最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆千波矢さまより句評を頂きました! | トップページ | ◆お知らせ »

2017年3月 3日 (金)

【地】蜂球を朝から二つ見たるとは

選評

●スズメ蜂を集団で蒸し焼きにする、
 日本ミツバチだけが持っている対抗手段。/小川めぐる@チーム天地夢遙
兼題「蜂」についての様々な雑学情報が寄せられたのが火曜日「俳句道場」。
まだ読んでない人は、後学のために読んでおくとよいですよ。
私が今回初めて知ったのは、「蜂球」という現象の意味。
たった2度の体温差でスズメバチを焼き殺すという、
ミツバチたちの生き残るすべに驚きました。
遭遇の驚きをそのまま「朝から二つ見たるとは」と書いただけなのですが、
その感情を読者もそのまま受け止めざるを得ない一句。
吉と出るのか凶と出るのか、そんな気持ちにもなってくる「朝」の「蜂球」です。


おおお・・・まさかまさか、こんなサプライズが待っていたとは
昨年の2月18日が締切だった「馬鈴薯植う」で『俳句ポスト』初挑戦、
そして今年の1月25日締切の「蜂」で丸1年になり・・・ん?
正確には、2月8日締切の「蕨狩」が節目になるでしょうか
微妙っちゃ微妙・・・
ですが、心情的には、「丸1年、ついに【地】に!」と言いたいところなのでご勘弁を
「蘆刈」で【人】選を頂いたあとから、
「もっと雑詠のようにさり気無く詠めたら・・・」と思うようになっていたので、
まさに「驚きをそのまま書いただけ」と評される句で【地】に選んで頂いたことが、
震えるほど嬉しいです。・・・本当に嬉しいです

この句を投句出来たのは、全20句中の19句目でした。
前日「まだ8句しか出来てない・・・」ところから、
新たに参考記事を引っ張ってきて、そこで見つけた「蜂球」でした。
良かった、あきらめないで・・・。
30句に挑戦!!!を始めたばかりだったので、
10句や15句では話にならん、せめて20句は作らないと・・・と思って必死だったのです。
そして掲示板では、たくさんの方から「お疲れ様!」の書き込みを頂いて、
頑張って良かった・・・と胸いっぱいになると同時に、
「お疲れ様だけでは話にならん、結果が出た時にこそコメントがもらえるようでないと」と、
何というか、審判を待つような気分でいたのも事実です。
なので、木曜日に名前が無かった時は、「ヤバッ・・・」でしたが・・・
本当に本当に良かったです。
有難うございます!
本当に有難うございます!!

第一に、多作に挑戦しようという気持ちに目覚めさせてくれた亜阿介さまに感謝です
そして、常に学びを与え続けてくれる『俳句ポスト』に感謝です
それから、大きな刺激を与えて下さった「ハイポ掲示板」の方々に感謝です
もちろん、掲示板に書き込み下さり、活力と勇気を下さった皆さまに感謝です
調べれば何でも出て来るネットに感謝です
それぞれの記事を、情熱をもって書き上げられた方々に感謝です
つまり、みんなみんな、すべてに感謝です

またこれからも、【人】×3句を目指して頑張ります。
そんな中で、ひょっこり金曜日に顔を出せるようになれたらと思います、
皆さまどうか、長い目でお見守り下さいますよう、お願い致します

« ◆千波矢さまより句評を頂きました! | トップページ | ◆お知らせ »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

めぐるさま

地選おめでとうございます

めぐるさんきっと金曜日だと思っていたので
めぐるさんのお名まえを見つけて
「やっぱり~」と嬉しくなりましたヨ。

いいお句を詠まれたなぁとしみじみ思います。
印象に残る素敵なお句ですね

こんばんは。
金曜掲載おめでとうございます!
昨日お名前がなくて、「これはもう金曜掲載フラグ…!(ゴゴゴゴゴ…)」と勝手に確信してたので、自分のことのように嬉しいです。

蜂球、素敵な字面ですよねぇ…素敵なお句のお陰でますます美しさが際立つなぁと思います。うっとり(*´ω`*)

地選!おめでとうございます!
天地夢遥ツートップ同時入賞!めちゃくちゃ興奮しました!
「蜂球」初めて知りました。選評にもありますが、これが吉報か凶報か読者にとって意味が180度変わってくる面白い作品と思いました。
やっぱ頑張ってる人は強いな~
改めて地選おめでとうございます。

