最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

◆「十七音の海」堀本裕樹

堀本裕樹先生が優しくエスコートして下さる、名句104句の階段。
知っている句と知らない句、ちょうど半々くらいだったので、
心地良い波間の中に揺蕩うなか、時折ツイっといるかが寄って来てくれるかのようで、
とても幸せなひと時を過ごさせて頂きました。
まるで、目の前で堀本先生が丁寧に語り掛けてきて下さってるかのようでしたlovely

「はじめに」のところで、
「最初に、自分が感じたこと思ったことを捨て去らないでほしいのです」
と書かれてあったので、
まず自分でゆっくり鑑賞した後に先生の解釈や説明を読みました。
すると、先生の文章の、なんとも言えない「寄り添い感」に気づき、心打たれました。
私が何をどうアツく語って暴走しようとも、
堀本先生の多くを語り過ぎない解説は、決して個人の感想を壊さないのです。
えぇと・・・。
例えば、今回私が本書で初めて目にした俳句について書き殴ってみます。

うつくしきあぎとありけり能登時雨  飴山実

・・・常々「能登」ってエロいよな、と思ってきた私。
一読、まさに「我が意を得たり!」と膝を打ちたい気分になりました。
そもそも、「能」と「登」を組み合わせた地名自体が何とも言えず蠱惑的だし、
能登半島のあの形、特に左側の海岸線、まるで女性の喉元のようじゃないですか?
冬の北陸と言えば、うまい魚・うまい酒。
宴も進んで、もはやぽっかぽかの部屋の中で、
日本酒(冷)をキュ~~~~っとやる白い喉。
で、右側は、その喉元にそ~~~っとクチビルを寄せていくアナゴさんスケベおやじ。
えぇっ、そんなふうに見えるのは私だけ?・・・はっ、・・・ずびばぜん”coldsweats02sweat02

能登半島のランドサット衛星写真。スペースシャトル標高データ使用。

まあ、そんな訳で、「うつくしきあぎと」と言えば「能登」、
「能登」と言えばやっぱり「冬」だろうということで、
私的に、目からウロコの一句でありました。


・・・とまあ、こんな鑑賞した後で読む堀本先生の解説が、実にいいんだよなあshine



第一章~第三章までは、見開きで一句を。
第四章「覚えておきたい俳句」では、1ページ一句のペースで。
この程良い「余白感」も良いなと感じました。

次は、今日届いた辻桃子先生の本up
「あなたの俳句はなぜ佳作どまりなのか」
うぅ、このタイトルのインパクトが凄くて、ちょっとまだページを開く勇気が足りないわsweat01
「情熱大陸」で『キングダム』の原先生が出るから、それ見て気持ちをアゲよう!!!

動線にまつわる子犬秋日和

ギャ~up
葉音さまがお知らせ下さり、千波矢さまがブログにUPして下さって、
『俳句百年計画』の企画のひとつ「疑似俳句対局」に投句したものが、
本に掲載されていることを知りました!!!嬉しい~~~happy02up

マルコボ通信」の募集記事を見た時に、
このページを開いちゃったら、閉じるまでに投句しなくては!
・・・という一文にビックリして、しかも時計がついてて残り2分からどんどん減ってて、
「うぎゃーーーーーーっ???coldsweats02impact
と勢いだけで投句したものなので、まさかまさかでした。
自分では「小犬(室内犬のイメージ)」としていたような気がするのですが、
「秋日和なので・・・」という句評もあり、もしかすると「子犬」に直して下さったのかも?
犬の出産時期は大きく春と秋があるので、「子犬」でもおかしくないですし、
むしろ、ほわほわの尻尾をフリフリ、ちょこまかと甘える素振り、
圧倒的に「子犬」の方が可愛いですよねlovely

これまで、自分自身は犬タイプなんだけど、何故か句になるのが猫ばっかりで、
「犬の句も見つけたいなあ」
って願望がずっとあったんです。
「あと2分!エエッ?coldsweats02」な時に出て来てくれて、本当に嬉しいheart04
これきっかけで、また新たな犬の句を見つけられたらなと思います。


そして・・・他にもさまざまな企画てんこ盛りの『100年俳句計画』に、
心が大きく傾いております。
春ごろはまだ余裕がなかったのですが・・・
この秋、出資馬が何頭か引退の運びとなってしまいまして・・・
その分、支出が減ることになりますので・・・
キリよく来年の1月号から購入を始めようかなあと考えている次第coldsweats01
楽しそうな企画あれこれに、遅ればせながら参加させて頂きたく思いますので、
(「詰め俳句」とか面白そう!!)
先輩の皆さま、どうぞよろしくお願い致します!!!

2016年10月29日 (土)

◆葉脈標本(追記あり)

秋になると、落ち葉の栞が目に入ることが多くなるような気がします。
私もひとつ欲しいなぁ~~~と思っていたところ、作り方紹介のページを発見!
重曹なら、職場にも売ってますscissors
特別な薬品を必要としない作り方なので、私にも出来そうupupup

葉脈標本
美しいですね・・・!
標本が出来たら出来たで、何色に染めようか、また迷ってしまいそうです!
・・・手に入り易そうなのは食紅かしらcatfaceshine

追記:こんなページも発見!!!美しすぎる・・・!
    

爽籟や今日も何処かでボブ・ディラン

「ディラン氏アカデミー賞受け入れ」
発表以来、連絡が取れていないとのニュースに、
受賞辞退では?との憶測も囁かれていましたが、ようやく連絡が入ったようです。
名曲中の名曲「風に吹かれて」はもちろん、
Like a Rolling Stone
Knockin On Heavens Door
などなど、大好きな曲がたくさんありすぎます。
オリビア・ニュートン・ジョンの歌で聴いた「If Not For You」も大好きでした。
アカデミー文学賞受賞、諸手を挙げて万歳!!!
本当に素晴らしい!!!

芒原そこに錆び猫ゐたやうな

今週のお題は「箱根のススキ」shine
キラキラの海のような芒原・・・美しいですね!
今回は、過去に才能アリ1位を獲ったことのある方が3人も揃い、
新たな特待生誕生なるか?というスリリングな展開。
さて、皆さま一体どのような句を詠まれたのでしょうか?


【凡】2位:髪靡き尾花の奏(かなで)壮大に  パンサー向井(60点)
    pencil髪へ来し風は尾花を奏でゆく(添削)
    ・漢字多すぎ!いろんなこと詰め込み過ぎ!背伸びしすぎ!byフジモン
    ・言いたいことに技術が追い付いていない
    ・「髪靡き」で切れているので、連続性を出さないとthink

【凡】4位:気がつけばすすきの穂先頬を撫で  朝比奈彩(45点)
    pencil我二十歳すすきの穂先頬を撫づ(添削)
    ・隠された意味(自分の成長)が全く伝わって来ないbyフジモン
    ・わざわざ年齢を言うことによって、以前は届かなかったと想像させる
   
【無】最下位:箱根やま吹きくる風に何想う  山下真司(25点)
    pencil箱根山すすき吹きくる風の色(添削)
    ・季語ねえじゃん!プレバトほんまに見てます?coldsweats02byフジモン
    ・「やま」漢字で書きましょうよ
    ・これが醍醐味。来て良かったby山下

【凡】3位:バス降りて金風香る箱根道   キスマイ宮田(50点)
    pencilバス降りて金風香りくる箱根(添削)
    ・多少ありがちではあるが、ちゃんと詩がある
    ・せっかくなので、「今まさに!」という臨場感を出そう
    ・惜しいねby山下

【才】1位:手をとってちいさな母と芒原   秋野暢子(70点)
    pencil(添削なし)
    ・発想が新しい訳ではないが、とっても丁寧に描写している
    ・語順がまず巧いし、助詞「と」が良い
    ・特待生は保留think

【名】初段:羊群の最後はすすき持つ少年  フジモン upワンランク昇格!2段へ!
    pencil(添削なし)
    ・イメージはオーストラリア!発想を飛ばすのよ!byフジモン
    ・語順、助詞「は」が絶妙!!
    ・本当に素晴らしい!!
    ・3年ほどやっているが、今までで一番良い!!!shine


残念ながら、新特待生の誕生までは行かなかったものの、
フジモンの句が絶賛され、文句なしの昇格となりましたup
一瞬「アルプスの少女ハイジ」のペーターが浮かびましたが、あれはヤギでしたねcoldsweats01
伸びやかな秋の空気感、多分すすきを軽く振りながら歩いている少年。
乾き始めた草の匂い、羊の匂い、お日さまの匂いまで感じられてくるような・・・。
フジモンは、これまで目の前の光景を温かく描写することが多かったと思いますので、
今回の発想の飛躍は驚きでした!
うーーーーん、進化がとめどないshinebearingshine
夏井先生は嬉しいだろうなあ・・・と思います。
番組で、他の人への注意点・褒め言葉をきちんと聞いているからこそ、
こうやって確実に成長していけるんだと思います。
自分は発想が凡庸だと悩んでいても、
じゃあ次の兼題でどうする?と言っても結局同じような句を作っているような私には・・・
本当に眩しく輝いて見えました。
他の方の句へのツッコミも的確で、
夏井先生の「その通り!」「さすが特待生!」といった合いの手にも勢いがあり、
「師範」への道が一番近いように感じられました。

次週は、そんなフジモンにライバル心を燃やす(?)梅沢名人が登場!
これまた見逃せない展開になりそうです!ワクワク!!

