句は体言(名詞)の文芸
・説明(動詞・形容詞)は俳句の敵!
・俳句に大事なのは意表をつくこと。当たりまえの事を言ってもつまらない
・格好良く言わない


俳句は動詞が3つあると駄句、2つでギリとはよく言われるんですが、「敵」とまで言われるとは僕も衝撃でした。
この句、とりあえず「敵」をやっつけちゃいましょう。
「雨やむ」は「雨後」、「鳴く小鳥」は「鳥のこゑ」として


涼しさや雨後の朝に鳥のこゑ (朝=あした)


こんなところでどうでしょう?

◆悠さま&けんGさま

早速ありがとうございます~~~!!!
この句は、とにかく起きてすぐにババっと書きつけたので、
全然出来てないまんまだな~~という手応え(?)だけはありました。
「雨やむ」が推敲出来そう、すると「屋根」も削れそう、など、
仕事中、スイカを切りながらちょっぴり考えていたり
で、お二方の参考例をよぉく読んで、「もっと簡潔に!」ということを心して、

涼しさや雨の終りの鳥のこゑ
涼しさや雨終はらする鳥のこゑ

だとどうだろうか?と・・・。
記事に加えて行きますので、またご意見よろしくです!!!

涼しさや雨の終はりの鳥のこゑ   めぐる


僕はこっちのが好きです
ちょっと気になるのは「の」が三つ続くのが韻律と見るかくどいと見るか・・
「雨の終はりは」としてもいいのかなー・・とも思いました


ここまで来ればあとは作者であるめぐるさんの好みでいいと思います^^

◆けんGさま

おーっ、有難うございます!
確かに、「終わりは」の方が締まりますね!
これを最終形として頂かせて頂きます!
ふ~、スッキリしたぁ~(≧▽≦)
これでぐっすり眠れそうです、有難うございました!

作者はめぐるさんにしてください。
僕は出来るだけ作者の意に沿った添削を心掛けているので、僕がどんなに口を出そうとめぐるさんの作品はめぐるさんの物です。
僕の提案した助詞は「は」ですが、「に」もきれいにまとまるので賛成です。
ちょっと気になったので取り急ぎ・・

◆けんGさま

イヤアアアア!
私ったら読み違えてました!!!!!ギャアアアアごめんなさい!!!!
で、今ですね、「に」と「は」でそれぞれ何回か口に出して比べてみた結果、
「は」の方が明るく開ける感じがして綺麗でしたので、こちらで最終とさせて頂きます。作者名のところは消しておきますね。
申し訳なし~~~!!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼しさや雨やむ屋根に鳴く小鳥:

« 【未】蜚蠊(ごきぶり)を師匠に励むダッシュ錬 | トップページ | ◆披講開始~~~! »