最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

◆3月号来ました~(≧▽≦)

◆新・百年の旗手

春来たる

砂場には貝殻雲母二月尽
春暁や水は光の珠になり
瘡蓋はひりひり紫花菜咲く
白詰草しゃむしゃむ馬の半眼
雲雀東風あの芦毛クロフネと云ふ
春来たる鳶(とんび)大きな輪を描けば
初百合の下に妖精来る気配
犇めける春のルージュの中にゐる
山焼の夜や錆猫の集う庭
髪をピンクにしたき春である

連載開始時。連載2回目と、たくさんのご祝儀書き込みを有難うございましたheart04
今回で最後なので、悔いのないよう(?)馬の句を2句ぶちこんでみました。
次はどなたが登場されるのか、楽しみです!shine

2017年第2期連載者募集中!
応募内容:7月号に掲載出来るタイトルつきの10句
締切:5月15日(月)
投句先:magazine@marukobo.com (件名に必ず「100年の旗手応募」と明記)
貴方も貴女も、レッツ挑戦notes



◆詰め俳句計画

《今月の問題》
晴れ上がる空、(    )を立ち上がる
(    )に濃く鉄塔の影ありけり

一読して、「広い平面だ」と思いましたので、
歳時記「地理」のページをめくりました。
私自身が明るい景が好きだからなのでしょうね、「春の野」を選んだのはcoldsweats01
結果は「1級」。小市さまが同じ発想で嬉しかったですshine
「広さと生命力を感じて好きでした」とのコメントに慰められつつも、
正解は「末黒野」(二段)でしたbearingsweat01
改めて歳時記を見ると、私の選んだ「春の野」の隣にあり、
季語解説の中に「単なる焼け跡とは異なる、期待を孕んだ季語」とあり、
その気持ちを込めて考えると、なるほど・・・でした・・・嗚呼sadsweat01

《次の問題》
小さき墓集まり(       )かな
屋根に見る(      )も鴨川も

6音の「夏の季語」が入ります。
締切:3月20日
投句先はコチラhappy02

◆疑似俳句対局

《今回のお題》
ふらここや涙の訳は解けぬまま   松尾千波矢さま

涙活といふ一月の埠頭かな   小川めぐる
「涙活」は「意識的に泣くことでストレス解消を図る活動」のこと。
まだ成熟していない言葉ですから、評価は分かれるところでしょうね。
同作者の「
涅槃西風訳知り顔の猫である]も好きな句です。
お釈迦様のごとく悠然と構えている猫、そこらにいそうです。(選者:美杉しげり)


礼服の躾解きて朧かな      葉音さま
女房は翻訳家なりヒヤシンス  松尾千波矢さま
早口の同時通訳春北斗     佐東亜阿介さま
誤訳富む洋画抜け出し春の月  土井探花さま

《次回お題句》
花の昼涙の味をゆつくりと    小市さま

なんと!次のお題句は小市さま!!!
今回も、はりきらざるを得ない!
締切は今夜0時、急げ~~~!!!dashdashdash
投句先はコチラ!!

◆100年投句計画

関悦史選(先選者)
【天】
木枯や空に無数の顔がある   小市さま
【地】
外套を脱ぎ捨て君は鯱になる  葉音さま
【人】
靴底に返る力や日脚伸ぶ     dolceさま

阪西敦子選(先選者)
【人】
白鳥の見あぐる空もまた白く   dolceさま

桜井教人選(後選者)
【並】
大寒や骨軋む音響きをり     葉音さま
小さきを母に取り置く鏡割     松尾千波矢さま
桃の花ブラスバンドの女学生   どかていさま
溜息を星に変換するマスク    土井探花さま
ジョーカーと名乗る僧来る寒に入る 土井探花さま


なんとなんと、【天】【地】【人】【並】、ズラリと皆さまのお名前が・・・!shine
わ、私も次から参戦予定です、いっちょ揉んでやって下さい!!!upupup

締切:3月20日
投句先はコチラ!!!

そうそう、昨年英語俳句をちょこっとだけ書いてみたこともあったんだった。
「百人百様E-haiku」、一度投稿してみようかな・・・。
企画盛りだくさんの「百年俳句計画」、ホントに面白いですね!!shinehappy02shine

2017年2月27日 (月)

◆ギャ句、回文挑戦しました

兼題「蜂」では、ギャ句3句&回文1句にもチャレンジしました。

蜜蜂に持たせすぎたかしら大根
●原句「蜜蜂に持たせすぎたかしら伝言   ふけとしこ」
ひとりだけ蜂にさされた
●原句「ひとりゐて蜂にさされた  山頭火」
花蜂のまつさかさまにぶらさがる
●原句「花蜂のまつさかさまにぶらさがる  佐々木六戈」

◯小川めぐるくん、おおそうかそうか、桃李くんがお好みじゃな。
旧かなを利用したギャ句もいいじゃあないか。
それでもじゃ、まあ、一人だけ刺されるのは気をつけなさい。うほんうほん。


やはり、自分が参加してみると、読んでるだけの時とは違う気がします。
「そうかそのテが!eyesweat01」「この句を使うとは!」などなど、
感じることがいちいち比べものにならないほど鮮やかで・・・
小市さまが同じ句を使われてますが、捻り具合が一味違う!
「一畠」の味わいも好きです~~~lovely

囮ゐて蜂にさされた   小市さま
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《ひとりゐて蜂にさされた/山頭火》
蜜蜂に持たせすぎたかしら黄金  小市さま
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《蜜蜂に持たせすぎたかしら伝言/ふけとしこ》
一畠まんまと蜂に吸われけり  小市さま
●どうだ先生に捧げるギャ句シリーズ@原句は《一畠まんまと蜂に住まれけり/小林一茶》


そして、初挑戦というしゃーらさまのセンスに嫉妬coldsweats01

Hey, yo!と花に蜂去り蜂来る   赤い彗星の捨楽さま
●原句「西洋の花に蜂去り蜂来る  正岡子規」

糖尿猫さま、亜阿介さまも流石のクオリティ!

指立てて水呑む蜂や手水鉢 佐東亜阿介@チーム天地夢遥
●原句:腹立てて水呑む蜂や手水鉢 太祗

手袋へ足長蜂と手が入る 糖尿猫
●原句:戸袋へ足長蜂と戸が入る  (大石雄鬼)

亜阿介さまのは想像すると可笑しくて、糖尿猫さまのは「ひぃ!impact
いや~~~面白い!楽しい~~~shinehappy01shine
何で今まで敬遠していたんだろう(笑)、これからも積極的に考えたいと思いました。
そして回文は、糖尿猫さま、しゃーらさま、さとう菓子さまのお名前と作品にはしゃぎつつ、
自分の名前がなかなか出て来ないので「ダメだ【没】・・・」とガッカリしかけた矢先、
一番最後で拾ってもらってましたshineよ、よかった・・・bearingsweat01

血は鉄の味嗚呼アジア乗つて蜂   小川めぐる@チーム天地夢遙
●回文です。「ちはてつのあじあああじあのつてはち」
「アジア」っていうのは、大陸横断鉄道かなんかでしょうかねえ、
汚れた頬をぬぐいながら再起を誓う男の物語とか、そんなイメージで(^^;

◯そうかそうか、しかしじゃな、血なまぐさいことはいやじゃあないか。
ワシもまだまだ、ガンバルつもりじゃ、うほん。


うむむ、説明しないと伝わらないような回文・・・まだまだだねっsweat02
次はもうちょっと向日性のある内容で・・・と思い、「雲」で送ってみましたが、
季語を入れるのを忘れていましたshock
まだ時間はあるので、何とか季語入り「雲」入りの回文も考えたいですup

最後になりましたが、月曜日掲載の皆さま、おめでとうございます!!
私もまた月曜日に載れるようガンバリます!!

◆2月句会の結果です

今月は3句中2句に互選が入り、残る1句に管理人さまがコメント下さいました。

白球は真芯に捉えられて春   (1票)
・雪国の球児に球春到来。
補助輪を外す頃合い春の風      (1票)
・お子様への気持ちが感じられる優しい読後感です。
 春の風という季語ととても響き合っていますね。
ミニカーの黄色くつきり春の窓   (管理人)
・窓にミニカーが置かれてあるのです。
 それだけのことですが、この「春の窓」良いですね。

有難うございます、3月句会も頑張りますhappy01shine

2017年2月25日 (土)

◆投句完了~~~

『一句一遊』兼題「走」「春の匂」各8句、
『NHK俳句』兼題「春の夜」「菫」各3句、
それぞれ投句出来ました。
今日はお誕生会という名のカラオケ大会ですnotes
目いっぱい楽しんできま~~~~すshinehappy02shine

◆3月8日締切の兼題:「雲」

坂の上の雲ミュージアム開館10周年を記念し、兼題「雲」の俳句を募集。
小説『坂の上の雲』では、激動の明治時代に高い志をもち、
坂の上の雲をみつめながらひたむきに生きた若者たちの群像が描かれている。
《※今回の兼題は季語ではありません。
「雲」という字が詠み込まれていれば、その読み方・用い方は問いません。
また、季語については当季(今現在の季節:春の季語)を原則として自由に選んでください。》


うむむ!一応、今の季節が春なので、「春の雲」の質感を捉えるためにも、
「春の雲」の季語解説&例句を見てみようと思います。

◆「春の雲」の季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

春の日射しに真っ白く輝き、やわらかくゆっくり流れている雲は、
いかにものどかで春らしい。
(中略)春の雲は、薄く刷いたように広がる巻層雲が代表的。
また、昼間は、ふんわりと綿のように浮かぶ積雲もよく見かける。

◆「春の雲」の例句(『575筆まか勢』『『増殖する俳句歳時記』』より抜粋)

のんのんと海上に出る春の雲          高澤良一
わが影の消えて生れて春の雲         稲畑汀子
二つづつ二つづつあり春の雲          中田みづほ
国生みの出雲に遊ぶ春の雲            石原ゆう子
日輪をむすんでひらいて春の雲       山田みづえ
春の雲ながめてをればうごきけり     草城
村あれば教會がある春の雲           上野泰
浅間山どの春雲も動くかな              森澄雄
春の雲おれの居場所は段畑           穴井太

◆参考記事

・「坂の上の雲(作品紹介とあらすじ)」
・「坂の上の雲(あらすじと心に残った言葉)」
・「春の雲」画像


◆アプローチ

うーむ、まずは上記サイトで「坂の上の雲」を少しでも知っておきたいところ。
ちなみに、個人的に「春の雲」というとコチラのイメージが強いです。
ぽったりとして、シュークリームみたいなlovely
美味しそう、可愛い、もふもふ・・・といったイメージですが、Wikipediaによると、
積雲(せきうん)は、晴れた日によく発生する、綿のような形をした雲。
綿雲(わたぐも)とも呼ばれ、形状は綿菓子にも喩えられる。
上部はモコモコしていて形がよく変わるが、雲底は平たくほとんど上下しない。
上に向かって成長し、下や横にはほとんど成長しないのが特徴。

という説明があります。
上に向かって成長し、雲底は殆ど変化しない、というあたりがキモな気がします。

誕生日迎えて春の夜は更けて

2月24日は、多くの俳人の方が「不器男忌」と認識していらっしゃると思いますが、
畏れ多くも、そんな日に生まれてしまった私coldsweats01
ついに・・・ついに、節目の年を迎えてしまいました。

嘘だ~~~この間まで、まだ36歳くらいだったのにcrying

そんな訳で、『一句一遊』の「ペーター」の句に寄せられたコメントが、
ひとつひとつ私へのプレゼントのように感じられ、とても嬉しかったです。
こんな私でも、時々は誰かの心に届くような句が詠めているのなら幸せです。
「節目の歳に句集が出せるよう・・・」といった憧れを持っている訳ですが、
箸にも棒にもかからないような句ばかりでは意味がないと思いました。
ちゃんと人から、ある程度の水準に達していると認められ、
誰かが「好きです」と言ってくれるような句でなければ、と。

ですので、皆さまからコメントを頂く度に、生きていて良かったと思うほど嬉しいです。
これからも、少しでもどなたかの心に届くような句が詠めたらと思っています。

いつまでも未熟なばかりの私ではありますが、
温かくお見守り頂ければ幸いです。
今後とも、どうぞよろしくお願い致しますshineconfidentshine

2017年2月24日 (金)

◆2月25日締切の兼題:「菫」

さて、4月からの第2週は、堀本裕樹先生から高柳克弘先生にシフト。
高柳克弘先生と言えば!!!
一句だけ友人shadowが教えてくれて知っている句がありました。

ことごとく未踏なりけり冬の星   

shadow「普通、山に使う言葉だけど、星を見て『未踏』なんて出て来ないよshine
確か、私が羽生結弦選手300点超えの偉業を称えたくて、

極月や未踏の峰を超す男

と詠んでみた時に、「未踏」繋がりで紹介してくれたのだったと思います(うろ覚え)。
そして神野紗季さんと結婚されたということですね。うむむ、羨ましいcoldsweats02
『NHK俳句』テキストで、「判定ドリル名句名勝負」を連載されていて、
毎回楽しく読ませて頂いていたし、
スピカ」にも書かれていて、実はうっすら知っていたことが分かってビックリsweat01
なので、どんな先生なんだろうドキドキ・・・というよりも、ワクワクの方が大きいです。
これまでに出版されている句集は『未踏』と『寒林』の2冊。
タイトルが何だか無頼漢っぽくてカッコいいlovely

・・・うぅっ、このままだと永遠に脱線し続けるので、「菫」に行きますcoldsweats01

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

紫の小さな花。
蓮華草や蒲公英とともに春に咲く野草の花の一つ。
多くの品種があり、その総称であるが、おもに「スミレ」という特定種をさすことが多い。
「スミレ」には茎がないため、根際から葉や細長い花柄を出す。
このため花はうつむき加減となり、可憐な印象を与える。
「相撲取草」は花と花とをひっかけて引き合って競った子供の遊びにちなむ。
「一夜草」は山部赤人の歌に由来する。
パンジーは改良種。