改めて、おめでとうございます。
他の方のコメントにもありましたが、私もそう思いますた。

木曜日、あなたのお名前が無かったのを発見しました。
「うう?」と思いつつ、「おぉ!」の予感がありました。
予感的中の今、心からおめでとうございます、を申し上げます。

「蜂球」知識としては、知っていました。でも、実物を見たことありませんです。
御句の表現を読む時、それが映像となって眼前に浮かびます。
ご自身が語られているように、いわゆる「写生句」ではないのかもしれません。
ですが、読む者にはその情景、驚きを、まざまざと想起させます。
佳い句を、ありがとうございます。

自分が「地」を頂いたときは、「ふぅーん」と醒めた感じ(蘆刈のときなんぞは、逆恨みw)でした。
句友(←勝手にそう認定しています)が「地」を頂くと、とっても嬉しいものですね。
これもまた、私にとって大きな発見でした。ありがとうございます。

めぐるさん「地」選おめでとうございます。一年で選ばれるなんてめっちゃ早いですよ。私二年三ヶ月でした。日本蜜蜂は数が少ないと聞いたことがあります。そんなハニー達の戦いを二度見れたら、吉に違いないですV(^-^)V

めぐるさん♪(≧∇≦)(≧∇≦)

地選おめでとうございます(TOT)(≧∇≦)
もう嬉しくて嬉しくて嬉しくて!!!
蜂球なんてどこから発想が浮かぶの
でしょう(^_^;)凄すぎです!

あーすけさんとも一緒に選ばれて!
これもまた嬉しかったことでしょうね!
私もすごく嬉しいですー(ノД`)

めぐるさん!これからもファンの一人として
私は応援頑張ります!(•̀௦•́)و
本当に本当におめでとうございます(≧∇≦)♪

地選おめでとうございます♪私も木曜日から期待してましたよ♪本当に嬉しいです。「見たるとは」が可笑しくも臨場感あり!でした

いやぁ~、ドラマチックな展開を(無意識とは思いますが)演出下さって、感謝、感謝です。
何度も言いたい。とにかくおめでとうございます。

天地夢遥はめぐるさんがいてこそです。
いつも新しい事に挑戦して新境地を拓くめぐるさんの背中を追いかけていたら、いつの間にか地選へといざなって下さいました。

今回の句は天選級です。
これでハイポニストは迂闊に「○○を朝から二つ見たるとは」とは詠めなくなりました。
では、この季語は簡単に動くのかというと、この上五に入るに値する季語がどれほどあるでしょうか?
例えば「鵙の贄」なら、あってもそんなに不思議はありません。
存在に時間を持たないからです。
少しタイミングがずれても、会えることはない不思議なものが季語でなければなりません。

あぁ、それにしても、あの心配でしょうがなかった木曜の一晩を返して下さい(笑)。
だって、信じてはいたものの、何度も裏切られて、滅多にない奇跡だとあまりにも思い知らされたものですから。

最後にもう一度、本当に本当におめでとうございます!

◆六珈さま

わああああん有難うございます!
実は、個人的に気に入っている句があったので、
最後まで望みは捨てないぞっとは思っていたのですが、
そっちは【没】だったというオチが
いつき先生が「初めて知った」と仰っていたので、
「蜂球」ってこれまで俳句に詠まれていなかったのかしら?と思い、
検索をかけてみたところ・・・今回の『俳句ポスト』の中でしか見つからなかった?
ので、今後もしいつき先生が『俳句ポスト』歳時記を編まれた場合、
例句として載る可能性が高いかも知れない!!!という妄想にルンルン
しばらくはこれでお腹いっぱいになれそうです(笑)

地を這ふはかつて女王だつた蜂

六珈さまこそ、【人】×2句おめでとうございます!!
特にこの句、とってもドラマチックでゾクっとしました。
「ハイポ掲示板」でも十句選で選ばれていましたよ!!
六珈さまのお句は十句選に出現率高いです
私も【人】×2句、【人】×3句を目指して頑張りますので、
今度ともどうぞよろしくお願い致します!!!

