最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「第1回それミー関西・吟行句会」 | トップページ | ◆6月28日締切の兼題:「夏越」(追記あり) »

2017年6月27日 (火)

◆「100年俳句計画」7月号来ました~

・・・って、来たのは24日(土)だったのですが
今回は、雑詠、自由律、詰め俳句に投句。
英語俳句、用意してたのに送信忘れてたーーー
疑似対局、タイミングが取れなかったーーー

◆雑詠
先選者:桜井教人
【人】嵩張らぬ人と暮らせば柚子の花
後選者:関悦史
【並】終着のバスは始発へ夏銀河

◆自由律
【人】青芝に泣いた日もある「友達なんか、いらん」


【人】句は、ダンナのこと、息子のことです。
採って下さり、有難うございます!いやーーーー甘酸っぺえな

◆詰め俳句

「大西日」3級、正解は「蝉時雨」でした。
正解者ナシとのこと!難しかったです

« ◆「第1回それミー関西・吟行句会」 | トップページ | ◆6月28日締切の兼題:「夏越」(追記あり) »

百年俳句計画」カテゴリの記事

コメント

来ましたね!
今回かもめぐるさん大活躍〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))
詰め俳句、出し忘れました。
前回初めて出した「茅花流し」で、めぐるさん大正解だったような、、。
名前が何処かに出るよう私も頑張りまーす!

◆かま猫さま

有難うございます~~~、
家族を詠むことってなかなかないので、評価して頂けて本当に嬉しかったです。
「茅花流し」は音数的にも「これだっ!」てすぐにピンときていたんですが、
「蝉時雨」は難しかった・・・出題者も解答の方の「青嵐」や「麦の秋」を二段にされていましたね。
次は四音の秋の季語・・・時候の季語だろうかと思いながら歳時記をめくっています。
かま猫さんと並んで載れたら嬉しいな

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆「100年俳句計画」7月号来ました~:

« ◆「第1回それミー関西・吟行句会」 | トップページ | ◆6月28日締切の兼題:「夏越」(追記あり) »