最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【名】あっそれはわたしのいのち烏瓜/正木ゆう子 | トップページ | ◆12月10日締切の兼題:「節分」「追儺」「スケート」 »

2016年12月 5日 (月)

◆12月14日締切の兼題:「鷹狩」

◆季語解説

『俳句ポスト』
じゅうぶんに飼い慣らした鷹を空中に放って、鳥を捕らえる狩り。
主に大鷹や隼が使われた。
公家や武家のあいだで古くから盛んに行われており、江戸時代に最も隆盛をきわめた。

『日本の歳時記(小学館)』
よく飼育、訓練した鷹を放って、兎や野鳥を捕らえる狩り。
いにしえの仁徳天皇の時代に中国から伝来した狩りといわれている。
江戸時代には鷹匠も多くいた。
銃猟が中心となった現在では、鷹狩りをする鷹匠も数えるほどになった。

◆傍題

放鷹、鷹猟、鷹野、鷹場、鷹の鈴、鳥(と)叫び、鳥追う、鷹匠

◆例句(「575筆まか勢」「増殖する歳時記」より抜粋)

狩終へし鷹雄ざかりの胸美しき    高久清美鷹の雄々しさをストレートに!
鷹狩の鷹となるまで闇に置く     村上喜代子鷹を訓練するということ
鷹狩の鷹飢ゑし眼をかがやかす   茨木和生鷹の鋭い眼光・・・!
鷹狩や遠野に白き神の山       奥村治夫取り合わせ「遠野」「白」「神」
急流に従うてゆく鷹野かな       藤本美和子野駆けでござる!
吹雪とは鷹の名なりし放ちけり    勝又一透故沓沢朝治さんの鷹の名前ですね

◆和歌

濡れ濡れもなほ狩り行かむはし鷹の上毛の雪をうち払ひつつ   源道済

◆参考記事

ウィキペディア「鷹狩」
鷹匠を訪ねてきました
最後の鷹匠・武田宇市郎 漫画「鷹の翁(矢口正雄)」のコメントも必読!
・映画「ぬくめどり
・「つくね冒険譚」ハリスホークの飼い主さんブログ。貴重な情報いっぱい
世界の凛々しい鷹匠!モンゴルの鷹匠超カッコいい
かっこいい♪鷹のアイマスク

◆亜阿介さまより頂いた情報です

http://www.jfa.gr.jp/global/
https://www.youtube.com/watch?v=af5dHavBRvE 
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1248597402
http://jpn.cha.go.kr/japanese/html/sub4/sub11.jsp
http://blog.livedoor.jp/rekishi_tanbou/archives/1767074.html
http://rokunikai.web.fc2.com/birdwatching/030takagari/takagari.html
http://www.astur.jp/

« 【名】あっそれはわたしのいのち烏瓜/正木ゆう子 | トップページ | ◆12月10日締切の兼題:「節分」「追儺」「スケート」 »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

兼題「鷹狩」は命が命に対して、命を奪うことを命令する、そして、時には多くの命がそれを見ているということを感じさせる句が詠みたいと願っております。

◆亜阿介さま

おおっ壮大なテーマですね!
頑張って下さい!!

◆亜阿介さま

あ、有難うございます!
いろんな意味できついページですね
記事に追加しておきます~~~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆12月14日締切の兼題:「鷹狩」:

« 【名】あっそれはわたしのいのち烏瓜/正木ゆう子 | トップページ | ◆12月10日締切の兼題:「節分」「追儺」「スケート」 »