最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆春の「山焼」没句祭り♪ | トップページ | ◆「駒返る草」金曜日 »

2017年2月18日 (土)

◆「山焼」十句選です

すな恵さま、トポルさま、【地】選おめでとうございます!!!
【天】句の「がらがらぽん」に衝撃を受けた後に、
またまた素敵な驚き&「やっぱり♪」というときめきが待っていました
果てしなく遠く感じる金曜日ですが、
そんな金曜日に登場する方々と、ほんの少しでも交流が持てていることを励みに、
私も頑張りたいと思います。

では、今回の私なりの「山焼」【人】からの十句選です。

焼の日柄良きこと言ひ合へり         たんじぇりん金子さま
よく晴れて風のない日を選んで行われる「山焼」。
当然地元の方からはこのような声・挨拶が交わされるでしょう。
こういう、「当たり前」のことをサラっと詠めるようになりたいと思っています。

山焼きを終えて鼻くそ皆黒く            トポルさま
一読「あ!そうなるよね~!」と衝撃を受けた一句です。
上記の句と同じく、現地にいる人々の笑い声や明るい表情などまで浮かんできます。
「鼻くそ」とは、なかなか俳句ではお目にかからない言葉ですが、見事の一言です。

山焼を蟲の天への渡りと言ふ           安達さま
害虫を焼き尽くすためのものでもある「山焼」。
しかし、害虫と呼ばれる虫たちに、悪意のあろうはずがありません。
祈りを感じる一句でした。

山焼や花子はそこで身籠った           理酔さま
「キス」は私も考えたのですが、なるほど「山焼」の炎はキスどころじゃなかった
「新たな命の芽吹き」+「土着の逞しさ」を言い尽くして、このコミカルな語り口。
作者さまの尋常でない力量をヒシヒシと感じたものです。

火は獅子に煙は龍に山を焼く           けらさま
「山焼」に「龍」を配した句は16句。「獅子」は1句のみでした。
「火は獅子に」「煙は龍に」この並列が何とも迫力たっぷり!!
整った調べも心地良く、勇壮な「山焼」が立ち上がります。

山焼や海の国から貰ふ嫁             どかていさま
私も兼題「蕨狩」で「海」、「嫁」というキーワードを使っていますが、
「海の国から貰ふ嫁」には遠く及びませんでした・・・!
「山」と「海」の対比で大きな景が広がりますし、明るくサバサバした空気感が素敵!

天空に星撒き散らす山火かな          ペコちゃんさま
「山焼」の炎から散る火の粉が夜空で星になる・・・なんて美しい
炎には魂を吸い寄せるような魅力(魔力?)があると思いますが、
その美しさとともに「撒き散らす」で火勢の烈しさまで描写されました。

山焼の匂いのシャツで抱く赤子          瑞木さま
私も「新生児」のイメージがあったのですが、この句には遠く及びませんでした
山焼を終えて帰宅したお父さんでしょうか、
シャツの中の、大きく厚く、温かい胸までが想像されます。
赤ちゃんよ健やかにと、祈らずにいられない一句でした。

山焼や絵の具を全部混ぜて黒          富山の露玉さま
絵の具は赤・青・黄を混ぜると黒が出来るんですよね
その時、混ざり具合の加減で出来る、濃いぃ抹茶色が好きです。
「漆黒」でなく、「全部混ぜて黒」という表現の中に、
さまざまな感情がないまぜになる心模様が言い尽くされている気がします。
酒(ささ)入れてはらわた燃ゆる山火かな    葉音@天地夢遥さま
「はらわた燃ゆる」が、人間だけでなく焼かれる虫や小動物たちのようで、
黒い煙や焦げ臭い匂いまで感じてドキドキした一句です。
「酒」は「笹酒」とのことで「ささ」とルビを入れたそうです。
ただの「酒」よりも、グっと特別な空気が伝わってきて、句を底から支えていると思います。


いつもながら拙い感想で申し訳ありません。
最後になりましたが、木曜・金曜掲載の皆さま、おめでとうござます!!
素晴らしい句の数々に、今回もたくさんの刺激と学びを頂きました、有難うございました!

« ◆春の「山焼」没句祭り♪ | トップページ | ◆「駒返る草」金曜日 »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
10句選に入れて頂きありがとうございます♪
ブログにも書きましたが、嫁ぐ方より貰う方で上手くはまりました。
空撮の人選おめでとうございますヽ(´▽`)/
具体的な数字でリアリティに溢れた句ですね。さすが。
次の渡り漁夫も、めぐるさんの豊かな発想の句を楽しみにしています。
参考記事、有り難く利用させて頂きます( ̄∇ ̄)

◆どかていさま

きゃ~~~どかていさま、こんにちは!!
一読、心地良い空気に包まれて何とも大きな幸福感を味わいました。
生活もガラリと変わるだろうに飛び込んできてくれたお嫁さんの、明るさや芯の強さ、
そして迎え入れた親御さんの優しい嬉しそうな眼差しなどなど、いろいろ想像して、
「このお嫁さんもいつしかこの土地の文化に馴染んでいくんだなあ、
こんなふうにこの世の中は回って繋がっていくんだなあ」
などと、ちょっとウルウルしてきちゃったり←涙もろいお年頃
「空撮」へのコメント有難うございます!!!
実際やったことも見たこともない景なので、開き直って「ニュースで見た!」という、
そんなスタンスで詠ませて頂きました。
ちょうど糖尿猫さまの記事に、まさに私が見たかったような写真がUPされたので、
その距離感を数字に出来たことが、句に力を与えてくれたと思います。
「渡り漁夫」も、そんなふうにワイワイやってるうちに句が生まれてくれたらなと・・・。
どかていさまこそいつも発想が素晴らしくて羨ましいです!!!
次の「蜂」「蕨狩」「渡り漁夫」、楽しみにしておりまする~~~!!!

めぐるさん、
遅ればせながら、10選ありがとうございました!品のない句で恥ずかしく思います。

◆トポルさま

こんにちは!!
こちらこそ「目からウロコ」な一句を有難うございました!!
そして超遅ればせながら『NHK俳句』兼題「追儺」での入選おめでとうございます!!
・・・あああっ、今確認したら記事に入ってなかった
追記じゃ追記じゃあああ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「山焼」十句選です:

« ◆春の「山焼」没句祭り♪ | トップページ | ◆「駒返る草」金曜日 »