菫ほどな小さきひとに生まれたし   夏目漱石
かたまつて薄き光の菫かな      渡辺水巴
「大和」よりヨモツヒラサカスミレサク 川崎展宏

◆例句(『575筆まか勢』『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

どちらからともなく言ひて初菫       大石悦子
まだ眠き一重瞼の菫あり             千代田葛彦
わが影のさして色濃き花菫          右城暮石
わが肺も三色菫の鉢も寧し          石田波郷
人買もむかしむかしの夕菫          橋石和栲
菫咲く野はいくすぢの春の水        宗長

◆アプローチ

例句も多く、古くから俳人に愛されてきた菫の花。
小さく可憐な花なので、大きく武骨なモノとの取り合わせが楽しいかも。
いろいろ考えてみようと思います。

2017年2月23日 (木)

菜の花や海に花貝あるといふ

今週の『プレバト!』お題は「菜の花と自転車」。
青空に菜の花畑、道路には数字の「6」、停めた自転車には赤いリュック。
どこに目をつけ、どう詠むのか?
順番に書いていきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】3位:キスマイ宮田(47点)

ペダル踏み菜花の香りなびく髪

梅沢「中七実に素晴らしいshine下五に余計な言葉が。
    ペダル踏んでるんだから、髪は当然なびくでしょ?」
夏井「問題点が二つ。まず発想が平凡。
    そして特待生も言っていた通り要らない言葉がある。」

pencilペダル踏む髪に菜花の香りくる

夏井「彼女の髪に菜の花の香りを感じたの?菜の花ってけっこうクサイよsmileshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】2位:美保純(50点)

春の里母雲見つけし結ぶ靴紐

美保「お母さんみたいな雲を見つけたと思ったら、靴紐がほどけているのに気づいた。
    もしかしてこれを教えてくれたのかな、甘えないでしっかり帰ろうと思った」
梅沢「俳句は作文じゃないんだから・・・全部字余りcoldsweats02
夏井「中七を崩すのが嫌われるのは、リズムが緩んだりたるんだりするから。
    でも、情景も見える、人物も見える。
    なかなか将来性があります。語順がもったいない」

pencil靴紐を結ぶ母雲はるの雲

夏井「リフレインが効き、優しい母への思いも見える」
美保「この直された句を母に送りたいshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】4位:新納慎也(45点)

寒明けの立ち漕ぎ止める菜の花よ

梅沢「季語二つ使ってるcoldsweats02なっちゃんスゴク起こるよcoldsweats02
夏井「問題なのはむしろ語順think
    『止める』だと菜の花が止めているようにも読める」

pencil寒明けの立ち漕ぎ菜の花に止めん

夏井「将来性ある凡人ですshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】最下位:高橋真麻(30点)

菜の花や永遠にあの人と我春雲なりて

高橋「写真を見た時、『私は死んで雲になった』と思った。
    私はもう彼と行けないけれども、
    菜の花よ貴女は散ることなく彼と一緒に旅をして下さい、と・・・」
梅沢「ダメですよこれ俳句じゃないものcoldsweats02
夏井「表現したいと思うことがあるのは分かりますけれども、
    五七五を作ろうという意思が見られないsweat02
    並列の形使ったらやれますよ」

pencil菜の花や永遠なる君と吾と雲と

夏井「『あの人』は『君』、『我(われ』は『吾(あ)』と言うことが出来る。
    これで貴女の言いたいことはほぼ入ります」
高橋「先生の直し甲斐がある句が書けたなshinehappy01shine
夏井「coldsweats01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【才】1位:藤井隆(73点)

6の次7の菜の花漕ぐペダル

藤井「(写真の)6がスゴク気になったので、次は7のところまで漕いで行こうと。」
夏井「発想が軽やかで楽しい句ですねshine
    言葉の展開が楽しい、一発で覚える。
    人に一発で覚えさせる、これも俳句の才能。最後にペダルが来るのもいいshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】6段:梅沢富美男

梅沢「(先週インフルエンザだったけど)言い訳はしない。季重なりに挑戦しました」

菜の花や厨に眠るあさり貝

評価のポイント:季重なりが成功しているか否か。
結果:現状維持sign04despairsign04
コメント:二つの季語の強弱が足りない!

夏井「『菜の花や』で強い切れを使って工夫しているけれども、
    下五『あさり貝』(体言止め)であさりの印象が強くなってしまっている。
    『あさり』は中七に入れましょう」

pencil菜の花や厨にあさり眠らせて

夏井「『眠らせて』と静かな光景で終わることによって、
    読者の意識がまた菜の花に戻っていく」
梅沢「体調悪いのにガンバったんだよ~crying」←言い訳

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おおおーーーーeyeshine
ここのところ『俳句ポスト』で毎回、コッソリ季重なりに挑戦している私にとっては、
まさにタイムリーな内容!!
中心となる季語は「や」や「体言止め」で強く打ち出し、
サブ(?)季語の方は背景に紛れ込ませる・溶け込ませる・・・ですねeyeshine
そういえば!!
私が先月の『湯豆腐句会』で感想を書かせて頂いた、やち坊主さまの句もそうでした!

鶏旦や安房の菜の花咲き初むる  やち坊主さま
「季語+や」&「季語入り背景」


そうよそうなのよshine
よぉおおし、今度こそビシっとナイスな季重なりの句を作って見せる!up
・・・と、いつも以上に燃えた『プレバト!』でした。
タイトル句の「花貝」は桜貝の子季語。
う~~ん、まだまだだねっcoldsweats01

Photo

越前リョーマby「テニスの王子様」

◆2月25日締切の兼題:「春の夜」

4月から、選者が変わります。
第1週は、正木ゆう子先生に変わり、今井聖先生shine
「ハイポ掲示板」を見ると、なんとなんと、dolceさまの恩師だった方なのだそうです!
増殖する俳句歳時記』でコメントも一緒に読むと、ひときわ味わい深いです。
野球がお好きなのですね~そして本当に男前だ!!shine

やわらかき母にぶつかる蚊帳の中
球場に万の空席初燕
返球の濡れてゐたりし鰯雲
水仙を接写して口尖りゆく

主宰されている俳誌「街」に連載されているのが、
タイトル「試行燦々 名句に学び無し、なんだこりゃこそ学びの宝庫」とのこと。
格闘するのは真実にしてもなんで通俗的に、
老人に褒められるように格闘するのかなあ。誰もが同じようにケナゲな感じで。
教師俳句を詠む男もそうだなあ。なんでそんなに良い教師になりたがるのかなあ。
(ブログ「俳句的日常」より抜粋)

そんな今井聖先生、第1回目の兼題は・・・

◆春の夜(よ)

季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

夜は宵と深更の間、と定義することもできるが、
大きく日没から日の出までの時間ととらえることもできる。
「春宵一刻直千金」から、「春の宵」が好まれるが、
それとは別に、「春の夜」も他の季節とは異なるムードの漂う時として、多く詠まれてきた。

時計屋の時計春の夜どれがほんと   久保田万太郎
春の夜の浴槽に胎児との浮力      寺井谷子
よき門に車停まりぬ夜半の春       池内友次郎

◆例句(『575筆まか勢』『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

うたた寝の指輪の落ちし春夜かな         鷲谷七菜子
むささびのとびたる春の夜を訪ひし       高野素十
吊革に春夜の腕しなはせて                 杉田久女
春の夜のくつしたをぬぐ女かな             日野草城
春の夜のこころに雨の音はあり            長谷川素逝
春の夜の闇さへ重く病みにけり            日野草城
春夜とは心の舵をたてつゞけ               原石鼎
水飲みてふたたびねむり夜半の春       鈴木真砂女

◆アプローチ

例句を見ても、艶っぽい感じの句が多かったです。
春の夜、なんとはなしにムズムズする、命の盛り上がる感じ。
「水飲みてふたたびねむり」の、ほのかな火照り感など絶妙ですね。
「くつしたをぬぐ」もそうですね。
部屋で寛いでると、もう暖かくって脱いじゃいますもんね、靴下。
でもって、なんてゆーか、脱ぐのは靴下だけじゃなさそうな気配もイイですよねcatfaceheart04

あーしかし、今井先生に「なんじゃこりゃ」と思ってもらえるような句が詠めるだろうかsweat01
・・・と、背伸びしてもいけないので、私は私らしく・・・
と言っても、実は何が私らしいかもよく分かっていないのでcoldsweats01
まずは「色気より食い気」でいってみようと思っておりますshinedelicious

【水】ペーターは工作上手雲雀笛

きゃ~~~~~嬉しい!!!
【火】【月(お便り)】と読んで頂いて、今回ようやく【水】登場です!!shinehappy02shine

これはねえ、アルプスの少女の世界でしょうか
◇ペーターは工作上手雲雀笛  小川めぐる
ペーターは手先が器用な感じがちょっとしてきました


あーーーー嬉しい!!!(2回目sweat01
「投句しました」の記事にも書きましたが、この句には

子どもが幼稚園の頃、レンタルビデオで「アルプスの少女ハイジ」を一緒に見ていたら、
ペーターが思いのほか手先が器用で、
アルムのおんじに認められていた場面がありました。
食いしん坊のイメージしかなかったので、意外な頼り甲斐に感心!!
ペーターなら雲雀笛も上手に作ってあげてハイジに喜ばれたのでは・・・と思いました(^^)

というコメントを併記しています。
ペーターがカリカリ・・・と木の枝を削って、
ハイジに吹かせてあげるシーンを思い浮かべたのです。
月曜日に組長が言っておられた、「雲雀」と置き換えても成立する句ではなく、
ちゃんと「笛を吹いているイメージ」になっていたようで良かったですspa
ちなみに、連想元はこちらの動画
素敵な「七曜工房」のサイトはコチラlovely鳥のブローチ超可愛い~~~んheart04

次の「海猫渡る」は思いっきり間違ってますから、せめて月曜日に読まれることを祈るのみ。
その前の「雲雀笛」で良い結果が出て良かったです。これで来週も耐えられますcoldsweats01
土井探花さま、ドルチェさまと並んでの発表でメチャクチャ嬉しかったですshine

金曜日はどなたが登場されるのか、今から楽しみですよ~~~!!!upupup

◆「渡り漁夫」投句しました~~~

ふ~~~、何とか数だけは揃えることが出来ました・・・。
しかし、「渡り漁夫」の日常の光景を活写出来ているかどうかについては全く自信ナシ。
キーワードは・・・
「番屋」「竈」「寝袋」「運河」「北のウォール街」「ロシア美人」「電報」「起こし船」「千両万両」
「小樽」「留萌」「銀塩」「銀鱗」「三平汁」「三十人」「鳥山」「流れ板」「水上勉」など。

感触としては、「鷹狩」の時と似ているかな・・・。
「これを詠みたいなあ」と思うテーマはあったんですが、
言葉を並べただけに終わったようにも思いますし、正直、全然分かりませんweep

「季重なり挑戦シリーズ」として「田起こし」「宝船」を入れた句も。
一瞬「海猫」も季語かと思ったんですが、単体でなら大丈夫でした。
「渡る」とか「孵る」とかがつくと季語になるんですね_φ(^o^*)メモメモ♪

いずれにしろ、次の「雲」に向けて、ひとまず寝ますcoldsweats01
皆さまは悔いのない投句が出来ましたか?

2017年2月22日 (水)

◆今週の「あかぼし俳句帖」(訂正あり)

スイちゃん、よつゆさんとの吟行を終えて、新章に突入している「あかぼし俳句帖」。
慇懃部長相手の攻防(?)中心に描かれています。
ネタバレなので、「見たくな~~~い!」という方は飛ばして下さいねcoldsweats01










まずは気になるスイちゃん恋愛事情から。
市ノ瀬くん推しの私に朗報きました!!
スイちゃんの「俳句好き」を全面的に受け入れ、理解している市ノ瀬くんの言動が、
ついにスイちゃんの心を捕らえます。
3巻でのフラグ(市ノ瀬くん→スイちゃんへのメール)から4巻のバレンタイン回を経て、
昨年12月5日発売の24号では

夏の風心が歌を歌ふ時    水村翠

と腕を組んで、そんでそんで、ついに!

こいびとになってくださいますか吽(うん)  大西泰世

を使っての、スイちゃんからの告白来ましたーーーーウオオオオオ良かったーーーcrying
やったね市ノ瀬くん、ついに通じたよぉおおおおおーーー!crying
そして明星サンも、これはきっとお里さんとうまくいくフラグに違いないシーンが。
私ねえ、お里さんも実はこっそり俳句作っていると思うなheart04
明星サンと付き合うことになったりした時に、サラっとすっごく素敵な句を披露してくれそう。
(そして明星サンが衝撃を受ける予想shinecatfaceshine

おっと本題だ!
慇懃部長がやってくれたんですよーーーーー!
明星サンの所属する鎌倉支部と、慇懃部長の武蔵野支部での合同句会の時に、
車種を詠みこんだ一句が、あまり一般的でないということで評価されなくて、
(明星サンは車好きだから、「ヤツの句だ」と分かっていても選句していました)
慇懃部長の繰り出した手が、車内広告eyeshine
それも、季語を冬のものに替えての連作で、CMも大評判shine
これがチョット伏線がありまして、
合同句会の時に、慇懃部長が「ヤツの句だな」と明星サンの句に注目して、
スマホにメモ取るんですよね。
同僚が明星サンのコラムに好感を持っていたので、何かの参考に・・・と。
しかし、自分の句が手直しを要求されたことで、火がついたようです。
句会向きではなかったかも知れないけど、広告としてなら強力な武器になる!
自分の句への愛情と矜持を感じて、凄くカッコいい・・・!と思いました。

新緑の脚線美乗せカブリオレ   要大輔

広告では季語が「小春日」に替わっていますが、
やっぱり原句の方が鮮やかで爽やかで好きだなshinehappy02shine

これに真っ青になったのは明星サンの上司・津田部長。
以前「コラムに俳句を入れたらどうか(by明星サン)」という案を一蹴していたのです。
ライバル社に先にやられた以上、二番煎じは出来ない・・・。
んむむむむ、どうする津田部長?coldsweats02impact

そして、慇懃部長・要大輔は家庭に問題がなきにしもあらずなんですよねえ。
奥さまとの仲がうまくいってなくて・・・。
要サンは奥さまに認められたくて頑張ってきたのに、全然報われてる感じしなくて。
俳句初心者の頃の作品なんか、ものすごく可愛くてビックリしたんですけど、
それからとんでもなく上達されているんですね。
きっと、奥さまに認めて欲しくて、努力したんだなあweep
でも、報われないからどんどん意固地になっていっちゃったのかなあweep

そう思うと要サンも、もはや悪役ではなくって、応援したい一人になってしまいました。
合同句会の打ち上げで、白帆先生も「貴方は繊細な人だ」的なことを仰ってましたし、
(本当に、白帆先生の一言一言って、なんでこんなに感動的なんだろう)
今後の要サンにも大注目です。

最後に、お騒がせ・よつゆさんが「もう俳句出来ない~」とスランプの様子?
どうなる次号、待て次号!!happy02

2017年2月21日 (火)

銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ

ふ~~~、現在「渡り漁夫」は12句を投句・・・。
まだうまくまとまってない句がいろいろとあるけど、
ここらでチョット気分転換したいと思いますcoldsweats01

Photo_3

ようやく神経衰弱でブーツをGET出来たんです~~~、
しかもボア付きlovely
次は「あったかコート」かな?coldsweats01

・・・って、違う違う!coldsweats02impact
やるのは「一日一句」の方でした!

