最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

◆5thシーズン第2週の結果でーーーす!

作り置きがなく、ひーひーで励んでいる5thシーズンの第2週です。
今回は、5句中4句に点を頂きましたので、前回(5句中3句)より成績UPup
嬉しいことに、馬の句で特選も頂けました!本当に有難うございます!!!


日帰りのやうな鞄や男郎花  (予選2、計2点)
●(ノーコメント)
●(ノーコメント)
confident「女郎花」に比べて、白であっさりした雰囲気の「男郎花」。
  旅行に行くのに、「エッ、荷物それだけ?」な男性と重ねてみました。
  推敲の余地がまだまだありそうです。

馬の眸(め)に睫毛の影や菊日和 (特選1、並選2、予選1、計8点)

◎まさに目の前に馬がいなければ、馬の睫毛の影に気を止める事はないだろう。
 馬の長い睫毛と、その影に隠れた馬の大きな瞳とが、鮮明に見えてきた。
 菊日和の明るさが、影を更に鮮明にしているのだろう。
 季語の明るさから、秋祭の光景とも思った。
○動物の眸は、本当に透き通るような切ない美しさがある。
 睫毛の「影」まで表わしたところが秀でている。
 菊日和が穏やか。
○睫毛に影のあることを気付いたことがお手柄。
 菊日和もほどほどの距離感で良いと思います。
●馬の目の若干の憂いを詠んで美しい句だと思いました。
  季語もよいハーモニー。
confident京都へ菊花賞を観に行った時、ダンスインザダークにびっくり!
  パドックではタランタラン歩いていたのに、ゲート入り直前は、微動だにせず集中!
  この時の、馬に空気が吸い込まれていくような感覚、他に味わったことがありません。
  「ヤルな、こいつ」と思っていたら見事に菊花賞制覇の走りを見せてくれました。
  当時はずっと写真も撮っていたので、馬の写真は死ぬほどありますcoldsweats01
  (実際、かかった費用を思うと軽く魂が抜け出る気がする)
  馬の眸の美しさと生命力にはいつも感動していたので、句に出来て嬉しいです。
  点を下さった皆さま、本当に有難うございます!!!

火の粉散るほどに佞武多の女絵師 (予選1、計1点)
●(ノーコメント)
confident女性初の佞武多師・北村麻子さんの特集番組を観て出来た句です。
 他にもこんな記事があって、タイムリーかもと。

ジンジャーの花よ雀斑ある少女 (予選1、計1点)
●ジンジャーの花と雀斑の取り合わせが良いです。漢字にしたのもいい。
confident実は漫画「キャンディ・キャンディ」から。
 「そばかす」と打って変換キーを押したら漢字が出て来て、可愛かったのでheart04
 素朴で元気いっぱいのイメージになんとぴったりなことか!日本語、万歳!


やはり自分にとっての思い入れの大きさが句にしっかり反映されていますね。
まさかダンスインザダークで俳句を作る日が来ることになるとは、
当時の私は知る由もなかった訳ですがcoldsweats01
これからも、季語との出会いで喚起される思い出が俳句になってくれるかも知れません。
人生は全部俳句になるんだ!というワクワクした気持ちでいっぱいです。


・・・が、第3週に投句する5句は、まだひとつも出来ていないのでしたshock
ガンバレ私~~~!!!

2016年9月29日 (木)

【人】風わたる百畳の野に秋薊

ヲヲヲヲヲ~~~~っ!!eyeshine
今回は、ページを開いた途端に自分の名前が目に入って、テンションMAX!!!
「胡麻」に続いて、一番のお気に入りが選んでもらえて、テンションMAXの二乗です!!
「孤高」のイメージで詠もうとして、
からからと乾いた草原に、秋薊が凛と屹立しているイメージで作りました。
広さをどの程度にするか、少し迷って「百畳」をチョイス。
「千畳」では広すぎるような気がして・・・「百畳」なら「ありそう」な気がして。
「秋薊」締切の少し前に、「渺々」という言葉を紹介しているんですが、
私のイメージした「野」には使えませんでした。
ですので、【人】にこの句を見つけた時は「おぉっ!shine」と叫んでしまいました。

渺々たる天蓋の風秋薊  白豆さま

あーーーー「風」!!!!
私の句とは広さも高低差も雲泥の差ですsweat02
言葉の活かし方を勉強させて頂きました、有難うございます~~~!


今回は【人】に亜阿介さま、pironさま、木目さま、紫さま、糖尿猫さま、
【並】に千波矢さま&お母様のお名前とお句を拝見!
皆さまおめでとうございます&素敵なお句を有難うございます!!
「五合目」「踵」「骨壺」「機関車」「煉瓦隧道」「村にひとつの」「ローカル線」などなど、
自分にはなかった様々なイメージが眩しかったですshine


本当に勉強になる『俳句ポスト』・・・!
そんな中で、自分がどれだけ成長出来ているのかとなると、
やはり打率で見て行くのが一番分かり易いのかなと思うんですが、
今回はギャ句を除くと4句の投句で【人】がもらえたので、
だいぶ!自選眼がUP出来ているんではないかと思ったり・・・
もちろん、今回良かったからといって次も良い保証はない訳ですが・・・
なんか、なんか、ちょっとだけだけど、手応えを感じた「秋薊」でした!!!

ウオオオオオ次もガンバルぞ!!!!
…次は・・・「蘆刈」・・・そしてその次は「波郷忌」!
ガ、ガンバルから~~~!!!sweat01sweat01sweat01

2016年9月25日 (日)

◆披講開始~!

『湯豆腐句会』、9月句会の結果が出ましたnotes
3句中2句に点を入れて頂き、ハッピーですheart04

声かけて声かけられて秋澄めり (1票)
・いいですね。誰にでも声をかけて話をする事は。

あやとりの最終形を曼珠沙華 (1票) (2コメ)(管理人選)
・言いえて妙。
・あやとりと曼珠沙華の組み合わせは初。
・曼珠沙華という題材で、何か深い句意が込められている気になります。
shadow魅力を覚えました。実際にはそうはならないのかも知れませんが、そう思わせるものが曼珠沙華にはあります。

「曼珠沙華」は、前から感じていたことを句に出来て良かった!と思ったもの。
赤い糸であやとりをしていると、いつか彼岸花になりそうな気がして・・・
結局こんがらかるだけなんですケドcoldsweats01
「深い句意」というほどのものは実は全然なかったんですが、
辿り着かない答えに向かって、延々一人遊び(問答)を繰り返す、
そんな果てのない時間に良く似合う花でもあるのかと、選評を読んで思ったりしました。
句の世界を広げて頂いて、嬉しく有難く思っていますshine

無得点に終わった句については、またいずれリベンジの機会を狙いたいと・・・。

そして、佳句たくさんの9月句会の中では、
ついつい食べ物の句にばかり選を入れてしまったのですけど、
中でも一番好きだと思った「離乳食」の句、
やち坊主さまや正丸さまがご一緒で嬉しかったです!!!
やち坊主さまは、「秋刀魚」が票・コメントともにダントツでしたね!
いつも本当に美味しそうな句を詠まれるので、お腹が空いて仕方ありませんcoldsweats01
そして、紫さまの「口笛」の句は、5句選べれば絶対入れていた一句でした。
私も、そんな花野の句を詠んでみたいですshine

今月もたくさんの憧れをもらった『湯豆腐句会』でした。
有難うございます!!!

