最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆4月句会の結果です・・・!!!(追記あり) | トップページ | ◆「第2回プチ句会」本日投句締切です(締切ました!) »

2017年5月 5日 (金)

鯉幟ぬうるり雨を孕む風

久しぶりの『プレバト!』記事です。
『俳句ポスト』兼題「渡り漁夫」の没句祭りのさいに首を痛めて以来、
メモを取る姿勢が辛かったりして更新が滞ってしまいましたが、
ようやく快復したようです
今回のお題は、「こいのぼり」。
マンションのベランダに上げられたこいのぼりの写真を見ての一句、順番に紹介していきます。

【凡】2位:西川貴教(55点)
都市(まち)の空窮屈そうなこいのぼり
藤本「これは(同じ写真を見たら)十人中九人が作りそうな・・・」
梅沢「気取ったところがあるね、都市と書いて『まち』とか・・・」
夏井「お二人とも当たってます。とっても当たってます
    『まち』街でいい、中七『窮屈そうな』は作者の感想なので、何を見たか書けばいい。
    何を見て窮屈そうと思ったのか、そのモノを。そして『こいのぼり』漢字の方がいい」

街の空狭しと風の鯉幟(添削)

【凡】3位:森口博子(50点)
はしゃぐ日の母の愛知る菖蒲の湯
森口「母への愛と感謝の句です
藤本「字面が悪いというか・・・『愛知』みたいじゃない?」
夏井「意味は違いますが問題点は同じところです。『知る』は要らない。
    『はしゃぐ日』もどうでもいい。『母の愛』抽象的で難しいですが残しましょう」

菖蒲湯の匂いかの日の母の愛(添削)
夏井「最後に貴女の一番言いたかったことがスっと入ってくる」
森口「匂いも愛も、全部伝わる


【無】4位:宮田俊哉(35点)
風香る鯉の家族がゆらゆらと
千原「季語がない?」
藤本「季語はあるよ」
夏井「季語はありますただ、『香』じゃなくて『薫』ですね、『薫風』の『薫』
    内容がなぞなぞみたい、答えが『こいのぼり』みたいな」

風薫る水面や鯉の家族らも(添削)
夏井「『鯉』を『池の鯉』とすると、多少の光景が見えてきます」

【無】最下位:市川由紀乃(30点)
鯉のぼりしあわせ乗せて恋ダンス
夏井「ダジャレが悪い訳ではない、流行りの言葉を入れてもいい、
    ただ、そこに詩がないと、ただのダジャレで終わってしまう。
    『しあわせ乗せて』もオリジナリティーのない言葉」

この風に乗れ鯉のぼり恋ダンス(添削)
夏井「『こ』の音を響かせて調べを作ります」
藤本「リズムがいい!」
梅沢「リズムがいい!」


【才】1位:千原ジュニア(70点)
風を飲み込み昇る五月鯉
梅沢「惜しい!『逆風』と言わず別の表現をすれば特待生
千原「『逆風』は人生の『逆境』と重ねた」
夏井「読者は『逆風』ときて人生のことかと思いながら読む、
    最後の『五月鯉』で『こいのぼりのことか!人生みたいだな』と思う。
    語順が良く、ここまでシンプルに書こうとしたところを褒めたい。
    ただ名人惜しいところまで言った!『逆』もったいないんです。
    漢字一文字でいかようにも映像が変わる、『山』『海』『ビル』『朝』・・・。
    季語の生々しい映像を描けたら特待生ですよ


【名】二段:藤本敏史
鯉のぼり挿され五つのランドセル
梅沢「やっちまったな!読み手のことを考えないと!」
藤本「図工の時間に作った鯉のぼりやけど・・・分かれへんかな?
森口「私も分かんなかった・・・」
藤本「貴女凡人でしょ?

宮田「僕も分からなかった」
藤本「貴方才能ナシでしょ?


査定ポイント」「挿され」機能しているか?
結果:1ランク昇格!【名】三段へ
コメント:「挿され」とても機能している

夏井「非常にコンパクトに映像化されている。それぐらい分かりますよ!
    『五つ』が五人の小学生に結びつく、GW前の下校の風景まで浮かぶ。
    あの写真からこういう光景を描けるとは



おお!フジモンが名人三段にまで上がってきました!!
「ランドセル」の句は、何気に「五」という数字も機能している気がしますね。
フジモンらしい、可愛らしさの溢れる一句と思いました

私のタイトル句は、こないだの「芒種」でオノマトペ句をいくつか投句した名残りで、
「オノマトペ+水分」の句になってしまったようです
皆さまはどのような「こいのぼり」を詠まれましたか?

« ◆4月句会の結果です・・・!!!(追記あり) | トップページ | ◆「第2回プチ句会」本日投句締切です(締切ました!) »

プレバト!」カテゴリの記事

コメント

昨日のプレバト見ました。フジモンさんの句はえ~~、ちょっと~と思いました。
私はジュニアさんのほうが逆風を変えるとすごく変化して惹かれました。

でも「~~の風」の自分の予想は全く外れて😅
まだまだだと思いましたよ。

この風に乗れ!この句の直しが素晴らしかったですね(*^_^*)「こ」の連続性が出るなんて!驚きました!乗れ!で上五に力がありますし(*^_^*)素晴らしい一句になったと思いましたね!

