最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「毛布」投句しています | トップページ | ◆モアレ »

2016年11月19日 (土)

黄落を浴びて聴いてるビートルズ

今週のお題は「銀杏並木」
日ざしをいっぱいに浴びて、光のトンネルのような並木道。
そこを通る親子連れの、明るい笑い声が聞こえてきそうなお写真です。
お集まりの皆さまは、どのようにイマジネーションを広げられたのでしょうか?
いつものように、順番に紹介致します。

【凡】3位:大友康平(55点)
   黄葉のドーム微笑む親子連れ

大友「黄葉が地面に舞って、ドームのようと思った。
   弾む声とか、平和なウキウキした気分を出したかったが、平凡になっちゃった
梅沢「一応、俳句にはなっている。『ドーム』評価する」
夏井「特待生、いいこと言う

黄葉のドーム親子の声弾む(添削)

・(原句は)前半で色と形が出て来て悪くない。
・後半に仰っていた「弾む声」をそのまま入れましょうよ。
・視覚+聴覚でワンランク上の句になる。
・才能アリに戻るのはそう難しいことではない
聴覚に訴える表現で1ランク上の句に♪

大友さんは「平凡」と仰ってましたが、「ドーム」は私も「ハッ」としました。
まさに、写真を見た、そのまんまの句になっていると感じますが、
「トンネル」としか思わなかった私の方が平凡です
「ドーム」という言葉の中に、
「多くの人が(同じ目的のために)集まる場所、気持ちを同じくする場所」
といったニュアンスが入っていると思うので、
コメントにあった「平和なウキウキした気分」を共有していると・・・
自分も同じ場所に入って黄落を感じているような気分になりました


【凡】2位:勝間和代(57点)
   落葉の最後の仕事子を包む

勝間「葉っぱが落ちた後でも仕事する・・・」
梅沢「『最後の仕事』が分からない
夏井「名人、今日はちゃんと考えて喋ってる

黄落の最後の仕事子らへ子らへ(添削)

・「落葉」は「落ちている葉っぱ」のことも言う。
・「最後」とあって「包む」ときたら、埋葬かと思う
・季語の選び方で損をしている、「黄落」に替える。
同じフレーズを繰り返すとリズムが出来、字余りが気にならなくなる

【凡】4位:武井壮(50点)
   次は金銀杏黄金に舞う街で

武井「オリンピック選手の気持ちになって考えました
梅沢「武井くんが考えそうな句だね」
夏井「言いたいことは伝わるが・・・詩として下品『舞う』も陳腐

次は金銀杏のひかり降る街で(添削)

・「舞う」「燃える」「踊る」=凡人ワード。
・「黄金(こがね)」の比喩も下品、「ひかり」くらいで。

武井「外苑のカフェで6時間粘ってホットチョコレート7杯で6000円くらいした
夏井「6000円も使って痛々しい・・・
武井「次は2万使いたいと思います

挫けない武井さん、素敵すぎ
アスリートって負けず嫌いで、逆境に燃える人が多いですよね。
一昨年の12月には、「仏心や深雪に奈良を羨みて(お題「鎌倉の大仏」)で71点、
今年の4月には70点で才能アリを獲ったこともある武井さんですから、
いずれリベンジしてくれることと期待しております

【無】最下位:KAT-TUN中丸雄一(25点)
   柔らかい秋めく地面われ笑顔

中丸「作ったことがなく無難になってしまうので何かやってやろうと、犬目線で」
梅沢「言ってる意味が分からない俳句になってない
夏井「このせいで声が出なくなった
    犬目線?犬らしきモノは?
    季語の使い方もあやふや
    『柔らかい』って何がだよ
    さらにメンドくさい『秋めく地面』・・・
    ちょっと聞いてる?アンタのために声枯らしてやってんのよ

鼻先に秋めく地面嗅ぎ駆け出す(添削)

・「鼻先に」で地面との距離を近づけます。これで犬って伝わる。
・「秋めく地面」下手だけどイライラするけど置いときます
・あんまり使わないんだけど、動詞を畳み掛けて犬の動作を作ります。
下五の字余りを勢いで読ませる

夏井先生、番組の冒頭で、「下手な句を添削していたら声が枯れた」って仰ってたけど
コレだったんですね~~~~
俳句は省略の文学なので、主語がない場合は描かれていること=「自分」で読みます。
だから、犬目線であることを読み手にハッキリ分からせなければならない。
「柔らかい秋めく地面」も、
「落ち葉が積もってクッションの利いた地面」ということだと思いますが、
自分では分かっていても、人に伝わるかどうかっていうことですよね。
中丸くんの句の場合だと、
「落ち葉が積もって、いつもの散歩道が足に柔らかく心地良い」
ということだと思うので、普通に人目線でも綺麗な句になりそうな気がします。

