最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 山焼や項に虹なう焼き屋真弥 | トップページ | ◆2月26日締切の兼題:「走」「春の匂」 »

2017年2月14日 (火)

愛の日のホットケーキにチョコソース

子どもに、あくまで↓のようなイメージで作ったことがあるんですけど・・・
Photo

画像はコチラより。フライング・スコッツマンのチョコ&チップのホットケーキ

自分でも撃沈したのは分かりまして・・・
「おかあ。もうこういうの作らんでエエからな。俺、チョコそんな好きちゃうし
と子供が優しく微笑んで食べてくれたことを思い出します


◆季語解説(「日本の歳時記(小学館)」より

「バレンタインの日」子季語バレンタインデー

2月14日。キリスト教徒の聖人バレンタインの記念日。
聖バレンタインは270年ごろに殉教したローマの司教。
この殉教の日の2月14日を「愛の日」と定めたもので、
恋人たちがカードや贈り物を交わす日となった。
日本では、女性が意中の男性に愛を打ち明ける日として、
チョコレートを贈ることが盛んに行われている。

毒舌は健在バレンタインデー                     古賀まり子
バレンタインデー積もらぬ雪の降りにけり  角川春樹
大いなる義理とて愛のチョコレート       堀口星眠

◆その他の例句(バレンタインの日『575筆まか勢』バレンタインデー『575筆まか勢』より抜粋)

ハムの紐ほどきてバレンタインの日      高見岳子
バレンタインの日は老人でありにけり      多田薙石
何事もおこらずバレンタインの日            原田清正
バレンタインデー外套着せて貰ひけり     松山足羽
バレンタインデー青畝日記は記録なし     阿波野青畝
人参をうさぎにバレンタインデー        星野麥丘人
秘めごととならざるバレンタインチョコ      稲畑汀子

◆3バージョンチャレンジ

上五:愛の日のホットケーキにチョコソース
中七:チョコソース愛の日のホットケーキかな
下五:チョコかけるホットケーキよ愛の日よ

う~ん、素直なのが一番マシっぽいですかね


追記
季語「愛日(冬の季語)」と混同していたので、修正しています

« 山焼や項に虹なう焼き屋真弥 | トップページ | ◆2月26日締切の兼題:「走」「春の匂」 »

一日一句」カテゴリの記事

コメント

私の手元にある歳時記の傍題は、愛日=冬の日、愛の日=バレンタインデー、なのですが「愛日」をバレンタインデーと捉える解釈もあるのかもしれませんね。

仮に冬の日と捉えたとしても、温かさや優しさを感じます。冬の穏やかな陽射しに覚える有り難さに、ホットケーキが似合いますね。

◆衒叟さま

こんにちは!
うおおーーーーーーおお、「愛日」と「愛の日」って別の季語だったんですね?
完全に混同してしまってましたよ!!!
おおおおお、教えて頂き有難うございました、
そして以前、衒叟さまの句に誤った鑑賞をしてしまっていたことをお詫びいたします!
うわあああああーーーハズカシイーーーーー

記事、さっそく修正しておきます。文字数が同じでヨカッタ・・・
衒叟さまの温かいコメントに救われておりまする・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の日のホットケーキにチョコソース:

« 山焼や項に虹なう焼き屋真弥 | トップページ | ◆2月26日締切の兼題:「走」「春の匂」 »