・・・あっ、夏井先生の喉の調子、この収録の時はどうだったんだろう?
ブログによると、
「十一月頃に、恐怖の声が出ない回のがオンエアに」
とのことですが・・・来週なのかな?これは・・・ドキドキcoldsweats02sweat02

しかし、どんな時でもきっと番組は面白いんだろうなという確信が持てますねshine
本当に素晴らしい先生です。心から尊敬していますshineshineshine

2016年10月27日 (木)

【人】杣山の温き一日や湿地狩

4パターン×2句で、合計8句送っていた「湿地茸」の発表です。
ドロロロr・・・・(ドラムロール)・・・てんっ♪

今回は、期待値3番手の句が【人】でしたchick
本しめじ採り」の動画の中から拾ってきたものです。
」という言葉が好きで、いつか使ってみたかったので、結果に繋がって嬉しいです!!
皆さまのお名前を発見(おめでとうございます!!!)してはテンションが上がり、
その句を見ては自分になかった発想に感心し、軽く打ちのめされたりもする木曜日。
しかぁし、凹んでばかりもいられないので、取り敢えず前を向かねば・・・ということで、
今回、特に気になった句をいくつか紹介させて頂きます。

銀鼠の釦のごとし湿地茸   樫の木さま

実は私も「何色って表現しよう・・・」と、このページを何度も見たのですが、
ついに決めきれませんでしたshock
「なんとか鼠」とは感じていたんだけど・・・結局「釦のごとし」といったような、
その色と湿地茸を繋ぐ言葉も見つけきれなかったのです。
樫の木さまは、前回の『象さん句会』で同室のお1人だった方。
次々と繰り出される佳句に、圧倒されっぱなしでした。
む~~~んッさすがっ!shinebearingshine

母方は子だくさんなり山占地    立川六珈さま

も~一読してストっと腑に落ちる「山占地」です。
兼題では「湿地」ですが、ここは「占地」ですよねshine

骨上げの前のしめぢの噛みごこち  比々きさま

読んだ瞬間、湿地茸を咀嚼する時の歯の動きを感じました。
ちょっとグリっとした食感が・・・胸中の思いとシンクロする・・・。
これも平仮名「しめぢ」が効いていると感じました。


ここで気づいたのですが、私の句、季重なりですよね?
「温し」は春の季語shock
『NHK俳句』「葡萄」でも、「昴」を使っていて季重なりになっていたと思うのですが、
選に入れて頂いていました。
ということは、適度な位置づけで気にならなかったということでしょうか。
セーフ判定で良かったのですが、
気づいた時の「!coldsweats02impact」は心臓にとっても悪いので、
今後は投句のさいに、もっと細心の注意を払わないとと肝に銘じた「湿地茸」でした。

「風邪」、これからガンバルup

2016年10月26日 (水)

◆「五・七・五の小説工房」

堀本裕樹先生のオフィシャルサイトで、こんなサイトを知りました。
「五・七・五の小説工房
現在UPされている最新記事には、
『俳句ポスト』『NHK俳句』常連のかるかるかさまの名前も!
バックナンバーを見れば、ああ、他にも知っているお名前の方がチラホラlovely
今年から始まったばかりのようで、次の募集が第五回とのこと。
兼題は「河豚」「冬の星」または自由。
締切は12月25日(日)xmasクリスマス当日ですねshine

読むだけでも凄く面白くて興味深いですし・・・
「河豚」は食べたことないけど・・・なんて投句のことを考え始めている自分がいますcoldsweats01
皆さまも是非!いかがですか?

◆11月2日締切の兼題:「風邪」

おおおーーーーっと、こっちの方が早かった!
危ない危ない・・・『俳句ポスト』の次の兼題「風邪」でございます。

◆季語解説

俳句ポスト
寒風にさらされたり、寝冷えをしたことがきっかけで引く風邪や、
ウイルスによる流行性感冒などがある。
くしゃみ、鼻水、咳、のどの痛み、熱などの諸症状を伴い、重症化することもある。

きごさい
ウイルスなどによる呼吸器感染症によって、
頭痛、鼻水、くしゃみ、咳、のどの痛み、発熱など様々な症状を引き起こすことをいう。
疲労や湯冷め、冷えなどが引きがねになって、免疫力が低下しているときに生じやすい。
冬場に多く、風邪のために学校が閉鎖されることもある。
まずは安静が第一である。

◆例句抜粋(「筆まか勢」より)

店の灯の明るさに買ふ風邪薬         日野草城
くらがりに灯を呼ぶ声や風邪籠り        村上鬼城
ひとごゑのなかのひと日の風邪ごこち    桂信子
いろいろな所が風邪を引いてをり           櫂未知子
また風邪を引いたとはもう言へずをり     後藤比奈夫
不機嫌といふにあらねど風邪心地        上村占魚
風邪の子や団栗胡桃抽斗に        中村汀女


身近な病気ということで、例句も非常にたくさんあります。
私も、過去何回風邪を引いたか・・・shock
咳が始まると、もう本当に何ヶ月も治らない(気管支拡張っぽい)ので、
昨年くらいからようやく、「ちょっと不調かも・・・」って時に風邪薬を飲んで寝るように。
すると大抵、朝にはスッキリ目覚められます。
こんな簡単なことに気づくのに約半世紀もかかってしまうとはsweat02

とにかく、美味しく食べて楽しく過ごすこと!!!
この冬もこれでNO風邪LIFEを送りたいと願っております~~~。

◆11月10日締切の兼題:「蕪蒸」or「風呂吹き」、「冬の空」「切れ字かな」

はああーーーーー。
「鰤」「水鳥」がたった今締め切られました。
息子と喋っていてヒントを貰ったりして、合計4句ずつの投句となっています。
息子と俳句の話で盛り上がったのは初めてなので、チョ~嬉しい&楽しかったheart04

・・・そんなスイートタイムも終わり、また次の兼題がやってきますね。

「蕪蒸」「風呂吹き」
どっちも殆ど食べたことがないshock
なので、まずは実食からですね・・・!
和食のお店で食べようとすると、結構な出費を覚悟しないと???

何とか自分で作ってみようと思いますbearingsweat02
クックパッドを頼りに!!!

2016年10月25日 (火)

枯れ柳いまジョジョ立ちをするところ


ジョジョ立ち


堀本先生が、「ジョジョ句会」をされていたと知って。
ちょうどこの記事(↑)の脇に載ってるツイートで紹介されてる
あなたの俳句はなぜ佳作どまりなのか(辻桃子)」にもピクっgawkimpact

◆「鰤」「水鳥」投句・・・しました!!!