2月22日の季語は「木の芽」。

◆季語解説

何の木かを問わず、春の木の芽のことをいう。
読み方は「このめ」「きのめ」どちらでもいいが、
山椒の芽を「きのめ」と呼んで、ほかの木の芽と区別することがある。
「霞立ち木の芽もはるの雪降れば花なき里も花ぞ散りける(紀貫之)のように、
古くは「木の芽張る」を「春」と掛けて詠むことが多かった。

◆例句(『575筆まか勢』『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

がうがうと欅芽ぶけり風の中         石田波郷
デッサンのはじめの斜線木の芽張る    うまきいつこ
子に教へ自らも噛む木の芽かな       松本清張
あけぼのの木の芽しづかに雫せり      桂信子
いつか手を芽ぶきたる木に掛けゐたり    山口誓子
くちびるを尖らすまでに木の芽寒       上田五千石
ほぐれんとしてたくましき木の芽かな     山口青邨

◆3バージョンチャレンジ

上五:木々の芽を揺らしてロードバイクかな
中七:銀輪の木の芽揺らして過ぎにけり
下五:銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ

・・・あっ、『一句一遊』に投句出来そうなの思いつきましたflair
良かった、いい気分転換になったshinehappy02shine

そして今日はちゃんと0時前に更新出来ました、
明日も頑張りま~~~すっchickchickchick

蕗味噌や訃報の小さき囲み記事

2月20日(月)の季語は「蕗味噌」です。
・・・えっ、もう「昨日」になっちゃってますか?shock

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

蕗の薹を入れた舐め味噌のこと。
顔を出したばかりの硬い蕗の薹を茹でて水にさらして灰汁を抜き、
刻んで砂糖や味醂を加えた味噌で練り上げる。
子どもの頃、あまりの苦さに毒かと思った記憶がある。
苦味が酒肴に合い、早春の食卓に揃えたくなる一品である。

蕗味噌の適う小器晩年や    文挟夫佐恵
蕗味噌に夜もざんざんと山の雨 鷲谷七奈子
蕗味噌や山は一夜の雪被り   田中裕明

◆例句(「575筆まか勢」より抜粋)

蕗味噌の焦げ弟の忌と思ふ 角野良生
蕗味噌や夫逝きてわれ死に易き 武居 愛
蕗味噌や音に近づく山の雨 森澄雄

Photo

画像は「赤酒.com」より

◆3バージョンチャレンジ

上五:蕗味噌や訃報の小さき囲み記事
中七:訃報ひとつ蕗味噌に顔しかめたり
下五:訃報記事たたみて箸を蕗味噌へ

ゆうべ寝る前に「ハッflair」と思いついて携帯に打ち込んだ句が
「蕗味噌やグレン・フライの訃報聞き」
でした。イーグルスを結成した当初からの中心メンバーの1人で、
昨年亡くなってしまったんですよね
あ”~~~~懐かしい!「Doolin-Dalton」とか大好きですよ・・・!!!
「Take It Easy」「Tequila Sunrise」「Desperado」「Lyin' Eyes」「After the Thrill Is Gone」
などは時々カラオケで歌うこともweep

羽生結弦選手、次期ショートプログラムに「呪われた夜」使ってくれないかなぁweep

◆ギャーッ(@@;;;;

『NHK俳句』佳作で浮かれていたら、『現俳協ネット句会』の投句が抜けちゃったcrying
0時を回って、投句一覧のメールが送られてきたのを見て「shock」でした。
でも、来月まで寝かせておけば少しはマシになるかも・・・。
せめて、せめてそういうふうに考えることにしますbearingsweat02

【佳】節分やカーテン若菜色にして

うわわわわ~~~~shine
千波矢さまからお知らせ頂いて、どの句だろ~~~と思っていたら、
何と何と、ようやくようやく、夏井いつき先生に選んで頂いていました~~~!!!
「春を迎える、ぽっと明るく華やぐような気持ち」
を何とか詠みたいなあと思って、「模様替え、何かを新しくする」方面で考えました。
ちなみに「若菜色」は、松田聖子「赤いスイートピー」の冒頭、
note春色の汽車に乗って~
で私がいつも思い浮かべる色です(どうでもいい情報coldsweats01)。
時々挑戦している「季重なり」も意識しましたが、
「~色」だと季語にならないので、そういう意味ではまだまだ攻めきれていませんねcoldsweats01

夏井いつき先生が選者になるということで始めた『NHK俳句』、
ようやくようやく選んでもらえて本当に嬉しいですshineshineshine
「追儺」の方では、

蝶のごと力士の追儺羽織かな

を送っていたのですが、放送の時の入選作で、

飛べさうな肩衣並ぶ追儺かな   床井和夫さま

を見て、出来上がりの違いに突っ伏しました・・・shock
Photo

そうか「肩衣」って言うのか・・・という、語彙不足・知識不足・追求心不足も痛感shock
でも、発想は得られていたshine
このことを励みに、また張り切って取り組んでいきたいと思います。
夏井先生は来年も継続されますので、
また選んで頂ける日を夢みて、頑張りますup
千波矢さま、お知らせ下さり有難うございました!!!


そして、今回も掲載の皆さまのお名前&お句に感激!!!

◆正木ゆう子週「寒昴」
ふるへあふ音叉ひかりあふ昴   立川六珈さま
◆堀本裕樹週「風花」
風花は呼び鈴の無き雑貨店    土井探花さま
風花と共に彼女はドア閉める   砂山恵子さま

◆夏井いつき週「節分/追儺」
節分やことに美男のお面買ふ   土井探花さま
◆小島健週「スケート/けり」
冬薔薇王女であると名乗りけり  立川六珈さま
マスク外し今年の診察終わりけり 砂山恵子さま


なんとそれぞれの方がダブル入選・・・す、凄すぎるshineeyeshine
他にも、よくお見かけする方がたくさん・・・皆さま、本当におめでとうございます!!
中でも特筆すべきは、

◆夏井いつき週「節分/追儺」
【入選】追儺会の不気味なものに福の面   溝口トポルさま

すっごい!!何回目の入選だ?というくらいコンスタントに入選されていますshine
確かに、笑いの貼り付いたままの面は、怖い表情のものよりもずっと不気味かも・・・。
お見事の一言としか言いようがありません、おめでとうございます!!!shinebearingshine

2017年2月20日 (月)

◆やばっ!!!

歳時記をパラパラめくっていたら、『一句一遊』でヤっちまったことが判明しましたcoldsweats02impact

こないだ締切の兼題は「海猫渡る」、関連季語で「海猫帰る→秋」・・・と書いてあるのに、
私いつのまにか混同していて、投句する時全部「海猫帰る」で送っていたですshock
今読み返したら、「投句しました」の記事の時も「海猫帰る」って書いてた・・・shock
完全に間違えてた・・・shock

ううっ、これは月曜日に読んでもらえる可能性に賭けるしか・・・!crying
そして「雲雀笛」の方でなんとか一矢報いれることを願うしか・・・!crying

2017年2月19日 (日)

青饅や緑一色の好きなひと

う~~~ん、なかなか継続が難しいshock
けど、出来る時だけでもやっていかないとですよねsweat01
さて、「2017季語付スケジュール帳」2月19日(日)の季語は「青饅(あおぬた)」!

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

子季語:葱ぬた

胡葱(あさつき)など緑の野菜を茹でて酢味噌で和えたもの。
赤貝や浅蜊の剥き身など、魚介と混ぜることがあるほか、
酢味噌に木の芽(山椒の芽)を加えることもある。
鮮やかな緑が見た目にも春らしい。

月うるむ青饅これを忘るまじ     石田波郷
青饅や家路の果てに家はあり    友岡子郷

◆例句(『575筆まか勢:青饅』『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

夢さめてただ青ぬたの古草廬 飯田蛇笏
青饅やときには酒をつがれもし 鈴木真砂女
青饅や尼僧に似たる翁僧 森澄雄
青ぬたやかためにたきし昼の飯 片山鶏頭子
青饅や箸枕とて魯山人 上田五千石
青饅や新居に古き皿小鉢 松倉ゆずる
青饅や母の好みは父好み 丸山美智子
青饅や雨ともならず夜の曇り 大野林火

Photo

livedoorNEWS「ネギワールドへようこそ」より


◆3バージョンチャレンジ

上五:青饅や緑一色の好きなひと
中七:緑一色和了りて青饅の小鉢
下五:緑一色和了り地酒と青饅と

緑一色(リューイーソー)とは、麻雀における役のひとつ。役満。二索 三索 四索 六索 八索 發だけを使って和了ったときに成立する。副露してもよい。その名が示す通り、手牌すべてを緑色で統一した和了形である。(Wikipediaより)

「緑一色」好きですheart04
「青」と「緑」、近すぎるかも知れませんが、今夜はコレで勘弁して下さいcoldsweats01
3バージョンの中では、上五バージョンがスッキリしているかなと。
中七、下五だと和了ったことになっていますが、
上五だけ、なんかまだ和了ってない感が漂っている気がするよね(笑)coldsweats01



ところで、子季語「葱ぬた」ということで、「葱」の句もつらつら見ていたら、
このページで、こんな記載に出逢いました。

「俳句ですか。うまくなるわけないよ。うまい人は初めからうまいの。
長くやってるからってうまくはならないの。達者になるだけよ。
(中略)これからの私は下手でいいから自分に正直な句を作ろうと考えています。
ところが、これが難しいんだよね」。

よおっくわかります。呵呵。『友あり駄句あり三十年』(1999)所載。(八木忠栄)

あああ、「うまい人は初めからうまい」分かります・・・!crying
なんか・・・持って生まれたセンスとか・・・七色の感受性よね。
ううっ、でも、私も、私らしい句を目指すんだもんcrying
誰か一人だけでも、「スゴイ分かります!!!」って握手してくれるような、
そんな句になったら嬉しいと思っています・・・。

◆「こころ/萩原朔太郎」

こころ

こころをばなににたとへん
こころはあぢさゐの花
ももいろに咲く日はあれど
うすむらさきの思ひ出ばかりはせんなくて。

こころはまた夕闇の園生(そのう)のふきあげ
音なき音のあゆむひびきに
こころはひとつによりて悲しめども
かなしめどもあるかひなしや
ああこのこころをばなににたとへん。

こころは二人の旅びと
されど道づれのたえて物言ふことなければ
わがこころはいつもかくさびしきなり。




萩原朔太郎「純情小曲集」より


最近になってカラオケで「テルーの唄」をよく歌っています。
歌詞が、この詩からインスパイアされたものだということです。
手嶌葵バージョンと谷山浩子バージョンがあるんですが、
うすももいろの紫陽花や自然の風景の美しい、谷山浩子バージョンで歌っていますnotes

2017年2月18日 (土)

春めける五種のフルーツチョコの箱

先日、千波矢さまがブログにUPされていた記事で見て虜になってしまいcoldsweats01
注文してしまいました「キットカットショコラトリーheart04

Photo
選んだのはコレup

25日(土)にまた友人shadowcatと集まる予定がありまして、
遅まきながら友人shadowにバレンタインのチョコを贈ろうと、友人catと話してまして。
千波矢さまによると。「ちょっと小さい」ということでしたが、
むしろ食べやすくて良いかも知れませんし、
華やかで明るいところがプレゼントにぴったりかなってlovely
注文したら、23日には届くようなのでちょうど良かったです。
っていうか、ギリギリでしたcoldsweats01

千波矢さま、タイムリーな記事を有難うございました!!!
そして退院おめでとうございます、早く戻れて本当に良かったですupupup

◆「駒返る草」金曜日

おおーーーーー!糖尿猫さまの「猫草」が金曜日に!!