◆「およぐひと」萩原朔太郎

およぐひと

およぐひとのからだはななめにのびる、
二本の手はながくそろへてひきのばされる、
およぐひとの心臓(こころ)はくらげのやうにすきとほる、
およぐひとの瞳(め)はつりがねのひびきをききつつ、
およぐひとのたましひは水のうへの月をみる。


小学校の1年の時だったと思います。
「○○くんは全然泳げませんでした。
でも夏休みの間、自分で進んで毎日プールに来て、泳げるようになりました。
皆さん、拍手して下さい」
水泳の授業の時、先生が一人の男の子の肩を抱いてそう言いました。
小さい頃に溺れたことがあって、水が怖いと言っていた子でした。
夏休み前には、顔もつけられないくらいだったのに、
今、25mを何とかかんとかではありながらも、しっかりと泳ぎ切って、
大きく息をつきながら、水滴か涙か分からない滴をポタポタ落としている。
「スゴイ、スゴイね○○くん」
彼はその時から、私の絶対的なヒーローとして、心の中に君臨し続けました。
私の、あまりにも幼稚な「好き好き攻撃」は、彼をどんなにか戸惑わせたことでしょうsweat02



そんな彼と、高校を卒業した後、まったく偶然に会うことが出来ました。
記念に買ってもらったのが、萩原朔太郎詩集「月に吠える」でした。
「なんべんでも読めるから、本がいい。」
と言った私に、本当に買ってくれたのです。
その詩集の中に、「およぐひと」も収められていました。
私は、この詩を、彼を、絶対に忘れないと思いました。

星月夜「フレディマーキュリー」探す

今日の仕事中、レジの合間を縫って割れ物包装用に古新聞を裂いていたところ、
こんな記事を発見しました。
洋楽ファンと言いながらも、クイーンは守備範囲になくて、
CMで有名な「We Will Rock You」とか「We Are The Champions'」「I was born to love you」を
TVで流れる間聞いたことがあるだけ。
クイーンのギタリストの方が、天体物理学の博士号を持ってらっしゃったなんてことも、
全然知らなかったので吃驚でした。
素敵だなぁ・・・shine

2016年9月23日 (金)

◆5thシーズン第1週の結果です

おーーーっ、亜阿介さまにお返事書いて、フっと気になってメールチェックしたら!
第1週の結果が到着していました~~~ナイスタイミング!!!
今回は、5句中3句に点を頂けておりましたnotes
印は、◎特選(3点)、○並選(2点)、●予選(1点)となっております。
残念ながらというかやっぱりというべきか、特選は頂けなかったものの、
並選×4と予選×3で計11点。
とりあえず、無得点は免れた・・・有難うございます!!!shinehappy02shine



爪紅や紙飛行機にせし手紙 (並選×1、計2点)
○紙飛行機にしてしまった手紙と爪紅の花との関係性が面白い。

秋雲やキリンぴゅるりと舌を出し (並選×1、予選×2、計4点)
●「秋雲」と「キリン」の取り合わせは良く見る気もするが、
 「ぴゅるり」のオノマトペに救われたか。
●きりんの舌って犬的な感触だろうか、それとも猫的ざらり?
○秋雲の高さと気持ちよさとをほんの少し裏切るキリンの舌の姿に惹かれた。
 「ぴゅるり」の臨場感がイイ。

真鍮の太きカラビナ涼新た (並選×2予選×1、計5点)
●(ノーコメント)
○機嫌よく登山用意でもしている感じでしょうか。
 よく光るカラビナのむこうに晴れやかな山の景まで見えるようで、好きな一句でした。
○「真鍮の太きカラビナ」は登山用のものだろう。
 「涼新た」で山上の清々しい空気を感じた。
 或は登山の前に道具の手入れをしていて
 真鍮をピカピカに磨きあげているのかも知れない。


今回、自分で一番気に入っていたのが「カラビナ」の句でしたので、
5句の中で一番たくさん点を頂けて嬉しいですheart04
「山登り」というと自分的には秋~冬のイメージが強いんですが、
季語としては「登山」「山登り」「ザイル」と、夏のものになってしまうので、
季語になっていない山関係の言葉ということで「カラビナ」をチョイス。
大好きな夢枕獏の「神々の山嶺(いただき)」が映画化されたあたりから、
ずっと心の中にあったイメージが、『象さん』直前にまとまってくれたものです。
「山の句」、これからもっともっと詠めたらいいなと思っています。

さて、第2週の締め切りが25日(日)ですね。
んっ!?
『湯豆腐句会』の選句締切、『NHK俳句』の投句締切と被ってる!
が、頑張れ私~~~!!!coldsweats02impact

2016年9月22日 (木)

◆群鶏図

今日、のーんびり寝ていたら、ダンナの声に起こされました。
「画のやつやってるで~」
TVの伊藤若冲の特集番組でした。
ガバっと飛び起きると、画面には何と見事な生き物たちの活写が・・・!shine
どの作品も凄かったのですが、
ここでは連作「動植彩絵」の中でも有名な一枚、「群鶏図」を貼っておきます。

Photo



他に、金色の光が感じられる孔雀や、「梅花小禽図」も特別印象に残っています。
教えてくれたダンナに超!感謝!!lovely

金色の稲穂よ富士は空に溶け

今日のお題は、「富士と稲刈りとかかし」!
富士山と稲田のコントラストも美しく、爽やかな空気を感じる写真です。
皆さんは、どんな句を詠まれたのでしょうか?

【凡】4位:稲雀青き富士に見張られて   櫻井敦子(50点)
    pencil真青なる富士に見張られ稲雀(添削)
    ・中六になってるby梅沢名人
    ・安易な擬人化がいかにも凡人think
    flair語順で情景を鮮明に!

【凡】3位:さやけしや高きに登る子らの聲  大野拓郎(60点)
    pencilさやけしや高きを目指す子らの聲(添削)
    ・なかなかセンスのある人confidentshine
    ・写真を見て「さやけし」が似合うと思ったセンス◎
    ・「高きに登る」が季語なので、ここの表現を変えるだけで1位だった

【無】最下位:富士の下揺れる稲穂のワンピース  アジアン馬場園(20点)
    pencil富士のもと風の少女のごと稲穂(添削)
    ・俳句にも何にもなってないよannoyby梅沢名人
    ・擬人化を使いこなせずボロボロに・・・
    flair比喩は丁寧に描く

【凡】2位:富士ヶ嶺に亡き父の笑み浮かぶ秋  鳥越俊太郎(62点)
    pencil富士ヶ嶺に亡き父の笑み秋幾度(添削)
    ・俳句というより小説っぽいby梅沢名人
    ・「笑み」は「浮かぶ」もの、名人はここを指摘してくれないと!
    ・その3文字を使って歳月を詠むことも出来る
    ・「幾度」は「いくたび」と字余りにしてもしみじみとした感じが出る

【才】1位:晴天や富士を飲む込む稲の波   本郷奏多(70点)
    pencil(添削なし)
    ・晴天が気に入らないby梅沢名人
    ・擬人化・比喩を使って、一句の中でバランスが取れている
    ・「晴天や」も良い。ああ、なんて美しい空なんだろう!という詠嘆から入る
    ・そして最後に「稲の波」と映像が出て来る、語順も良い

【名】初段:富士遙かあぜのかりがね寒き朝  梅沢富美男up昇格!2段へ
    pencil富士遙か畦のかりがね寒き朝(添削)
    ・「かりがね寒き」でひとつの季語
    ・とてもマニアックで、これは褒めないといけない
    ・最後の「朝」が良い。「夕」では寂しすぎる
    ・朝の凛とした空気の中に、遙かに富士が聳えていて雁が渡ってゆく
    

1位の本郷くんは、トークも軽妙で知的センスを伺わせましたlovely
「プレバト大好きで毎ッ週見てる」という鳥越さん、
文章を書いている人だけに、すぐに上手になりそうです。
そして・・・今回も梅沢VSいつき先生の応酬、楽しかったshine

皆さまはどんな一句を詠まれましたか?