ぷは~~~~っ!!!!
駆け込みで間に合った!!!・・・と思ったら、今25日になったところですね、
ああっ良かった!まだあと1日あるゾcoldsweats01

「水鳥」の句は、こちらの動画を参考に、2句送っています。
「鰤」は、石川さゆりの演歌「能登半島」のイメージとかcoldsweats01

出来はともかく、参加が出来たことに一安心して今日は眠ります。
ほっとしたところで、新たな発想が得られることにも期待しつつ・・・おやすみなさいsleepy

2016年10月24日 (月)

◆10月25日締切の兼題:「鰤」「水鳥」

あららっcoldsweats02sweat01
ついこの間「鮫」「海豚」を送ったところだと思っていたのに、
もう「鰤」「水鳥」の締め切りが迫っていたわっsweat02
皆さんが早いんじゃなくて、私が遅かったのよーーーーーwobblysweat01sweat01sweat01
のんきに構えていた自分を蹴飛ばしてやりたいdash


◆「鰤」

・氷見の鰤、富山湾、北陸
・涙滴型
・出世魚
・色のコントラスト(水色と黄色で綺麗!)

例句(「筆まか勢」より抜粋)

水商売で終る生涯鰤を裁つ   鈴木真砂女
寒鰤のいづれ見劣りなかりけり 鈴木真砂女
鰤焼くる己が脂をほむらとし   木村清


うぅううううん。鰤と言えば、鰤大根しか食べたことがないshock
そんな私でも知っているほど有名な「氷見の鰤」に的を絞って、
何とか投句するだけはしてみようと思います。
ガンバレ私~~~!!!


◆「水鳥」

こちらは、「水鳥」として鴨や雁、鳰、鴛鴦、鷗、白鳥などの名も挙げられています。
「水鳥」として詠むか、どの鳥かに絞って詠んでもいいのか・・・。

例句

水鳥のおもたく見えて浮きにけり  鬼貫
水鳥の夢宙にある月明り       飯田龍太
こほるこほると白鳥の夜のこゑ   森澄雄


森澄雄の「白鳥」の句が大好き。
ダメモトですが、「白鳥」で一句、出してみようと思っています。

2016年10月23日 (日)

◆披講開始~~~!

今月も佳句揃いだった『湯豆腐句会』、私も何とか票を頂けて「ホッspa」としております。


秋空や女神の像の指の先 (3票、1コメ)
・秋空の女神像は、辰子像or乙女の像しか浮かびません。
 いずれも秋空に映える像ですが女神像はいずこの像か興味あります。
・ 秋の空が美しく広がっていることが想像できます。とても素敵なお句。
・大理石でしょうか。白い像と青い空が目に浮かびました。
・きれいな句。
confidentそっと天に手をかざしているような女神像をイメージしました。
読んだ方それぞれに、優しく清らかな女神の姿が浮かんでくれたら嬉しいです。

老斑の増ゆる夫の手零余子飯  (2票、1コメ)
・ 穏やかなご夫婦の日常を、垣間見させて頂いた思いです。
 奥さまのの思いやりが感じられました。
・ 零余子のような老斑。
 毎日おいしい食事を作り続けてくれた 妻に対する感謝の気持ちも。
・夫が零余子を取ってきたのであろう。
 その手に老斑がずいぶん目立つようになってきた。
 長年連れ添った妻ならではの観察。

confidentあまりにも連想がストレートすぎるかなと思いましたが、汲んで頂いて嬉しいです!
 栗ご飯は支度が大変でなかなか出来ないけど、零余子飯だったら・・・な私ですcoldsweats01

枕辺は読書灯のみ秋深む (管理人選)
shadow寝床で読んでいるのです。枕元には何もおいておらずすっきりしているのでしょうね。
confidentそうだといいなあという私のささやかな憧れです。実際は・・・言わぬが花っsweat01


今月も、管理人さまが無得点句を拾って下さり、感謝です。
それから今回の選句では、紫さまとご一緒がけっこうあって嬉しかったです!
一緒にやち坊主さまの句にコメント入れていたりhappy01shine
そして今回からpironさまが俳号を変えられて「葉音さま」に。
早速「リュックの子」の句で5票を集め、正丸さまからも選ばれていましたね!
新俳号、幸先の良いスタートとなりましたね!!

私も、この10月で、『湯豆腐句会』1周年となりました。
少しは成長したところを感じてもらえるように、今後も頑張っていきたいと思っています。
まだまだまだまだ未熟者の私ですが、皆さまどうぞよろしくお願い致します!!!

2016年10月22日 (土)

◆「はる」室生犀星

はる


おれがいつも詩をかいてゐると
永遠がやつて来て
ひたひに何かしらなすつて行く
手をやつて見るけれど
すこしのあとも残さない素早い奴だ
おれはいつもそいつを見ようとして
あせつて手を焼いてゐる
時がだんだん進んで行く
おれの心にしみを遺して
おれのひたひをいつもひりひりさせて行く
けれどもおれは詩をやめない
おれはやはり街から街をあるいたり
深い泥濘にはまつたりしてゐる


タイトルは「はる」なのですが、いつも晩秋の頃に思い出す一篇です。
室生犀星という名前が、実に秋っぽいからかも知れません。
この最初の5行は、俳句を始めてから余計に実感することが多くなりました。
「あっ♪」と思った時には、その閃きはすでに体を通り過ぎているのです。
投句締切前になってソワソワし始めた時に読むと、心が落ち着きます。

それにしても、室生犀星の「おれ」カッコイイなあlovely

2016年10月20日 (木)

【佳】啄木鳥や雲の透けゆく青き空

なんとっ!!!
8月7日の日記で、小島健先生の「取り合わせ」への投句にチャレンジしたものが、
思いがけず佳作に選んで頂けていました!!!ちょ~嬉しい~~~!!!
もともと、『俳句ポスト』兼題「啄木鳥」の時に着想のあったものなんですが、
どうにも気持ちが焦るばかりで、全然かたちになってくれませんでした。

【没】啄木鳥や空には千々のちぎれ雲

締切間際に駆け込みで投句したものの、「間に合わなかった!」という念ばかり。
言いたいことが言えていないもどかしさだけが残っていました。
日記にUPした時は、もう「啄木鳥」から離れた句として書いたんですが、
掲示板での亜阿介さまとのやりとりの中で、
「やはり『啄木鳥』の句で作りたい!」という気持ちが再燃し、
折しも「取り合わせ」で募集されていた小島健先生の締切がまだだったので、
エイヤっと投句に踏み切ってみたのでした。

ですので、この佳作は亜阿介さまのおかげだと思います、有難うございます!!!
『俳句ポスト』から『NHK俳句』へ、完全なる没句供養となりました。
まだまだ推敲の余地も十分にありそうに思いますが、
「スピード感の対比」は何とか出せたのじゃないかと思っています。
選んで下さった小島健先生にも感謝です!
本当に有難うございました!!!shineshineshine

【佳】葡萄つまみ双眼鏡で観る昴

堀本先生ーーーーーーーーーーーー!happy02
葉音さまから、2句載っていると知らせて頂いて、予感はあったんですけど・・・
やっぱり1句は堀本先生が選んで下さってましたheart04
しかし、私が「これかも?」と思っていたのは別の句。

星愛づるごとつまみたる葡萄かな

でしたので、久々に「エッ、こっち?coldsweats02impact」を味わいましたよsweat01
「葡萄と昴は似ている!」と昔から思っていたので、
その思いのまま、素直に「昴」と取り合わせてみたんです。その後、
「イヤ、あまりにも即き過ぎなのでは・・・」
と、「星」にズラしてみたのですが、いわば原句であったところの「昴」が佳作となりました。

Photo

昴(プレアデス星団)。肉眼で7個前後は数えられました。
どうしても数えるたびに「違う気がする・・・」という気持ちが拭えず、
一生懸命目を凝らして見つめ続けたものです。
月と同じく、双眼鏡で十分楽しめます。
昴は、天体望遠鏡だとレンズからはみ出してしまうため、
双眼鏡がベストなんだとか。
そんな豆知識もあって、佳作に入れてもらえたのかな?coldsweats01
上五を何とかしたかったのですが・・・他に思いつかず、字余りに。
嗚呼、自分の表現力の乏しさが恨めしい。

しかぁし!!!
ここで初めて、夢のひとつが叶いました!!!
衒叟さまと、同じページに載りましたああああshineshineshinehappy02shineshineshine
三重県と大阪府だから、うまく行けば同じページに載れるなあって、憧れていたんです。
しかも同じページの、同じ段ですよ、うおーーーこのページ宝物だ!!!
・・・なんかちょっと、「本当に同じ佳作なの?coldsweats01」と思うほど格の違いを感じますが、
それはこのさい、気にしないことにッ!!!
衒叟さまーーーーめぐるは夢が叶って嬉しゅうございまする!up