横浜から参加糖尿猫です。
◇猫草の小さき鉢植駒返る  横浜・糖尿猫
「猫草」っていうのは
あの猫のサラダみたいな青い草がピンピン生えてるあの鉢なんだろうと思うんですが、
駒返る草とか草駒返るとかじゃなくて、
「猫草」「駒返る」と上五と下五でやろうというんですからね、
もうやられた感がありました、これはね。


ああ、さすがですcoldsweats02shine
そうか「草」と「駒返る」をこんなふうに離すテクニックもあるんだ・・・!
もう一句、「猫が食べたのかも?eyeshine」と思わせる句がありました。

◇駒返る草に何かの食べた跡  ポメロ親父
「駒返る草」ってのはいったん枯れてたヤツがまた宿根草ってらしいですけれどもね、
も一回芽吹いてくるというね。
やっと芽吹いてきた草をジッと見つめてみると、「何かの食べた跡」があるよ。
こんなことをね、発見するというのが俳人の目なんですね。俳人の好奇心というか。
「何かの食べた跡」無責任に「跡」だけしか言わないっていうのも、
これ俳句の作り方のひとつのテクニックというヤツですね。


それから、猫じゃなく鳥にあげる句も。

東京から参加かおりはこんな展開に来ました。
◇駒返る草少しいただき鳥籠へ  東京・かおり
やっと草が萌えてきたよと。それをほんの少しいただいて、
初物として鳥へお裾分けしてやろうなんてね。
「いただき」って言葉の選択「鳥籠へ」という助詞巧いと思います。


うわあああ、さすが金曜日の句は違う・・・!shock
みんなとっても詩的で素敵ですshine
私にもいつか、こんな豊かな広がりが持てるようになる日が来るのか分かりませんが、
憧れをしっかりと胸に刻ませて頂きました・・・。

最後になりましたが、金曜掲載の皆さま、おめでとうございますshine

◆「山焼」十句選です

すな恵さま、トポルさま、【地】選おめでとうございます!!!
【天】句の「がらがらぽん」に衝撃を受けた後に、
またまた素敵な驚き&「やっぱり♪」というときめきが待っていましたhappy02
果てしなく遠く感じる金曜日ですが、
そんな金曜日に登場する方々と、ほんの少しでも交流が持てていることを励みに、
私も頑張りたいと思います。

では、今回の私なりの「山焼」【人】からの十句選です。

焼の日柄良きこと言ひ合へり         たんじぇりん金子さま
よく晴れて風のない日を選んで行われる「山焼」。
当然地元の方からはこのような声・挨拶が交わされるでしょう。
こういう、「当たり前」のことをサラっと詠めるようになりたいと思っています。

山焼きを終えて鼻くそ皆黒く            トポルさま
一読「あ!そうなるよね~!coldsweats02impact」と衝撃を受けた一句です。
上記の句と同じく、現地にいる人々の笑い声や明るい表情などまで浮かんできます。
「鼻くそ」とは、なかなか俳句ではお目にかからない言葉ですが、見事の一言です。

山焼を蟲の天への渡りと言ふ           安達さま
害虫を焼き尽くすためのものでもある「山焼」。
しかし、害虫と呼ばれる虫たちに、悪意のあろうはずがありません。
祈りを感じる一句でした。

山焼や花子はそこで身籠った           理酔さま
「キス」は私も考えたのですが、なるほど「山焼」の炎はキスどころじゃなかったcoldsweats01
「新たな命の芽吹き」+「土着の逞しさ」を言い尽くして、このコミカルな語り口。
作者さまの尋常でない力量をヒシヒシと感じたものです。

火は獅子に煙は龍に山を焼く           けらさま
「山焼」に「龍」を配した句は16句。「獅子」は1句のみでした。
「火は獅子に」「煙は龍に」この並列が何とも迫力たっぷり!!
整った調べも心地良く、勇壮な「山焼」が立ち上がります。

山焼や海の国から貰ふ嫁             どかていさま
私も兼題「蕨狩」で「海」、「嫁」というキーワードを使っていますが、
「海の国から貰ふ嫁」には遠く及びませんでした・・・!crying
「山」と「海」の対比で大きな景が広がりますし、明るくサバサバした空気感が素敵!

天空に星撒き散らす山火かな          ペコちゃんさま
「山焼」の炎から散る火の粉が夜空で星になる・・・なんて美しいshine
炎には魂を吸い寄せるような魅力(魔力?)があると思いますが、
その美しさとともに「撒き散らす」で火勢の烈しさまで描写されました。

山焼の匂いのシャツで抱く赤子          瑞木さま
私も「新生児」のイメージがあったのですが、この句には遠く及びませんでしたcrying
山焼を終えて帰宅したお父さんでしょうか、
シャツの中の、大きく厚く、温かい胸までが想像されます。
赤ちゃんよ健やかにと、祈らずにいられない一句でした。

山焼や絵の具を全部混ぜて黒          富山の露玉さま
絵の具は赤・青・黄を混ぜると黒が出来るんですよねart
その時、混ざり具合の加減で出来る、濃いぃ抹茶色が好きです。
「漆黒」でなく、「全部混ぜて黒」という表現の中に、
さまざまな感情がないまぜになる心模様が言い尽くされている気がします。
酒(ささ)入れてはらわた燃ゆる山火かな    葉音@天地夢遥さま
「はらわた燃ゆる」が、人間だけでなく焼かれる虫や小動物たちのようで、
黒い煙や焦げ臭い匂いまで感じてドキドキした一句です。
「酒」は「笹酒」とのことで「ささ」とルビを入れたそうです。
ただの「酒」よりも、グっと特別な空気が伝わってきて、句を底から支えていると思います。


いつもながら拙い感想で申し訳ありません。
最後になりましたが、木曜・金曜掲載の皆さま、おめでとうござます!!
素晴らしい句の数々に、今回もたくさんの刺激と学びを頂きました、有難うございました!

2017年2月17日 (金)

◆春の「山焼」没句祭り♪

ヤマ○キの白いお皿が当たるアレみたいなタイトルですみませんcoldsweats01
今回は、楽しく作句出来たんですが、
ふと気づけば発想としてはあんまり広がってなかったかも?
全投句内容を並べてみますね・・・発想ごとにまとめてみました・・・ドキドキimpact


山焼や商店街に「早春賦」chick時期的に連想した歌
人】山焼の怒濤狂えるじょんがらよ   津軽ちゃうさま
珈琲の深煎りや山焼の朝chick「山焼」っぽい飲み物
【並】缶コーヒー煽りて山を焼き始む   さるぼぼ@チーム天地夢遥さま
【人】山焼の香の残る手や茶碗酒    軌一さま
【人】酒(ささ)入れてはらわた燃ゆる山火かな葉音@天地夢遥さま
【人】山焼きを窓に火の酒喉を焼く    トポルさま
【人】山を焼く前にばくれん一気飲み   ひつじはねたさま
山焼や中華飯店繁盛すchick山焼の打ち上げイメージ
山焼や富貴鶏割る披露宴chick「山焼」っぽい食べ物シリーズ1
山焼や塩釜を割る披露宴chick「山焼」っぽい食べ物シリーズ2
山焼やケチャップを塗るオムライスchick「山焼」っぽい食べ物シリーズ3
山焼の夜はカレーと決めてゐるchick「山焼」っぽい食べ物シリーズ4
山焼と公民館の豚汁とchick「山焼」っぽい食べ物シリーズ5
【並】山焼のけぶり消ゆれば昼餉かな   燈穂さま
切り株は全き炭にお山焼chick糖尿猫さまブログの写真から
山焼やシンデレラほど働きぬchick「炭」→「灰」→「シンデレラ」。「おばさん」シリーズに?
山焼や火入れは消防団の人chick動画の中の挨拶から。「おっさん」シリーズ1
山焼の火入れ男の顎長しchick「おっさん」シリーズ2
山焼や田中邦衛がゐさうだなchick「おっさん」シリーズ3
【人】山焼きを終えて鼻くそ皆黒く   トポルさま
【人】お山焼き消防団の鼻のすす   三子さま
【人】山焼きや咥えたばこの男衆   粋田化石さま
山焼や林道までの四人連れ
山焼や林道でキスしたあの日
【人】山焼や花子はそこで身籠った  理酔さま
【人】山焼や太郎はそこでしくじった  理酔さま
山焼や社の森に石祠
【人】山焼の神社に消防隊本部    樫の木さま
【人】山焼きて替へる地蔵の涎掛け  葦たかしさま
泣けるだけ泣いて山焼に向かふchick「煙が目にしみる」からの発想
精算す旅館や山焼の朝chick「向かう」からの派生
山焼を終へてプロレス観戦へchick「向かう」からの派生、「燃える」繋がりで
おまえは産院へ俺は山焼へchick「向かう」からの派生+「新生」のイメージ
山焼や産婦人科に金の鈴chick「新生」のイメージから
山焼や初孫のこと孝(ちち)のことchick「新生」のイメージから
【人】山焼の匂いのシャツで抱く赤子 瑞木さま
【人】山焼や輪廻の隅の隅の我    ひむかさま
ここいらのボスは錆び猫お山焼chick「錆び猫」シリーズ1
山焼を見る校庭に錆び猫とchick「錆び猫」シリーズ2
   *錆び猫とは、黒と赤のモザイク模様の被毛を持つ猫の総称(ウィキペディアより)
山焼や硬球を噛む紀州犬chickけんGさんブログの記事より、山焼と狩猟との関係。
【人】山焼や社の猫の産気づく       こじさま
【人】山焼へ火のつくやうに犬の鳴く    咲也さま

◆「撮影」からの連想
【人】山焼の空撮千五百米flair
       *「米」=メートル
山焼の記録写真の銀残し
  *フィルムや印画紙での現像手法の一つ。
   本来の銀を取り除く処理をあえて省く事によって、
   フィルムや印画紙に銀を残すもので、
   「
映像の暗部がとても暗くなり、また、彩度の低い渋い色に」
   「コントラストとインパクトのある陰鬱感の高い映像」
   「時代を感じさせるノスタルジックな色彩」
   などといった説明があります。
   硬質でザラついた、男臭い雰囲気が醸し出されると思っています。
山焼やランドマスターぬつと出る
  * 映画「世界が燃えつきる日」に登場する特殊車両です
山焼を映すカメラのパンニング
  *パン (Pan) は、映像の撮影技法の一つで、固定したカメラの向きを「振る」こと。
   本来、左右に振ることだけを「パン」と呼び、上下に振る事は「ティルト」と呼ぶが、
   左右でも上下でも「パン」と呼ぶことがある。
   パンニングとも言う。語源は「パノラマ」。
山焼へカメラを据える空き地かな
【人】山焼やヘリコプターの音ひと日   桃泉さま
【人】報道のヘリを燻すや山焼くる    柳児さま




えーと、「鷹狩」の時よりかは少し広がったかなcoldsweats01
「絞って投句するならコレ」と思った句(緑色)も、10句になりました。
そして、何と言っても今回は、真っ先に「コレで考える」と思った「撮影」からの、
一番のお気に入りの句で【人】を頂けたことが嬉しかったです!!!
(全体でのイチオシは「紀州犬」だったのですけどねcoldsweats01
ちょっとだけ手応えを掴んだ気分・・・にはまだ早いと思いますけど、でも嬉しいheart04
「撮影」は「報道」と同じカテゴリーに入ると思いますが、
「空間」「時間」「色・匂い」と、それぞれ持ち味の違う句が【人】に入っているんですね。
同じ発想の中からでも、これだけいろいろなアプローチがありますよということですね。

選句作業に於いても、これだけ心を尽くして下さる夏井先生。
少しでも「面白ッshine」と思ってもらえるような句を送れるようになりたいです。
今回の【天】句のような・・・「がらがらどん」あ違った「がらがらぽん」なんて、
一生かかっても出て来そうにないけど~~~sweat01sweat01sweat01

2017年2月16日 (木)

土筆摘むコロポックルを追うやうに

今週の『プレバト!』お題は「つくしと富士山」fuji
ゲストには、俳句でおじいちゃんおばあちゃん人気がグーンと上がったフジモンの相方、
FUJIWARA原西も来て、燃えていますup
さてさて、どうなりますことやら・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】2位:ABC-Z河合(50点)

春晴れを見る富士を見る筆の花

河合「季重なりなんですけど・・・」
藤本「季重なりって分かってたら、ひとつにしたら?」
夏井「褒めたいのは、リフレインを使って、調べを作ろうとする意識が見えること。
    それと土筆の傍題を知っているのは褒めましょう。
    ですが、敢えてわざわざ気取った言い方をする必要があるのか?
    つくしんぼって、普通に書きましょうよdespair

pencilつくしんぼ青空を見る富士を見る(添削)

ココがポイントflair言い換えで誤魔化さない!
           言葉を飾ってキレイに言い換えても、人の心に響きません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】3位:峯村リエ(35点)

青と白緑に茶色春の色

峯村「春と言えばピンクとか淡い色思い浮かべますけど、写真見たら・・・」
夏井「才能無しとはいえ、ギリギリ日本語として意味が分かる。
    でも、発想がいかにも幼稚で、将来性のない才能無しの句ですsad

pencil青白茶緑それぞれ春の色(添削)

ココがポイントflair「それぞれ」と入れるだけで、ひとつひとつ愛でる気持ちが見えて来る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】4位:田中道子(32点)

土筆野や富士雪雲に重ね風

田中「富士山に積もる雲のような雪を、暖かい風を送って溶かしてあげたいなあって」
夏井「説明を聞かないと分かりませんsweat02中七の読み方にも困るし、『重ね風』って・・・」
藤本「最新のエアコンから出る風みたいですねcoldsweats01

pencil土筆野や雲めく富士の雪へ風(添削)

田中「カッコイイ!shineスゴーイ!shine

ココがポイントflair詰め込み過ぎない!大事な主語や助詞を省いて意味不明な句に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】5位:FUJIWARA原西(30点)

つくしんぼ誇り望みしさくやひめ

原西「つくしがアピールしているイメージがあった。誰にアピールかというと富士に。
    富士山といえば木花咲耶姫ということで」
夏井「つくしがさくやひめに憧れてるのね?
    『誇り望みしさくやひめ』だと、意味が逆転してる」

pencilさくやひめ恋うてつくしは背を伸ばす(添削)

藤本「イイーshine
原西「そう直されると、そういう視点もあるのかなって」
夏井「アナタのことは覚えておこうと思いますgawkimpact

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【才】1位:田山涼成(70点)

土手青む朝の散歩の足運び

藤本「イイーshine今回唯一イイですshine情景がちゃんと描けてますし」
夏井「場所・色・時間・人物・行動、情報が揃っていますね。
    行動も、動詞ではなくて『足運び』という名詞で読んだ方がいい。
    前回からみるとずいぶんお上手になって吃驚致しました。」
浜田「直しは?」
夏井「こういう句は直したらおかしくなる、このまま味わいましょうshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】2段:FUJIWARA藤本