◆はずきめいこさま

こんにちは、コメント有難うございます!
フジモンは写真からの飛躍が凄いですよね。
私はなかなか発想飛ばせないので、フジモンとか東国原さんとか羨ましいです
ジュニアさんの句、良かったですよね!!
めいこさまの思い浮かべたのはどんな風だったのでしょうか、
きっとそれも素敵な風に違いないです
先生の仰られた中では、私は「朝風」が好きかな
清々しい空気の中で、希望と生命力に満ちて見える気がする
私のは、・・・ずいぶん湿った風になってしまいました、トホホ

◆寿々さま

こんにちは!コメント有難うございます!!
「この風に乗れ」良かったですね!!
勢いがあって心地良くて。
こういうリズムの良い句をいつか自分でも書いてみたいです

はじめまして。
いつも楽しみに読ませてただいています。
めぐるさんのお人柄が滲み出る素敵なブログですね。
挨拶したいなあと思いつつ今日まで覗くばかりで申し訳ありませんでした。
プレバトを見ると自分の選句のセンスに「うぁぁあ」となります・笑
そうかぁ「挿され」もありかあ。
確かに最初の印象「分かりにくい!」から想像することを放棄しちゃったなあと反省。
大好きなプレバトをこうやって文章におこしてくださるので二倍楽しめます。
いつもありがとうございます。

こんばんは!
正確に記録がなされていますね! さすがです。
また、コピー取らせていただきます。


プチ句会の対応も大変だと思います。頑張ってください。

◆桃猫雪子さま

わああ、初めまして、書き込み頂き嬉しいです!!!
もしかして、俳号「桃猫」で『俳句ポスト』に投句しておられますか?

菜の花や古風な我が名愛す頃  桃猫

とっても素敵だと思っていました
自分の名前を愛せたら素敵ですよね
「こいのぼり」の「挿され」、大きいイメージのある人には想像しにくいかもですね。
『プレバト!』は、出演者同士の掛け合いのテンポの良さも魅力なので、
出来るだけ楽しさが伝わるように書けたらと思っております。
コメント頂けると励みになりますので、また是非お気軽にいらして下さいね
ガチャガチャした、粗忽者の私ではありますが、
今後ともどうぞよろしくお願い致します!!!

◆正丸さま

有難うございます~~~、久しぶりなので頑張りました
ちょうど3時間スペシャルの時に首が痛くて出来なかったので、
また隙を見てUP出来たらと思っております。
「プチ句会」、おかげさまで前回以上の投句が集まってきております!!!
明日のこの時間には選句が始まっていますね、
一覧をお届けするのが待ち遠しい気分です!!!

あぅあぅ。
自分の拙い俳句を載せていただいて赤面というか、なんというか…!
俳句に触れて間もないビギナーズラックなのでそんなコメントをいただくのが
申し訳ないです。でも嬉しいです。ありがとうございます。
ちなみに没句。

玉とってもタマ菜の花帰り道

猫の去勢の帰り道…
って、なぜこれを投句したのか!しかも自信を持っていたのか!笑
自分で自分をひっぱたきたいです!

めぐるさんの「騒ぐ子は菜の花畑に捨てますよ」に痺れました。
自分だったら「悪い子」ってしてしまいそう。
「騒ぐ子」だから子の元気さが伝わり、それを叱責する女性の優しさ温かさも活きてきますね。「菜の花畑」って音も多く詠み込むのが難しいのにサラリと入れる言葉のセンスと切り口が素晴らしいと思いました。
話し言葉の句って素敵だな~と刺激を受け作ってみました。

乱暴はよせ菜の花が咲いてゐる

太宰治の小説のイメージで?
長々すみません!
いつかプチ句会にも参加したいですがまだまだハードル高いので発表を楽しみにしております!お忙しいところ何度もコメントしすみませんでした。

◆桃猫雪子さま

>乱暴はよせ菜の花が咲いてゐる

わあああ、この句めっちゃ佳い!!!
どこかに投句しなくて良かったんでしょうか、掲示板に書くのがもったいないくらいですよ!
自信のある句ほど【没】になるというのは「あるある」ですよね
後になると、「なんかカッコつけてたかも」とか「独りよがりだったかも」とか、
それなりに敗因(?)が見えてくるのですが・・・
金曜日までは期待を捨てきれないという・・・
私も、この頃ようやく期待値一番とか上位の句で入選出来るようになってきましたが、
「これは平凡すぎる」と思って投句見送る寸前で思いとどまった句も入るので、
30句から20句に絞っても複数入選が叶うかどうか、これから試練だと思っています。
私の「騒ぐ子」への感想も有難うございます!
菜の花の花言葉が「元気、活発」などだったので、よく動き回る子をイメージしました。
これからも、話し言葉の句はひとつはチャレンジしていきたいです。
桃猫さまのお句も、これから楽しみに拝見させて頂きますね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯉幟ぬうるり雨を孕む風:

« ◆4月句会の結果です・・・!!!(追記あり) | トップページ | ◆「第2回プチ句会」本日投句締切です(締切ました!) »