◆しゃーらさま

有難うございます!!&しゃーらさまも【人】おめでとうございます!!
思えば私が初めて『俳句ポスト』を知った時、
しゃーらさまが「伊予柑」で【地】選に載っていたのでした
忘れもしません、

大吉を引いた手で伊予柑を剥く

「おおーーーっ捨楽さんが載っとる!!!
『現俳協ネット句会』の掲示板はお喋り出来る雰囲気ではなかったのが残念ですが、
今こうしてブログでお話し出来るようになって本当に幸せなんです

追って来る蜂一匹をもてあます

ありありと情景が浮かびます、そして追いかけられたくなぁい
しかししゃーらさま、蜂球に美を感じられるとは流石です!
分蜂の時の大きな蜂球なんかは、動いてさえいなければ実に美しいと思います。
アースカラーに黒って、実に上品な色合いだし。
禍々しい雀蜂の巣でさえ、古代の壺みたいでカッチョいいし、
あの模様の入り具合によっては、神秘的なまでに美しくなりますものね
しゃーらさまのセンス、やっぱり好き~~~

それにしても、木曜日に名前がないと心臓に悪いので・・・
やっぱり毎回確実に名前が載るのが一番ですね
「安定の木曜日」を目指して頑張りますので、
今後ともどうぞよろしくお願い致します!!!

◆けんGさま

有難うございます~~~~!!!
なんか涙が零れる
昨年の夏、『プレバト!』の記事で初めてけんGさまにコメント頂いてから、
ものすごく楽しくて、たくさんのことを教えて頂けて物凄く有難くて、
『俳句ポスト』にしろ『現俳協ネット句会』にしろ、
けんGさまが思わずコメントしたくなるような句を書くゾ!!というのが、
私にとって大きなモチベーションとなっていました。
日頃山に親しまれていて、「蜂」にも慣れている(?)けんGさまから、
「面白い」と言って頂けて感無量です
そしてけんGさまも【人】おめでとうございます!

静けさや念仏山は蜂ばかり

この「静けさ」は、あたたかくて佳いですね
登山者が「ふぅ・・・」」と一息ついて、心の中で微笑んでいるような感じがします。
春の暖かな日ざし、風も心地良くて、すべて世はこともなし・・・。
ゆったりした時間を感じさせて頂きました、有難うございます

秋雲とほろほろ鳥のパスタです

これは俳号「けんG」時代の地選句でしたね。
今度は俳号「耳目」での金曜日降臨、楽しみにお待ちしております!!!

◆糖尿猫さま

有難うございます~~~!!!
あーんど糖尿猫さま【人】×3句おめでとうございます!

蜜蜂の活気漲る棄老の野

特にこのお句が印象に残っています。
日本には「姥捨」伝説がありますが、
遊牧・狩猟民族においては「棄老」が発生するのだそうですね
残された老人たちは、時には蜂蜜や蜂の子を採って生き延びることもあったでしょうか。
私が何十句作ろうが到底叶わない知識や発想をお持ちの糖尿猫さま・・・
ひたすら尊敬するのみです
思えば、私が多作に挑戦すると言った時、糖尿猫さまとけんGさまが心配して下さって、
「多作について」という記事をUPして下さいましたね。
「鷹狩」「山焼」と、固唾を呑んで見守って下さっていたかと思いますので、
「蜂」でようやく結果が出て本当に良かったです、ホっとしています
そしてやっぱり、ギャ句や回文を楽しめる頭の柔らかさが金曜日に繋がるんですね!
「蜂」で両方に挑戦したら【地】選までついてきました
やはり・・・効果絶大なんだわ!
そんな訳で、これからも積極的にギャ句&回文にも挑戦していく所存であります。
目指すは「安定の木曜日」そして【人】×3句!時々【地】(笑)
コツコツ頑張っていきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します!!!