◆10月5日締切の兼題:蘆刈(あしかり)*追記あり

◆季語解説

『俳句ポスト』
「あしかり」。
晩秋から初冬にかけて、水辺の枯れ蘆を刈り取ること、
また蘆を刈り取る人のことをいう。
刈り取った蘆で葭簀(よしず)を編んだり、かつては屋根を葺くのにも用いられた。

きごさい
枯蘆を刈り取る作業。
舟を浮かべて刈ることもある。
刈り取った蘆を積んで帰るこの舟を葦刈舟という。
刈り取った蘆で屋根を葺いたり、葭簀を編んだりする。

日本の新歳時記(秋)
晩秋から冬にかけて、川辺や原野の蘆を刈ること。
またその人。
古くから和歌や俳諧に好んで詠まれた。
背丈を越す蘆の束を担いだり、湖や川辺では舟に積んで運んだりする。
その風情もまたよい。
近年、河川の改修などで蘆原が少なくなったのが惜しまれる。
蘆は簾や簾に編まれる。

◆例句(「筆まか勢575」、「俳誌のSalon」などより抜粋)

津の国の減りゆく蘆を刈りにけり   後藤夜半
葦苅のほのぼのと葦隠れかな    八木林之助
果てしなく一掴みずつ蘆を刈る    長谷川櫂
葦刈しあとの明るさ利根の風     皆川盤水
考える芦から先に刈りはじむ     小林あけみ
たっぷりと日のある芦を刈りにけり   西村純吉
蘆刈の一人に遠き一人かな      角 泉子

広々とした空間、乾いた風の音、足元に滲む水、暮れて行く一日など、
さまざまな「蘆刈」が描写され、どの句も絵画のようでしみじみと心にしみました。

◆参考記事

蘆原の風景(「写真素材PIXTA」より)
蘆葺き屋根(画像)
かやぶきの基礎知識
琵琶湖のヨシと・・・(「日本湿地ネットワーク」より)
谷崎潤一郎「蘆刈」(あらすじ)
蘆刈説話(「大和物語」より)
北野大茶会(戦国ちょっといい話)


締切まで3週間あるので、ゆっくり見て行こうと思います。

*追記

水無瀬のご神水が、「日本の名水百選」に選ばれています。
水無瀬神宮のある島本町は「名水の里」と呼ばれ、サントリー山崎蒸留所や、
小説「蘆刈」にも登場したうどん屋さん、老舗の名店「かぎ卯」も!

★亜阿介さま情報!
日本のことを古くは「豊蘆原」と呼ばれていたそうです。
「きごさい」青蘆の季語解説の中にも、
古事記によれば日本は「豊蘆原の瑞穂の国」であり、
古代から豊かに蘆が生い茂り、稲穂がみずみずしく実っていたとされる。
「あし」が「悪し」に通じるので、これを避けて「よし」とも呼ぶ。

とあります。

広々とした蘆原、遙かな古代へ思いを馳せるような「景の大きな句」にしたいですねshine

◆ただいま選句中~!

昨晩『象さん』の選句を送り、『湯豆腐句会』の選句に取り掛かっています。
今月もまたまた佳句が多くて、気がつけば20句ほどにコメントつけていましたcoldsweats01
この頃増える一方です・・・うひゃ~~~sweat01sweat01sweat01
でも、選べる句は3句だけ・・・ここからが本番だcoldsweats01
今日は祝日でお休みなので、ゆっくりじっくり考えますspa

◆9月25日締切の兼題:「帰り花」

堀本裕樹先生の週は、「帰り花」です。

◆季語解説「日本の歳時記(冬・新年)より

【帰り花】初冬
返り花、帰咲(かえりざき)、j狂咲(くるいざき)、狂花(くるいばな)、忘咲(わすれざき)、
忘花(わすればな)、二度咲(にどざき)

春や夏に咲くはずの花が、冬の始めの小春日和に誘われて、
思い出したように一輪二輪咲く、その季節外れの花のこと。
桜以外の草木の帰り花もあるが、
「花」といえば桜の花をさすように、ただ「帰り花」といえば、桜の帰り花のこと。

凩に匂ひやつけし帰花      芭蕉
日に消えて又現れぬ帰り花   高浜虚子
帰り花咲けば小さな山のこゑ  飯田龍太
約束のごとくに二つ返り花    倉田紘文

増殖する俳句歳時記
俳誌のsalon
筆まか勢

おぉ~~~、これもまた例句がたくさんeyesweat01
これまた全部読めてはいないのですが、心に残った句を幾つか抜粋しておきます。

病感の稀になき日や返り花   塩谷はつ枝
退院の姉に二度咲く白桔梗   林 民子
授かれる名案に似て返り花   高澤良一

初冬の澄んだ空気感、返り花の清潔感・爽やかさ、見つけた時の「はっ♪」とした思い。
そんな小さな、胸の涼しくなるような華やぎを詠めたらいいなあと思いました。

2016年9月21日 (水)

◆9月25日締切の兼題:「枯野」

正木ゆう子先生の週の兼題は「枯野」。
「枯野」は、何と言っても芭蕉の句が有名ですよね。

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る

芭蕉が夢に見たのは、色彩鮮やかな妙なる風景ではなく、「枯野」でした。
鳥肌の立つ句です。


◆例句(「俳誌のsalon」、「筆まか勢」より抜粋)

よわよわと日の行きとどく枯野かな   堀麦水
一も二もなくて枯野の風の中     鈴鹿百合子
伝説の巨石が一つ枯野原       川合広保
大枯野抜けて大金持ちの家     半澤佐緒里
くろがねの嶺しろがねの枯野かな  太田寛郎
枯野ゆきだんだん重くなる荷物    西宮舞

あまりにも例句が多く、実のところまだ読み切れていませんsweat01
「大金持ちの家」との取り合わせはあまりにも新鮮!
真の大金持ちとは、世俗を離れてひっそりと暮らしているものなのかも。
・・・と見せかけて、実は極秘の地下施設が広がっていたりしてcoldsweats01
                  ↑私の超個人的な「大金持ち」のイメージですcoldsweats01

『俳句ポスト』より
【天】鉄筆で描く枯野のすさまじき   麦太朗さま
【地】臍帯の小川の在りて枯野かな  クズウジュンイチさま
【人】枯野行く風に合はせる周波数  あらたさま
【人】測量の杭を打ち込む枯野かな  もねさま
【人】鳥葬の似合う枯野を探しけり   北大路南天さま
【人】彗星であった石かも枯野原    ちとせさま
【人】大枯野鋼(はがね)を一つ拾いけり  安さま


「枯野」と「鉄」「鋼」の取り合わせに魅力を感じました。
「鳥葬」もグっときますね・・・!

