最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「五・七・五の小説工房」 | トップページ | 芒原そこに錆び猫ゐたやうな »

2016年10月27日 (木)

【人】杣山の温き一日や湿地狩

4パターン×2句で、合計8句送っていた「湿地茸」の発表です。
ドロロロr・・・・(ドラムロール)・・・てんっ♪

今回は、期待値3番手の句が【人】でした
本しめじ採り」の動画の中から拾ってきたものです。
」という言葉が好きで、いつか使ってみたかったので、結果に繋がって嬉しいです!!
皆さまのお名前を発見(おめでとうございます!!!)してはテンションが上がり、
その句を見ては自分になかった発想に感心し、軽く打ちのめされたりもする木曜日。
しかぁし、凹んでばかりもいられないので、取り敢えず前を向かねば・・・ということで、
今回、特に気になった句をいくつか紹介させて頂きます。

銀鼠の釦のごとし湿地茸   樫の木さま

実は私も「何色って表現しよう・・・」と、このページを何度も見たのですが、
ついに決めきれませんでした
「なんとか鼠」とは感じていたんだけど・・・結局「釦のごとし」といったような、
その色と湿地茸を繋ぐ言葉も見つけきれなかったのです。
樫の木さまは、前回の『象さん句会』で同室のお1人だった方。
次々と繰り出される佳句に、圧倒されっぱなしでした。
む~~~んッさすがっ!

母方は子だくさんなり山占地    立川六珈さま

も~一読してストっと腑に落ちる「山占地」です。
兼題では「湿地」ですが、ここは「占地」ですよね

骨上げの前のしめぢの噛みごこち  比々きさま

読んだ瞬間、湿地茸を咀嚼する時の歯の動きを感じました。
ちょっとグリっとした食感が・・・胸中の思いとシンクロする・・・。
これも平仮名「しめぢ」が効いていると感じました。


ここで気づいたのですが、私の句、季重なりですよね?
「温し」は春の季語
『NHK俳句』「葡萄」でも、「昴」を使っていて季重なりになっていたと思うのですが、
選に入れて頂いていました。
ということは、適度な位置づけで気にならなかったということでしょうか。
セーフ判定で良かったのですが、
気づいた時の「!」は心臓にとっても悪いので、
今後は投句のさいに、もっと細心の注意を払わないとと肝に銘じた「湿地茸」でした。

「風邪」、これからガンバル

« ◆「五・七・五の小説工房」 | トップページ | 芒原そこに錆び猫ゐたやうな »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

やっと確認出来ました~。

杣山の温き一日や湿地茸狩小川めぐる@チーム天地夢遙

以後よろしくお願いいたします。前にも一度やり取りしたことがありましたね。

◆すえよしさま

こちらにもコメント有難うございます!

味といふものは土から湿地茸

落ち着いた物言いが、しっとりした湿地の質感と合ってて、
いかにも滋味がありそうです
今後は、すえよしさまの句にも注目させて頂きますね
改めまして、どうぞよろしくです!!

おはようございます☀
あれ?昨夜コメント入れたつもりだったのに入ってないΣ(゚д゚lll)
一体私は、何処にコメントを入れたんだろう~_~;

気持ちを改めまして・・・
めぐるさんのお句には、私にとって新しい言葉がいつも入っていて、すご〜く新鮮に感じることができます。「杣山」里に近いところにある木の生い茂った景がくっきりと見えました。
「ぬくし」は季語として使うときは、平仮名書きが良いようです。めぐるさんのお句は漢字表記ですし、湿地茸が効いているので、それほど気にならないと思います。季節が重ならない限りは、どちらが季語として働いているが、はっきりしていれば良いのではないでしょうか?

今回は、絶対にないと思っていたのに拾っていただいて、嬉しいような恥ずかしいような気分です(//∇//)めぐるさんをはじめ、みなさんのお句を拝見して、もっともっと勉強しなければ・・・という思いを新たにしていますp(^_^)q

はじめまして。
俳句ポスト よしあきくん で検索かけたらこちらに辿り着きました、しゃーらと申します。
俳句の際は漢字に無理矢理直して捨楽(俳句ポストでは赤い彗星の捨楽)と名乗っております。

小川さまの句の密かなファンなもので、ブログを発見した嬉しさにコメント残してゆきます。
これからもちょくちょく覗かせていただきますね。

めぐるさん、こんにちは〜〜⭐️

「杣山」か〜!私には思いも浮かびません…😱
杣山というワードひとつで、こんなにも景が広がるんですね。
色々なバックグラウンドを内包している日本語を、もっと勉強せねば!

今回の天地選。
いつもながら気が遠くなりそうですが…
なんだか色々キャラクターが勢揃い🐾?笑


一句でその日の一日を詠むって、素晴らしいと思います。

私は最終行だったので、並すれすれかなぁって。
でも、けんGさんのお話では、確変予告かも知れないので、密かに期待しています。
今回は、プレバトで梅沢さんが使ってた「ましら」が初めて選に入って大喜びです。

それにしてもめぐるさんはファンが大勢いますね。
人気作家の予兆がします。

◆葉音さま

謎の「コメント消失事件」、私もよくやりますっ
あと、ココログさんでは、記事を書くのに時間がかかりすぎるとエラーになるのか、
ゆうべも「プレバト!」の記事が消えちゃって
でも、挫けない挫けないんだからぁああ~~~~っ

季重なりについてのご意見、有難うございます!!
もし上五「ぬくき日や」からの下五「湿地狩」だったら、
並列になってしまってアウトだったかも知れませんね。
次回からは、基本「季重なりは避ける!!!」ですが、
分かっていても使えるように、しっかり頭に刻んでおきます