そして、おおぉ、「黄落」で入選九句に選ばれていた、
堀部一良さま、立川六珈さまも同じページじゃないですか・・・!
立川さまは、同じ大阪なのね・・・近くにいらっしゃるんだわ・・・。←今頃気づくcoldsweats01


そして、けんGさまのお名前も、「雷」に発見致しました。
ブログで見た時、「好きlovely」と思った句です。さすがです!!!
これから、けんGさまも『NHK俳句』投句を視野に入れるとか。
またまたテキスト購読の楽しみが増えました~、
早く来月にならないかなっupupup

2016年10月18日 (火)

◆「真砂女歳時記」鈴木真砂女

またまた、帰宅途中の古本屋さんで買ってきました。
「歳時記」というタイトルではありますが、
鈴木真砂女による一頁一句~二句の名句鑑賞です。
表紙も美しく・・・真砂女の文章も美しく・・・ゆったりした行間も有難く・・・
サラサラと心が浄化されていくような心地で読み終えました。
今後も折に触れ読み返していく一冊になりそうです。

2016年10月17日 (月)

黄落のモンパルナスのやうだこと

黄落やなぜわたしではないのです   夏井いつき


夏井いつき週「黄葉」「黄落」の発表です。
ゲストは、西条自然学校の山本貴仁さん。
以前、夏井先生の吟行を案内して下さったことがあるそうで、
五感をいっぱいに使われての表現にいたく感心なさったとのこと。
「歩く季語成分みたいな方heart04」と司会の岸本葉子さんもニッコリshine
和やかなムードで始まる『NHK俳句』です。

◆入選九句

黄葉に働いている浮力かな   加藤公基さまshine「浮力」に黄葉ならではの軽やかさ
黄葉や古墳の壁に天体図    立川六珈さまshineキトラ古墳の赤い天体図を想像by山本
黄落やデモ隊駅に解散す    堀部一良さまshine散り散りになる人と葉を俯瞰しているよう
石窯へ火の入る音黄葉す    佐藤直哉さまshine静かでなければ聞こえない音・・・
黄落やどろぼう橋の暮れ易き  市川利次さまshine季重なりですがよく分かる
黄落す上海バンドのバーの灯へ溝口トポルさまshine「へ」の効果。都会の黄落の美しさ
黄落や外人墓地の下は海    木下ラーラさまshine映像の作り方が巧い。切取り方美しい
黄落や薬袋に記す詩       西川由野さまshine薬袋が身近にあるところにドラマが
黄落や大事なものは毀れます 西村小市さまshine「こわれます」でなく「こぼれます」

◆特選句

第三席:石窯へ火の入る音黄葉す    佐藤直哉さま
第二席:黄落や大事なものは毀れます 西村小市さま
第一席:黄落す上海バンドのバーの灯へ溝口トポルさま

入選~特選句の皆さま、おめでとうございます!!!
今回も、『俳句ポスト』でよく目にする方々のお名前がズラリで壮観でした・・・!
第一席の溝口トポルさまは、「陽炎」の回で第二席の方。
   テレピン油ばしゃばしゃ使い描く陽炎
実は、私も高校時代は美術部にも入っていたので、独特の匂いにキュンキュン。
第三席の佐藤直哉さまは、『俳句ポスト』「鮓」の【天】の方でした!
   龍の息めく鮒鮓の臭気(かざ)なせり
素晴らしすぎる・・・!

あと、立川六珈さま、木下ラーラさま、西川由野さま、西村小市さまも、
『俳句ポスト』常連の方ですよね・・・!!
特にラーラさまは、最近けんGさまのブログでもお見かけしているので、
思いっきり胸アツです・・・!本当におめでとうございます!!!

『俳句ポスト』木~金常連から『NHK俳句』放送句へ、
こうやってたくさんの実例に触れることによって、
何かメラメラと湧き立つものを感じています。
私も、『俳句ポスト』金曜日を目指す気持ちは、もちろん憧れとして持ち続けていますが、
その前にまずは確り、【人】の句を詠めるようになりたいな、と感じました。

「黄落」への投句を振り返ると、

黄落にフレアスカート翻る

などと、ひと昔前の少女漫画の表紙のような句も出しておりますがcoldsweats01
タイトル句は、佐伯祐三の名画「リュクサンブール公園」のイメージでした。

Photo_2

◆5thシーズン最終週の結果です!

『象さん句会』5th最終週の結果が届きましたshine
今回は・・・5句中3句に点が入り、合計7点。
ヨロヨロではありましたが、なんとか毎週点を頂けて、本当に感謝です。


くしやくしやの君の笑顔よ花木槿 (並選1、予選1)計3点
〇くしやくしやの笑顔が魅力的。花槿の花びらの柔らかい感じと似合っている。
●(ノーコメント)
confident木槿の花が大好きです。柔らかい紙を丸めたようで、温もりを感じます。
中七は「笑顔が好きで」から推敲しました。

秋澄むや明日は信楽陶器市 (並選1)計2点
○明日は〜、という句はよくあると思うけれど、
 季語と陶器の取り合わせが響き合っていると思うので。
confident投句締切の前日くらいに、陶器市のニュースを見て、そのまま句に。
食器は見るのも買うのも好きなので・・・いっぺん本当に行ってみたいですshine

銀婚を過ぎし二人や花野風 (並選1)計2点
○空気感がすきでした。
confident結婚退職した時、「何年もつか賭けよう」などと言われていたとかcoldsweats01
そんな私たちが25周年を迎えられるとは、・・・で、賭けは誰が勝ったんだいっ?smile


選句もとても楽しく、嬉しいことがたくさんありましたheart04
が、今回も予選句にコメントを入れきれなかったことが悔やまれます。
次も参加出来れば、その時こそ感じたことをスっと書ける自分になっていたいです。
そんな訳で・・・今回も、自分の未熟さを痛感するばかり、
そして皆さまに勉強させて頂くばかりの『象さん』でした。
有難うございました~~~!!!

2016年10月16日 (日)

◆選句開始ー(≧▽≦)ノ

投句に苦しんだ後の選句開始は、いっそう爽やかな気がします。
晩秋ということで・・・
何かこう、しみじみと寂しげな句、訴えかけてくるもののある句が多く、
現時点で20句ほど抜き出しています。
(どんどん多くなっていく・・・)
中に、私も以前から句に出来たら・・・と思っていた光景を詠んだものもあり、
実にサラリと詠まれていることに感心しました。
多分、私は何かカッコつけようとしていて、そういう言葉が出なかったんだなsadsweat02
またまた勉強させて頂くばかりの『湯豆腐句会』です。

◆投句完了~~~!

ふ~~~、『湯豆腐句会』に続き、『現俳協ネット句会』も投句完了出来ました。

晩御飯はピザトーストとビーフシチュー。
先日スーパーで買ったイタリアンバジルの苗が順調に茂ってきたので、
何枚か摘み取って頂きましたgoodshineウミャイlovely
テンションが上がってしまって、うっかり「おかわり」してしまったことを、
今ほんの少し悔やんでいます・・・あー、チーズってお腹にたまるんだわsweat02sweat02sweat02

そして、今朝気づいたんですが、先月買って玄関に置いているコキアに、
いよいよ紅葉が始まったようです!!!
根本の方に、紅い葉が一枚二枚・・・現れ始めましたup
いつも、何かしら鉢を買ってきては、しばらくすると枯らしてしまう私shockに、
常々「オマエはもう植木は買うな!!!coldsweats02」と口酸っぱくしているダンナが、
鉢に差してある「紅葉した姿」の写真に興味を持って、
毎朝水をあげて、朝になったら表に出して、日が暮れたら玄関の中に仕舞って・・・と、
甲斐甲斐しくお世話を続けてくれているんです。

ああ、楽しみだな・・・!
コキアの和名は箒草、箒木。
『源氏物語』にも「箒木」の章があるくらい、昔から親しまれてきています。
ちょうど今日、こんな記事も更新されました!行ってみたい!!!
ちなみに「箒木」は晩夏の季語になっていますので、
いつか詠める日が来るように、精一杯愛でていきたいと思います。

