最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 鳥のひと魚のひとゐて夏季五輪 | トップページ | 憂いなど手の平に乗せ躍ること »

2016年8月11日 (木)

澄み渡る空なり君は翼得て

内村航平選手、体操個人総合金メダルおめでとうございます!!!!!
第一種目の床から、最終種目の鉄棒まで、本当に見事な演技でした。

そして男子卓球!
水谷隼選手の相手は、世界ランキング1位・馬龍選手(中国)
馬龍選手と言えば、昔からずっと強くてハンサムで実は密かにファンなんだった
一方、水谷選手はというと、
私にとっては大好きな吉田海偉選手の大会3連覇を阻んだ相手ということで、
(しかも、その後の2007、2008年も決勝で当たって吉田選手が負けている
長い間なかなか素直に応援して来れなかったということも・・・。
しかし、馬龍選手相手にも、目の覚めるようなプレイで得点を重ね、
第4ゲームを獲った姿、第5ゲームを競り勝った姿はカッコよかったです。
3位決定戦、期待しています!!!

愛ちゃんは、残念ながらメダルに届きませんでした。
3位決定戦の相手キム・ソンイは、
先に愛ちゃんに破れたリ・ミョンスンからのレクチャーもあったのか、
カットマンながら、第1ゲーム目から積極的に打って出て来て驚かせました。
言わば「最初っから全力疾走!!!」で臨んできた訳で、ずっと汗びっしょり。
序盤から何度も何度も汗を拭う姿に、この一戦にかける執念を感じていました・・・。
中盤、さすがに疲れが見え始めた時は、「逆転出来る!」とグっと拳も握りしめましたが、
キム・ソンイの気力が途切れることはついになかったのです。
試合後、タオルに顔を埋めて、小刻みに震えている姿を見た時、
そのタオルを外した時、紅潮した晴れやかな顔が現れた時、
「おめでとう・・・強かったです」
私も泣きながら拍手していたのでした。

インタビューを受ける愛ちゃんは、試合の時と同じ、戦闘モードの表情のまま。
「団体戦に向けて気持ちを切り替えて」
と語っていましたが、実際は「切り替える」というよりも「繋げて」いるように思えました。
まだまだ戦いはこれからだ・・・というような、そんな燃える気持ちを感じたのです。

そう、卓球も体操もまだまだこれから~~~!
バドミントンも楽しみだし、HDDの容量空けとかなくちゃです

« 鳥のひと魚のひとゐて夏季五輪 | トップページ | 憂いなど手の平に乗せ躍ること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 澄み渡る空なり君は翼得て:

« 鳥のひと魚のひとゐて夏季五輪 | トップページ | 憂いなど手の平に乗せ躍ること »