最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ◆新聞のコラムより | トップページ | 雲雀東風この芦毛ミラベルといふ »

2017年3月 7日 (火)

◆選句編

なんだかんだとタイミングを逸していましたが、『湯豆腐句会』2月句会の選句編です。
選句3句へのコメントロングバージョンと、
選びたかった2句へのコメントを書かせて頂きますね。
個人的な感想ですので、どうかご海容のほどをお願い致しますcoldsweats01


春の雪朝餉のうちに消えにけり    秋浪さま

あわあわとした「春の雪」の風情が上手に表現されていると思います。
「朝餉」にある一種の清らかさ、時間的な感覚が見事にマッチしている気がします。
春の雪を見れたことが、ひとつの幸運として心の中にきらめきを残してくれているようで、
その儚さを、「さびしさ」というよりも、やはり「清らか」と言いたい気がしています。

七つまで数へて潤む春の星       望生さま

「春の星」のあたたかさ・やわらかさを感じます。
七つまで数えたのは星の数か、それとも心に影を落とすあれやこれやか。
それらすべてが優しく潤んで、春の星に抱かれているかのようです。
「潤む」が、「許す」のようにも思えてきて、胸がきゅんと切なくなりました。
昴を数える時、こんなふうだった記憶が蘇ります。
数える度にどうも違う気がして、何度も数え直すのですが、正解が分からないのです。
そのうちに、胸にあった悩みのタネなんかも、「どっちでもいいかも」って思えて来たり。
「数える」という行為には、何らかの浄化作用があるのかも知れないと感じます。

木の影の中の鳥影春の昼        柚子さま

木の影の中に鳥の影も。
その影はざわざわと活気に満ちて、
春の陽気の中で生命力いっぱいに膨らんでいるかのようです。
木漏れ日の輝きを感じました。
実は、私も同じような景を『NHK俳句』(兼題「春の鳥」)に送ってましたので、
「木の影の中の鳥影」という表現には思わず唸らされましたeyeshine
私こんな綺麗な句に出来なかったよ~~~crying
作者の柚子さまが、私の「補助輪」の句を採って下さっていて、超ハッピーでしたheart04

丸洗いする立春の招き猫         ぴっぴさま

意外性となるほど感に溢れた一句。
丸洗いするのが何だろう?と思ったら、「立春」?否「立春の招き猫」!eyeshine
通常「丸洗い」から連想される類のものではないながら、
商売繁盛を願っての行動に、「立春」がぴったり嵌っている気がする。
ぴかぴかになった招き猫は、千客万来の予感に輝いている。
この「ぴかぴか感」が、実に「立春」なのだとも思うshine

風光るチーズケーキのひとかけら     葉音さま

一読、うっとりしてしまった一句。
「チーズケーキ」が季語とよく響き合っているように思います。
チーズケーキだけが持っている、独特の風味、香り、色合い、食感、冷感。
それらすべてが、「風光る」時期の独特のきらめきにマッチして感じられます。
最初エアリーなスフレチーズを思い浮かべましたが、
「かけら」なのでベイクドチーズケーキでしょう、少しねっとりと官能的な味わい・・・。
その「ひとかけら」が「風光る」に丁度良い分量なのだと感じました。
「風薫る」季節の手前の「風光る」、
そこには「官能のひとかけら」が含まれていると思うからです。

今月も素敵な句がたくさんの『湯豆腐句会』でした、
皆さま有難うございましたshine

« ◆新聞のコラムより | トップページ | 雲雀東風この芦毛ミラベルといふ »

湯豆腐句会」カテゴリの記事

コメント

素敵な鑑賞をいただき、ありがとうございましたm(._.)m
湯豆腐句会も現俳協もそうなのですが・・・どの句も素晴らしすぎて、なかなか選べないんですよね〜〜^^;
何回も何回も読み直して、めぐるさんのお句も高得点のお句も、途中で落としてしまったことに気づくと、正直言ってショックです^^;
自分の選句眼に、なかなか自信が持てません。
まあ、批評は難しいけど、好きという気持ちだけで選んでます^^;

◆葉音さま

こちらこそ素敵なお句を有難うございました!
確かに、「いいなあheart04」と思う句がたくさんありすぎて困りますよねcoldsweats01
葉音さまの「ふらここ」の方も良かったです~~~shine
私も、自分が好きな句を選んでいるだけなのですが、
その句が交流のある方のものだと嬉しさ2倍になりますね!
自分の知識や経験不足で、良さに気づけない句もいっぱいありますが、
「選評を読んで、その句の良さに気づいた」
ということも確実にありますので、
私も自分の好きな句のことは、出来るだけ書きたいと思っているんです。
好きな句ほど言いたいことが後から後から出て来るので困るのですがcoldsweats01
(葉音さまの句にも少しコメント追加しています~~~)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/69833709

この記事へのトラックバック一覧です: ◆選句編:

« ◆新聞のコラムより | トップページ | 雲雀東風この芦毛ミラベルといふ »