育ててるのはダンナだけどcoldsweats01

◆「初恋」島崎藤村

初恋

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
      その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな

林檎畑の樹の下に
おのづからなる細道は
誰が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ




今の季節、この詩を挙げない訳にはいきません。
この詩が、表紙を開いた後の見開きにカラー写真つきで載っていた、
国語の教科書からでさえ林檎の香りが漂ってきそうで・・・とても幸せでしたshineconfidentshine

2016年10月15日 (土)

◆投句かんりょ~~~(^^;;;

うわわsweat01危なかったsweat01
16日22時が締切の『湯豆腐句会』投句、ついさっきようやく3句出来ましたsweat01
いつもなら、締切の3~5日前くらいに投句を済ませてしまうことが多いのですが、
今回は『NHK俳句』「鮫」「海豚」、『俳句ポスト』「波郷忌」と超難題が続く中、
うっかり入ってしまった古本屋さんで

・定本現代俳句(山本健吉)
・秀句の風姿(飯田龍太)
・繪のある俳句(清水凡亭)

あとアマゾンで

・ねこのほそみち(堀本裕樹/ねこまき)

と、俳句関連の本ばかり4冊買い込んで読み耽ってしまったりcoldsweats01
びっくりするほどあっという間に締切前日を迎えていました。
何でしょう、この切羽詰まった時に限って別なことをしてしまいたくなる病はsweat01

しかーし、「秀句の風姿」の中にも「波郷忌」のヒントになりそうな一文がありましたよup

「・・・そのような、戦後俳人の活躍を、こころから熱望し、
誠心誠意支援を惜しまなかった何人かの先輩俳人たちがあった」
「曰く水原秋櫻子。曰く石田波郷。曰く大野林火。
分けてもこの三氏に、私は改めて深い敬意を抱く。」

「波郷忌」の締切は19日(水)。
こちらも、ギリギリまで粘って考えることになりそうです。

2016年10月14日 (金)

号砲の貫く秋の美空かな

今日の夕方、友人shadowに「ねこのほそみち」オススメのメールを送っていた時、
突然、現代俳句協会からのメールが!coldsweats02impact
「協会ご入会のご案内」・・・ですと?
「最近G2からG1に昇格された方にお送りしています」ということなので、
今年の昇格者皆さんに送信されていそうな感じなんですが、
以下の三句を【注目句・感銘句】として挙げて頂いたことに感謝です。

もう何も映さぬほどに冬の水
冬銀河曙杉は尖りゆき
道を訊く人に選ばれ春兆す


もちろん、私などとてもとてもですから入会はしません(出来ません)が、
このようにメールを送って頂けたことを励みに、より一層頑張っていこうと、
気持ちを奮い立たせたところです。

・・・嬉しさのせいか、さっきより「運動会」っぽい句が出て来ましたcoldsweats01

歓声を吸うて秋雲広がれり

今週のお題は「秋の運動会」shine
写真には、玉入れに夢中な子どもたちが写っています。
お集まりの皆さまは、どんな句を詠まれたのでしょうか?

【無】4位:秋の空わかっていてももうひとつ  石野真子(35点)
    pencil秋空や笛鳴ってまだ投げる玉(添削)
    ・笛が鳴って終了ー・・・って分かっていてもまだ投げているという気持ちでby真子
    ・写真を見ないと状況が分からないよねby梅沢
    flair映像が浮かぶ描写を!

【凡】3位:赤とんぼ飛び交う紅白身をかわし  相楽樹(40点)
    pencil紅白の玉身を交わす赤とんぼ(添削)
    ・これも写真を見ないと分からないby梅沢
    ・「飛び交う」「身を交わす」が重複
    ・「紅白」が何なのかはっきりさせる

【凡】2位:秋の声手と手が触れて恋心  キスマイ二階堂(50点)
    pencil玉入れの手と手が触れてはにかみぬ(添削)
    ・上手になりましたよ!ピュアな可愛い句upby梅沢
    ・季語に大きなミス。「秋の声」は物寂しいイメージだから合わない
    ・(「恋心」なんて)直接的な言葉は野暮

【無】最下位:運動会、老い甥「おーい!!」あ、人違い  千原ジュニア(10点)
    pencil運動会甥見間違う我の老い(添削)
    ・句読点でもマークでも何やってもいいんですが、そこに詩情があって欲しいthink

【才】1位:天高し玉が飛ぶたび湧く歓声  市川猿之助(70点)
    pencil天高し玉入れの玉飛ぶ歓声(添削)
    ・「たび」「わく」もったいない
    ・こうすれば「飛ぶ」が玉にも声にもかかる
    ・僕のは、単純だったなsweat02by市川

【名】2段:ライン引き残してつるべ落としかな  梅沢富美男upワンランク昇格!3段へ
    pencil(添削なし)
    ・名人らしい手練手管が入っている
    ・「ライン引き」を動詞として読むか名詞として読むかで味わいが違ってくる

今回は、梅沢名人の句に「オオッ!これは昇格!eyeshine」と言ってしまいました!
私は「何かと準備に追われる運動会の前日・・・」というイメージで読んで、
つるべ落としの、日の翳る速さに秋になった実感と一抹の寂しさを感じました。
すごくしみじみとした味わいがあって、一読パっと情景が思い浮かんで、
句跨りのテクニックもさりげなく、口にした時に心地良い・・・。
8月4日放送「風鈴」の回で三段に昇格していた梅沢名人、
これで元の位置に戻れましたねshine
実力がある方なので、どこまで昇りつめられるのか、非常に楽しみにしております。


・・・皆さまはどんな「運動会」を詠まれましたか?


2016年10月10日 (月)

◆「海豚」一句だけ投句出来ました~!

おおっし!!!
友人shadow「海のトリトン(OP)」私「海のトリトン(ED)」など歌ったり。
「海豚」→「ツルっとした質感」→「坊主(スキンヘッド)」などと連想したり。
カラオケ&お喋り効果で、あきらめていた「海豚」の句も一句だけ投句出来ました!!
ありがとう!!ありがとう!!!
13時にカラオケ屋さんからサイゼリヤに移動して、18時半頃までずっと喋ってましたcoldsweats01
俳句の話メインで・・・と言いたいところですが、メッチャ話が飛んでいくので、
今記憶にあるのは「秋のドラマ『獄門島』の金田一が長谷川博己」という話。

鶯の身を逆しまに初音かな  榎本其角
無残やな 兜の下の きりぎりす    松尾芭蕉
ひとつやに 遊女も寝たり 萩と月   松尾芭蕉


この、俳句を使った見立て殺人のインパクトもさりながら、
「きちがいじゃが仕方がない・・・」
という和尚の呟きも超有名ですよね。
これが楽しみで堪りません!happy02shine



さて、現在友人shadow佐藤文香編「現代俳句アンソロジー」の公募に向けて活動中?
俳句を始めて8~9年という彼にして、200句を揃えるのは至難と言います。
私は彼の句の大ファンですので、
リストがあれば、すぐに200句以上のお気に入りを見つけてしまいそうですがcoldsweats01
私は、今年しかチャンスがない星野立子新人賞の記事を千波矢さまブログで見たものの、
11月末日までに50句なんて・・・とてもとてもshock

もっと早く俳句を始めていれば、何回か挑戦出来たのになあと・・・
無頼の月日、今は悔ゆるのみ(by「シグルイ」)でございます・・・。

◆「素朴な琴」八木重吉

素朴な琴

この明るさのなかへ
ひとつの素朴な琴をおけば
秋の美しさに耐えかね
琴はしづかに鳴りいだすだらう




・・・今日は、この詩を彷彿させるとても佳いお天気。
『象さん』『『NHK俳句』』ともに投句を済ませて心もスッキリshine
さ~~~歌うゾupupuphappy02shine

◆「鮫」、投句してみました・・・

ふぅう~~~、糖尿猫さまからの情報を足掛かりに、何とか!
何とか4句を『NHK俳句』の兼題「鮫」に投句しています。
「鮫」そのものは詠めなかったので、取り合わせの句ばかりですが・・・

青ひび相馬焼き
菊理媛ククリヒメ

この二つは、また何か別な季語の時にも使えそうなのでリンク貼っておきます~。
それにしても、相馬焼きの器にひびが入る時の音の美しさよ・・・!
心が洗われる・・・shine


