最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「蜂」・・・20句投句出来ました | トップページ | ◆2月号届きました »

2017年1月27日 (金)

◆1stシーズン第1週の結果

来ました来ました~~~!
今回は、5句中4句に点を頂きました、皆さま有難うございます!!!
ええと、合計で12点ですね、う、嬉しすぎる・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何よりも褞袍の似合ふ妻である 
(2点)

●奥様 可哀想ですよん・・といいつつ私もそう思われていたりしてといただきました。
●(ノーコメント)

「何よりも褞袍が似合ふ」私
  ダンナからは「蓑虫」「どんごろす」「コッテ牛」などと呼ばれております。
  点を頂けて救われました、有難うございます!!

冬薔薇きみへの螺旋迷路かな (3点)
●素敵な恋の歌と言っていいのでしょうか?好きです。
○冬薔薇ならではの美しさ。君は、美しく魅力的すぎて作者を惑わせる。

以前に書いた詩を俳句に直したもの。
  
 「ここまで来れるかしら?」
 薔薇は花びらを重ねて迷路を作りました
 それは意地悪のためでなく
 どこもかしこも触れて欲しくて

 詩の時は女性サイドでしたが、俳句だと男性サイドからですね
 気にいってるものなので、選を頂けて嬉しいです、有難うございます!!
鼈甲のピアスなどして春着の子 (1点)
●(ノーコメント)

鼈甲のピアスがスゴイ可愛かったので、新春の季語に合わせてみました。
  選を頂けて良かったです!!有難うございます

枯野来て螺鈿の櫛を失くしけり (6点)
●雰囲気のある句で好きなのだけれど、「枯野来て」が気になった。
  因果関係を感じて取れなかったのかも。
○枯野という色褪せた大地と対照的な螺鈿の櫛の対比に惹かれるものがあった。
  あたかも枯野が螺鈿のきらきらをのみ込んでしまったかのような錯覚に。。。
◎この耽美的な世界観に囚われてしまった。

特選頂き、有難うございます!!!
  「鼈甲のピアス」と一緒に思いついた「螺鈿の櫛」です。
  きらきらした硬質のものなので、寂しい景に合わせました。
  確かに上五は推敲の余地がありそうなのですが、自分ではここまでだったので、
  どなたか良い案があれば是非ご意見お願い致します!!!

  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選を下さったdolce(ドルチェ)さま、めろさま、恋衣さま、めいおう星さま、
まとむさま、舞さま、本当に有難うございました!!!

そして、選句の方でも嬉しいこといっぱい
寿々さんと一緒の句を選んでいたのも嬉しかったですね~~~、
お互いの選句を通して、「感性が近い」と思える人と出逢えるのが、
『象さん』の最大の魅力ではないかと思っています。

第2週も楽しみです、皆さまよろしくお願い致します!!!

« ◆「蜂」・・・20句投句出来ました | トップページ | ◆2月号届きました »

象さん句会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆1stシーズン第1週の結果:

« ◆「蜂」・・・20句投句出来ました | トップページ | ◆2月号届きました »