ハーモニカソの音出れば出る土筆

藤本「ファンタジー俳句ですshine『ソは青い空』だから、土筆にぴったりかなって」

査定ポイント:「出れば出る」活きているか?
結果:現状維持sign04thinksign04
夏井「説明クサイsweat02
    発想はものすごくイイshineさすが名人shine
    通じるのは通じるけど、通じるだけなら特待生以下の話。
    あともうひとつ、タテ書きにした時片仮名続きで読みにくくなる。
    ハーモニカは、ハモニカに出来るから『の』を入れて、
    『音』(漢字)の後だから『つくし』は平仮名にしましょう」

pencilハモニカのソの音つくし出るよ出るよ(添削)

藤本「もっと可愛くなったーcoldsweats02heart04So cute !!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジモン、今回の句も可愛かったですlovely
『俳句ポスト』兼題「月見草」の時の【天】句が、

つきみそうリコーダーならラの音だ     ひろしげ8才さま

でした。
「ラ」の音にあるかすかな翳りを月見草に重ねた感受性が絶賛されています。
フジモンの場合も、「土筆」に対しての、「ソ」の音もお見事!
「これから本格的に高くなる手前」といった絶妙の音階が嵌っていると思います。
これを思いついたフジモンのセンスに脱帽です。
一句の構成として、「土筆」にない「聴覚情報」を配したことも学びの成果ですし、
こんなふうに成長を感じさせてもらえたら、教える方は嬉しいですよねshine

フジモンが可愛い句を作ったので、私も「可愛さ」を追及してみましたcoldsweats01
「一寸法師」でも良かったかな?→ご助言を受け、「コロポックル」に変更しましたchick

【人】山焼の空撮千五百米

ウオオオ、今回も何とか【人】頂けました・・・!有難や有難やshinebearingshine
「鷹狩」の時はボロボロだったのですが、「山焼」はけっこう楽しく句作出来たので、
「さ~選ばれるのはどの句だ、ムフフcatface」といった心境半分、
これで【没】になったらきっと立ち直れないといった心境半分でした。
なかでもこの句のことは、「空撮で考えている」と糖尿猫さまのブログにも書いたくらいで、
実際『俳句ポスト』への投句でも、いの一番に送っていたもの。
ですので、その句で【人】頂けたことは本当に嬉しいです。

そして、
「チーム天地夢遥」の皆さま、
『象さん句会』『湯豆腐句会』『現俳協ネット句会』でご一緒の方、
「ハイポ掲示板」でお見かけする方々、
当掲示板に書き込み下さった方々、
今回も皆さまのお名前&お句を多々拝見させて頂き、至福のひと時でしたshine
ひっくるめてで申し訳ありませんが、皆さま掲載おめでとうございます!!!

明日も、もしかしてどなたかのお名前が見れるかも!
楽しみに待っておりますshine

◆1stシーズン最終週の結果です

『象さん句会』最終週は、5句中2句に点を頂けて合計11点。

蘖や川沿いに村うつくしく(5点)並選2、予選1
貫入の音きらきらと春に入る(6点)特選1、並選1、予選1

「蘖(ひこばえ)」の句は故郷を思って詠みました。
ので、頂いた選評はどれも、私にとっては目頭を熱くするほど嬉しいものでした。
皆さま、汲み取って下さり、本当に本当に有難うございますshine
「貫入」は、「知りませんでした」と仰る方が多かったので、動画を貼っておきますね。
貫入音(HD)」「貫入音2(HD)」」
まるで風鈴のようで音楽のようで、本当に美しいshine
私が初めて知ったのは、『NHK俳句』兼題「」の時なんですけど、
その時から何とか「貫入」で詠みたいと思っていました。
点を頂け、特選つけて下さった方もいて、本当に嬉しいです。有難うございました!!

そして選句の方では、今回特選のめろさまの15点句、すな恵さまとお揃いでハッピーheart04
あ~~~んど、寿々さま特選の舞さま8点句、私も並選入れていてハッピーheart04
なんかね、「一緒ですね!!!」っていうの、本当に嬉しいんですよねえ・・・。
私、もしかしてだいぶ寂しがりなのかなcoldsweats01

は~、それにしても、あっという間に終わってしまいました・・・shinebearingshine
今回も素晴らしい句にたくさん出逢え、たくさん勉強させて頂きました、有難うございます!

次は3月ですね。
また参加させて頂きたいと思っています(最終参加にする予定です)、
どうぞよろしくお願い致します!!!

春の波春の埠頭に寄せてをり

◆季語解説(「日本の歳時記(小学館)より)

「春の波」
穏やかに浜に打ち寄せる波も、間遠に音をたててひそかにたたむ湖の波も、
桃や桜の花びらを浮かべて流れる川面の波も、みな春の波である。
時には荒れた海からざわめき寄せる春濤もあるが、それさえ冬の厳しさ、荒々しさはない。
春の波頭には光が籠もり、波音はのんびりと繰り返し、岸辺は明るく暖かい。

その上へまた一枚の春の波     深見けん二
わが死後を書けば必ず春怒濤    寺山修司
春の浪舸子舵取はみな立てり    山口誓子

「舵取(かんどり)」の「かん」は、本当は「木」へんに「揖」の右側なのですが、PCになく、
意味が同じとのことで「舵」を当てています)


「春の波」と言えば!
連想するのはオーティス・レディングの「Dock of the Baynotes
歌詞の中に季節は出て来ませんが、たゆたうようなリズムが春っぽい気がしますし、
何より内容が実に「春の海終日のたりのたり哉(与謝蕪村)」っぽいlovely
あーーーーー名曲だなあ・・・このままずっと聴いていたい・・・・・・・・shine
そんな訳で、今回はバージョンチャレンジなしの「そのまんま」です。


・・・ハッ!聴き惚れている間に日付変わってたーーーcoldsweats02impact(こんなんばっかりsweat01

2017年2月15日 (水)

◆2月26日締切の兼題:「走」「春の匂」

◆「春の匂」・・・春の様子、春の景色

嗅覚の「匂い」じゃなかったcoldsweats02impact
「アヤシイ匂いがするぞ~~~」といった場合の、いわゆる「気配」と思っていいんでしょうか。
春を感じる色合いや、雰囲気、明るく元気いっぱいな感じ・・・。
春の新作の並ぶショーウインドウや売り場にも漂っているかも。


◆「走」・・・漢字シリーズ。「走」の字を入れての当季雑詠ですね。

「走」含む二字熟語や名詞
「走」含む3字熟語や名詞
「走」含む四字熟語や名詞

走水神社
走り水(「平成六年の大干ばつ」より)

flair「新走り」は秋の季語なので注意


馬好きとしては、馬の句何とか詠みたいところですhorse

2017年2月14日 (火)

愛の日のホットケーキにチョコソース

子どもに、あくまで↓のようなイメージで作ったことがあるんですけど・・・
Photo

画像はコチラより。フライング・スコッツマンのチョコ&チップのホットケーキlovely

自分でも撃沈したのは分かりまして・・・
「おかあ。もうこういうの作らんでエエからな。俺、チョコそんな好きちゃうしshineconfidentshine
と子供が優しく微笑んで食べてくれたことを思い出しますcrying


◆季語解説(「日本の歳時記(小学館)」より

「バレンタインの日」子季語バレンタインデー

2月14日。キリスト教徒の聖人バレンタインの記念日。
聖バレンタインは270年ごろに殉教したローマの司教。
この殉教の日の2月14日を「愛の日」と定めたもので、
恋人たちがカードや贈り物を交わす日となった。
日本では、女性が意中の男性に愛を打ち明ける日として、
チョコレートを贈ることが盛んに行われている。

毒舌は健在バレンタインデー                     古賀まり子
バレンタインデー積もらぬ雪の降りにけり  角川春樹
大いなる義理とて愛のチョコレート       堀口星眠

◆その他の例句(バレンタインの日『575筆まか勢』バレンタインデー『575筆まか勢』より抜粋)

ハムの紐ほどきてバレンタインの日      高見岳子
バレンタインの日は老人でありにけり      多田薙石
何事もおこらずバレンタインの日            原田清正
バレンタインデー外套着せて貰ひけり     松山足羽
バレンタインデー青畝日記は記録なし     阿波野青畝
人参をうさぎにバレンタインデー        星野麥丘人
秘めごととならざるバレンタインチョコ      稲畑汀子

◆3バージョンチャレンジ

上五:愛の日のホットケーキにチョコソース
中七:チョコソース愛の日のホットケーキかな
下五:チョコかけるホットケーキよ愛の日よ

う~ん、素直なのが一番マシっぽいですかねcoldsweats01


追記
季語「愛日(冬の季語)」と混同していたので、修正していますshock

山焼や項に虹なう焼き屋真弥

やまやきやうなじににじなうやきやまや

今日の季語も「山焼」だったので、月曜でもあることですし、回文に挑戦してみました。
えーーーと・・・中八ですねshock
プリズムが当たっているのか、大きめのイヤリング(虹色)が項に揺れているのか、
いずれにしろ、焼き屋の真弥さんはきっと噂の美人に違いないhappy02

・・・う~~~~しかし回文ってホント難しい!!
亜阿介さま、糖尿猫さま、小市さま、マジリスペクトshine
投句をしっかり読んで、勉強させて頂きます・・・。


・・・あ”!日付変わってるじゃないcoldsweats02impact

2017年2月13日 (月)

毛玉吐く猫数多駒返る草

葉音さま、どかていさまより掲示板でお知らせ頂きまして、
月曜に読んで頂いたことが分かり超~~~ハッピーーーーuphappy02shine
葉音さま&どかていさま、有難うございました~~~!!!

そして俳号が無いんですが
「ホットドリンクスの回の火曜日ありがとうございます。
組長のコメントから、白きよりもきれいなの方が、
却って白さを超えた透明感とかすらりとした伸びやかさとか仕草そのものとか、
なにか喚起するものが多いのかなと、解釈しました。」
と、こんなふうにねえラジオ聞いただけのことを、
ちゃんとあのぉ復習してくださるのはありがたいことですね、
俳号書いてないこの人のこんな一句
◇毛玉吐く猫数多駒返る草  ?
 いいじゃないですかねぇ

あああ、嬉しい・・・crying
糖尿猫さまのところで、猫と一緒の写真を見て「猫草」を連想したものですから、
それをそのまま書いたのですが、
「毛玉吐く猫」と「駒返る草」の間に三音しか入らなくて・・・
なんかもう、あっちでもこっちでも吐いてるようなえげつない光景になってしまって、
本当にすまないと思ってゐるですcrying
【没】になっても致し方なしだったかと思うんですが、
「お便り」で読んで頂けて救われました。
組長の「いいじゃないですかねぇ」、有難く有難く・・・!shine

おかげで、先ほどまで仮眠を取っていたのですが、とても心地良く眠ることが出来ました。
訳の分からないエネルギーがフツフツと湧いてくる感じがしているので、
この勢いで次の兼題、「走」「春の匂」に取り組もうと思います!!
もちろん、『俳句ポスト』兼題「渡り漁夫」にも・・・・・・・・・・・・ウオオオオオupupup

◆2月22日締切の兼題:「渡り漁夫」

よ~~~し、今度はいつもよりチョット早く取り掛かるぞ!!!dash

◆季語解説(『俳句ポスト』より)

仕事を求めて渡り歩く漁夫のことで、
主に春の鰊(にしん)漁に従って出稼ぎに北海道に渡った東北地方の農民をいう。
かつては、群れをなして押し寄せていた鰊の漁のために漁夫が集められ活況を呈した。

◆例句(『575筆まか勢』、『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

ポケットに御札縫ひこむ渡り漁夫          田中良次
渡り漁夫おでん屋台を占めにけり         田中敦子
喉仏のよく動く日や渡り漁夫                古川塔子
妻を語る網編みためて渡り漁夫           加藤知世子
渡り漁夫荷に一冊の文庫本                近藤一鴻
ハーモニカ白布に包み渡り漁夫     山本源

◆参考記事

・「ニシン」(Wikipediaより)世界一クサイあの罐詰もニシンshock
・「ニシン漁の歴史
・「ニシン漁」画像
・「ニシン漁」You Tubeより
・「鰊場の記憶と暮らす」「鰊の軌跡」You Tubeより
・「ニシン漁文化」(「北海道デジタル図鑑」より)
・「旅の一句」『俳句のくに・三重』で募集されたもの。入選作に「渡り漁夫」の句も。
・「ニシン漁の歌」notes漁場男の仕事唄notes石狩挽歌notesソーラン節

今回も難しいですけど・・・ガンバリマスbearingsweat01

2017年2月12日 (日)

刺繍糸金銀白あを春の鳥

久しぶりに「一日一句」です。
過去記事を見ると、1月15日から始めて、18日で更新が止まっていました。
4日しか続かなかったのかよcoldsweats02impact

◆季語解説(「日本の歳時記/小学館」より)

春に見かける鳥たちのことをいう。
雪や氷が解け、枯れ一色だった野山のところどころに芽吹きの緑が目立ち始め、
それらはやがて花を咲かせる。
そして、その蜜を求めて昆虫などが集まると、
さらにはそれを餌に鶯、雲雀、燕など数多くの鳥がやってくる。
この季節が繁殖期にあたるため、求愛行動などの囀りも盛んになる。

わが墓を止まり木とせよ春の鳥    中村苑子
重たくて影捨てて飛ぶ春の鳥     八田木枯

子季語:春禽(しゅんきん)

◆その他の例句(「575筆まか勢」より抜粋)

ふかぶかと遺影にねむる春の鳥            飯田龍太
ドルメンの火焚きしあとに春の鳥           下村槐太
一羽飛び一羽後追ふ春の鵙                右城暮石
千囀の緒につく寺の春の禽                 上田五千石
大山に一泊二日春の鳶                       星野麥丘人
天草やあまりに高き春の鳶                  松崎鉄之介
手をたれて春鳥をきく山の上                森澄雄
春にちひさな穴あけて鳥消えにけり       平井照敏
春の鳶寄りわかれては高みつつ           飯田龍太
春よぶ鳥方三尺を縄張りに                  角川源義

