最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ | トップページ | ◆「渡り漁夫」投句しました~~~ »

2017年2月22日 (水)

◆今週の「あかぼし俳句帖」(訂正あり)

スイちゃん、よつゆさんとの吟行を終えて、新章に突入している「あかぼし俳句帖」。
慇懃部長相手の攻防(?)中心に描かれています。
ネタバレなので、「見たくな~~~い!」という方は飛ばして下さいね










まずは気になるスイちゃん恋愛事情から。
市ノ瀬くん推しの私に朗報きました!!
スイちゃんの「俳句好き」を全面的に受け入れ、理解している市ノ瀬くんの言動が、
ついにスイちゃんの心を捕らえます。
3巻でのフラグ(市ノ瀬くん→スイちゃんへのメール)から4巻のバレンタイン回を経て、
昨年12月5日発売の24号では

夏の風心が歌を歌ふ時    水村翠

と腕を組んで、そんでそんで、ついに!

こいびとになってくださいますか吽(うん)  大西泰世

を使っての、スイちゃんからの告白来ましたーーーーウオオオオオ良かったーーー
やったね市ノ瀬くん、ついに通じたよぉおおおおおーーー!
そして明星サンも、これはきっとお里さんとうまくいくフラグに違いないシーンが。
私ねえ、お里さんも実はこっそり俳句作っていると思うな
明星サンと付き合うことになったりした時に、サラっとすっごく素敵な句を披露してくれそう。
(そして明星サンが衝撃を受ける予想

おっと本題だ!
慇懃部長がやってくれたんですよーーーーー!
明星サンの所属する鎌倉支部と、慇懃部長の武蔵野支部での合同句会の時に、
車種を詠みこんだ一句が、あまり一般的でないということで評価されなくて、
(明星サンは車好きだから、「ヤツの句だ」と分かっていても選句していました)
慇懃部長の繰り出した手が、車内広告
それも、季語を冬のものに替えての連作で、CMも大評判
これがチョット伏線がありまして、
合同句会の時に、慇懃部長が「ヤツの句だな」と明星サンの句に注目して、
スマホにメモ取るんですよね。
同僚が明星サンのコラムに好感を持っていたので、何かの参考に・・・と。
しかし、自分の句が手直しを要求されたことで、火がついたようです。
句会向きではなかったかも知れないけど、広告としてなら強力な武器になる!
自分の句への愛情と矜持を感じて、凄くカッコいい・・・!と思いました。

新緑の脚線美乗せカブリオレ   要大輔

広告では季語が「小春日」に替わっていますが、
やっぱり原句の方が鮮やかで爽やかで好きだな

これに真っ青になったのは明星サンの上司・津田部長。
以前「コラムに俳句を入れたらどうか(by明星サン)」という案を一蹴していたのです。
ライバル社に先にやられた以上、二番煎じは出来ない・・・。
んむむむむ、どうする津田部長?

そして、慇懃部長・要大輔は家庭に問題がなきにしもあらずなんですよねえ。
奥さまとの仲がうまくいってなくて・・・。
要サンは奥さまに認められたくて頑張ってきたのに、全然報われてる感じしなくて。
俳句初心者の頃の作品なんか、ものすごく可愛くてビックリしたんですけど、
それからとんでもなく上達されているんですね。
きっと、奥さまに認めて欲しくて、努力したんだなあ
でも、報われないからどんどん意固地になっていっちゃったのかなあ

そう思うと要サンも、もはや悪役ではなくって、応援したい一人になってしまいました。
合同句会の打ち上げで、白帆先生も「貴方は繊細な人だ」的なことを仰ってましたし、
(本当に、白帆先生の一言一言って、なんでこんなに感動的なんだろう)
今後の要サンにも大注目です。

最後に、お騒がせ・よつゆさんが「もう俳句出来ない~」とスランプの様子?
どうなる次号、待て次号!!

« 銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ | トップページ | ◆「渡り漁夫」投句しました~~~ »

あかぼし俳句帖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆今週の「あかぼし俳句帖」(訂正あり):

« 銀輪の過ぎる刹那や木の芽伸ぶ | トップページ | ◆「渡り漁夫」投句しました~~~ »