最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆兼題「寒昴」発表 | トップページ | ◆1月10日締切の兼題:「草の芽」または「ものの芽」 »

2017年1月 9日 (月)

◆「文箱」

文箱」。
書状などを入れておく手箱。また、書状を入れて先方に届ける細長い箱。
何かこう、秘密めいた香りというか、奥ゆかしい感じがして素敵です。

例句

文月や文箱の底の奥許    平野加代子


調べてみたら、案外見つかりませんでした。
ネット句会や、個人のHP(ブログ)に少しある感じ。
例句の「奥許(おくゆるし)」とは、
謡曲・地歌・箏曲をはじめ,茶道・花道・香道・囲碁・将棋などにおいての、
相当な熟練者に与えられるもののようです。
文箱の底にひっそりとしまってある免状・・・「奥ゆかしさ」が際立ちますね。
私も、そんな「皆さまに見せるものではありません」的な気持ちで一句。


書き初めて文箱にしまふだけのこと   (る)


皆さまも「文箱」で一句、いかがですか?

« ◆兼題「寒昴」発表 | トップページ | ◆1月10日締切の兼題:「草の芽」または「ものの芽」 »

俳句のタネ(ネタ?)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「文箱」:

« ◆兼題「寒昴」発表 | トップページ | ◆1月10日締切の兼題:「草の芽」または「ものの芽」 »