2016年10月 9日 (日)

暮れ六つに点る街灯秋の声

月光をよぎる秋声ありにけり  堀本裕樹

兼題「秋の声」、ゲストはお笑い芸人の光浦靖子さんです。
堀本先生が挨拶句を披露lovely

八乙女のすずしく立てる小菊かな
(や)   (す)      (こ)

五・七・五の最初の一文字を取ると「やすこ(靖子)」になっている、折句です。
句も美しくて、「すずしく」が光浦さんの知的な印象を思わせて、素敵ですね!
俳句は初めてという光浦さん、「秋の声」ってどんなものだと思いますか?との質問に、
「実体のないもの・・・」
と答えておられ、早速センスを感じさせます。

秋の声振り向けば道(           )  豊長みのる

下五クイズでも、「影長し」と美しい回答。
司会の岸本葉子さんは「暮れ初むる」を充てましたが、正解は「暮れてをり」。
惜しい!!!eyeshine
・・・と盛り上がりながら、入選9句の紹介に入ります。

聞くふりをすれば聞こえし秋の声     別所健二さまmaple力の抜け加減がいい
草むらに白球ひとつ秋の声        長谷川和司さまmaple白球か白球の回りの草か
うたた寝の夫の白髪や秋の声       村上玲子さまmaple歳月を感じる優しい句
釣られたる魚の口より秋の声       上川畑裕文さまmapleものの哀れが滲み出た一句
掃除機に眠る釦や秋の声         田中冬生さまmaple夏に吸い込んだ白い釦を想像
秋の声風の後ろの風の音         森良子さまmaple「風」のリフレイン、調べの良い句
秋の声首筋なでてゆくごとし        宇佐美嘉一さまmapleちょっと冷たい風のイメージ
「押」を押すカセットデッキ秋の声     覚正一徳さまmaple無機質なものに秋を感じた手柄
秋声や亀のまばたき重たげに       渡邊富美江さまmaple「重たげ」がリアル


そして、特選3句の発表です!

第三席:草むらに白球ひとつ秋の声     長谷川和司さま
第二席:秋の声首筋なでてゆくごとし     宇佐美嘉一さま
第一席:聞くふりをすれば聞こえし秋の声  別所健二さま

「とぼけ具合が見事」との第一席、光浦さんもイチオシでした!
そんな光浦さんの作った句は・・・

桃むけば熟考のあとあらはるる   光浦靖子

いやこれ「俳句は初めてなんですぅ~」じゃないでしょcoldsweats02impact
めっちゃ上手じゃないですかcoldsweats02impact
桃を剥いたら、茶色い点々(誰かが持ったあと)がある。
誰がどんな気持ちで見ていたんだろう、
その時、選ばれなかったこの桃に、シンパシイを感じた。
―――光浦さんの中には、いろんな物語が渦巻いていたようですが、
あれもこれも一句の中で表現しようというのは無理。
俳句は省略の文学なので、うまく余白を作って読み手に想像してもらう。
光浦さんの句は、そのままで、いかようにも読める哲学的な句shine
象徴的な詩になってるshine・・・と、堀本先生。

そして、岸本葉子さんの句は

並べおく椅子の間に秋の声   岸本葉子
椅子二つ並べて秋の声二つ   堀本裕樹

「添削ではなく、視点を変えてみました。」
字面もスッキリとして、いかにも涼しい風が通ってゆくような、調べの良い句になりましたshine
調べの良さ、リフレインの美しさ・・・入選句にもありましたね。
私も、そういう目にも心にもスルリと入ってゆくような句が詠めるようになりたいです。

翻って私の今回の投句は・・・ちょっとゴツゴツしているかなぁsweat02

暮れ六つに点る街灯秋の声
秋の声藤村詩集繙きぬ

この2句を送っていますが、どちらも漢字がゴツゴツしていて、
目にスルリと入っていきませんbearingsweat01
順番を入れ替えたり、別な表現を使ったり、もっと推敲出来るbearingsweat01
ちなみに、今回の「添削コーナー」では、

立秋や蒼天の下手を伸ばす   
立秋の蒼天に手を伸ばしけり(添削)

「の下」は要らないということで、「に」で繋ぎ、「や」(強い切れ)から「の」に変えて、
スゥっと手を空をかざす動作のイメージがとても滑らかに感じられるようになりました。

そう、もっと滑らかに、もっと美しく・・・。
そんなふうに心に言い聞かせた今週の『NHK俳句』でした。

最後になりましたが、入選・特選の皆さまおめでとうございます!!!
今回も、ただただ勉強させて頂くだけの私でしたshine

2016年10月 8日 (土)

◆5thシーズン第3週の結果です~♪

名水の郷に降りれば鰯雲 (予選1、計1点)
●(ノーコメント)
confident近所のお店の「天領水」ののぼりに気づいて、旅心を刺激されました。
  水が美味しいなら景色も佳いだろうなあ、空も綺麗だろうなあ・・・と憧れて。
  しかし、「水」と「鰯」は近かっただろうか・・・と迷いもsweat02
  まだまだ推敲の余地がありありですねcoldsweats01

雑草も少し育てて秋の庭 (並選4、予選1、計9点)

●かわいい句。うちの庭は、雑草ばかりの庭ですが。
○夏のほうが雑草に対して厳しいのかもしれませんね。
 秋のゆったりした感じが良いです。
○種類の豊富な秋の花の季節も盛りを過ぎるとだんだんさみしくなる
 雑草であってもけなげに小さな花や実をつけているのを見ると、いとおしく思える。
○秋の庭なら雑草を生やしてもうるさくないですね。
 しかも育てるのだからお洒落な感じの庭でしょうか。
○少し育てるくらいならいい。うち、雑草しか育ててないですから!
confident締切日の前日、出勤前に雑草を抜きかけてやめた時に「ぽふっ♪」と出て来た句。
 やっぱり、一生懸命頭を捻って作る句よりも、自然に生まれる句の方が強いですね。
 共感して下さった皆さま、有難うございます!!!

手びねりの夫婦茶碗や秋白し (並選1予選1、計3点)

○微笑ましい熟年夫婦の姿が浮かびます。季語もあっていると思いました。
●(ノーコメント)
confident陶芸も、やってみたいことのひとつなんだけど、教室通いは無理なので、
  せめて俳句の中でと思い、コネコネしてみました。
  不器用なので、ろくろは回せないと思ったんですcoldsweats01
  妄想句ではありますが、点が頂けて嬉しいです!
  有難うございます!!


今回は、5句中3句に点を頂いて、合計13点shinehappy02shine
今シーズンの最高点を更新しています。
『象さん句会』最終週に向かって、活力を頂きました!
最後の5句、今から張り切って考えたいと思います!!!
ファイトォーーオオーーー!!!upupup

◆10月10日締切の兼題:「鮫」または「海豚」

『俳句ポスト』の「波郷忌」であっぷあっぷになっていたら、こっちが崖っぷちに!!shock
二つは無理そうなので、「鮫」に絞って考えてみることにします!!
まずは、『NHK俳句』テキスト10月号に書いてある一文を引用ーーー。

歳時記には別の冬の季語と共に詠まれた例句もありますが、
今回は「鮫」、「海豚」を季語とした作品を募集します。


つまり、季重なりにならないように作句して下さい・・・ということでよろしいでしょうか?
しかし、何故「鮫」が冬の季語なのか・・・

◆季語解説

日本の歳時記[鮫]三冬
鱶、葭切鮫、猫鮫、撞木鮫
体は円筒形または紡錘形をし、軟骨性の骨格からなり、歯は抜けると生え替わる。
胃はよく発達し、まるで手袋を裏返すように、消化不良物を口から出すことが出来る。
人を襲うと恐れられているが、多くは無害。
鰭はフカヒレ料理の材料となる。
関西では「鱶」、山陰では「鰐」と呼ぶことがある。

きごさい[鮫]三冬
鱶/葭切鮫/猫鮫/撞木鮫/青鮫/星鮫/虎鮫/鋸鮫
横口目でエイ以外のものの総称をいう。体は、紡錘形で、骨格は軟骨。
貪欲で人に危害を及ぼすこともある。
大型で獰猛なことから、冬の季語に入れられている。