◆参考記事

・「春の鳥」国木田独歩(青空文庫)「六」は「からす」になったのかしらweep
・「春の野鳥
・「素敵な春の鳥」壁紙ダウンロードサイト
Photo(「素敵な春の鳥」より、多分オオルリ?)
「ことりのさえずり
・「ミシン内蔵ステッチ」エクシードキルトスペシャル・・・!617種類・・・だと?coldsweats02impact

◆3バージョン挑戦

季語上五:春の鳥刺繍の金糸銀糸かな
季語中七:金銀の刺繍や春の鳥来たる
季語下五:刺繍糸金銀白あを春の鳥

う~ん、目がチラチラするdespairsweat01
「刺繍」「キルト」などは、いつか活かしたいと思っているのですけれど・・・。

◆「雲雀笛」「海猫帰る」投句しました

「季語解説」とか「例句」を並べた記事を書いていたら、
また投稿エラーでハネられてしまって書き直す元気がありませんcrying

とりあえず・・・「雲雀笛」投句メールに併記したコメントを載せておきます。

子どもが幼稚園の頃、レンタルビデオで「アルプスの少女ハイジ」を一緒に見ていたら、
ペーターが思いのほか手先が器用で、
アルムのおんじに認められていた場面がありました。
食いしん坊のイメージしかなかったので、意外な頼り甲斐に感心!!
ペーターなら雲雀笛も上手に作ってあげてハイジに喜ばれたのでは・・・と思いました(^^)


「海猫帰る」の方はどれもコメントなし。
カラオケで挑戦した「哀しみ本線日本海」は、サビ部分しか知らなくて撃沈(79点)crying
仕方がないので、「越冬つばめ」でお口直ししました・・・ヒュールリ~~~~~・・・。

もふもふに埋もれていたし春浅し

アバター画像頭乗せアザラシアバター画像着ぐるみアザラシ



今、ココログのサービス「神経衰弱」でアバターの着せ替えを楽しんでいます。
アザラシのシリーズで「頭乗せアザラシ」「着ぐるみアザラシ」をGETしたものの、
「手持ちアザラシ」は手に入らないまま期限切れcrying
背景含め、今現在のコーディネートが気に入ってるのですが・・・
後は、靴ですね。草履じゃ寒そうですeyesweat01
3月2日までのアイテムに、「雪国ブーツ(うさぎ)」と「雪国ソリ(アザラシ乗せ)」があるので、
何とか!頑張って!手に入れたいと思います!!!

2017年2月11日 (土)

◆NHK俳句全国大会

去る1月22日(日)の「NHK俳句全国大会」の様子が、放送されましたnotes
受賞作品のどれもが素晴らしく、受賞者の言葉も笑いあり涙あり、感動でしたshine

中でも特に印象深かった、夏井いつき選の中の一句を紹介します。

稲の波来るきらきらと家滅ぶ    秋田県片倉俊秀さま

構成は、私の『俳句ポスト』兼題「熊」の人選句「神奈備の山深々と眠る熊」と同じです。
どちらも「上七」で切れていますが、「中五」を両方に繋げて感じることが出来ます。
私の場合は、「熊が山で冬眠する」という平々凡々な着想に対して、
言葉選びや多少のテクニックを認めてもらっての【人】だったと思います。
こちらの受賞句は、「下五」の意外性が絶賛されました。
「稲の波来るきらきらと」までは凡庸な・・・と思われたそうですが、一気にひっくり返されたと。
「きらきらと家滅ぶ」、その時の流れが、一瞬の瞬きのなかに散っていくかのようです。
「稲の波来る」の豊かさ、それなのに「家滅ぶ」とは・・・
後を継ぐ子が出なかったのか、それとも何か抗い難い時代の波も押し寄せてきたのか。
2013年、日本がTPPに正式参加したことで、さまざまに討論されたことを思い出します。
     関税の撤廃により米国などから安い農作物が流入し、日本の農業に大きなダメージを与える
     (
コチラより記事引用)
この「きらきら」は、今目の前のものでもあり、過去に思いを馳せる「きらきら」でもある。
作者さまが米どころ秋田県の方ですので、実感から生まれ出た一句なのだと思います。
「そういう日が来るかも知れない」
と、フっと心をよぎった影かも知れません。
私の実家も農家で、しかも後継ぎのはずの兄が結婚していないので、
この一句は深く・・・非常に深く私の心に突き刺さりました。

今回の放送を観れて良かったです。
「観なくっちゃ♪」と思うきっかけを下さった葉音さまや「ハイポ掲示板」の方々、
有難うございました!!!

最後になりましたが、受賞者の皆さま、本当におめでとうございます!!!
皆さま方の人生のアルバムを見せて頂いているかのようで、至福のひと時でありましたshine

【名】野遊びの妻に見つけし肘ゑくぼ/森澄雄

妻を題材にした句だけを集めて一冊の本にできる俳人は、
森澄雄以外に誰かいるだろうか
          (by清水哲男『増殖する俳句歳時記』より)

愛妻俳句で有名な森澄雄から、春の一句を紹介します。

「野遊び」と「ゑくぼ」、少女や幼児で描かれそうな取り合わせですが、
森澄雄の目は「妻」に、しかも「肘えくぼ」に注がれています。
微笑ましさに、そして一抹の羨ましさに、もう、メロメロになってしまう一句です。
笑窪の生まれる、ふくよかで瑞々しい腕・・・。
その腕は、夫を支え、生活を守り、日々を誠実に慈しんでいるのではないかと、
だからこそ夫は妻の肘えくぼに、こんなにも優しい眼差しを向けているのではないかと、
ジワ・・・っと膨らむ余韻にうっとりlovely

森澄雄は、「死の行軍」と呼ばれたボルネオからの生還兵。
マラリアや飢餓によって、約200人の中隊がわずか8名になっていたそうです。
「生きて帰国できたら、妻や子供を愛し、平凡に生きてゆきたい」
その思いが森澄雄の俳句の原点になったといいます。
もちろん、そういった背景を知らずとも、句の魅力は揺るがないのですが、
「そうだったのか」と知った時、胸に迫ってくる思いが、
句を一際印象深くすることも間違いありません。

向日葵や起きて妻すぐ母の声
子が食べて母が見てゐるかき氷
妻がゐて夜長を言へりさう思ふ
除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり

いずれの句も、「そんな妻と一緒にいられて幸せだ」といった、
作者の満ち足りた微笑みが見えるようです。
お見舞いに行く度に『NHK俳句』テキストなどを持っていって、
お義母さんに俳句を読んで一緒に楽しんでいますが、
一番反応がいいのが森澄雄の句です。
やはり、自分の身に置き換えられて、スっと入ってくるのだと思いますし、
何より幸福感が伝わるのでしょう。
とても良い表情で頷いてくれるのです。

最後に、森澄雄の言葉を紹介します。

「ぼくはいっぺんも、自分が俳人だと思ったことはありません。
俳人が俳句を作るのではなくて、素の人間が俳句を作っている、それが大事なんです。
俳句を拵える時に皆さんは、自分の人生はそっちに置いて、
いい句を作りたいなあという思いで、材料や季語を探す場合が多くないでしょうか。
ここにお集まりの皆さんには、六十年なり、七十年なりを生きていらした方が多い。
それだけの人生を生きてきたということは、その人にとってもう宝なんです。
人生の味わいをたっぷりと持っているはずであって、
いちばん豊かな俳句をつくることができるという感じがいたします。
ですから、自分がもっているその宝で俳句を作らないで、ただの俳人になって、
頭ばかり働かせて材料や季語を探しているのはとても惜しいことだと思いますね。
自分の人生で俳句を詠む、素の人間が俳句を詠む、これが最も大切なんです。」

(ブログ「再生への旅」より引用)

2017年2月10日 (金)

スケートに早や慣れてをり子どもらは

UPし損ねていた「スケートリンク」回の記事です。
タイトル句は、以前『NHK俳句』兼題「スケート」の時に投句していたもの。
子どもと一緒にスケートに行った時にね・・・
私がブルブルしている間に、「まだそこおったん?」と・・・
子どもはアッサリ一周してきて、いつのまに覚えたのか、止まるのも上手になってたわっcoldsweats02

閑話休題gawksweat01
では、メモを元に書き起こしていきますねsweat01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】3位:朝加真由美(35点)

冴ゆる風負けぬ子供ら頬溶かし

梅沢「『頬溶かし』が・・・ゾンビみたいshock
夏井「特待生エライshine

pencil冴ゆる風溶かさんばかり子らの顔(添削)

夏井「『負けぬ』要らない、『子供ら』は『子ら』で2音になる」

flairここがポイント!「語順に気をつける」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】2位:キスマイ二階堂(40点)

初リンク氷に映る照れた顔

夏井「意味は分かる。ただ、ツマランthink
    本当には映らないものを映るというと詩が発生します。
    『照れた顔』が、どんな顔かと詳しく描いた方が得点UPになる」

pencil初めてのリンク氷に映る恋(添削)

flairここがポイント!「氷+映る」=凡人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】4位:池田鉄洋(30点)

氷面鏡映る真顔を相手にし

夏井「氷面鏡(ひもかがみ)という言葉を知っているのは褒めないとshine

pencil氷面鏡に映る真顔の孤独かな

夏井「これも、本当には映らないものを映るという・・・」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】最下位:勝村政信(10点)

芸人がすべり楽しむ氷上で

村上「やめて下さい、こういうコト・・・sweat02
夏井「怒りを通り越して殺意を覚えましたangryこの句を直すの?私が?annoy

(添削不可能)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【才】1位:舟山久美子(70点)

凍雲のモノクロ赤煉瓦のレトロ

梅沢「映像が飛び出て来る、たまらなくイイshine
    (こんな若い子が)凍雲なんて知ってるか?lovely
夏井「あの写真から、スケートに行かないで建物を描こうとする、
    この決意・発想を褒めないといけないshine
    モノクロと赤の対比、モノクロとレトロの脚韻もいいshine直しなし!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特】3級:村上健志(フルーツポンチ)

寒紅やトンネルを行く夜行バス

村上「遠距離恋愛でここに来た人もいるだろうと思い・・・。
    夜行バスの中で、化粧しなくてもいいのに口紅をつけている、
    早く恋人に会いたい気持ち・・・恋の詩です」
梅沢「考えすぎじゃないの?catface策士策に溺れたって句smile
夏井「迷ってたけど、ご本人の解説聞いて分かりましたthink

結果:ワンランク降格downshockdown4級へ

夏井「言葉の選び方が下手!遠距離恋愛?逃避行かと思ったsweat02
    若い女の子のキラキラした感じに『寒紅』はそぐわない。
    いずれにしてもトンネルは要らない」
村上「・・・(唇プルプル)・・・gawksweat02

pencil口紅を赤く寒夜の長距離バス(添削)

夏井「『寒夜』を『聖夜』にしても恋愛の感じは出る。4級から出直して下さいthink
梅沢「壁は有難いものだよshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】5段:梅沢富美男

銀盤の弧の凍りゆく明けの星

査定ポイント:語順が活きているか?
結果:ワンランク昇格uphappy02up6段へ

夏井「語順が素晴らしい!!まあーーーー巧いです。やはり巧いです。
    銀盤の弧、滑った跡に違いない。
    そのキズがゆっくりと凍っていく、
    気温が明け方ぐーッと低くなる、時間の経過を感じさせますねshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この回は、「詩」について大事なことが2回述べられていますね。
聴こえないものを聴こえる、
見えないものを見える、
音に色を感じる、
形に味を感じる、
などなど・・・そこにある何かを、「心で受け止めている」ということでしょう。
案外、自分では「自分が思ってることなんて平凡」と思って敢えて言わないようなことが、
実は他人からは「へえ!そんなこと思ってたの?」となることがあります。
自分で平凡と決めつけないで、「普段からこう思ってる」とか、
「ある日こう思った」といったことは大事にしたいと思います。
忘れないようにメモするのが難しいですケド・・・coldsweats01

◆「囀り」「ぶらんこ」投句しました

『俳句ポスト』兼題「蕨狩」の時に、キーワード「民族」が頭の中に残っていたせいか、
「囀り」「ぶらんこ」ともに「民話・妖怪」と結び付けた句になりました。
BGMは「テルーの唄」。
明日、天気が良かったら練習しに行きますっhappy02

◆1stシーズン第3週の結果です

来ました来ました~!
今回は、5句中5句、全部に点を頂くことが出来て合計12点。
全句得点は目標のひとつでしたので、メッチャ嬉しい!!!ですshine

部屋はすぐ散らかる蛇は穴を出る (7点)
文箱には千代紙数多春の星 (2点)
春寒し見出しの前の感嘆符 (1点)
評判の青空酒場木の芽吹く(1点)
春大根さあ食べなさい食べなさい(1点)

すな恵さま寿々さまにも選んで頂けてハッピーshinehappy02shine
そして私の今回の特選はすな恵さまでしたlovely

さあ、次はいよいよ最終週!!
完走目指してもうひと頑張りですup

2017年2月 9日 (木)

絵馬鳴るや風吹くたび梅咲うたび

・・・あっ、字余りcoldsweats01

(気を取り直して)今週のお題は「梅と太宰府天満宮」!
面白いメンバーが集結して、虎視眈々・戦々恐々happy02
「どうしても女性初の特待生になりたい!」
と言う女優の中田喜子さん、真鍋かをりさん、
その特待生席には、前回念願の名人に昇格した東国原英夫さん、
そして前回初のダメ出しを食らって降格になったお笑い芸人の村上さん(フルーツポンチ)。
それぞれ、非常に楽しみでありますshine
では、いつも通り紹介順に書いていきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】4位:的場浩司(30点)

大宰府や梅の枝ゆらすホーホケキョ

的場「先生の歳時記を立ち読みしてきましたからshine
浜田「立ち読みかいっ!annoy
夏井「売店の絵葉書みたいな・・・己の創意工夫が微塵も感じられないgawksweat02

pencil大宰府や飛べぬ飛梅ホーホケキョ(添削)

