最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆披講開始~~~! | トップページ | ◆4thシーズン第1週の選句終了~! »

2016年7月27日 (水)

◆8月3日締切の兼題:「啄木鳥」

『俳句ポスト』の季語解説より。

「きつつき」。キツツキ科の鳥の総称。
留鳥だが秋の季語とされる。
「けら」とも呼ばれ、色や形状、大きさなどで分類される様々な種類がいる。
木に棲む虫を補食したり、また巣を作ったりするために嘴で木をつつく。


一年中いる鳥なのに、何故秋の季語なのかというと・・・
秋になって木や空気が乾いてくると、
啄木鳥の穿つ音が殊の外響くからではないかなと・・・。

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々  水原秋櫻子

この句も、落ち葉(冬の季語)の舞い始める頃の、
ぴぃんと澄み渡る空気に支えられていると感じます。
この名句が季重なりのためか、他の方の作品にも季重なりの句が多い気が・・・。
例句1例句2
お気に入りの句をひとつ書き出しておきます。

啄木鳥やおのがこだまの中に棲み  太田黄波


私も自分なりの「啄木鳥」を探しに行かなくちゃ~~~


◆参考記事

大好き!「カラパイア」より衝撃の啄木鳥映像

« ◆披講開始~~~! | トップページ | ◆4thシーズン第1週の選句終了~! »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

今、コメ書き終わって送信した途端に地震・・・
コメも消えました(;ω;)

3.11で勤めていた学校倒壊を経験しているので、ちょっとビビりましたΣ(゚д゚;)

コメ何書いたか忘れた・・・

気持ち落ち着いたら、また来ますm(_ _)m

◆pironさま

ウッ、地震・・・怖いですよね
3.11のこと・・・かける言葉も見つけられません。
大阪も、南海トラフがいつ来てもおかしくないと言われています。
悔いのないように過ごさねばと思うばかりです・・・。

昨夜は失礼しました。

3・11の被害は、福島や東北が注目されていますが、栃木も地震と放射線の被害を認定されているんです。鬼怒川という川を境にして東側の地震被害は相当なものでした。
私は自宅は大丈夫でしたが、学校の被害がひどくて、けが人が一人も出なかったのが不幸中の幸いという感じでした。
あの時のことは、なかなか忘れられません。
最近、また茨城を震源とする地震が頻発しているので、ちょっと不安ですね。

啄木鳥の句、一応、私も5句送りました。
ただ、啄木鳥って見たこともないし、ドラミングを聞いたこともりません。
あったとしても、今までよく認識していなかったから、分からない(^-^;
こういうイメージばかりが先行してしまう季語って、私には、かなり難しいです。
というわけで、今回も多分没だな←先に言い訳(*^.^*)

めぐるさん、こんにちは🌼

兼題「啄木鳥」、予想してたより難しいです〜💦

ブログ拝見しましてハッとしました。


そうですよね…めぐるさんのおっしゃる通り、秋の季語。


秋のスパイスをいれたいけど…


目下、「啄木鳥」じゃなくても当てはまっちゃう句ばかりで〜😱


なんとか形にだけはしなくては!


めぐるさんの、きつつきさん、楽しみにしてます〜😊⭐️


◆pironさま

ああ・・・!怪我人がなかったとのこと、本当に何よりかと思います。
pironさまのご自宅も無事で良かった・・・!
でも、本当に、忘れられないと思います。
不安も多い日常ですが、俳句とのふれあいが癒しや喜び、希望にもになりますよね
「啄木鳥」、もう投句出来たんですね~~~早い!!
私なんて~~~、今から考えるとこだよ~~~!!!
そうそう・・・私も多分、見たことも聞いたこともないです「啄木鳥」
お互いGOOD LUCK!ですねっ


◆さるぼぼさま

もう季節は「秋」なんですね~・・・しみじみ時の流れって早すぎるわあ・・・。
(現実に戻る)
そうそう、「啄木鳥」。
記事に引用した2句とも、なんかこう、広々~~~とした空間に、
啄木鳥の嘴の鋭い音だけが響き渡ってる感じありますよね~~~。
私は一番最初に出て来たのが「熟練工」のイメージだったので、そっち方面から考えてたんですが、
記事に加えた「衝撃映像」からも何か作りたいな~と思ったりしているところです・・・。
(そしてまだ一句も完成してはいない
さるぼぼさまの「啄木鳥」も楽しみにしておりまする

アオゲラやコゲラはわりと郊外の雑木林にいます。
耳を澄ませば姿は見えなくても木を叩く音は比較的高い確率で聞くことが出来ますよ(* ̄ー ̄*)
アオゲラは実は真っ赤な帽子がトレードマーク(○゚ε゚○)
写生句として詠むなら抑えておくと面白いかもしれんません。

◆けんGさま

あらニアミス(?)今ちょうどけんGさまのブログにコメント残してきたところです~
うむむ、私もたまには吟行に出てみなくては・・・と思いつつ、
お休みの日はお義母さんのお見舞いに行くのが精一杯
休みが・・・いや体力が欲すぃ~~~
ところで、啄木鳥の仲間、みんなお洒落さんばかりですね!!!
アオゲラは上品な紳士、アカゲラはモダンなお嬢さん、コゲラは今時のシティボーイ?
「啄木鳥」は聴覚に訴える部分が大きいので、視覚成分を入れるのは効きそうですね・・・
ナイス情報、有難うございました!

めぐるさん こんにちは

それにしても

啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々  水原秋櫻子

これを上回る名句はもう生れないでしょうね この句を前に啄木鳥の
句を作る意欲すら失うのは私だけではないでしょう

と言いつつも 道産子の私には幼馴染と言える位身近な存在です 
記憶を辿りながら駄句を一句

啄木鳥や木ごとに違ふ木の音色 

めぐるさんも頑張ってくださいね

◆やち坊主さま

こんにちは!
いや~~~んもったいない!
やち坊主さまのその句も凄く佳いのに~『俳句ポスト』に出したらいいのにぃいい
私はゆうべようやく「熟練」のイメージから2句投句出来ましたが、
澄み切った空気感とはほど遠いウルサイ句でございます・・・
名句に打ちのめされ、意欲を失うってありますよね・・・
「もうこの句があるからいいじゃないか」と思ったり・・・
本当に、名句が多くて困る(?)・・・


冬の水一枝の影も欺かず  中村草田男
あっそれはわたしのいのち烏瓜  正木ゆう子
外にも出よ触るるばかりに春の月  中村汀女


など、知れば知るほどヤラれていって、もはやボロボロです
「啄木鳥」はまだ締切まで少しあるので、最後まで粘ってみます!
ありがとうございます!!!

めぐるさん

もったいないと言われたのは初めてです 
繊細で敏感なハートに響いたのは嬉しいですことです

「ボロボロ」のハートを癒す術は知りませんが
自作が選句されるかあまり気にせず めぐるさんの感性を
伸び伸びと句に表現されてはどうでしょうか 

◆やち坊主さま

「馬鈴薯植う」の時に書いて下さった句ももったいなかったですよ~~~!
やっぱり、その季語の傍らで生きているって・・・大きいなあ・・・と思うのです。
私なんかは、「初めて知る季語」ばっかりで・・・。
でも、やち坊主さまの温かいお言葉に、十分励まされ癒されております
くじけまいぞ

そうそう、『現俳協ネット句会』の選句、ようやく送信出来ました。
こちらでもやち坊主さまの句を選べていたら嬉しいな

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆8月3日締切の兼題:「啄木鳥」:

« ◆披講開始~~~! | トップページ | ◆4thシーズン第1週の選句終了~! »