最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「第2回プチ句会」個人別の発表です | トップページ | ◆「俳句がうまくなる100の発想法/ひらのこぼ」(1) »

2017年5月14日 (日)

◆「薄暑」十句選です

『俳句ポスト』兼題「薄暑」木曜日掲載の句からの十句選です。
勝手にてきと~なことを申しておりますので、どうかお気になさらないで下さいね


ひわ色のサリー薄暑の石畳      ラーラさま
「薄暑」に似合う色・・・私も考えましたが、「白」「赤」「黒」「モノクロ」「銀」どまりでした。
入選作を見ると、「雀色」「飴色」など、工夫されていることに気づきます。
なかでも「ひわ色」に納得!そして「石畳」という言葉に漂う異国感もまた「薄暑」。
「異邦人(久保田早紀)」を思い出すような一句です。

画仙紙の滲みうつくし宵薄暑     小市さま
「画仙紙」とは、書画に使われる大判の用紙。
墨の発色やにじみ・かすれの美といった書画表現を満たすために生み出されたとのこと。
「画仙紙」に集中して向かい、会心の作を得て眺めている・・・いつのまにか時は宵の口。
ほのかな高揚感が「宵薄暑」に漂っている。

彫刻の乳房滑らか薄暑光               クラウド坂上さま
おぁ・・・佳いですねえ一読「湯あみをするビーナス」を思い浮かべましたが、
つらつら検索していて、「脱ぐ女」もエエな・・・!とうっとりしたり
「彫刻」という本来無機質のものが、「乳房」しかも「滑らか」で官能の質感を纏い、
その全容が「薄暑光」に、あますところなく浮かび上がっている・・・ああっ佳いですねえ!

石庭の砂紋きらめく薄暑かな          はまのはのさま
「石庭」と言えば龍安寺でしょうか。限りなく簡素に、そして精緻に計算され尽くした名庭。
どの角度から見ても絶対見えない石があって、実は全部で15個あるという・・・。
そんな侘びさびの極致である石庭に、今薄暑の光が砂紋をきらめかせている。
モノクロの世界にさえ彩りを与える、「薄暑」の輝き。素晴らしい季節の到来です

薄暑なら会いに登るよ天守閣          まゆ熊さま
私も「薄暑なら~~~」という句を考えましたが、「登るよ天守閣」に唸りました!
何故「天守閣」に?という意外性もありますし、ワクワク感に溢れています!
夏を迎えて解放感いっぱい、「お安い御用さ!」という気がしてる
これが「酷暑」になると「チョット勘弁してよ」・・・って感じ?とも想像出来て楽しいです。

甘味屋の二階は画廊街薄暑           杉本とらをさま
「薄暑」って、ちょっと「異世界」。これは、そんな「異世界感」に溢れた一句です。
「甘味屋」も「二階」も「画廊」も、言ってしまえば「街」までも、
「普段の自分」からチョットだけ離れたところにある気がします。
そしてこの「画廊」には、竹久夢二の画がありそうです・・・!

天井を薄暑の水の反射光               大塚迷路さま
これが「天井に」だと普通の文章になってしまうのだと思いますが、
「天井を」とすることによって、俄然生き物のように揺らめく反射光が立ち上がってきます。
「天井」を眺めている人物が、所在なさげな雰囲気に感じるのもまた「薄暑」。
「ちょっと暑いな~外に出たくないな~」と寝っ転がって天井を見ている気がします。

薄暑光じゃぶじゃぶ池が明日ひらく   澱凡さま
「じゃぶじゃぶ池」という、地域で子供たちの遊び場として開放される池があるとも、
さあ池開きだ、「薄暑光」を「じゃぶじゃぶ」跳ねて遊べるぞ、とも読めて楽しい一句。
夏に向かって盛り上がる気持ち、という「薄暑」が描かれていて気持ち良いです
「ひらく」の平仮名表記も、開放感だけでなく「子供たちが楽しみに」という気分まで出ていて好き

鉛筆の芯の匂へる薄暑かな            物心さま
寿々さまの【並】「削りたて鉛筆の芯薄暑光」の上位互換句ですね
寿々さまのお句を読んだ時に感じた、削りたての匂いや尖った芯の鈍い光が、
すべて「匂へる」に集約されるのだな!と感心しました。
「匂う」という言葉に、こんなにも「新鮮さ、そのものらしさ」が含まれるのだと教えて頂きました。

街薄暑歩幅の広き少女達               老人日記さま
ああ!実に「薄暑」の景です!!!一目惚れしちゃいました!!
寒い間はロングスカートの中で息を潜めていた(?)足が露出して、
初夏の街を自由自在に闊歩している少女たち。
青春のきらめきが、「薄暑」の中に乱反射しているようで眩しい一句

今回も、本当に素敵なお句をたくさん、有難うございました!!
「薄暑」が大好きになりました
最後になりましたが、「薄暑」週掲載の皆さま、おめでとうございます!!!

« ◆「第2回プチ句会」個人別の発表です | トップページ | ◆「俳句がうまくなる100の発想法/ひらのこぼ」(1) »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

初めまして。明日の句会の下調べをしておりまして
このページに出遭いました。
とても丁寧なブログに驚きました。

湯豆腐句会にリンクと在りますが、会員でいらっしゃいますか?
私も以前から湯豆腐句会にお世話になっているのです。
またお邪魔させて下さいね。

◆ふきのとうさま

わああ、「湯豆腐句会」の方ですね、いらして下さって嬉しいです!!
「湯豆腐句会」には一昨年の秋から参加させて頂いており、
「めぐる」という名前で投句致しております。
ふきのとうさまは・・・もしかして「きのと」さまでいらっしゃいますか?
(違ったらゴメンナサイ!!)
また是非お立ち寄り下さい、お待ちしております!!