◆せり坊さま

有難うございます~~~!!!
そしてせり坊さまも【人】×3句おめでとうございます!
(何故1句だけ離れていたのか謎ですね)

ゆうるりと手中に囚ふ熊蜂

中でもこの句ラブリーです!!
熊蜂は刺しませんもんね、コロンとしてて可愛いですもんね
手の中に「ゆうるり」と囲う感じ、すごくよく分かります~~~!
そうそう、実は!私、「蘆刈」の時に
「安易な取り合わせでなく、血の通ったような句を作りたい!」
と強く思ったのですけど、そのきっかけがせり坊さまの「蘆刈【地】選句だったんです。
http://meguru2016.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-4984.html
証拠(↑)
イメージだけで書いた私の「鳥の巣」に比べて、なんと臨場感に満ちていることか!
そして幾度となく壁にぶつかりながら、ようやく「蜂」で日の目を見た気分です
私にとっての大きな転機(大袈裟?)を与えて下さったせり坊さまに、
深く深く感謝を述べたいと思います、有難うございました
当時の俳号に「玉虫虫改め」がついていたため、すぐにピンと来なくてスミマセン!
こんな私ですが、今後ともどうかよろしく、よろしくお願い致します!!!

◆寿々さま

有難うございます~~~!!!
そーなんです、木曜日の「」からまさかの金曜日
この落差も大きかったですが、亜阿介さまとのダブル入選なのは本当にマジで、
奇跡以外の何物でもない!!!と感じました
きっと寿々さまの応援が効いたのでしょう、百人力とはこのことですよ!!!
ちょうど『象さん』は始まって、毎週5句出しでアタフタしていた時でしたよね。
前日になっても5句しか出来てない状況の時に、
「あきらめたらそこで試合終了だよ」と安西先生(BY「スラムダンク」)の声が聞こえ、
新しい情報を探しに行って「蜂球」見つけました
20句句投句中の19句目でしたから、まさに粘り勝ちでした
この時も掲示板でワーワーやって楽しかったであります。
何とか20句投句出来た時に、寿々さま含めてたくさんの方から
「お疲れ様!!!」って言って頂いた時も嬉しくて嬉しくて、
「ガンバって良かった」と思いました。
やっぱり、皆さまとの会話から受ける刺激とかエネルギーって大きい!!!
もし誰も何も言ってくれなかったら、ブログをやる楽しみも減るでしょうし・・・
(反応がなかったら、せっかく入選しても寂しいだけですものね
なので、いつも明るい空気を届けて下さる寿々さまには本当に感謝しているんです。
これからも是非是非よろしくお願いしますね!!(必死

そして寿々さま、3月の『象さん』近づいてきましたね
悔いなく終われるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!!!

◆すな恵さま

有難うございます~~~!!!
そしてすな恵さまこそ【人】×2句おめでとうございます!!

山幾重木箱は蜂を吐き出して

こちらは「ハイポ掲示板」でも十句選に挙げられていましたね、流石です!
上五が、これはなかなか出て来ない雄大な景だと感じましたし、
「吐き出して」が、あの、ドロドロ・・・って感じで出て来る蜂の感じですね!
実家で父が一時期養蜂家を目指したこともあったのですが、
台風でダメになってしまったようなんです
今も続けていられたら、参考になる話が聞けたかも知れないんだけど、当時は
「蜂に刺されんね?」
「うん刺されんよ。お父さんな蜜蜂と仲良しだん
こんな会話を交わしたっきりなのでした

『俳句ポスト』金曜日はもちろん、『NHK俳句』でもご活躍のすな恵さま。
ほんの少しでもお近くをウロチョロ出来るように、これからも頑張ります!!
今後とも、どうぞよろしくお願い致します!!!
3月の『象さん』でもまた是非とも同室にと願っております!!!

◆亜阿介さま

有難うございます~~~!!!
いや~いまだ興奮醒めやりませんね
改めまして「お互いおめでとう!」ですね
実は私、目標を【人】×3句にすると決めた時に、
一度はチーム離脱を考えたのですが、離れなくて良かったです!!!
このチーム名が天地を引き寄せてくれたのでしょう
チーム名を決定して下さった亜阿介さまに感謝です!

「蜂球」へのコメントも有難うございます、
まさか自分がそんな原型力のある句が詠める日が来るとは思っていませんでした、
もしかすると波多野爽波の句集を繙けば、存在するかも知れませんね。
少なくとも、こういった語り口での作句が出来たのは、
多少なりとも波多野爽波を読んだおかげがあるはずです。
今まで下書きに入れっぱなしだった名句鑑賞のページをUP出来たのは、
比々きさまの後押しがあったからですし、
本当に、たくさんの積み重ねが【地】に繋がったんだなとしみじみ感じています。
そう思うと、もし今後「蜂球」の句が増えたり、「見たるとは」という句が増えてきたら嬉しいな。
私の名前が残らなくても「いつだったか『俳句ポスト』で見たんだよ~」って、
誰かの記憶の片隅にでもに残り続けてくれたら。

それはそうと、3月の『象さん』も近づいてきましたね
こちらの目標も達成出来るよう、お互い頑張りましょうね!!!
是非とも同室にと願っております!!!