夏井「どうせやるんならここまでやって欲しい。
    大宰府には菅原道真の『飛梅伝説』がありますから、
    飛べる鶯と、飛べない梅の対比が出来る」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】3位:上白石萌音(50点)

咲き誇れ梅も祈願も晴れ晴れと

上白石「受験生の願いとともに、梅も咲き誇れと・・・」
村上「・・・あれだったら・・・教えますよshine
東国原「『晴れ晴れ』と『誇れ』が重複しているような・・・」
夏井「言いたいことは伝わる。凡人の条件ですね」

pencil晴れ晴れと咲けよ祈願も紅梅も(添削)

夏井「(特待生の言う通り)重複しているのでちょっと整理して、
    梅を『紅梅』とすることで、背景の青い空まで感じさせる(色彩感を出す)」

上白石「私の、人間としての何かも直されたような・・・」
浜田「デカいこというねeyeshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】最下位:ABC-Z橋本(25点)

初参絵馬に願いを託すかな

真鍋「託すかな~って、切れ字じゃないみたいcoldsweats01
村上「○○○かなぁ~?coldsweats01
東国原「○○○かなぁ~?coldsweats01
夏井「1回上がったんで、何か掴んでくれたかなと思ったけど、
    偶然の結果だったみたいですねsweat02内容がカスカスshock

pencil初参絵馬には書けぬ願いかな(添削)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】2位:真鍋かをり(60点)

願掛けの若人仰ぐ梅は咲く

真鍋「受験生が来ていると思うので、合格を約束しているかのように梅が咲いていると」
夏井「惜しいですねthink
    『受験生』を『若人』としたり、『仰ぐ』『咲く』(脚韻)など工夫しているのは分かる。」

pencil願掛けの若人に梅咲う日よ(添削)

夏井「脚韻は消えるけれども、『その日がやって来る』という期待感が出て来る」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【才】1位:中田喜子(72点)

柏手のひびく境内梅ひかる

中田「早朝の境内で、柏手の響きが神さまに届いていくかのように・・・」
東国原「これ・・・好きだなあshine『ひびく』~『ひかる』がいい」
夏井「手堅いですね・・・中田さんホント手堅い!」
    
pencil柏手のひびける朝や梅ひかる(添削)

夏井「『柏手』は『境内』で打つものだから、『境内』が省ける。
    そこに時間情報を入れる。凛とした冷たい空気の中で咲く梅が見えて来る」
浜田「特待生昇級は?」
夏井「ここまで1位を続けて来られたんですから、頑張っています。
    特待生にしましょう!shine
中田「本当に有難うございます~~~~!!!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【特】4級:村上健志(フルーツポンチ)

春の月消しゴムのカスあたたかし

村上「学問の神様なので、受験生が勉強カリカリしているんですけども、
    見守られているというあたたかい感じを出したかった。季重なりですけど」
東国原「細かくて女性的。僕はこういう句は出来ない。うまいなあ・・・」

査定ポイント:季重なりがどうか
結果:1ランク昇格!3級へuphappy02up

夏井「佳い句shine『あたたかし』が消しゴムの摩擦熱といった描写になっていて、
    季語として使われていないので問題ないですね。
    人物を思わせるテクニックがうまいですshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】初段:東国原英夫

梅東風や千年分の絵馬の鳴り

東国原「道真公の昔から・・・という悠久の時の流れを詠んだ名句ですshine

査定ポイント:『千年分の絵馬』が活きているか
結果:現状維持sign04despairsign04

pencil梅東風に鳴らん千年分の絵馬

夏井「『千年分の絵馬』ってどういうことだろう・・・って読者が考える余韻が欲しい。
    『鳴り』と答えを出すのではなく、名詞止めにすることで読者が深い余韻を感じる」
東国原「『鳴らん』は、僕の頭の辞書に入ってなかった・・・『鳴らん』入りましたshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回、フルポン村上が降格した時の記事が書けてないんですよねsweat01
前後しちゃいますが、後ほどUPしたいと思います。
    
それにしても、東国原英夫さんの発想のスケールの大きさには毎回感動です!
そして私が何よりも好感を持っているのは、東国原英夫さんは必ず自分の句を
「○○を込めた、名句ですshine
と送り出して下さること。
東国原英夫さんの「名句です」には、
「そこまでとことん考えました!」「今の自分の精一杯です!」という自負が感じられ、
自分の句への愛情が感じられ、そうやって送り出される句は幸せだと思います。
思わず「ガンバレ~!」って気持ちになって、両手をギュっと握ってしまいますcoldsweats01

私も、投句する時は、どんなにボロボロに思える時でも、
それが今の自分の精一杯なのだし、「頑張って来てね」という思いを込めて送りだします。
【没】になったら「うまく育ててあげられなくてゴメンねcrying」と思います。
そういう意味では、ダメな子ほど可愛かったりするんですよねcoldsweats01
成長待ちの句もたまる一方な訳ですが、
少しでも磨きをかけてあげられる私になっていきたいなあと、
そのためにも『俳句ポスト』『プレバト!』で勉強していきたいと、改めて感じています。

2017年2月 8日 (水)

◆「蕨狩」締切迫る!

うおっ、0時を回って8日(水)となりました!
「蕨狩」締切日ですが、皆さまいかがでしょうか?
私は・・・現在26句を投句して、目標の30句まであとチョット!のところまで来ています。

◆参考記事

・「蕨手刀」アテルイも使っていた、日本刀の起源のひとつと言われる刀。
 関連記事コチラもどうぞ!

またたくさんの上位互換句と出逢えることを楽しみにしておりますwinkshine

2017年2月 5日 (日)

◆2月8日締切の兼題:「蕨狩」

「鷹狩」の発表後は、「蕨狩」up
指を真っ黒にしていっぱい採ったな~~~。
ぽくっと折る時の感触が何とも言えず好きで・・・
味の方は全然覚えてないんだけどcoldsweats01

さてさて、「蕨」と言えば、母の一番好きな短歌。

石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも  志貴皇子

そして祖父から教わった狂歌。

早蕨の握りこぶしをふりあげて山の横面はるかぜぞ吹く  太田蜀山人  

祖父は肥後狂歌をやっていたので、「面白い歌」いっぱい教えてくれました。
(太田蜀山人って「それにつけても金の欲しさよ」の人なんですね)
この二首は、小さい頃から繰り返し聞いていたものです。
語ってくれる時の、うっとりしたような笑顔、素敵だったなshine
こんなにも人の心を潤してくれる、名句の名句たる所以ですね。


◆季語解説

「わらびがり」。
蕨は、春を告げる山菜として代表的なものだが、
それを行楽として摘みに野山に出かけることをいう。

◆例句(「575筆まか勢」より抜粋)

どこにひそむ金の狐や蕨狩     平畑静塔
一の谷いつか二の谷蕨狩      辻田克巳
山頂に海の風あり蕨狩        大沢貴恵
真下なる天龍川や蕨狩        富安風生
眼を先へ先へ送りて蕨採る     右城暮石
蕨狩ひとり離れてしまひけり     藤谷令子
麓よりはや散らばりて蕨狩     永松 西瓜


◆参考記事

・「(Wikipedia)」
・「ワラビ属(Wikipedia)」南極以外のすべての土地に広く分布する。
Warabi2Photo

・「北信州の道草図鑑」より
・「チーム磯太郎」ワラビ狩り~調理までのすべて!
・「蕨文(着物)」
・「蕨文(茶碗)」
・「蕨文(土器)」
・「蕨手文
・「和樂備神社
・「世界の変わった楽器」*インディアンの笛、アステカの笛いいな~~~shine
・「皇后さまと早蕨

◆関連ワード

毒、灰汁、日当たり良好、渦、赤ちゃん、産毛、拳、金色、野原、丘、
醍醐天皇

◆くしふのやうなもの「融点」/伊藤衒叟

去る1月22日(日)文芸フリマ京都にて、
濃口泗寸」ブログ主である衒叟さま初めての本が頒布されました。
休みをお願いして行きたい!!!と思っていましたが、
年末年始の変則シフトのアオリを受けて、お休み叶わずcrying
しかし、衒叟さまからご厚意でワケアリ本(落丁本)をお譲り頂き、
記念すべき一冊を手にすることが出来ました・・・!感激・・・!!!shinebearingshine
淡々と一日一句を続けておられる衒叟さま。
季語が違えばどう印象が変わるのか、助詞の選び方でどう変わるのか、
衒叟さまの日々の取り組みから、多くの学びを頂きました。
古語をよく使われるので、古文書を開くような楽しみ、言葉を調べる喜びも頂きました。
また、私の拙い感想も大きく受け止めて下さる衒叟さまの懐の深さに感銘を受け、
私自身も「読み手に任せる」というスタンスに近づくことが出来たのです。
衒叟さまからの影響は計り知れません。
好きな句も数え切れないほどあります。
今回は、その中から、特に大好きな御句を幾つか紹介させて頂きます。


外套や字画の多き顛末書

顛末書とは、トラブルや不始末の一部始終を記載したビジネス文書。
「字画の多き」というところに、問題のややこしさ、作成者の個性が感じられ、
「何が起こったんだろう・・・」「どんな人が書いたんだろう・・・」と想像が膨らみます。
なんか、毎回毎回主人公が黙々と顛末書を書いているのがラストシーンの、
2時間ドラマシリーズ(主演:伊武雅刀とか・・・鹿賀丈史もエエなlovely)を想像したりcoldsweats01
後に季語「数え日」に替えて句会に出され、票を得た句でもあります。
「数え日」に変わったことで、「この忙しい時に!!」といった要素、
何か年末ならではの特殊な案件を想像する余地も加わりましたが、
個人的には「外套」の方が好きでしたので、こちらで載っていて感激しましたshine

Photo_2

季語「外套」から、「宗像教授」を連想してしまう私lovely
メッチャ「字画の多き顛末書」書いていそうです!!!

作品紹介(Wikipediaより抜粋)
主人公の宗像伝奇(むなかた・ただくす)が日本各地に伝わる伝説や歴史の謎を調査し、
従来の歴史学の常識から外れた奇想あふれる仮説を登場人物と読者に対して披露する物語。
出先でトラブルやハプニングに出くわす事が多い為か、ステッキには鉄芯が入っており、
コンパスや懐中電灯・オイルライターなどの「七つ道具」も常に携帯している。


かげろふや徒歩七分の父の家

『NHK俳句』テキストに掲載された一句です。
番組放送後に、投稿句としてブログにUPされていて、思わず「特選作より好きです!」と、
書き込んでしまうくらい、私のハートにガツンときたものだったので、
テキストに載っていた時「ほーーーら!!!」と何故か私が誇らしい気持ちにcoldsweats01
近いはずなのに遠く感じている・・・心理的な壁としての「かげろふ」に感じました。
歩いて行っているのに、全然距離が縮まらないような、
あるいは、陽炎の向うの父の家を見やりながら、辿り着けない場所のように感じている、
そんな気がしたんです。
「かげろふ」を、揺らめいて掴めないもの・・・と認識している部分、
そして私個人の実家への思いが反映されての感想です。
季語「陽炎」は春ののどかな陽気を表すのが本意とのこと。
それに則って考えると、「スープの冷めない距離」にある実家を思った時の安心感、
近くに親が健在でいることへのまろやかな心持ちなど、暖かいものが立ち上がってきます。
句はただ、季語と実家の距離を述べているだけ。
どのように解釈するにしても、破綻がありません。
「読み手に委ねる」ということを、この句によって教わった気がしています。

夏の夜やイブはアダムの浮遊肋

一読、「このイブ、奔放なんだろ~なcoldsweats01」とクスっとした一句です。
聖書によると、神はアダムの肋骨からイブを創ったそうですが、
肋骨を何本使ったのかとか、どの部分なのかという言及はないみたいですね。
その肋骨が浮遊肋であったとの俳句的断定で、軽やかなイブを想像させます。
浮遊肋は、胸郭を覆うに至らない不完全な存在?・・・のようでいて、
実は首、腰、肩に連動する大事な部分であるようです。
アダムとイブの関係性も想像させますし、
読み手をトリップさせてくれる「SF(すこし・ふしぎ)」な世界でもあると思います。
季語「夏の夜」から、いろいろと立ち上がってくるものもあり、
非常に新鮮に感じて特別印象深い句でもあります。

海山に降る彩や大旦

「大旦(おおあした)」に照らされ、世界がモノトーンからフルカラーに変わっていく。
その、光の広がるさまが目の前に感じられるようで、圧倒された一句です。
何と言うか、神様が手をかざして光を降らせているような、荘厳さを感じました。
「海山」という言葉が、「天地創造」といったイメージを呼ぶのかも知れません。
心までもが新しく塗り替えられていくようで、清々しい気持ち、
まさに「元旦」の景であり、心持ちであろうと思います。

てのひらに享くるしづけさ緑さす

美しい一句です。
私の脳内で、透明感あふれる少女が深い森の中で木漏れ日をてのひらに受けている、
そんなイメージがありありと浮かび上がってきたのです。
「てのひら」の平仮名表記が、やわらかい窪みまで感じさせますし、
助詞「に」に能動性があり、「うくる」に「享受」の「享」をあてているのも見事。
てのひらの一点から全身のすみずみにまで満ちていくような豊かさを感じさせます。
「緑さす」は「初夏の目覚めるような若葉のみどり」。
緑のきらめきに華やぐ心を感じる季語です。
閉ざされた空間(森)の中にいる少女が、
爽やかな緑の季節を迎え、世界はこんなにも「しづか」できらめいていると感じ、
やがて今まで踏み出せなかった一歩を踏み出すのではないか・・・。
そんな印象を抱きました。
難解な言葉も複雑な言い回しもなく、
ひとつひとつの言葉が十分に吟味され、完璧に機能している。
読み手を無限の物語に誘ってくれる、「THE衒叟さま」の一句であると思います。




あああっ、各季節から一句ずつ挙げるつもりでしたが、そうなりませんでしたcoldsweats01
そして拙いばかりか妄想全開の勝手な鑑賞・・・どうかご海容下さい!
衒叟さまは今後東京、大阪でもフリマ参加のご予定があるそうです。
ブログ開設からの歴史が詰まった「融点」、
この機に是非多くの方にお手に取って頂きたいと思います。

最後になりましたが、衒叟さま、本当に有難うございました!!!
フリマ大阪には、何としても馳せ参じたいと思っておりますーーー!

