最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 【人】山焼の空撮千五百米 | トップページ | ◆春の「山焼」没句祭り♪ »

2017年2月16日 (木)

土筆摘むコロポックルを追うやうに

今週の『プレバト!』お題は「つくしと富士山」
ゲストには、俳句でおじいちゃんおばあちゃん人気がグーンと上がったフジモンの相方、
FUJIWARA原西も来て、燃えています
さてさて、どうなりますことやら・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【凡】2位:ABC-Z河合(50点)

春晴れを見る富士を見る筆の花

河合「季重なりなんですけど・・・」
藤本「季重なりって分かってたら、ひとつにしたら?」
夏井「褒めたいのは、リフレインを使って、調べを作ろうとする意識が見えること。
    それと土筆の傍題を知っているのは褒めましょう。
    ですが、敢えてわざわざ気取った言い方をする必要があるのか?
    つくしんぼって、普通に書きましょうよ

つくしんぼ青空を見る富士を見る(添削)

ココがポイント言い換えで誤魔化さない!
           言葉を飾ってキレイに言い換えても、人の心に響きません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】3位:峯村リエ(35点)

青と白緑に茶色春の色

峯村「春と言えばピンクとか淡い色思い浮かべますけど、写真見たら・・・」
夏井「才能無しとはいえ、ギリギリ日本語として意味が分かる。
    でも、発想がいかにも幼稚で、将来性のない才能無しの句です

青白茶緑それぞれ春の色(添削)

ココがポイント「それぞれ」と入れるだけで、ひとつひとつ愛でる気持ちが見えて来る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】4位:田中道子(32点)

土筆野や富士雪雲に重ね風

田中「富士山に積もる雲のような雪を、暖かい風を送って溶かしてあげたいなあって」
夏井「説明を聞かないと分かりません中七の読み方にも困るし、『重ね風』って・・・」
藤本「最新のエアコンから出る風みたいですね

土筆野や雲めく富士の雪へ風(添削)

田中「カッコイイ!スゴーイ!

ココがポイント詰め込み過ぎない!大事な主語や助詞を省いて意味不明な句に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【無】5位:FUJIWARA原西(30点)

つくしんぼ誇り望みしさくやひめ

原西「つくしがアピールしているイメージがあった。誰にアピールかというと富士に。
    富士山といえば木花咲耶姫ということで」
夏井「つくしがさくやひめに憧れてるのね?
    『誇り望みしさくやひめ』だと、意味が逆転してる」

さくやひめ恋うてつくしは背を伸ばす(添削)

藤本「イイー
原西「そう直されると、そういう視点もあるのかなって」
夏井「アナタのことは覚えておこうと思います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【才】1位:田山涼成(70点)

土手青む朝の散歩の足運び

藤本「イイー今回唯一イイです情景がちゃんと描けてますし」
夏井「場所・色・時間・人物・行動、情報が揃っていますね。
    行動も、動詞ではなくて『足運び』という名詞で読んだ方がいい。
    前回からみるとずいぶんお上手になって吃驚致しました。」
浜田「直しは?」
夏井「こういう句は直したらおかしくなる、このまま味わいましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【名】2段:FUJIWARA藤本

ハーモニカソの音出れば出る土筆

藤本「ファンタジー俳句です『ソは青い空』だから、土筆にぴったりかなって」

査定ポイント:「出れば出る」活きているか?
結果:現状維持
夏井「説明クサイ
    発想はものすごくイイさすが名人
    通じるのは通じるけど、通じるだけなら特待生以下の話。
    あともうひとつ、タテ書きにした時片仮名続きで読みにくくなる。
    ハーモニカは、ハモニカに出来るから『の』を入れて、
    『音』(漢字)の後だから『つくし』は平仮名にしましょう」

ハモニカのソの音つくし出るよ出るよ(添削)

藤本「もっと可愛くなったーSo cute !!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フジモン、今回の句も可愛かったです
『俳句ポスト』兼題「月見草」の時の【天】句が、

つきみそうリコーダーならラの音だ     ひろしげ8才さま

でした。
「ラ」の音にあるかすかな翳りを月見草に重ねた感受性が絶賛されています。
フジモンの場合も、「土筆」に対しての、「ソ」の音もお見事!
「これから本格的に高くなる手前」といった絶妙の音階が嵌っていると思います。
これを思いついたフジモンのセンスに脱帽です。
一句の構成として、「土筆」にない「聴覚情報」を配したことも学びの成果ですし、
こんなふうに成長を感じさせてもらえたら、教える方は嬉しいですよね

フジモンが可愛い句を作ったので、私も「可愛さ」を追及してみました
「一寸法師」でも良かったかな?→ご助言を受け、「コロポックル」に変更しました

« 【人】山焼の空撮千五百米 | トップページ | ◆春の「山焼」没句祭り♪ »

プレバト!」カテゴリの記事

コメント

この言葉を使ってやろう!


