最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「湿地茸」、投句出来ました~ | トップページ | 月澄みてぽっくり下駄のからりころ »

2016年9月15日 (木)

【並】胡麻まぶす星に願ひを託すごと

おおおおおーーーーー、ついにやりました!
期待値1位の句がようやく『俳句ポスト』で【並】に浮かぶことが出来ました!!!
今回は、水曜日の「お便り」に載せて頂いた文章に沿って5句送っていまして、
その中でも、「今回たった一句しか送れないとしたらコレだな」と思っていたものです。
あああーーーー良かった・・・!
この【並】には、今までの【人】よりも値打ちを感じています。
願わくば、これがまぐれでなく・・・
次回以降、高確率で自選句が選ばれるようになりますように!

そして今回の『俳句ポスト』では、
【人】に木目(けんG)さま、pironさま、糖尿猫さま、
【並】に亜阿介さま、さるぼぼさま×2、千波矢さま&お母さま、紫さま、
皆さまのお名前と御句を拝見
特にpironさまは初【人】でしたね、おめでとうございます!!!
「愚痴」と「胡麻」の響き合い、元気に向かう胡麻の力を感じさせて素晴らしいです!!!
私は発想を広げることが出来なかったので、
皆様の御句から、さまざまな光景・情景を感じさせて頂けてとっても楽しかったです
ごちそうさ・・・いやいや、有難うございました!!!

今夜は、ごまたっぷりの晩御飯にします

おっと、その前に『プレバト!』だー!!!

« ◆「湿地茸」、投句出来ました~ | トップページ | 月澄みてぽっくり下駄のからりころ »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
自選句の並選入選、おめでとうございます(^O^☆♪

句を詠む力と読む力、双方共に響き合いながら上達していくのでしょうね。
私も、皆様の佳句に触れさせていただきながら、上達を目指していきたいと思います。

今後とも、宜しくお願い申し上げますm(__)m

今回は、植物としての胡麻のみならず、人事としての季語(胡麻干す、胡麻叩くなど)もオーケーのようでしたね。めぐるさんの記事を読んでから、ハイポの結果を見に行きますた。

結果を見ていつも思うのですが、「人」「並」の境界は、デジタルではないように感じます。
「人」でも「地・天」に近いのから、「並」よりのものまで、あるようにおもいます。
かなり、アナログな分け方なのでは? と想像しています。真相は知りませんがw

そして俳句は、選者によって評価が180度も360度(あ、一周しちった)も異なりますよね。
絶対的評価っていうのは、こと上の方の句については無いもんだ、と思っています。

めぐるさんの句は、場面が想像出来て、情景を思い浮かべやすい秀句だと思います。
痔洗顔(<-うおを! 凄い変換だっ)w、を養う大いなる一歩を踏み出されましたね。
わたすも、痔洗顔が育つようにがんがります。コンカイモサッパリダメオクン。
掲句は、個人的には新仮名のほうが、親しみやすかったかもー?

他に気になったのは、「この畝に人類よりも多き胡麻」すた。

以前、コメントで匂わしていた内容でしたね。
お見事です。

こちらは、こんな句詠んだっけか?って句です。
ニューカレドニアとか、何にもない島へ新婚旅行へ行った人の話から詠みました。
南国の風が感じられないのは技量不足だからです。

携帯の電波も、テレビ放送も届かない島では当然ハネムーンベイビーだと言っていました。
胡麻じゃなくてもいい句でしたが、とにかく全ボツ回避は有り難いです。

◆pironさま

改めまして【人】おめでとうございます!
「胡麻」、お互いにとって記念すべき回になりましたね!(=´∀`)人(´∀`=)
素敵な句を読んで、「いいなあ私もこんな句作れるようになりたいなぁ」と憧れ、
何とか今の自分を振り絞りながら一句を詠む。その繰り返しですよね
時には打ちのめされるばかりで苦しいこともありますが・・・
でもきっと、憧れを失わないことで少しずつ目指すところに近づいていけるんだと思っています。
pironさまも私の憧れの1人です。こちらこそ今後ともどうぞよろしくお願い致します!

◆糖尿猫さま

安定の【人】、おめでとうございます!
実は私、次回兼題の「蘆刈」で縄文関係のイメージを抱いていたので、
「おおおおおっ!!!!!」とテンションMAXにアガってしまいました!
胡麻のキーワードのひとつ「古代」をうまく詠み込まれましたね!
土器でゴリゴリやってたのかなあ~って考えると、
乾いた土の匂い、縄文人たちの体臭、生活臭まで感じられて浪漫ちっく
そーそー、確かに、【地】【人】【並】と、どのへんに線引きがあるのか、
謎に感じることもありますね。【人】っぽい【並】の句もいっぱいありますもの。
個人的には、季語らしさが掴めていて、描いてあることに共感・好感が持てれば【並】、
咥えて時間的・空間的な広がりまで詠めていれば【人】・・・という気がしています。
(「海胆」で初めて【人】頂いた時にそう感じたのです)
ごくごく目の前の景である私の句と、古代にまで思いを馳せている糖尿猫さまの句、
ちょうどそのような分かれ方ですよね
そういう意味ではさるぼぼさまの「人類よりも多き胡麻」は【人】よりな気がする
私も発想に「はっ!」となった一句でした

ところで、誤変換のパワーが凄すぎます
明日朝起きて洗顔する時、思わずお尻を押さへてしまいさふです
・・・そういえば、私もずっと新仮名で送ったような気になっていたので、
発表を見た時、直してもらったのかな?と思ってメールを見直したら、
自分で旧仮名で送っていました
感覚的に、自分でも新仮名が合う内容だと感じていたみたいです。
糖尿猫さまと感性が似て来たのなら嬉しいな

◆亜阿介さま

有難うございます~!
今回はチームのみんな仲良く【並】でしたね
亜阿介さまの句、胡麻がビーチの砂浜を連想させますし、
何と言っても「元気いっぱい子だくさん」のイメージがありますから、
爽やかな新婚の朝食にもぴったりなんではないでしょうか?
あんまり綺麗すぎる季語だと「ケッ」って感じになっちゃいますから(エッそんなの私だけ?)
「胡麻」が丁度良い気がしています、うほほん

自選句を採ってもらえると嬉しいですよね!
『星』がすごく効いてますね。直喩にして上手く季重なりを回避出来てると思います。
この句を読んで黒胡麻をイメージする方は少ないでしょう。
いろんなイメージを膨らませることが出来る楽しい句ですね。
僕としては充分に『人選』で通用するお句と思いますよ。

僕も自選句採ってもらえるよう頑張らないと!
アレ・・僕、自選句採ってもらったことほとんどないかも・・・汗


◆けんGさま

有難うございます~~~!!!
今回初めて、「自分の言いたいことはこれで、それをうまくまとめられた」という実感が
「星」へのコメントめちゃくちゃ嬉しいです。
季節感をどうやって出そうと思っていたのですけど、「星に願い(祈り)」のイメージの透明感が、
うまく機能してくれたのではないかと・・・。
自選句を選んでもらえた喜び、この嬉しさをこれからも何度も味わえるようガンバリます!
次の目標は自選句で【人】だな・・・!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【並】胡麻まぶす星に願ひを託すごと:

« ◆「湿地茸」、投句出来ました~ | トップページ | 月澄みてぽっくり下駄のからりころ »