さて、私も私なりの「枯野」へ旅に出なくては!

2016年9月19日 (月)

台風の前日をただ遊びけり

祝日は、気兼ねなしの休日。
友人shadowと、半年ぶりくらいに「カラオケ→お喋りコース」楽しんできましたnotes
句歴10年になるという友人shadowは、私の一番の師匠。
今回も、お喋りの殆どが俳句の話題で埋め尽くされました。

「俳句って、読んだ句が自分の日常に入ってしまって、
『何々する時あの句を必ず思い出す』みたいなのが増えていくのが嬉しいんだよネ」

たくさんの話をした中で、彼のこの言葉が特別印象に残っています。
カラオケでも、アニメ「ダイの大冒険」ED「この道わが旅」を歌ってくれました。
唯一の心残りは、
「僕、バランが死んだところまでしか知らないんだよネsweat01
ということで、「ダイ」の話が消化不良だったことcoldsweats01
あっ、あと、私が「あかぼし俳句帖」3巻4巻を持参するのを忘れてしまったので、
また近々お時間頂ければと思っておりますsweat01

2016年9月18日 (日)

◆「木」金子みすゞ



小鳥は
小えだのてっぺんに、
子どもは
木かげのぶらんこに、
小ちゃな葉っぱは
芽のなかに。

あの木は、
あの木は、
うれしかろ。



金子さんのあまりにも有名な詩集『私と小鳥とすずと』に収められている一篇。
どの詩も、誰にでも分かる易しい言葉で書かれていますが、
そのどこまでも深い眼差しに鋭く胸を射抜かれることがあります。
誰にでも分かる易しい言葉で、誰もが知っている事柄を描きながら、
誰もが思い至らなかったところにまで眼差しを向けている。
その切れ味は、まさに俳句的と言ってもいいかも知れません。
ラストの「ドキッ!」具合では、有名な「大漁」も凄いのですが、
ほろほろとどこまでも優しい気持ちになれる「木」を今回は紹介させて頂きました。

【佳】新涼の甘噛み繰り返す夜更け

千波矢さま&亜阿介さまよりお知らせ頂き、「やっほう!!!!happy02shine」です。
お知らせ下さり、有難うございます~~~!
あーーーーんど千波矢さまの「西瓜」佳作入選、おめでとうございます!!!
このところ台風の影響で心身ともに湿っぽかったのが、一気に晴れましたupupup

さて、「どんな状況よ?」と突かれておりますが、えぇと・・・coldsweats01
ぶっちゃけ、
「涼しくなったからくっついてもいいでしょ~」
「アホかまだ暑いわ!」
と、くっついては遠のけられる遊び(?)を繰り返す・・・お布団の中の攻防ですねcoldsweats01
それをまあ、伝わりやすくするために「甘噛み」という表現を使っております。
実際そこまで色っぽい雰囲気には、なるはずもなく・・・
ホントすいませんsweat01sweat01sweat01
亜阿介さまの鑑賞が美しいので、そちらを頂きたい気持ちでいっぱいですcoldsweats01

やー、それにしても、またしても堀本先生に選んで頂けた嬉しさと、
またしてもブログ記事に書かなかった方の句が選ばれた座りの悪さsweat02
『NHK俳句』でも、自選句が選ばれる日に来て欲しいものです・・・。
そして、我らが組長、夏井いつき先生に選ばれる日にも来てもらわなくては!
まだまだ先が長いぞ!!!

◆「武器」矢沢宰

矢沢さんの詩を、もうひとつ紹介させて頂きます。


武器

ぼくは天才少年ではないから
ぼくの持っているものだけを
ぼくにあうように
つまみだせばいいのさ

するとそこに小さな真実が生まれる
その小さな真実を
恥ずかしがることはないのだよ
その小さな真実を
どっこいしょ!と背負って
旅をすればいいのさ

よく、洋楽好きの友人と「イントロのカッコいい曲ベスト10!」とか言って
はしゃいだりすることがありましたが(すいません「今もある」が正解ですcoldsweats01)が、
この詩は、私にとって「冒頭で心摑まれるベスト5」に入ります。
何故か、俳優の吉岡秀隆さんの声で脳内再生されます。
・・・なんて話は置いといてsweat01
「その小さな真実を、恥ずかしがることはないのだよ」
この一文が、私に与えた影響は計り知れません。
まだまだまだまだ旅の途中の私には、
今もこの一文が大きな支えとなっているのです。

私が買った「光る砂漠~第一に死が~」はすでに絶版となっていますが、
新たな装丁と写真で「生命の詩」というタイトルになって販売されているようです。
(現在アマゾンでは「一時在庫切れ、入荷未定」)
・・・欲しいなあshine

◆5thシーズン、始まり始まりー!

奇数月は『象さん句会』happy01
18日(日)が投句締切でしたので、先ほど完了させております。
今回ご一緒の方の中には、『俳句ポスト』「胡麻」の【地】選に入られている方が2人もcoldsweats02impact
ドキドキしつつも、前回は最終週に息切れしてしまったので、
今回はそんなことにならないよう、しっかり準備しています!
・・・と言っても、数だけですがcoldsweats01
投句までに煮詰めて、点を入れてもらえるような句に仕上げられたらいいなと思ってますsweat01

ご一緒の皆さま、どうぞよろしくお願い致します!!!

2016年9月16日 (金)

◆月のおさがり

先日の「中秋の名月」にちなんで、月関連のネタですfullmoon


月のおさがり
岐阜県瑞浪地方では、
殻の内部にケイ酸が沈殿して石灰質の殻が溶け去り、
らせん状の内型が美しいオパールとなって発見されるものを
“月のお下がり”とよんでいる。
二枚貝と違って巻貝は泥が入り込みにくいので、
内部に蛋白石(オパール)やめのう(玉髄)が出来やすいのだそうだ。

Photo


神秘の造形ですねlovely

◆「再会」矢沢宰

朝方は少し肌寒いほどになってきました。
いよいよ秋ですね。
毎年、秋になると必ず思い出す詩があります。
秋にならなくても、ふとした拍子に、この詩のことを思います。
中学生の時に読んだ、矢沢宰さんという方の「光る砂漠」に収められていた一篇です。


再会


誰もいない         
校庭をめぐって         
松の下にきたら         
秋がひっそりと立っていた
        
私は黙って手をのばし
秋も黙って手をのばし
まばたきもせずに見つめ合った




初めて読んだ時、何も悲しいことなど書いてないのに、涙がポロポロ零れました。
再び巡り会った「私」と「秋」。
今この瞬間、「私」と「秋」の間には、他には何にもないのです。
その烈しさ、美しさに、私は圧倒されて涙を流すよりほかなかったのです。

矢沢宰さんは、職業詩人ではありません。
腎臓病を患い、わずか21年10か月で亡くなってしまった少年です。
健康でいられた期間は、生涯の中でたった8年であったといいます。
殆どの時間を学校にも行けず病床で過ごしながら、詩を書きためていきました。
詩は、矢沢さんの生きる力すべてだったと言って良いのかも知れません。
一本のすじ雲を、雪を、いちごの花を濡らす雨を、入道雲を、そして愛する人を・・・
矢沢さんは、その瞳に映るもの、魂に触れるものを、
「詩」という命の塊に変えて、私たちに遺してくれました。

今、「季語と向き合う」ということを考える時、
この詩を思わずにいられません。
なかなか、なかなか出来ないでいますが、
少しでも、ほんの少しでも、矢沢さんのような視線で世界を見つめられたら、と思うのです。

2016年9月15日 (木)

月澄みてぽっくり下駄のからりころ

『俳句ポスト』の感激も収まらぬうちに7時ですーーー!
いつもはメモを取ってゆっくり記事を書くのですが、
今日はPC部屋から、ライヴで打ち込んでいってみよ~up(・・・大丈夫か?)