遅くなりましたが、地選!おめでとうございます。

徹底して地固めをして生まれた句、日ごろの努力が報われた受賞ですね!これからも期待しています。

おはようございます。お返事ありがとうございます。
えーと、あの、書いてくださってた「追って来る〜」の句は別の方のです…(´・ω・`)
私のは一個うえの「始発駅〜」というものでした。
訂正しなくても良いかなあ、と思ったんですが、もしもご本人がご覧になったらモニョるかな…と。
メール等でこっそりお伝え出来たら良かったのですが、やり方がわからず。ごめんなさい。

現俳の掲示板は〜…あー、私も最近は書き込む気にならなくて、選句の感想も書いていません。
なんか、空気が楽しくないので。

私の地選はあれっきりなので、まずは人選の常連になることを目指さなくてはです。頑張ります٩( 'ω' )و

◆しゃーらさま

ギャーッ!
お知らせ頂き、有難うございました!!!
そしてゴメンナサイ!!
「追ってくる~」作者の方にも、ゴメンナサイ!!!
ちなみに、メールはブログの「プロフィール」の下の方に「メールを送信する」ってあって、
そこをクリックするとメルアドが表示されます。
今後こっそり耳打ちしたい時は是非ご利用なさって下さい
いろいろと迂闊な人間なので、遠慮なく教えて下さいね!
そう、もっとちゃんとした人間にならないと・・・
という訳で、私の目標もまずは【人】、そして【人】×3句!
より良き人となれるよう、心を練り上げるのだ・・・
お互い頑張りましょうねっ!!!

◆正丸さま

有難うございます~~~!!!
こちらこそ『プレバト!』の記事遅くなりすみませんでした
『俳句ポスト』では夏井先生のコメントが読めるのは【天】【地】の句だけですが、
『プレバト!』では本当に様々なことを何回も繰り返し仰って下さるので、
番組を観ているだけでかなり「俳句の作り方」が分かってくるように思います。
正丸さまが読んで下さってるということで、以前にも増して一生懸命メモを取るようになったのも、今回に繋がったのではないかと感じていますよ!
これからも『俳句ポスト』『プレバト!』でしっかり学び、
またたくさんの方からコメントをもらえるような句を書けたらいいなと思っています。
まだまだ未熟なばかりの私ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します!!

こんばんは
私のような新参者にもとても丁寧にお返事を頂き、感激とともに大変恐縮しています。また蘆刈の拙句を目に留めていただいて、何とも面映ゆく、鼻の穴が膨らんだりお尻の辺りがムズムズッとしてます(笑)
ただ私の場合皆さんと違って、まぐれと運で入選したと思ってますので、「調子に乗ってんじゃねーぞ私!」と自らを戒めています。いい夢を見させてもらってありがとうございますっていったところです。
何ごとにもスローモーなので、私のペースで前進していければと思ってますが、吟行で皆さんのように多作できなくて、それは困りますね
今さらですが水色の卵のモデル―ー―実はアローカナという鶏の卵です

お返事は気にしないで、ごゆっくりお休みください。

◆せり坊さま

お心遣い痛み入ります
私は吟行や句会には参加出来ないので、
「ハイポ掲示板」の書き込みでいつも空気感のお裾分けを頂いております
皆さまホント凄いですよね~~~
こんな凄い金曜日常連の方々がたくさんいらっしゃるのだから、
1回でも割り込めた幸運に感謝しつつ、
これからも自分が兼題に向き合った時に感じる素直な気持ちを書いていければ、
そしてその素直な気持ちに、夏井先生が「クスッ」とでもしてくれたら、
それが毎回兼題を用意して下さる夏井先生への恩返しにもなると思っています。
せり坊さまの金曜日再登場も楽しみにしています

>アローカナ

検索して見てみました!
冬の空の色のようで、なんとも美しい・・・
ご紹介、有難うございました!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【地】蜂球を朝から二つ見たるとは:

« ◆千波矢さまより句評を頂きました! | トップページ | ◆お知らせ »