>私にとって新しい言葉がいつも入っていて、すご〜く新鮮

そう仰って頂いて嬉しいです!!!
類想を避けるために少しでも新しく知った言葉を・・・といったこともありますが、
その言葉に堪らなく心惹かれるものがあって、使いたくなるんですよねえ
日本語って本当に繊細で美しくて・・・
まだまだ知らない、使ったことのない言葉がたくさんあるので、
何とかひとつでもふたつでも、句にしていけたらな~~~って思ってます。

葉音さまの「湿地茸」、力加減が絶妙と思いましたよ
もっと硬いものとかだったら怒りも深刻そうだけど、シメジですから
この後、何気に厨シリーズが名物となっていく予感がします・・・楽しみっ

私も、皆さまの発想・お句から刺激を受けてばかり。
リアル句会には行けないけど、ガヤガヤと楽しく勉強させてもらっていて、
なんかほんとに幸せだな~~~ってつくづく感じる今日この頃です。
次も頑張ります


◆しゃーらさま

キャアアアアアア!!!!!
『現俳協ネット句会』の捨楽さまですよね?
お越し頂いて本当に嬉しいです!!
感無量です!!!
『俳句ポスト』に参加を決心した要因のひとつが実は捨楽さまなんですよ
捨楽さまの「伊予柑」の句にガツンと来たんです。
私こそ捨楽さまの句や、コメントのファンであります
どうかまた是非、いらして下さい。
そしてもし良かったらまたコメント下さい。
あ、嬉しさのあまり、目から汗が
こんな私ではありますが、今後とも、どうぞよろしくお願い致します!!!

最後になりましたが、「よしあきセレクション第5位」おめでとうございます!
「・・・だよね~」って思いましたw

ハイポでめぐるさまの句を見つけて
「わぁ~好き好き」と思い
「めぐるさまにお便りしよ」と思い
おじゃましたら私の名まえを見つけてびっくりしました。
もったいないもったいない。でもすごく嬉しいです

めぐるさまの句は
ぬくもりのある、秋ならではの句ですね
秋の日の、きのこ狩りの楽しい休日が目に浮かぶようです。
また、収穫を感謝する気持ちも伝わってくるように思います。
そして、その採りたての湿地茸はさぞかし美味しかったことだろうなぁ…
と次々に想像がふくらみます。
素敵な句ですね

◆さるぼぼさま

こんにちは~~~
さるぼぼさまの「輪廻の途中」こそ、私には考えもつきません!!
凄い発想に唸りましたよ・・・さすがの【人】、おめでとうです!!
私の方は、実は抱き合わせで「杣人」の句も出していたんですが、
こちらはダメでしたざんねーん!

金曜日は、本当にいろんな神さまやら妖精(?)やら妖怪(?)やら、
伝説の勇者(?)やらで賑やかでしたね!
私も「山幸彦」は出したのですが、これもダメでしたざんねーん!!
でも、今の私は天地よりもまず「人として確り立つこと!!!」
次の兼題でも、【人】目指して頑張ります!


◆亜阿介さま

今回もガッチリ【人】、おめでとうございます!
最後の行って縁起いいですよ、
私も「貝寄風」の時に【並】で最後の行でしたが、次の「海胆」で初【人】
なので、亜阿介さまももしかすると次は初【地】が待っているかも~~~!!!
次は「蘆刈」でしたね、
いろいろと意見交換出来た回なので、とても楽しみにしています。
私も、けっこう遠くまで発想を飛ばしましたよ・・・ウフフどうなることやら

こんばんは。
みなさまおめでとうございます。
めぐるさん、「杣」って文字、言葉、いいですね。たった一文字なのに、景が見えますね。
今度、わたしも使ってみたいなあと思いました。

今回のわたしは、というと全ボツ覚悟でしたが、なんとか拾っていただけますた。
もっとも、句でひろっていただいたのではなく、つけたコメントがウケたのかな? とも思ったりしました。でも、ヨカッタ。

金曜の、「天」「地」の方々の句は、眼のウロコがぼろぼろ落ちまくりました。すごいなあ。


現在の兼題の「風邪」は、日常にありすぎて、逆に発想がまたーーく出てきませんです。
がんばろう・・・・。

◆六珈さま

こんばんは
六珈さまの句、まず「でーーーん♪」とにこやかなおっかさん(トトロ系)が見えて、
ポコポコ生まれる可愛い赤ちゃん&うかうかと生えすぎてしまう湿地茸が
なんかこう、「生命賛歌」とでも言おうか、明るく逞しく続く命が眩しかったです
拙句にこそもったいない素敵な鑑賞を有難うございます!!!
他に表現があったかも・・・としばらく凹んでいましたが、
やっぱり「温き」で良かったんだと思えるようになりました。
まだまだこれから勉強することばかりですので、
何かといろいろとあるかと思いますが、お見守り頂ければ幸いです

◆糖尿猫さま

こんばんにゃ
今回も【人】おめでとうございます!
なんかこう、おどろおどろしい日本画にありそうな迫力たっぷりのお句が、
コメントによって急にコミカルに感じられて楽しかったです!
こういうセンスが私には無いので・・・非情に羨ましく感じています
「杣」って心くすぐりますよね!是非是非!使って下さい!!
「風邪」、確かに身近すぎて・・・何をどうすればいいやら・・・。
とりあえず気になった情報をひとつふたつ。
戦慄!鼻水と思ったら脳汁だった事件
http://matome.naver.jp/odai/2139108081179030601
一方エジプトでは・・・(この記事好き
http://blog.livedoor.jp/gabareki/archives/3211594.html
わ、私もガンバルます!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【人】杣山の温き一日や湿地狩:

« ◆「五・七・五の小説工房」 | トップページ | 芒原そこに錆び猫ゐたやうな »