季節はいよいよ秋!
そこでお題は、「京都・中秋の名月」fullmoon
「最近は俳句が生活に密着してますから!」という名人フジモン、
今回はどんな句を披露してくれるでしょうか?
ミッツも特待生としての登場ですね、こちらも楽しみ!

【凡】第3位:重なりて父母の面影秋の月   長山藍子
      pencil父母の面影白し月白し(添削)
句意:輝きのまんまのお月様に、私の大事な人(父母)が入っているby長山
・「月」だけで秋の季語、「秋の」がもったいないかな?byミッツ
・「重なりて」は言わずもがな。「秋の月」という言い方もしなくていい。
flairここがポイント!リフレインで印象的に。

【凡】4位:月光に頬寄せ歩く老夫婦   塩地美澄(48点)
    pencil寄り添うて月光歩く老夫婦(添削)
句意:こんな夫婦になりたいなってby塩地
・実景を想像するとコワイcoldsweats01byミッツ
・「頬寄せて歩く」凡人の凡人の発想
flairここがポイント!ベタな発想を避ける

【凡】2位:古都の夜仏微笑む月見酒  野村真美
    pencil御仏も月見酒せん古都の夜 (添削)
句意:仏さまもお酒を飲むほど美しい月夜by井上
・仏さまはお酒飲まないよねえ~・・・byフジモン&ミッツ
・「微笑む」が曖昧。「御仏」と丁寧な言い方に。
・「人がお酒を飲んでいる」と、明確に伝える。
ここがポイントflair比喩表現はハッキリと!

【無】最下位:名月や文明開化になに思ふ   キスマイ北山(35点)
      pencil月何を思ふ文明開化の灯(添削)
句意:写真の中の街灯に注目して・・・。
・設定を上にしすぎてコケているbyフジモン
・映像が殆どない。漢字一文字で映像を入れる。

【才】1位:君の耳ただ満月の照らす音   パンサー向井(75点)
句意:月の迫力を詠んだby向井
・「音」に対して「照らす」はどうなの?byミッツ
・視覚的な要素を聴覚表現に転換、ここに詩がある。
・なかなかの詩人ですよ!shine

【特】5級:古都秘めて慕う逢瀬の月影よ  ミッツ・マングローブ  sign04現状維持bearingsweat01
    pencil水匂う古都の逢瀬の月影よ
・艶めかしい世界を見事に描く人ですね。
・「月影よ」という柔らかい詠嘆が合っている。
・言葉の無駄遣いがもったいない!「秘めて」「慕う」は「逢瀬」に含まれる。
・あと一押し!

【名】初段:名月に包まれベビーカー眠る  フジモン  sign04現状維持bearingsweat01
     pencil満月に包まれ眠るベビーカー(添削)
句意:赤ちゃんだけでなく、ベビーカーも寝てるような・・・byフジモン
・季語が間違い!
・「名月」よりも「満月」が良い。
・「満」に、満ち足りた感じ、優しい感じ、愛しい感じが含まれている。
・語順も惜しい。
・先に「包まれ眠る」と言えば必ず赤ちゃんを連想する。
・そこまで配慮出来るようになれば・・・。



おおお~~~っと、名人・特待生ともに現状維持!
でも、フジモンの句は着眼点が優しくて素敵ですねlovely
人との関わりを感じさせて温かい俳句・・・
私も、そういう句をサラリと詠めるようになりたいなcoldsweats01

折しも、『象さん句会』5thシーズンの案内が入りました。
『プレバト!』で学んだことを生かせるよう、良き鍛錬の場と出来るよう、
しっかり取り組んでいきたいと思います!

タイトル句は、舞妓さんの下駄の音で詠んでみました。
(上五「や」で切った方がいいかな?などと迷いつつ)
皆さまはどんな「秋の月」を詠まれましたか?happy01

【並】胡麻まぶす星に願ひを託すごと

おおおおおーーーーー、ついにやりました!
期待値1位の句がようやく『俳句ポスト』で【並】に浮かぶことが出来ました!!!
今回は、水曜日の「お便り」に載せて頂いた文章に沿って5句送っていまして、
その中でも、「今回たった一句しか送れないとしたらコレだな」と思っていたものです。
あああーーーー良かった・・・!
この【並】には、今までの【人】よりも値打ちを感じています。
願わくば、これがまぐれでなく・・・
次回以降、高確率で自選句が選ばれるようになりますように!

そして今回の『俳句ポスト』では、
【人】に木目(けんG)さま、pironさま、糖尿猫さま、
【並】に亜阿介さま、さるぼぼさま×2、千波矢さま&お母さま、紫さま、
皆さまのお名前と御句を拝見upup
特にpironさまは初【人】でしたね、おめでとうございます!!!
「愚痴」と「胡麻」の響き合い、元気に向かう胡麻の力を感じさせて素晴らしいです!!!
私は発想を広げることが出来なかったので、
皆様の御句から、さまざまな光景・情景を感じさせて頂けてとっても楽しかったですheart04
ごちそうさ・・・いやいや、有難うございました!!!

今夜は、ごまたっぷりの晩御飯にしますshinedeliciousshine

おっと、その前に『プレバト!』だー!!!

2016年9月14日 (水)

◆「湿地茸」、投句出来ました~

ぅふぅ~~~~、何とか数句を投句・・・!
これで、選はともかく参加だけは続けることが出来、一安心shine
「可愛い姿」「美味しく頂く」の2方向で考えていましたが、
あれこれ検索を続けるうちに、ひょっこり「本しめじ採り」の様子が動画で見つかったので、
ここからもキーワードというか、イメージを頂いております。
動画の4分ごろ、軍手おじさんの登場シーンあたりからざっくざくですlovely
重なる落ち葉の中に深く手を差し入れて・・・
すら~っと姿を現す本しめじの艶めかしい曲線美がたまりません!shinehappy02shine
しかし、この感動をうまく言葉に出来ていないので・・・
締切まで、もう少し粘って考えてみます!