と、、、


言葉に執心してはいけません。


無内容な句になりますよ。

めぐるさん(*゚▽゚)ノ

プレバトを丁寧にあげてくださり
ありがとうございます(≧∇≦)
もう一回見たいなあと思っても
なかなか見れずに録画につもり積り(笑)

ん?つもり積り…
使えるかも"φ(・ェ・o)~メモメモ(笑)

私はフジモンさんのソの音のが
好きです!フジモンさんの詠まれる句は
いつもファンタジーな世界観があって
可愛らしいですよね!(≧∇≦)

やっぱりその人その人で世界観が
違うのはいいですね!私も人の真似では
なく自分らしい句を詠みたいです(≧∇≦)

つくしって平仮名で書くと余計と可愛さが
増して好きな季語です♪つくしんぼ♥
なんて可愛らしい♥♥♥


めぐるさん、ありがとうございます。

私も、少しだけメモをとってみようと思いましたが、全くダメでした。
また、使わせていただきます。喜ぶ人が結構います。

◆悠さま

こんにちは!
ご助言有難うございます
掲句は、特にどの言葉を使ってやろうとか思ってた訳ではないんですけど・・・
「少彦名」を使ったのは、番組の中で「さくやひめ」が出て来たからなんですが、
別に小さいものなら何でも良くて、「一寸法師を」だと字余り、「妖精を」だと字足らず、
「少彦名を」ならちょうど中七・・・と思っただけなんです。
あ~~~でも、神様を追うっていうのも何だかですよね・・・。
うーーーん、・・・あ!「コロポックルを」ならいいかな?
早速記事を修正しておきますね

ところで悠さまは、以前「二度と関わりたくない」と仰ってましたよね?
何の気まぐれか分かりませんが、
私はそんなに器用な人間ではありませんので、
一度断られた相手と何事もなかったかのように交流を再開することが出来ません。
本当に申し訳ないのですが、今後は書き込みをご遠慮頂ければと思います。
本当に本当にすみません

◆寿々さま

フジモンの句、私も大好きです!!
本当に可愛い句を作りますよね~~~
特待生の方は、それぞれに個性が際立っていて、皆さん素敵
横尾くんの、若いのに昭和っぽい(?)骨っぽい句も好きだし、
東国原さんの大胆な発想も凄いし・・・ほんと毎回感心します。
みんな違ってみんなイイのですよね
寿々さまも、寿々さまにしかない世界をお持ちだと感じています。
私にも、きっと私らしい何かが・・・
「わっ、○○さんの句だ~!」と思ってもらえるような、
そんな俳句を紡いでいけたらいいですね

◆正丸さま

こちらこそいつも有難うございます!
書いてて良かったと思えることは本当に幸せです
メモを取るのって難しいですよね!!
私は書くのは好きな方なのですが、やはりなかなか追いつきません
今頃ですが、TVを観ながらキーボードを叩いた方が早いのだなと気が付きました
次回は直接打ち込んでみようと思います

今回は田山さんの句にまず驚きました。
初参戦時は才能ナシだったんですね。

「幾度みる何やらゆかし冬至かな」(20点)→「湯に柚子の黄色にゆかし冬至かな」

https://www.youtube.com/watch?v=JyfF4KwyjgE
の1:18:20です。随分ボロボロに言われてました。

もう1つ凡人の時の句は忘れましたが、確か又吉さんが一緒に参加していました。しかし今回の田山さんの句、別人みたいでここまで成長するとは・・・一方名人の相方のFUJIWARA(←綴り修正です)原西さんの句は理解不能でした。
ノンスタの特待生石田さんの相方、井上さんも最下位を2回獲得してしまっているので(一応才能アリも2回ありますが)、特待生とその相方でこんなに出来の差が分かれてしまうんですね。

今回は特待生2人ともダメ出しがありました。武井さんが昇格ならずだったのがちょっと意外です。

◆アルスさま

おああああああ、綴り修正有難うございます・・・!
「ふ」=「HU」で打ち込んでました
速やかに記事修正させて頂きました

田山さん、「何やらゆかし」を安易に流用したことを注意されていたように記憶しています。
原西さんの「誇り望みし」も、具体的なものが見えて来ない感じですよね。
人の句を見る時は「んんん?映像が浮かばない・・・」ということがあっても、
自分の句だと案外これが・・・
やはり、人に読んでもらって、何等かの感想を言ってもらうことで初めて、
自分の句の欠点というのは見えてくるもの。
私も今回貴重なご意見を頂いて、句を少し変えています。
アルスさまも、何かあったら遠慮なく仰って下さいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土筆摘むコロポックルを追うやうに:

« 【人】山焼の空撮千五百米 | トップページ | ◆春の「山焼」没句祭り♪ »