めぐるさん(●´ω`●)♪

こんなに豊かに鑑賞できるめぐるさん凄い!尊敬します!
なるほどなるほどと頷きながら読ませていただきました。
この記事を読み皆様の御句の素晴らしさをやっと理解できたような気がします。
自分で読んだだけでこんなふうに映像や匂いや背景が読み取れたらなあ・・・
と憧れます。


◆桃猫雪子さま

コメント有難うございます!!
いやいや全然ちゃんと読めてませんで、毎回袋叩きに合う夢を見ております
知らない言葉が多いので、検索して初めて「そうなんだ!」と感心してばかり。
文章がおかしくて、後から書き足したり修正したりしていることも多いのです。
句意を完全に読み取ることはなかなか出来ないので、
せめて少しでも自分が感じたことが伝わるように書けたらなと思っています。
表現力の向上を願う気持ちは、作句の時以上かも知れません。
そして、私には見えないところが桃猫さまには見えていることもありますので、
もし良かったら桃猫さまもお気軽に感想を仰って下さいね!
いろんな視点で見ることで、より良さが分かってくると思いますので

めぐるさん
拙句を取り上げていただき、ありがとうございます。
ある時、良い筆と良い紙を使うと自分の字がとても美しく見えることに気づきました。
弘法は筆も紙も選んだに違いありません。

◆小市さま

こちらこそ、素晴らしいお句を有難うございます!
そういえば小市さま、俳画(絵手紙?)も描かれてましたね、
フェイスブックでチラ見させて頂いたような気がします。
「画仙紙」、書き心地良さそうですね
上質な大人の時間を感じさせて頂きました、有難うございました!!!

めぐるさん♪
ご紹介ありがとうございます(≧∇≦)
私の句を取り上げてくださり本当に
嬉しいです♪人選の方の句をしっかり
見て学び自分に生かせるようにしていきたい
と思いました!!

俳句ポストは私のようなものには本当に
勉強になる場です!それをこうして分析
してくださることは更に勉強になります!

めぐるさん!
たくさんのヒントをいつもありがとうございます!ここは宝箱です(*^_^*)

◆寿々さま

こんばんは!
お返事遅くなりすみませぬ
「俳句がうまくなる100の発想法/ひらのこぼ」の記事を書いていて、
いざ記事UPと思ったらエラーで全部消えてしまって、
ショックでしばらく立ち直れませんでしたぐううううおおおおおお!

『俳句ポスト』、本当に勉強になりますよね!
自分の没句にはもちろん、入選句にも上位互換句があることが多くて、
「あ、こうすればもっと上に行けたのか!」って分かる仕組みになっています。
自分の句になくて、上位句にあるもの・・・
これを毎回感じていれば、知らず知らずに表現力が上がっていくはず!!
金曜の【天】【地】はもちろん、木曜日のあの長~い入選句リストが学びの宝庫です。
いっぱい学んで、少しずつでも身につけていきたいですね
お互い頑張りましょう~~~!!!

はじめまして。はまのはのと申します。
兼題「渡り漁夫」のときに”渡り漁夫”でググったらこちらのブログがヒットして以来、締切前になるとこっそり拝見させていただいておりました。

拙句を選に挙げていただきありがとうございます。
ぼーっと読んでましたら、自分の句がでてきてびっくり!まだ、ドキドキしています^^;
拙句がどなたかの心に引っかかったこと、それを知らせていただけたことがとても嬉しいです。
お礼申し仕上げます。

実は私の本命は同時投句した「龍安寺」を入れた句でしたorz
俳句ポストでも一句一遊でも、毎回、どうしてこれだったんだろう?ってところから復習です^^;

私、めぐるさまの「昼顔」の句を拝見した時に「あ〜、薄暑だよ、薄暑!」って思わず声がでていました。頭に浮かんだ映像の持つ説得力が抜群でした。
私もこういう句を詠めるようになりたいです。

また、たまに、こっそりになるかもしれませんがこちらを覗かせていただきますね。

◆はまのはのさま

きゃああ起こし下さって有難うございます!!!
好き勝手書かせて頂いて申し訳ない気持ちでいっぱいです
そういえば、「渡り漁夫」の時、私も情報を~~~とググったら、
自分の記事が上の方でHITするという事態でした・・・。
いかに難しいお題だったか・・・ですね
そして、
×竜安寺
○龍安寺
でしたね、すみません~~~~!
私、古本屋さんで「日本の庭園美4 龍安寺」を見つけて思わず即買いしているのに、
うっかりしていましたー!(後で訂正しておきますね
私こそはまのはのさまのようなきらめくお句を詠んでみたいです!!!
また『俳句ポスト』の結果楽しみに拝見させて頂きますね、
こっそりといわず、ばんばんいらして頂ければ幸せです!!
今後とも是非よろしくお願い致します!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「薄暑」十句選です:

« ◆「第2回プチ句会」個人別の発表です | トップページ | ◆「俳句がうまくなる100の発想法/ひらのこぼ」(1) »