「大型で獰猛なことから、冬の季語」
・・・う~~~ん、関係性がイマイチ分からないcoldsweats01

◆Wikipedia[]より抜粋

・サメの起源は約4億年前の古生代デヴォン紀に遡る。
 現代のサメの原型は中生代に現れたといわれる。
 同様に数億年間そのままの形態でいる生き物にゴキブリワニがいる。
・「サメ」の語源は諸説あるが、その体のわりに目が小さいことから、
 小さい目→小目→サメとされる説がよく知られている。
 また、同様の理由で、狭い目(狭い眼)→狭目(狭眼)→サメという説もある。
・能動的にブレーキをかける能力がない。
・サメにはロレンチーニ器官と呼ばれる感覚器官が存在する。
 (ロレンチーニ瓶、ロレンチーニ氏瓶とも言う)
・縞模様を嫌う。
・魚類の中では珍しく、オスとメスが互いの生殖器を合わせる形の交尾をする。
 「鮫」漢字の由来については諸説あるが、
 その一つに交尾をする際、身体をくねらせて泳ぐからというものがある。



やっべ~10日(月・祝)はお休みだから、遊ぶ予定入れてますよぉ~!
でも友人shadowとの会話で何かピカっと閃くかも知れない?
私たち二人とも映画「ジョーズ」が大好きなので、そこらへんから糸口が・・・。
ちょっと過去の会話を思い出してみよう・・・。

「ロイ・シャイダーって(映画の中で)離婚とか別居してばっかですよね~」
「あの市長さん、ネクタイの柄(小さな碇の模様がいっぱい)が可愛いんですよ!lovely
「サメ退治に出かける船の名前が『オルカ』って、洒落てますよねshine
「クイント(荒くれ漁師)に対抗してフーパー(若き海洋学者)が紙コップ握りつぶすシーンが大ッッッ好き!!!」
「傷跡自慢大会upupup

・・・ん?サメの話全然しとらんやんcoldsweats02impact

◆珪化木(けいかぼく)

もともとは「樹化石」という名前から辿っていったのですが、
正式名称は「珪化木」のようです。「木化石(もくかせき)」とも言うのね。
どちらで調べても、出て来る画像にうっとりheart04
珪化木画像
木化石画像

水槽の中の神秘的な風景も素敵・・・shine

◆10月19日締切の兼題:「波郷忌」

◆季語解説

『俳句ポスト』
11月21日。昭和44年のこの日に56歳で亡くなった、石田波郷の忌日。
大正2年(1913年)3月18日愛媛県生まれ。
「忍冬(にんとう)忌」「風鶴(ふうかく)忌」「惜命(しゃくみょう)忌」とも呼ばれる。

ウィキペディアより一部抜粋

水原秋桜子に師事、「馬酔木」に拠ったのち、「」を創刊・主宰。
・韻文精神の尊重を説き切れ字を重視。
・「俳句は文学ではないのだ。俳句はなまの生活である」
・「超絶形式」(by長谷川櫂
 「初蝶や」の句のように上五を「や」で切り、中七以下を一気に詠み下す形式

◆代表句

バスを待ち大路の春をうたがはず(『鶴の眼』)
吹きおこる秋風鶴をあゆましむ(『鶴の眼』)
初蝶や吾が三十の袖袂(『風切』)
霜柱俳句は切字響きけり(『風切』)
雁やのこるものみな美しき(『病鴈』)
霜の墓抱起されしとき見たり(『惜命』)
雪はしづかにゆたかにはやし屍室(かばねしつ)(『惜命』)
泉への道遅れゆく安けさよ(『春嵐』)
今生は病む生なりき烏頭(とりかぶと)(『酒中花以後』)

◆関連記事、関連サイト

吟行ナビえひめ
・ブログ俳諧鑑賞
石田波郷98句(川村玲子選)
風鶴山房
「波郷句自解」無用のことながら

◆例句

俳誌のsalon
筆まか勢

初霜といふ菓子ひとつ波郷の忌   片山由美子
波郷忌に焚かむと菊を括りけり   木室幸雄
波郷忌の大路の落葉し尽くしぬ   上林孝子
波郷忌のくるまで柿は食はぬこと   星野麥丘人
波郷忌のけふも短き日なりけり    百合山羽公


「波郷忌」・・・難題中の難題と、心折れかけていましたが、
pironさまやけんGさまのブログを拝見して、気力復活up
「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」と安西先生も仰ってます。
「諦めないのがオレの魔法だ!!!!」とアスタも言ってる!

Photo


「ブラッククローバー」より。



私も、私も、精一杯努力してみます!!!crying

2016年10月 7日 (金)

◆「心よ」八木重吉

心よ


こころよ
では いつておいで

しかし
また もどつておいでね

やつぱり
ここが いいのだに

こころよ
では 行つておいで



「こころの詩人」と呼ばれる八木重吉です。
先日、久しぶりに詩集を読んだら、涙が零れて仕方なかったですweep
『俳句ポスト』の次の兼題が「波郷忌」ということで、只今猛勉強中なんですが、
「霜柱俳句は切れ字響きけり」
という有名な句と、響き合うような詩を八木重吉も書いていますので紹介します。




地はうつくしい気持をはりきって耐(こ)らえていた
その気持を草にも花にも吐けなかった
とうとう肉をみせるようにはげしい霜をだした


息を飲むほど美しく、身を切るほど鋭く、しかし儚く消えるもの。
この「霜」と「霜柱」から、血の出るような魂の叫びを感じます。
いや、あの、うまく言えないんですがcoldsweats01

2016年10月 5日 (水)

◆鳥の巣

「蘆刈」の句を考えているうちに、こんなページに辿り着きました。
いろんな鳥の巣があるんですね・・・!
特に驚いたのは、貝殻とか、蜂の巣!eyeimpact

そういえば、蘆の中に巣を作る鳥もいるかしら・・・と思ったら、
ヨシキリ(「行行子」が夏の季語)とかいますよね。
でも、渡り鳥だから、秋には帰っていっちゃう。
蘆を刈っていると、抜け殻になってしまった鳥の巣もいっぱい見つかるのかな・・・。

2016年10月 3日 (月)

【没】秋薊さういふひとが好きでせう

皆さま、こんばんはhappy01
「没句供養」の時間です。
今回のBGMはコレしかありません!
アザミ嬢のララバイ』研ナオコバージョンでお届けしますnotes
研ナオコさんの独特の枯れた感じが、もの凄く合ってて好きですlovely

さてさて、今回の私の没句は、火曜に載ったコメントにつけていたもの。

スコットランドでは、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされ国花(王家の紋章)となっているそうです。ヴァイキングが夜の闇にまぎれてスコットランドを攻撃しようと裸足で身を潜めていたところ、アザミの棘を踏み、その痛さに思わず声をあげたことによって、スコットランドの人々が敵襲を察知し、戦ってこれを退けたとのこと。「ラグースの戦い」が始まったのが10月1日なので、この時咲いていたアザミはまさに「秋薊」! 自分の身よりも、もっと大切な誰かを守るためにその棘を身につけたと考えると、その棘がとてもいじらしく切なく感じられました。

この時、2句同時に投句出来るので、セットで送ったものが

山薊朽ちし祠を囲みをり(coldsweats02訂正!「囲みをり」で送っていました!)

古い祠を、「取り払わないで、このままにしておいて」と言うように・・・。
といったような思いで作ってみました。
あと、なんか「祠(ほこら)」って使ってみたかったんですcoldsweats01
「季語の本意」というより、「勝手な解釈」になってしまったなあと反省しております。

金曜日の句を拝見すると、【天】の句はもちろんですが、【地】の句では

隧道へひとり遅るる秋薊      とおとさま
鬼あざみ揺らして奥にいる何か  とりとりさま

が強く印象に残っています。
とおとさまの省略の効いた句に唸り・・・
とりとりさまの、自分からは一生かかっても出てこなさそうな発想に唸り・・・。
【天】【地】は相変わらず遙か彼方ですが、あきらめたらそこで試合終了なので、
今後も虎視眈々と狙って行きますよ~catfaceshine

とりあえずカラオケで『遙か彼方』を熱唱!
この曲では89点台が最高なので、90点オーバー目指して「さあ~~~~↑↑↑」

2016年10月 1日 (土)

チョコレートコスモス贈られ午後のお茶

毎週木曜日の楽しみは『俳句ポスト』【並】【人】発表そして『プレバト!』
朝から晩までいつき先生のことを考える一日ですhappy01heart04

今週のお題は「コスモス畑」。
幼稚園の遠足の光景を遠景に、やさしく揺れているコスモスたちです。
さてさて、お集まりの皆さまは一体どのようなイメージを広げられたのでしょうか?