炎帝よさらばだアバンストラッシュ

「エッ今頃?」・・・と言われてしまいそうですが、
息子が古本で一気買いしてきた、『ドラゴンクエスト-ダイの大冒険-』を一気読み!
ダダ泣きしました・・・!(T△T)
特にポップがヤバくて・・・(まとめサイトを是非!)
漢・ハドラーも泣かせるし・・・
ゴメちゃんが・・・うううぅああありがとうゴメちゃん・・・!
と、書き始めたらキリがないくらい(^^;
そして「ダイ」に嵌った私たち親子は、
息子「次は『冒険王ビィト』(原作三条陸:作画稲田浩司)やな!」
私「では私は『ドラゴンクエスト―ロトの紋章―』(藤原カムイ)の方を・・・」
と目と目で頷きあったのでした。


そんな訳で、久しぶりの「漫画俳句」。
途轍もなく強い炎帝も、ダイが必殺技で斃してくれたと思う今日この頃です。

2016年9月 8日 (木)

◆9月10日締切の兼題:「黄落」または「黄葉」

長らく最下位に甘んじていた「桃鉄」、40年目を前にようやく2位に浮上・・・!up
・・・なんて喜んでいたらアラびっくり!
夏井いつき先生週の兼題の締め切りが迫っていた!coldsweats02
ふたつともとなると無理そうなので、ならば動きのある「黄落」に絞って考えようと、
慌てて季語を検索すると、『俳句ポスト』のページがHIT!
大きなヒントになると思い、一部紹介していきます。

◆黄落

・季語解説(『俳句ポスト』金曜日【天】の句へのコメントより抜粋)
「散りながらもどこか明るい華やぎ」
「いさぎよさや驚き、明るさ」
「都会的で洋画的イメージ」
「落ちる現象を愛でる言葉」


・きごさい
広葉樹が黄色く色づいて落ちることをいう。
欅やくぬぎ、ぶな、銀杏など、日を浴びながら落ちるさまは美しい。


・日本の歳時記
銀杏、ポプラ、プラタナス、欅、櫟などの葉が散る様子を言う。
「落」と強調するのは、銀杏を思い浮かべれば分かるように、
色づいた黄葉が止めどなく落ちる様が美しく、きわめて印象的だからだ。
「金色のちひさき鳥のかたちして銀杏散るなり夕日の岡に」は与謝野晶子の歌。
黄落が最も美しいのは、夕方である。


・参考句(『俳句ポスト』「黄落」回の【天】【地】、【人】の句から抜粋)
【天】パエリアのエビは有頭黄落す       天宮風牙さま
【地】黄落を毎晩ずっと歌ひけり         まこちさま
【地】かみふぶきみたいねきょうのこうらくは  ひろしげ7さいさま
【人】黄落やふるさとひとつ呑みこみぬ     こまさま
【人】黄落をくぐりてちひろ美術館        甘えびさま
【人】黄落や名盤にまた針を置く         てまりさま
【人】黄落の朝を焼き立てドイツパン      三重丸さま


・・・うっ、きりがなくなるのでこのへんでcoldsweats01

あと、有名な句からもひとつ。

黄落といふこと水の中にまで     鷹羽狩行



あと、同日締切で小島健先生週の「秋風」「切れ字”や”」もありますね。
どうも毎月「俳句さく咲く!」まで頭が回らないことが多いのですが、
今回は何故か「ふあっ」と思いついた句があったので、一句だけですが投句しています。

時間がありませんが、何とか「黄落」にもチャレンジします!!!

2016年9月 6日 (火)

【特】月愛づる裏の痘痕(あばた)の多さまで*追記あり

千波矢さまよりお知らせ頂きまして、早速見に行きましたー『愚陀佛庵』さんup
千波矢さま、有難うございます~~~!!!

Photo_2



clover選評
「裏側の痘痕」まで愛でるとして、マイナス表現で月の美しさを褒めています。
「誇張」の可笑しさですね。俳句の滑稽は、擬人化と誇張です。(八木健)


はああ~~~嬉しいshine
月の裏側」は、『NHK俳句』で、夏井いつき先生「逃水」「陽炎」の週に、
手の届かないもの、見えそうで見えないもの・・・を探していて見つけました。
コメントの中にある、「地球の盾」という言葉に衝撃を受けました。
本当なら、地球に降り注いでいたかも知れない数多の隕石から守ってくれて、
しかもそれを見せないままでいるなんて、何て凄い存在なんだろうと・・・。
そう思うと、月を見上げて「美しい」と思う時、また違った感慨が押し寄せてきます。


あ~~~~んど、亜阿介さまの句を秀逸に発見!
こちらもおめでとうございます!!!
次はチーム天地夢遙のみんなで並びたいですねnotes
・・・と言いながら、先月は「映画祭り」に現を抜かして、投句を忘れてしまってましたsweat01
今月は早めに準備しようと思いますsweat01sweat01sweat01


追記:pironさまも入選でしたね!おめでとうございます!!!

2016年9月 5日 (月)

◆9月14日締切の兼題:「湿地茸(しめじ)」

8月後半から始まった我が家の「納涼!映画祭り」も終了、
気分も新たに、新しい兼題に向かいますup

可愛い可愛い「湿地茸(しめじ)」ですねlovely

◆季語解説

『俳句ポスト』
「しめじ」。食用きのことして一般的。
キシメジ科のほんしめじは、径4~10cmで傘は茶色から灰色をしており、
柄は7~10cmの白色。
秋に小楢林や赤松との混生林に生え、上品な旨味、歯切れの良さなどが絶品。

ウィキペディア

画像

◆例句

俳誌のSalon」、 「筆まか勢」、「しめじ俳句・川柳
他の季語と比べて、例句がそんなに多くありませんねcoldsweats01
私のお気に入りを少し抜粋します。

チャウダーの伏兵湿地と答へけり    小原扉外
うかうかと千本しめぢ生えすぎし     後藤比奈夫
黄湿地の黄のやさしさの篭覗く      坂口 かぶん


◆食す。参考記事はコチラコチラも

私も「ほんしめじ」食べたことありましたlovely

今回、探しに回った時は見つからなかったのですが、以前に食べたことがあります。
三重県産の大黒占地」、3本入りとか4本入りとかで売っていて、
値段は忘れちゃったんだけど、あまりの可愛らしさに値段も気にせず買ったほどlovely
(いやでも、確か380円とかだったような気がしてきた)
コロンとして、おかっぱ頭の小さい子みたいで可愛くて可愛くて・・・!
本当に、いつまでも眺めていたいくらい可愛かったのですが、
その晩のうちに縦3つに切って天麩羅で頂きましたnotes
どぅわあああああ、最高っ・・・!
あっという間に食べてしまった・・・!
いろんなサイトに「シャキシャキ」と書いてありますが、
私の記憶としては、天つゆもたっぷり吸ったせいか「モフモフ」だったような・・・。
とにかく、美味しかったことしか覚えてないやbleah(役に立たない情報)

Photo

人口栽培されるようになって流通し始めたとは言え、
やはり毎回売り場に並ぶ訳ではないので、本当に食べられて良かったです。
近いうちに、またチャンスが訪れてくれることを切に願っております!!!

