最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆6thシーズン第1週の結果発表~! | トップページ | ◆選句完了~~~! »

2016年11月26日 (土)

◆泥団子

その魅力に、子供はもちろん大人だって大嵌り!
泥団子
作り方は、このページが画像つきで分かり易いかな?
こちらのページは、何と日本泥だんご科学協会(ANDS)の公認HP
もはや私の頭も泥団子でいっぱい
探してみると、例句も見つかりました。

前世は泥団子かも風光る     波戸辺のばら  季語:風光る(春)
泥団子は母への土産野に遊ぶ  横井はつゑ   季語:野遊び(春)

やはり春のイメージですね~~~。泥遊び=春ですもんね
ただ、「光る泥団子」のイメージなら、他の季節にも合いそうです。
金魚鉢に負けない涼感もありますし、
最高光度のものが「大宇宙の神秘」と名付けられているほどですから、
哲学的なことを考えたくなってしまうような秋~冬にもきっとピッタリ。

ああ、こんなページもある・・・ホント、まさしく「もはや宝石」ですよね
11月末日が締切の「星野立子新人賞(未発表50句)」、まだあきらめてませんので、
(結果はともかく、挑戦だけはしたいのです。最後のチャンスだもん!)
何とかインスピレーションを頂ければと思っております。

皆さまも「泥団子」で一句、いかがですか?

« ◆6thシーズン第1週の結果発表~! | トップページ | ◆選句完了~~~! »

俳句のタネ(ネタ?)」カテゴリの記事

コメント

鷹化して鳩と為る日の泥団子

なんちゃって

◆亜阿介さま

おおっ早速有難うございます!春の句ですね、ポカポカ~~~
「鷹化して~」は『プレバト!』で梅沢さんが使って初めて知った季語でしたが、
例句もいろいろとあるようです。
お気に入りは

   鷹鳩と化して嫁の座まだ続く 榎本栄子

夏井先生も「絶滅危惧季語辞典」の中で

   鷹化して鳩となる日の見合いかな  夏井いつき

があって、女性は「」と思わず笑ってしまうカンジです。
この長い季語に対する「嫁」「見合い」、実に見事なマッチングですね

では

子らの声響く小春の泥団子

ままごとの泥団子へと風花す

冬ざれの砂場に残る泥団子

ならいかが?

◆亜阿介さま

さすが多作の亜阿介さまですね!
「泥団子」だと、やっぱりあったかい時の遊びだというイメージが強いので、
「風花」とか「冬ざれ」とかいった冬の季語は虚を衝いてきますし、
時が止まっている過疎の村とかいう光景まで立ち上がってきて凄絶な気がしますね。
思いがけない世界を見せて頂いて感謝です!
私自身が、なかなかそういった発想が出来ませんので、
大いに参考にさせて頂きたいです!!!

ちなみに、私は「光る泥団子」で夏の句にしてみました。
間に合えば応募しますが、
恐らく間に合わない(間に合っても落選する)でしょうから、
その時は来年の『象さん』に出してみますね。ドキドキ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆泥団子:

« ◆6thシーズン第1週の結果発表~! | トップページ | ◆選句完了~~~! »