【才】1位:ホラン千秋(70点)
   夕暮れの雨後の黄落甘い香

千秋「落ち葉が雨に濡れた時の甘~い香りが大好きなんです
梅沢「実に素晴らしい
夏井「あの写真から『夕暮れ』『雨』を思える想像力をまず褒めたい
    嗅覚を持ってきたところも佳い
    感覚のアンテナをちゃんと貼ってないとこういう発想は出来ない

雨後の夕暮れ黄落の香の甘し(添削)

・「香(こう)」って言うと、お香のニュアンスになるから、素直に「香(か)」で。
・七・五・五の独特の調べだが、こうやると特待生が近づく

中丸くんと「どっちかが1位(どっちかが最下位)」という場面で、
梅沢さんったら「ホランは生意気だから最下位」って言ってたのに、
結果が出るとケロっと褒めちぎっちゃう、ナイスキャラ
『プレバト!』での、この梅沢さんのキャラ本当に面白くて、
大御所なのに何て可愛い人なんだろうって思います。
そんな梅沢さん、フジモンが「最高傑作」と言われたことについて、
闘志を燃やしてらっしゃいましたが、
反面ツイッターでは「歳時記忘れた」と保険をかけるような呟き?
・・・どうなるのでしょうかっ

【名】3段:梅沢富美男 
   午後の陽にバギーの寝息銀杏散る

査定ポイント:語順の工夫が生きているか否か
結果:現状維持
・優しい心遣いが足りない
・銀杏から子供の表情へ焦点が絞られていく方が良い

銀杏散る午後よバギーに眠る子よ(添削)

・優しい詠嘆「よ」2回で調べがなだらかになる。
・非常に優しい内容の句なので、それに見合った表現を!

おおーーーー、原句から消された「陽」が、全体を優しく包んでいるのが見える
穏やかに流れる午後のひと時の、なんと静かで豊かなことよ・・・!
今回は、番組全体を通して「破調」「字余り」「リフレイン」などのリズム系、
そして、「銀杏並木」という強烈に視覚に訴えてくるお題に対して、
聴覚情報を持ってくることで句に厚みが生まれることが繰り返し言われた気がします。
翻って私のタイトル句は・・・
実は、『NHK俳句』兼題「黄落」の時に投句したもののうちの一句なんですが、
一応聴覚情報は入れていますね・・・。
ちなみにこの時にイメージしていた曲は「Mother Nature's Son」でございます。
素朴で明るい、そしてからからと乾いた感じが、黄落っぽい気がするんです。
リンク先は、ポールのアコースティックバージョン。
なんかこ~、黄落ってアコースティック似合う気がしますよね~
他に「For No One」も黄落~って思います。歌詞もリズムも、まさに。

でも、語順の工夫が足りなかったと思うなあ。
下五「黄落す」でまとめた方が、「黄落」が立ち上がってくる気がしますね。
ああ、またダメだったという敗北感に打ちひしがれながらも、
今月号のテキストには、葉音さま、千波矢さま(2句)が載っているそうなので、
(おめでとうございます!!!)
日曜日は仕事終わりに本屋へ直行です
たーーのしみ~~~!!!

« ◆「毛布」投句しています | トップページ | ◆モアレ »

プレバト!」カテゴリの記事

コメント

武井さんが一昨年に前回、才能アリ3位をとっていますが、
実は今年も1回才能アリ2位をとってましたよ。よって、過去には才能アリは2回とってます。

「若葉揺れ晴れリフト揺れ高尾山」

それから、武井さんは最高71点、最低45点(あじしゃいと孫が指さす線路沿い)でしたが、
実は面白いデータがあって、三田佳子さんと全く同じだったそうです。
才能アリ71点「爪音や紫陽花火照る白日夢」
凡人45点「夢いくつ七月七日祭孫五つ」

武井さんも三田さんも結構アップダウン激しいですね。そしてお二方とも生け花は今まで全て才能アリです。
ちなみに三田さんの才能アリの句は、9月8日の「名人梅沢さんvsフジモンさんの才能アリ見極めSP」でも出題されてましたが、共に名人の2人は中田さんの句を選んでしまい不正解でした。

ホランさんは約3年前に「鳥の声思わず見遣る冬の川」
で、才能アリ1位を獲得したものの、その後才能ナシ凡人凡人と不調続き。
しかし今回3年ぶり久しぶりに見事1位に復帰しましたね。

◆アルスさま

コメント有難うございます!
武井さん、才能アリ2回ですね、失礼しました。記事書き足しておきます
それにしても、抜群の身体能力のみならず、
芸術面でも輝きを持っておられる方で羨ましい限りです。
ステンドグラスも凄かったし
俳句でも、そろそろまた才能アリに返り咲いてくれそうな予感???
ホランさんは、梅沢名人にイジられながらも明るく打ち返している姿が良かったです。
句には、その人の「人となり」が如実に現れるものなのだなあ・・・と、
様々な方の言動と句を見て感じます。
そういう意味では、ちょっとコワイかも知れない

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄落を浴びて聴いてるビートルズ:

« ◆「毛布」投句しています | トップページ | ◆モアレ »