2016年9月 4日 (日)

◆色の名前

皆さま、とっくの昔にご存知orチェック済みのことかと思われますが、
俳句表現の参考になりそうな「色の名前」を紹介しているサイトです。

和色大辞典」・・・一覧で見やすいですshine
日本の伝統色」・・・読み物としても面白い!クイズもup
<みなぎ>」・・・美しい日本の色と着物lovely

秋になって、さまざまな彩りに心奪われることも多くなると思いますので、
この機に、今まで時々見ていたサイトをまとめてみました。
実際に俳句に使ったのは1回だけですが、
なんか見てるだけで癒されるんですよね・・・。
そして心がちょっぴり豊かになった気が・・・あくまでも気だけですが・・・coldsweats01

2016年9月 3日 (土)

◆4巻GETだぜー(≧▽≦)ノ

半月に一度の休日happy02up
10時になるのを待って「あかぼし俳句帖」、4巻を購入してきました~!
読みながら、ライブで感想を書きつけていきますheart04
ネタバレ必至ですので、まだ未読の方(ネタバレいやんな方)は読み飛ばして下さいsweat01






俳句結社「帆風」の忘年会を前に、市ノ瀬くんとの会話を思い出しているスイちゃん。
クリスマスも年末年始も会えないというのに、
「まぁ仕方ないよね」とサラっと流すスイちゃんに寂しげな市ノ瀬くん。
スイちゃんがノートに書きつけて消した一句は・・・

恋心育ちきらずに小晦日(こつごもり)

ああ、佳い句ぢゃないですか~crying
消してしまうなんて市ノ瀬くん可哀想すぎるぞおおおcrying
そんなこととはつゆ知らない我らが明星サン、鎌倉の忘年会会場に到着です。
ほほう、「帆風」の忘年会は「和食処 瑞穂」とな。
白帆先生の名前と韻を踏んでて粋ですなcatface
そして早速、白帆先生の乾杯の挨拶に感動してしまう私。
あ、目から汗が(ノ_;)

さて、忘年会の冒頭で、明星サン含む3名が新規入会者として紹介されます。
その時の3人目の、長~い話(自慢含む)に辟易して章一さんが詠んだ句、最高happy02
内輪で盛り上がったところに現れたその男・要大輔氏、
明星サンが見覚え有ると思っていたら、ライバル会社の要職の方でしたshock
ここらへんのプチいざこざも楽しいのですが、
やはり、明星サンの発言から引き出された、白帆先生の語る「脱・初心者の極意」bearingshine
本誌で初めて読んだ時、ちょうど私もどうしても表現しきれない思いと格闘していた時で、
物凄く沁みて、しばらく心から離れませんでした。

たとえその時は敗れても、ずっと句帖にとっておいて、いつかリベンジするのです。
今すぐでなくていい。私は待ちますから。(ニコッ)

最後のこの言葉まで読んだ時、ブルブル震えていたことを思い出します。
コミックスでまとめて読んだ今も、アツい塊が胸に上がってきますshinebearingshine
この忘年会回、文法の話があったり、遊佐くんが注意されたり、
市ノ瀬くんからのメールにスイちゃんの心が動いたり、
黒い章一さんに出逢えたり(笑)、
ほんとに濃いぃ~くて大好きです。
節々に明星サンの成長が感じられるところがまた良くて、
「赤星さん、また”お里句会”もしましょうね」
とスイちゃんが微笑みかけて二人が笑いながら帰っていく後姿、ホントに素敵lovely

と、ここで一区切りですね。
忘年会の後は「新章突入」という感じで、新展開shine
明星サンが、風邪に苦しむ中、「うどんすき」の句との格闘に決着をつけ、
遊佐くんの過去話、現在の交友関係(よつゆさん登場!)。
この、よつゆさんという女性キャラがまた強烈で、
押されに押されるスイちゃん、「誰かに似てる・・・!」と明星サンの顔を思い出しますhappy02
台風のような存在ですが、よつゆさんがいろんな意味でかき回してくれそうで、
今後の展開がググっと楽しみになりましたshineshineshine

最後に載ってる津田部長の「父の日に」という読み切りもほのぼのしてGOODnotes
次巻の発売予定は11月末頃とか・・・すでに待ち遠しいですッッッ!!!happy02

駆け出す子はみ出す子ゐて鰯雲

『プレバト!』待ちに待った特待生SP!!!uphappy02up
お題は「秋の空」。
力量が問われる難しいお題とのことで、特待生の皆さんの句が非常に楽しみですshine

まずは、特待生5級のミッツ・マングローブさんから。

移り気な空秋風の後ろ髪 
pencil蒼すぎる空秋風の後ろ髪(添削)
・句跨りと擬人化にチャレンジ、善戦している
・ただ、擬人化2つはやりすぎ。
・映像のない「移り気な空」を「蒼すぎる空」として、映像化を図る。

結果:1ランク昇格up4級へup
一言:チャレンジ精神◎

次は「素直な描写力が魅力」のキスマイ千賀くん(4級)。

秋天や我が来た道に曇りなし
pencil我(われ)が来た道秋天へ続く道(添削)
・背伸びしているby石田
・ラオウみたいbyフジモン
・「秋天」といえば「曇りなし」は要らない

結果:1ランク降格down5級へdown
一言:季語を信じてないangryannoy

そして「最近はオリジナリティーが加わってきた」というノンスタイル石田さん(4級)。

秋の空ただいま秘密基地跡地
pencil(添削なし)
・「ただいま」が粋なダブルミーニングとなっている。
・「秘密基地」は良く見るフレーズだが、「跡地」で郷愁へゆっくり着地していく。

結果:1ランク昇格up3級へup
一言:バランスがいい!

それから、「軽やかな笑いある楽しい俳句」が魅力の三遊亭円楽師匠(4級)。

漣の海を鏡や鰯雲
pencil海原は鏡鰯雲のさざめく(添削)
・「や」要らないby梅沢名人
・博識な方で、発想は面白い。
・が、語順が惜しい。「や」も要らない。

結果:現状維持sign04
一言:もうひとひねり欲しい!

ここまででちょうど半分、残る4人のうち、2人は昇格、2人は降格に分かれます。
ということで、同じく2級だった2人に明暗が・・・!

まず「詩心が魅力、ありとあらゆる世界に詩を探しに行く好奇心のある人」と、
俳人としての素養を高く評価されているキスマイ横尾くんから。

鰯雲蹴散らし一機普天間
pencil鰯雲蹴散らし一機普天間
・深イイ俳句やな!byフジモン
・若いのに横尾くんは伸びるね!by梅沢名人
・「に」が惜しい。選択肢としては「を」か「へ」がある。どっち?
(横尾くん自身が「へ」を選択)

結果:1ランク昇格up1級へup
一言:この写真から「普天間」へ想いを馳せることが出来る感性が素晴らしいshine

一方、「爆発的な発想力が魅力」の東国原英夫さんは・・・

鉄格子隙間さ迷う鱗雲
pencil鱗雲行く独房の鉄格子(添削)
・何処かはっきり言わないとby梅沢名人
・刑務所の視察で見た独居房からの鰯雲。どんな気持ちで見ているのかとby東国原英夫
・「何処か」が非常に大事。「隙間さ迷う」なんて要らない。

結果:1ランク降格down3級へdown
一言:(発想は)文句なく1ランク昇格だったんですが、残念でしたthink

さ~~~そして最後の2人にも明暗が!

「言葉の知識量が凄い。学ぶことにとても謙虚で、正直尊敬しています」
と夏井先生が言う梅沢名人でしたが・・・

秋澄むや蒼し肺ふのありどころ
pencil秋澄むや蒼き肺ふのありどころ(添削)
・映像のない季語に対して、明確な映像を持って来ている。
・「肺腑」を「肺ふ」とすることによって、字面のバランスを取っている。
・「蒼し」だと終止形なので、三段切れの句になってしまう。
・「肺が蒼い」というためには「蒼き」としなければならない。

結果:1ランク降格down名人初段へdown
一言:初歩的なミス。全部あなたの責任ですthink

最後は、
「努力の人。地道な努力がどれだけ大事か示してくれる見事な男」
と、夏井先生をして言わしめるフジモン(1級)!