2017年2月 4日 (土)

◆「鷹狩」没句祭り

皆さま、こんばんはshine没句供養の時間です。
今回のBGMは・・・・・・・・・・・・・・・イーグルスの名曲「Take It Easynotes
イーグルは「鷲」ですが、「鷲」=「比較的大型の鷹類の総称」なのでいーのだっhappy02
うーうぅっnoteうーううっnoteうーうぅっnoteAll Right !!happy02upup


◆全投句内容(+上位互換の上位入選句)
鷹匠の山場に腕の揺れもせず
【人】鷹匠の目尻に爪の痕ひとつ
鷹匠の声一閃や逆さ富士
鷹狩の声の一閃逆さ富士
【人】鷹狩や縦に裂かるる空青し    ながらさま
風を読む鷹匠の目ぞ鷹の目ぞ
風を読む鷹匠の目よ鷹の目よ
【並】爛爛と鷹匠の眼も鷹の目も    喜多輝女さま
鷹匠は顎の四角き男なり(おっさんシリーズは今後もブチ込む所存であります)
鷹狩へ忍縄外す据え回し
【地】鷹匠へ鷹浮くやうに戻りけり   クズウジュンイチさま
寒晴れの朝凛々と鷹狩す(*季重なりに挑戦。すぐに「気温零度」を思いつき失敗と悟る)
鷹狩や気温零度の奥秩父
【人】鷹狩りや耳切れそうな朝の風   彩楓(さいふう)さま
鷹狩や秩父連山視界良し
鷹狩や空に透け入る信濃富士
鷹狩の大滑空や近江富士
【地】鷹狩を見守る播磨富士日和     山崎ぐずみさま
飢えし眼を得て鷹狩の鷹となる(例句のミックス形にすぎなかったshock
鷹狩や魔王の眼細めたる
鷹狩の四千年をホルスの目
古の鷹場を映すホルスの目
【人】鷹狩やチンギスハンの睨む丘   ちびつぶぶどうさま
鷹狩の兄伊吹塒旋回す(例句の「吹雪」からの連想)
【地】鷹狩やその名ふぶきの胴震ひ     めいおう星さま
【人】汝に名はつけず鷹野に放つゆゑ    土井探花さま
鷹狩や真鍮寿飾自在鉤
鷹狩や波形木製自在鉤
鷹狩や南部鉄器に湯の沸きて
鷹狩や先づ湯を沸かす自在鉤
鷹狩の今宵の宿のジビエ鍋(「自在鉤」から「ジビエ鍋」に着地)
鷹狩の殿の弓掛は鹿の革
【人】鷹匠のゆがけに爪の痕深し        まさこさま
鷹狩ぞ数奇者どもの行列ぞ
鷹狩の数奇者行列長きこと
数奇者の揃ひて鷹狩行列す
鷹狩や行列の踏む石の数
【人】鷹狩や行き交ふ草履二千足     まゆ熊さま
【地】鷹狩に長けて戦は下手くそで    石川焦点さま
鷹狩や残照留む赤刺羽
鳥の名の天皇なりし鷹狩す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ふ~~~、お疲れ様でした!!
ご覧頂くとお分かりかと思いますが、内容的には5~6句くらいです。
今回は、推敲していく過程のものも全部投句したので・・・
いつも通りならば、緑色にしている句だけを投句していたと思います。
つまり、【人】句は捨てていた可能性が高いです・・・うわああああ送ってて良かったcoldsweats02

また、締切が過ぎた後、「そういえば!」と思い出したモンゴルのこと。
『湯豆腐句会』に出したんですが、無得点。【人】に上位互換句がありました。

鷹狩や大蒙古の二千粁
【人】鷹狩や蒙古の天よ地よ風よ      永井潤一郎さま
【人】鷹狩やモンゴルの天地は丸く     石野上路無さま

あ~~~「風と雲と虹と」みたいでカッコいい・・・shine
それにしても、自分の思いつくようなことは、
大概もっと上手な人が見事な句にしているということがよく分かります。
「目尻に爪の痕」に近いのは、「腕に傷」というのが2句あったかな?
他にあまり同じ発想がなかったという意味で選ばれたのかも知れません。
(似た発想では【人】鷹狩りの家来の一人片目なり/はずきめいこさま
となれば、やはり「様々な発想を得る」ということは大事ですね・・・!
同じような発想ならば、もっと上手な人の句が採用されるので・・・
独自の発想を・・・。

そのためにも、頭を柔らかく・・・「こんなのダメかもcoldsweats01」と思うようなものこそ、
喜んで送ってもいいのかなと思いました。
そんな訳で「Take It Easy」notes
今回一番面白かった、
【地】鷹狩に長けて戦は下手くそで    石川焦点さま
こんな句を書けるようになったらいいなと思いますshine

2017年2月 3日 (金)

◆1stシーズン第2週の結果です

あ”~~~、第1週が良すぎたcoldsweats01
今回は、5句中3句に計5点です。
めっちゃギリギリでの投句になってしまったので、内心ヒヤヒヤでしたが、
何とか無得点は免れました・・・あううううう良かったーーー!


薔薇の芽の揃ひし朝の光かな (1点)
クレソンのきりりと水を切りてをり (1点)
枕木に触るるや溶くる春の雪   (2点)shine寿々さま有難う~~~!!!happy02


なお、今回から、記事に上げるのは自分の句と点数のみにします。
いろいろなところで、「自解は野暮だ、鑑賞の妨げになる」という声を聞いていましたが、
私のような初心者からしたら、限りなく助言が欲しかったですし、
「これはこういうことを言いたかったんですが、ちゃんと言えているでしょうか?」
という気持ちでいたため、わりといろいろ書いてきたと思います。
せめて1年くらいはそういうのも許してよ・・・と思っていたのを思い出したのです。
気が付いたら1年はとっくに過ぎ、もう2月じゃありませんかcoldsweats02impact
私も少しは大人にならないと・・・ということで、シンプルにいくことにしました。

新生「る印」、よろしくお願い致します!!!

2017年2月 2日 (木)

やわらかき礫もありぬ鬼は外

明日は「節分」!ということで、『プレバト!』今回のお題は「節分と鬼の面」。
前回才能アリを獲って特待生を狙い虎視眈々(?)の3名+俳句初挑戦の女優2名、
どのようなイメージを広げたのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】3位:千原ジュニア(45点)

豆撒きはいじめ助長と鬼の声

千原「ニュースを見てたら、『除夜の鐘はウルサイ』とかね・・・」
藤本「何を社会風刺しとんねんってsadsweat01
梅沢「社会風刺は難しいのよannoy
夏井「主義主張には同感しますが、俳句には詩が欲しい」

pencilいじめ助長にあらず豆蒔け鬼の声(添削)

夏井「発想は面白いのに、技術が追い付いていないdespairsweat02

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】2位:鶴見辰吾(50点)

踏んづけた豆がポロリと福は内

鶴見「深夜に帰宅すると、何か踏んづけて『あ、今日豆蒔きだったんだ』と」
梅沢「その世界が出て来ない。『福は内』ってつけただけ」
藤本「普通蒔くものを踏んだっていうところはいい」
夏井「今日の特待生は二人とも正しいですshine
    『踏んづけた』はいいとして、その音が『ポロリ』はおかしい」

pencil踏んづけた深夜の豆や福は内(添削)

夏井「『深夜』って入れると、そっと豆を拾って静かに『福は内』って言う場面が浮かぶ。
    惜しいと思いますthink

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】4位:ABC-Z河合(40点)

春近し鬼を遠ざけ福来たる

夏井「『節分』を説明しただけdespairsweat02
    『鬼』っていうと『節分』と近いから、『邪気』って言おう」

pencil春近し邪気遠ざけて○○○○○(添削)

夏井「残り五音で何でも出来る。貴方らしい何かを考えて入れて下さいthink

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】最下位:岡本玲(30点)

豆蒔いて拾いし池の水温む

岡本「豆蒔きの翌日、庭で豆を拾っていて、春を感じたという・・・」
夏井「諸悪の根源『し』を消しましょう。
    『拾いし池』となってしまって、池に豆を蒔いたみたいsweat02

pencil福豆を拾うや池の水温む(添削)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【才】1位:黒谷友香(70点)

彷徨える赤鬼仰ぐ冬の星

千原「コレ初めてじゃないな?coldsweats02impact
梅沢「鬼の気持ちになったんだね・・・うん分かるよえ~と・・・」
夏井「『泣いた赤鬼』の話を思い出しました。切ない気持ちになりますね」
梅沢「それ!俺も切ないって言いたかったの!」
夏井「この星は、優しく見守ってる気がしますねshineconfidentshine

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】初段:FUJIWARA藤本

節分のセンサーライトが照らす闇

藤本「家の玄関の人感センサーなんかね、
    たまに誰もいないのにパっと光るでしょ・・・もしかして・・・という・・・」

査定ポイント:下五の「照らす闇」が機能しているか?
結果:1ランク昇格!【名】2段へ!uphappy02up

夏井「よく我慢した!『鬼が入ってくるかも~』ということを言いたいのにそれを言わず、
    読者に想像させる、闇に何がいるんだろうと、じーっと目を凝らす句になった」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】6段:梅沢富美男

帯とけばころり福豆二つ三つ

査定ポイント:「ころり」という擬態語が効いているか
結果:現状維持sign04despairsign04

夏井「妥協をするなannoy六段なんだからannoy

pencil帯とけば福豆二つ三つ(弾む/笑う)

夏井「落ちるのは分かるんだから、その先を表現しないと。
    落ちたら『弾む』、その豆を見て『笑う』、あらあら、なんてね」
梅沢「えーーーーーーキビシイよ~~~」
夏井「降格しますか?annoy

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『節分』と言えば、『NHK俳句』でも兼題に出ましたが、
殆ど太刀打ち出来ませんでしたshock
今日の句は、黒谷さんの句に触発されて出て来たものです。

あまんきみこの絵本「おにたのぼうし」も思い出しちゃいますねweep


Photo_5







【人】鷹匠の目尻に爪の痕ひとつ

・・・あっ、『プレバト!』の記事を書いてる間に更新が入ってた!happy02
いやもう、「【没】が怖くなくなりましたhappy02」などと言っておきながら、
内心では30句も送って【没】だったらどうしようと震えていたチキンなので、
【人】頂けて本当にホっとしました~~~shineshineshineshine

でも久々に「えっコッチ?coldsweats02impact」でしたcoldsweats01
確かに、最初「鷹匠」で数句作ってしまって、慌てて「鷹狩」の句に取り掛かったので、
実は思い入れのあるのは「鷹匠」の句の方だったんですけど・・・。

「鷹匠」の句は【並】【人】に29句ありました。うち、【人】には8句。

鷹匠へ戻り来て黒曜の爪          すな恵さま
鷹匠の腕より風の湧き上がる        津葦さま
モンゴルの鷹匠睫毛の凍る汗       HGDTさま
鷹匠の腕に丸ごと空がある                   あすなろさま
鷹匠のゆがけに爪の痕深し                  まさこさま
鷹匠の胸に負傷の鷹抱く                      公毅さま
鷹匠や風の裏から鷹来る                      太子さま


青文字にしているのが MY FOVORITE です。
「黒曜の爪」、鋭い質感がよく伝わります。
「睫毛の凍る」モンゴルらしさがよく出ています。
それに比べて、私の句ったらイメージだけで・・・ホントすいません・・・crying
この(↓)マタギのカッコ良さに免じて許して下さい!!!

Photo_3

あ~~~この漫画メッチャ読みたい!!!


そうそう、「マタギ」で検索していたら、
「熊」の亜阿介さまの句そのもののような映画がありました!

Photo_4

太郎「弾いっぺぇ持ったか?」
平蔵「3発持った」
太郎「そればっかりで大丈夫だか?」
平蔵「ワタリグマは秋田の山さ1頭しかいねぇべ」
太郎「じっちゃ、やっぱりライフルの人たちと大勢でおったほうが安全でねぇべか?」
平蔵「あいづはライフルで撃つような熊でね」
太郎「なして」
平蔵「ライフルだば200メートル先の熊、なんぼでも当る。
   スコープつけてみれ、500まで伸びる。しかも5連発だ。
   そだな油臭ぇてっぽで撃ったらクマは成仏できねぇべ」
太郎「ほんでもじっちゃの村田銃は一発だから危ねぇべしぇ」
平蔵「だぁ、だども、熊ぁ山神様の授かりもんだ。
    こっちも命懸けでかからねば申し訳ねぇべ。…一発で撃つのじゃ」
太郎「でも外れたら…」
平蔵「負けたら…おらが…死ぬのじゃ」

(ブログ「映画遁世日記」より)

亜阿介さま、今回も【人】おめでとうございます!
そして!千波矢さまも【人】、
新たにチームに参加下さった砂山恵子さま(×2句)、さるぼぼさまも【人】♪
皆さまおめでとうございます!
他、すでに書ききれないほどになっておりますが(汗)、
各所でお世話になっている方々のお名前&お句をたくさん発見eyeshine
皆さまおめでとうございます~~~!!!

明日、金曜日もドキドキで待ちたいと思います!!

2017年2月 1日 (水)

◆結果発表ーーー

『現俳協ネット句会』1月句会の結果が出ましたshine
今回は、3句中1句に1点頂き、累計25pになっています。
点を下さった方、有難うございました!!!

冬晴れや肩幅ほどに開く足  (1点)


細々ながらも、何とか毎回得点だけは続いています・・・ウオオオ来月もガンバルぞ!

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »