最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆8月25日締切の兼題:「りんご」「秋の声」 | トップページ | ◆俳句しりとり2ndシーズン? »

2016年8月25日 (木)

さざ波の億千万を秋夕焼

今週のお題は「江の島と夕焼け」
お集まりの皆さまは、どんなイメージを詠まれたのでしょうか?
番組での紹介順に書いてゆきます。

【才】2位:静波の西日に映える妻の顔  鶴見辰吾(70点)
    静波の西日に妻の顔静か(添削)
    ・なかなかのセンス、大変素敵な、大人の句ですね。
    ・「映える」がもったいない、「西日に」と言えばもう映えている。
    ・上質な映画のワンシーンみたい。

【凡】3位:陽にテラス思い出うるうるサングラス  陣内智則(55点)
    陽のテラス思い出うるうるサングラス(添削)
    ・(作者の意図を)聞けば聞くほど「つまらん」ですね。
    ・中八だが、繰り返すオノマトペが字余りの印象を消す、許容範囲。
    ・作者が分かってびっくりしている。
    ・2年前は日本語が喋れない人の句のようだった、おめでとう!!

【無】4位:夕焼けに溶けて流れる想ひかな  花田景子(37点)
    夕焼けの水面に溶けてゆく想ひ(添削)
    ・「ひ」とか「かな」とか、背伸びしすぎ!byフジモン
    ・ムードたっぷりだが、ムードしかない。
    ・具体的な映像がなく、俳句を作った気になっているだけ。
    情景をしっかりと映像化する

【無】5位:夏の夕ふとおもいだすめだまやき  西田麻衣(35点)
    江の島や夏の夕日はめだまやき(添削)
    ・テメエこのやろうby浜ちゃん
    ・だから何やねんbyフジモン
    ・中七が致命的
    ・「夏の夕日はめだまやき」、もうこれでいい。上五は(適当に)「江の島や」とかで。

【才】1位:秋夕焼水面を走るアスリート  古閑美保(72点)
    (添削なし)
    ・砂浜と言えばトレーニングする場所なんですよね・・・by古閑美保
    ・視点が面白い!
    ・「走る」が終止形とも連体形とも取れるが、ここでは終止形で読む。
     (アスリートが水面を走る訳がないから)
    ・ランニングするアスリートの視界に入る夕日が、まるで水面を走っているようだ。
    ・こんな句には滅多にお目にかかったことがない!

【特】2級:夕陽(せきよう)にもたれてかじる焼きもろこし  フジモン昇格!1級へ
    夕陽にもたれ焼きもろこしかじる(添削)
    ・詩心に深みが出て来た!
    ・「夕陽」と書いて「せきよう」と読ませる、寂しさ・寂寥感が出る。
    ・「もたれる」も大人の憂いを感じさせる表現。
    ・季節の移り変わりを惜しむような・・・。

おおおーーーっ、フジモン順調に名人に近づいてます!!!
「夕陽」の強烈な色彩に負けない、匂いのイメージもあって、
「焼きもろこし」の中に、何か望郷とか懐かしさのイメージもあって、
言葉同士の響き合いが非常にビビッドに感じられました
ちょっと吉田拓郎の「落陽」思い出した

ん~~~それにしても古閑さんの句は綺麗だ!
もしかすると、「夕陽が沈むまでに」といった目標設定があるかも知れませんし、
寄り添ってくれているような追い立てて励ましてくれているような、
そんな大きな夕陽なのかなぁ・・・なんて思いました。
また一人、出演が楽しみな方が増えました

そして来週は!!!
待ちに待った「特待生スペシャル」!!!
これは本当に超超超楽しみですよ!!!

« ◆8月25日締切の兼題:「りんご」「秋の声」 | トップページ | ◆俳句しりとり2ndシーズン? »

プレバト!」カテゴリの記事

コメント

うーん、オラは水面を走るアスリートを思い浮かべてしまった、若輩者です。
なにこれ? どこがええの? って思ってしまいますた。

個人的には、溶けて流れる思いよりは、目玉焼きの方が評価たかいです。
目玉焼き夏の最後の日の波濤
水平線逝く夏焦がす目玉焼き
とかしたら、凡人くらいになれるのかしらん?


乳に惹かれたわけでは、ありません。たぶん。

◆糖尿猫さま

正直、私も最初は「秋夕焼/水面を走るアスリート」と思いましたし、
実は古閑さん本人も「水面を走るアスリート」で作ってらっしゃったのではないかと
実際には砂浜を走っている訳ですが、
いつしか足抜きの悪さも忘れて、水面を走っているかのように・・・って、
それだけ足腰の鍛錬を積んだっていう、時間も詠み込まれているのかなって。
しかし、いつき先生の解釈から見えた景も綺麗なので、
どちらにしても佳い句だな~と感じました

4位と5位は、2点差でしかありませんから、
中七がまるまる要らなかったところが西田さんの敗因でしょうね・・・。
私も、夕日を見るとアンズとかすももとかを連想して思わず唾を飲み込んでしまう人なので、
「めだまやき」可愛いと思いました
乳、ナイスでしたね眼福、眼福

私もこの回のブログ、更新しました。

で、今回の夕焼けの句は詠まなかったのですが、次回予告の

https://www.youtube.com/watch?v=eA0H4xjQ2wo
非常にシンプルな、「秋の空と雲」の写真なんですが、これは特待生に相応しく非常に俳句にするのが難しいと言われています。
しかし面白そうなので、俳句作りに慣れてない私でもこれで作る方にかなり考えていました。こういう難しい写真ほどやりがいがあると思います。

「上階へ匂い貫く焼き秋刀魚」

ちょっと難しかったのですが、この写真はあるマンションのベランダから見た感じの写真として捉え、ふっと匂いを感じ、嗅覚に絞って読んでみました。別に空と雲を読まないといけないわけでは全くないと思うので、特待生8人、この写真をそのまま読む人とジャンピングする人と色んな句が出てきそうですね。私はジャンピングしてみました。

来週の特待生の分布が「昇格」x4、「現状維持」x1、「降格」x3がどう入るか気になります。
もう1級まで昇格したフジモンさんと、順調のキスマイの2人がどこに入るかがすごく気になるし、後何しろ降格経験者も東国原さんと梅沢さんと2人いますからね。特待生全員?あれ、福澤さんだけが欠席のようですね。

◆アルスさま

ムフフ~、すかさずチェックさせて頂いてましたよ!!
記事が増えてたので、楽しく拝読&「いいね」入れさせて頂いております
次回、待ちに待った特待生SPなので、今からもうワクワク
お題は、いかにオリジナリティを出すかがキモになりそうで、
特待生の力量を計るのにピッタリかも知れませんね
貼って下さった予告動画見せて頂きました、
千賀くんと横尾くんの句・・・どんな句でどんな運命が待っているのか、ドキドキです。
降格になる方も思いの外多いので・・・ちょっと心配なような楽しみなような

そしてアルスさまの句の上達ぶりがハンパなくて驚いています。
やはり凡人ではなさそうです!
まっすぐに昇っていく焼き秋刀魚の匂い、それ即ち「秋の透明な空気感」ですから、
写真からの連想で全然アリですよね
敢えて言うなら「貫く」という表現が少し強すぎるかも知れませんが、
私だとストレートに「秋雲」を詠んでしまいそうなので、余計に感心しています。
わ、私も放送までに考えなくっちゃ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さざ波の億千万を秋夕焼:

« ◆8月25日締切の兼題:「りんご」「秋の声」 | トップページ | ◆俳句しりとり2ndシーズン? »