山あいの秋雲工場フル回転
pencil(添削なし)
・ファンタジー俳句shinebyフジモン
・「フル回転」なんて詩になりにくい言葉をファンタジーにしている。
・何て可愛らしい人なんだろうlovely抱きしめたくなりましたshine
・現実の光景から、絵本の世界に入っていくような効果が上五にある。
・名人になって頂きましょうよ!!!

結果:1ランク昇格up名人初段up
一言:上級者のワザを露骨に見せないで、ちゃんと配慮出来ているshine


・・・ということで!
今回の査定で、名人初段に梅沢さんとフジモンが並んだことに!!
横尾くんも、あと一歩で名人ですね、これも時間の問題でしょうねshine
実は私は、最初「私なら『普天間を』ってするかな~~~」って思ってたんです。
普天間の、本来なら平和な空を、軍用機が蹴散らして飛び立っていくと・・・。
でも、一晩たって、「あ~~~そうかやっぱり『へ』なんだな」と納得しました。
外から見ているだけで、何も出来ない自分への歯痒さ・腹立たしさがあると思ったのです。

うーん、やっぱり横尾くんの句は佳いなshine
梅沢さんへの挨拶も完璧だし、ホント素晴らしい方と感じ入っています。
フジモンも俳句を見る度に「善い人だな~っ」ってほっこりlovely
今回は、サプライズで奥さまからのお手紙も読まれて・・・泣きそうになりました。
努力は伝わる、報われる。
フジモン見てると、素直に「私もガンバロウshine」って思えるのです。

あー、『俳句ポスト』の金曜ショックから立ち直ってきたかもcoldsweats01
また新たな兼題に向かって、気持ちを練り直します!!


タイトルは、昨年10月句会で1点頂いた私の「鰯雲」の句。
いろんな意味で、私にとってのスタートラインになった句です。

【没】啄木鳥の「木突き5年」と嘯きぬ

BGMは「ボレロ」でございます。
正確に刻み続けるスネアドラムに感動しながら迎える、「啄木鳥」週の金曜日です。
儚い期待が砕け散るとともに、【天】【地】の句に圧倒され、
ブラックホールに吸い込まれたくなる金曜日ですshock

今回【天】の山香ばしさま、月曜日からお名前をよく拝見している方ですね。
ギャ句とか回文にも積極的に取り組まれる、
俳句を自由に楽しまれている姿勢・柔軟な思考(亜阿介さまと一緒ですね!)、
私には非常に眩しいです・・・ウウウ・・・bearingsweat02

翻って、私の【没】句は、啄木鳥からストレートに「釘打ち」を連想してのもの。
大工さんの世界で、「釘打ち3年」とか「カンナ10年」とか、
熟練に至るまでにそれくらいかかるような格言(?)があったような気がして、
古株の啄木鳥が、若造に向かって渋く呟いているイメージで作りましたcoldsweats01
が、【天】や【地】の句を見ると、発想をもっともっと飛ばさないといけなかったですね。
ああ・・・ブラ(yr



投句に当たって、私が目指そうとして出来なかった「音の響き渡る透明な空気感」は、
木~金の句の中にたくさんありました。
特に惹かれた句をいくつか書き出させて頂きます。

きつつきの選ぶは音の良い梢     けらさま
啄木鳥の半音あがりゆくこだま    さるぼぼさま
啄木鳥の音聴くやうに半伽思惟    時雨さま
啄木鳥や富良野の森に遅き朝    長緒 連さま
木つゝきや月へと渡る舟を彫る   せきのよしたかさま
熊啄木鳥は星に漕ぎ出す舟を彫る  雪うさぎさま


・・・とめどなくなりそうなので、このへんでcoldsweats01
今回も、ただただ勉強させて頂くのみ、感心するのみの『俳句ポスト』でしたshine

2016年9月 1日 (木)

【並】啄木鳥の一点突破の気概かな

「啄木鳥」の発表週ですねshine
今日は、ネカフェで8時間働いた後、
急遽出勤を頼まれて100均でも2時間レジに入り、
その後「プレバト!俳句査定」観て家族で「桃鉄」という訳の分からない強行軍でしたので、
今、ミョ~にハイになっております。途中、文章がおかしくなっても気にしないで下さいsweat01

さてさて、このところチーム名のご利益が続いていたのですが、
ついにその効果が途切れてしまいましたsweat01ざんねーんcryingsweat01sweat01sweat01

【並】啄木鳥の一点突破の気概かな

これは、期待値2番目の句でした。
「一点突破」(いってんとっぱ)
特定の一点に対してのみ集中的に力を注ぎ、それによって活路を切り開くこと。

この言葉は、漫画「テニスボーイ」に載っていたの。
中学生の時に読んだ漫画で覚えた言葉が、今こうして俳句に活かされるなんてshine
私は、これからも漫画を読み続けますhappy02up

あっ、限界キタ。
もう寝なくちゃヤバいsweat01
明日の【天】【地】を楽しみにしつつ、おやすみなさ~~~い!!!

◆「秋薊」投句完了しています

ダンナが「桃鉄・戦国維新ヒーロー大集合!(2010)」を買ってきてて、
また久しぶりに親子3人で遊ぶ99年が始まってしまいましたcoldsweats02impact

「ちょっと待って!!!今日締切だから~~~」
・・・と、始める前に「秋薊」2句と回文1句を投句して、
一区切りしたと思ったら、もう0時を回ってた・・・shock
良かった、始める前に投句していて、本当に良かった・・・!

そんな訳で、今回は「4句」+「1句」合計5句。
句が閃くのは、仕事中でバタバタしている時が多いんですよね。
全然俳句のこと考えてる余裕のない時に限って「パッ!flair」と出て来る。
すぐにメモが取れなくて、忘れていくことも多々ですが、
今回は何とか覚えていられました。
何とか、せめて【並】に載ってくれることを願っています・・・!


次の兼題は「湿地茸」coldsweats02impact
きのこ類は大好きなので、「美味しそう~~~!」な句を作りたいです!!

◆結果発表~~~!

ぎゃーshinehappy02shine
嬉しい!!!
8月句会、G1昇格後初の7点獲得です!!!
うわーうわーーーーー、有難うございます!!!!!

手のひらに陽の匂ひして棗の実 (2点)

どの猫も路地裏にゐる残暑かな (2点)

嵩張らぬ人有難き大暑かな   (3点)


このうち、「大暑」の句は、昨年6月に作っていて友人shadowからも褒めてもらったもの。
(この時もらった褒め言葉が、私に句会参加の気持ちを芽生えさせてくれたのかも?)
当時は季語「夏の宵」としていて、『現俳協ネット句会』への投句が9月からだったので、
「来年の夏になったら出そう・・・」って思っていたのです。
その後、「夏の宵」だと、暑さの中にも爽やかさがある気がして、
もっとベタっと暑い季語を探して「大暑」に替えたんですが、
今思えばこれも「残暑」の方が良かったかも知れないsweat01
なんかこ~「大暑」よりも「疲弊感」がありますよね、「残暑」って。
まあ、それはともかくとして、生活実感で主人のことを詠んだ句です。
小柄で細身の人なので、発している熱量そのものも少ないのかも知れないんですが、
一緒にいて余計なストレスもなくて、全然暑苦しくないってことにふと気づいたんです。
ある意味、ラブレターのようなもんなのでしょうかcoldsweats01
非常に個人的な感慨ではありますが、『現俳協ネット句会』で3点頂けたこと、
本当に嬉しく思っています。有難うございましたshineconfidentshine

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »