最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 七夕の笹に海賊旗も吊るす | トップページ | 万緑に耳打たるるプルス・ウルトラ »

2016年7月 9日 (土)

冷酒を呑む海をのむ空をのむ

『俳句ポスト』「冷麦」での千波矢さまの句で「琉球ガラス」を知り、
その美しさに一目で魅せられてしまいました

今月15日が誕生日の、兄へのプレゼントに選んだのがコチラ!
Photo



兄はお酒が好きなので、お酒を贈ることは決めていたのですが、
どうせなら「これで飲んでネ」というのもアリかと・・・。

先月の父の日のプレゼントが、「お届けに1~2か月」とあったのに後から気づき、
今回は注文してから数日で届くことを確認してから決定しています。
・・・なので、もしかすると兄へのプレゼントの方が早く届いてしまうかも
ま~でも、お父さんも飲むからいいよね!
グラスも2つセットだしね!


*タイトル句、上五「冷やし酒」だったのをご助言により「冷酒を」に替えております~。
*同じくご助言により「飲む」から「呑む」へ変更~。スッキリしました

« 七夕の笹に海賊旗も吊るす | トップページ | 万緑に耳打たるるプルス・ウルトラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお!涼しげな凸凹感、沖縄の海と空のような透き通った青、「琉球ガラス」というネーミング
これはお酒が進んじゃうな~泡盛か芋焼酎かな~( ̄▽ ̄)
喜んでもらえるといいですね^^


お句も“のむ”の韻が心地佳いですね♪
この句は三ヶ所の“のむ”でどうしても切れちゃうんで「冷や酒を」とした方がいいかもしれません。

◆けんGさま

なんとっ!ジャストタイミングで私も「上五が・・・」と思っていたところでした。
記事に上げてから、中七と下五の「飲む」を平仮名に替えてみたり、
いろいろイジり中だったので、サクっと差し替えさせて頂きましたよ!
有難うございます~~~

お酒の方は、前々から選んでいたのが新潟の飲み比べセットという、
全然沖縄と違うところのなんですが(汗
気にしない気にしない・・・一休み一休みっ

上五に違和感を感じたならだいぶ「切れ」が身体に染み込んできましたね。
めぐるさんはもともと半年でG1上がってくる実力者ですからね。基礎が出来ればめきめき力が付いてきますよ(`・ω・´)


琉球のグラス越後の冷やし酒


米どころ新潟の酒を琉球のグラスで飲む!粋じゃないですか!贅沢だな~お兄様が羨ましい(*´д`*)ハァハァ

◆けんGさま


うわあああああ、私がG1に上がったのは、まったくもって幸運でしかなくて。
高得点に載ったことも1回しかなくて、その時も確か7点くらいでしたよ(汗
ええ、3句合計でですよっ


それはそうと、なんか、漢字が多くてごちゃごちゃしてるな~~~と思って、
「冷やし酒」と「飲む」の間に助詞が欲しいな~~~って思ってたんです。
切れを意識していた訳ではなかったのです、スミマセン!
今も、字面的には「飲む」全部平仮名でもいいかなと感じてるんですが、
「冷や酒を飲む」は現実の行為で、海や空は「飲んでる気持ち」なので、
そこを区別するのに「飲む」「のむ「のむ」でいいのかなと。


けんGさまの句が、まさに私の贈り物そのものなので、
「これだーっ」といふ気持ちでいつぱいです・・・。
嗚呼・・・。

豪快な景と、呑むのリフレインが心地酔い一句ですね


冷や酒はダメ
冷し酒/か冷酒/の表記にしましょう。

冷酒/れいしゅ/ひやざけ


元句のままでも充分酔いが、スケールと遊び心を活かして
参考句
・冷酒呑む海呑む山呑む空を呑む

・ギヤマンに海山浮かべ一気のみ


ギヤマン/キリコ カットグラス~夏


切れとは内容が切れること

を/は句がダレるしテンポが悪くなるので不要ですよ。

◆悠さま


はうっ!ご指摘頂いてタイトル欄書き替えました。
記事の最後につけた注釈には「冷酒を」って書いてるので、
変換する時に特に何の意識もしていなかったみたいですね・・・。

>冷酒呑む海呑む山呑む空を呑む

こちらの畳み掛けもGOODですね!
「呑む」にすることで、字面もスッキリ
「呑」案頂きます、有難うございました!!!

めぐるさんへ

母の入院などあり、遅くなりましが「人」選、良かったですね。
私は予想通りの4句全没でした。冷麦は難しいです。素麺との違いをどう出せばいいのかわからずに、今まで一度も詠んだことがありませんでした。今日は仕事が休みなので俳句ポストをよく読んで勉強したいと思っています。
鵙の贄も難しいですね。さっばり詠めていません。

◆紫さま

おはようございます&ありがとうございます~~~!
「冷麦」難しかったですね
【天】【地】の句はさすがでした中では


ひやむぎやむの穴ほどの太さなり 石川焦点さま


が私のお気に入りですこういう句を作りたかったなって思いました。
私はその点、素麺との違いがどう出ていて【人】になったのかが分からず、
友人にメールしたところ、
「『雨』と『冷』の質感が響き合ったのでしょう、
『素麺』だと即きすぎ、『うどん』では重い」
といったお返事が来ました。
後は、「作意の感じられない詠みの軽み」とも。
そう言われてみれば確かに作意はなかったわっ
雨に当たった瞬間にポロっと出て来たんです
一生懸命考えた句が全部【没】で、フっと思いついた句が【人】なんて、
・・・・・・・・・と思ったのですが、一生懸命考えていたからこそ、
フっと授かった句なのかも知れないな、と
「鵙の贄」も難敵ですが、また何かフっと授かれるよう、
ひたすら一生懸命考えてみたいと思います!!!


お母さま、ご心配ですね。
1日も早く元の生活に戻れますよう・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷酒を呑む海をのむ空をのむ:

« 七夕の笹に海賊旗も吊るす | トップページ | 万緑に耳打たるるプルス・ウルトラ »