【無】4位:花畑夢のつぼみが訪問者  井森美幸(30点)
    pencilコスモスや夢のつぼみの子どもたち(添削)
    ・詩心はあるんだけど、映像的なものが殆どなく情景が想像し難い。
    ・これ拍手した人いたけど、ダメよcoldsweats02
    flair表現したいことは具体的に!

【凡】3位:よく来たね秋桜(コスモス)揺れてお出迎え  三戸なつめ(50点)
    pencil青空やコスモス揺れてお出迎え(添削)
    ・「よく来たね」と言えば「お出迎え」は要らない。
    ・「秋桜」と書けば「あきざくら(5音)」になる。「コスモス」と書く。
    flairムダな言葉を省き、映像をより鮮明に!

【才】2位:遠き日のコスモスの丘ふたりづれ  堀内孝雄(70点)
    pencil遠き日の丘コスモスを行く二人(添削)
    ・「遠き日」もいい、「丘」もいい。「づれ」が惜しい!
    ・二人を見ている第三者になってしまうので、「自分たち」だとはっきりさせる。
    ・「コスモスを」とすることで、今目の前にあるコスモスの中を歩く二人が見えて来る。

【無】最下位:純粋地に咲く花は乙女色  ABC-Z河合
    pencil花言葉「純粋」コスモス乙女色(添削)
    ・季語もないし五・七・五も裏切ってるしpout
    ・殆どの花は地に咲くよpout
    ・直してもせいぜい20点の句pout

【才】1位:コスモスや女子を名字で呼ぶ男子  フルポン村上
    pencil(添削なし)
    ・湿りっ気のない男女の関係が「秋」に合うかなってby村上
    ・聴覚情報を入れてきたのが凄いby東国原英夫
    ・↑特待生エライ!shine
    ・女子と男子で韻を踏んでるshine
    ・コスモス=「乙女」のイメージから「女子」と、ふんわり接点を作っているshine
    ・大したもん、ほんとに見事shine
    ・まだまだ化けるかも知れないshine

【特】3級:大拍手空舞うコスモスのブーケ  東国原英夫upワンランク昇格!2級へhappy02
    pencil(添削なし)
    ・チョット勉強してきましたよ!by東国原英夫
    ・花にはあまりない聴覚情報を入れて!by東国原英夫
    ・「ブーケを取るのは誰か?」切なる乙女の祈りが込められた名句by東国原英夫
    ・語順が秀逸!!shine
    ・あの写真からブーケトスまで行く発想!shine
    ・ブーケの明るさ・華やかさが「舞う」に合ってる!shine


いや~今回はshine
フルポン村上さんの上手さにも唸りましたが、何と言っても東国原英夫さんshine
「擬人化克服が課題だったから!メッチャ嬉しい!!」と、
殆ど泣いて喜んでおられた姿にもらい泣きbearing
それだけ一句に一生懸命になっている姿、先生も嬉しいでしょうねshine
河合くんは、ちょっとカッコつけに走って厳しく指導されていましたね。
『俳句ポスト』でも、「ウフフcatfaceいい感じじゃない?」なんて悦に入ってると【没】ですものsweat02
あ、『俳句ポスト』と言えば!
今週の水曜のコーナーで、いつき先生からの
自選眼ができてきた人から、次第に投句数は減っていきます。
「最近、この人、投句の数が減ってきたけど……
なるほど、形になってきたな」という感じで見守っています。

という一文がありました。
私はこの春、兼題「馬鈴薯植う」からの参加で、

1.思いついたものをそのまま送る
2.推敲句が出来るたびに送る
3.推敲句の最終形を送る
4.出来たものは全部送って、【没】句と入選句の違いを探る
5.自分で「これは【没】だ」と思うものは、もう送らないようにする(投句数を減らす)
6.自選句で選ばれるようになる

・・・という感じで少しずつ歩を進めてきていますが、
「啄木鳥」の時に、この取り組みについてのお便りを書き、
おお~経験値積み上がってますね!
多作多捨を繰り返してるうちにレベルアップする気がします。
RPGファンな自分としてはこういう地道に経験値稼ぐ的なのがすごい共感&好き(笑)。
(正人)

とお返事を頂きました。
その後、「胡麻」は自選句が【並】に選んでもらえ、「秋薊」で自選句が【人】happy02
あくまで、「胡麻」「秋薊」でうまくいったに過ぎませんが、
今後この率が上がれば、レベルアップ出来たと実感出来るかも知れません。
先生に、「最近、この人・・・」と思ってもらえる人のうちの一人になれるよう、
これからもしっかり取り組んでいきたいです。

・・・と言いながら、「湿地茸」では4アプローチ×2句で8句送ってしまっていましたがcoldsweats01
とにかく、終わりのない俳句道、時々迷うことも戻ることもあるでしょうが、
少しずつでも進んでいきたいと思っています。

タイトル句は濃い色と香りが特徴的な「チョコレートコスモス」で。
花言葉は「移り変わらぬ気持ち」がいいなぁ・・・。

◆結果発表~!

『現俳協ネット句会』9月句会の結果が出ましたnotes
今回は、3句中1句に1点入り、ここまでの累計が20pとなっています。


ゑのころの蜂蜜色となりゆけり   (1点)


この句は、通勤路のそこここに自生している猫じゃらしを詠んだもの。
夏の間は綺麗なグリーンで、朝日に透けるさまがとても美しかったのが、
秋に近づくにつれ枯れ色に染まって、少しうなだれ気味にもなって、
そこはかとなく哀愁が漂ってくるんですね。
夏の姿も好きですが、この秋の猫じゃらしの風情は本当に見飽きることがありません。
その色を、何色と表現したらいいんだろうと思って開いたのが、
先日紹介した『日本の伝統色』のページ。
私の求めていた色は、素敵な名前がつけられていました。
今現在私が目にしている猫じゃらしは、まさに、そこにある「蜂蜜色」だったんです。
が、瓶の中に入っている蜂蜜の色は、色が重なっている分、もっと濃い~ですよね。
イメージで浮かぶのは、やっぱり「瓶の中の蜂蜜色」。
ちょっとその、イメージとの違いに少し戸惑いはあったのですが、
夕日を浴びたらもっともっと輝くような、まさに「瓶の中の蜂蜜色」になるはず!
そう思った時、ようやく句としてまとまってくれたのです。

1点ではありますが、点を下さった方のお名前を見て心底びっくりしました!
ずっと『現俳協ネット句会』G1で高得点を繰り返しておられる石田晴さま・・・!
9月句会の合計ではトップで、ここまでの累計で3位の方です。
日常の中の、小さな発見ではありますが、
こんな小さな感動を、1001句の中から選んで下さって、本当に有難うございます・・・!
私が俳句を始める時に、「こういうことを詠んでいきたいな」と思った、
そもそもの気持ち、目指す方向に、大きな後押しを頂いた気分です。
私には、値千金の1点でしたshineshine


それから、今月はpironさま凄かったですね!!!
G2で1句に7点!素晴らしいです!!!
さるぼぼさまに続き、4月を待たずにG1昇格あるのではないでしょうか?
大いに楽しみにしております!!!
けんGさまも安定の高得点・・・す、凄すぎるsweat02
「敗戦日」「名月」は最終まで残っていた句でした・・・自然体な感じが佳いなあって。
皆さまの点数や句を見ると、打ちのめされて気が遠くなっちゃいそうなんですが、
「ゑのころ」で原点をしっかり感じ取れたことでもあり、
私は私なりに進んでいこうと・・・。
素晴らしい皆さま方から、いろんなエッセンスやパワーを頂いてることに感謝しつつ、
また来月に向かおうと思います。

今月も、有難うございました!!!shineshineshine

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »