最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ★「それミー吟行隊・関西支部」動き始めます~! | トップページ | ◆「第3回プチ句会」選句開始~~~!!!(選句受付者リスト更新) »

2017年6月 3日 (土)

払っても払っても夏(自由律)

今週の・・・いや先週のですね、更新がすっかり遅くなってしまいました
(気を取り直して)お題は「初夏の箱根」
写真に収められているのは湯本の駅前、あなたなら、どんな一句を詠みますか?

【凡】4位:中田有紀(45点)
歩を進め箱根空木のごとき頬
中田「箱根空木って、白→ピンク→赤って色を変えて咲くんですよ。
    で山登りしている自分もだんだん頬が紅潮してっていう・・・」
藤本「木かと思って、ガッサガサの頬を想像してもうた
中田「思い込みで詠むとこうなるのよねえ」
夏井「名人の感覚は正しい。樹木の花なら『花○○』とか『○○咲く』とか言わないと。」

箱根空木咲く登りきし君の頬(添削)

花だと分かる表現を!思いが正しく伝わる表現を心がけよう!

【凡】3位:ABC-Z橋本(50点)
旅の途中箱根空木に舞う心
小林「箱根空木ブーム
橋本「『舞う』で咲いてるっぽくないですか?」
藤本「『舞う心』、よく見る言葉(凡人ワード)ですよ」
橋本「スタンダードなんだ
中田「『旅の途中』も気になるんですよねェ・・・」
夏井「二人ともエライ
   『舞う心』スタンダードじゃなくて、陳腐です。」

風に咲く箱根空木や旅さなか(添削)
夏井「こうなるとシュっと(上へ)行く」

『舞う心』はありふれた表現。自分にしか出来ない表現を探そう!

【凡】2位:真琴つばさ(52点)
初蛍湯本の宿に光りけり
真琴「今度、初めて蛍を見に行くんですよ・・・人生初蛍
藤本「これは・・・夏井先生がよくいう・・・『光らない蛍がいたら持って来い』
夏井「ハイ。光らない蛍がいたら持って来い!
真琴「ああ・・・入れてもうた!って思ったんですよね・・・

あくがるる湯本の宿の初蛍(添削)
夏井「何かに心を奪われて私の心が私の体から離れていくっていうのが、
    『憧れ』の語源なんですね。今の貴女のお話を聞いていると、
    まさに憧れている


当たり前の言葉は無駄!言わなくていい言葉が分かるようにならないと!

【無】最下位:渡辺えり(35点)
秀吉と初夏に夢見るチャップリン
渡辺「箱根の旅館に泊まったら、チャップリンも泊まったことがあるって。
    それで、戦で天下統一を夢見た秀吉と、喜劇で世界平和を夢見たチャップリンが、
    同じお風呂に入ったかも知れないという・・・」
藤本「いやあの、この句からそれは・・・」
夏井「小さなお盆にフルコースを並べて破裂した

初夏の夢秀吉そしてチャップリン(添削)
夏井「あなたのこの構想は、是非!お芝居にして頂きたい

ポイントをひとつに絞る勇気を!詰め込み過ぎるとかえって何も伝わらない。

【才】1位:ケンドーコバヤシ(72点)
小林「悩まなかったですね、今回。才能が芽生えてくるってこういうことかと・・・」
浜田「うるさいわ

故郷と違えど同じ夏の山
渡辺「スッキリしてるね
小林「他の季節では感じないんだけど、初夏になってグっと青くなってきた山を見ると、
    不思議に懐かしくなる。僕は箱根に縁もゆかりもないんだけど。
    その不思議な感じを、さらっと詠んでみました」
夏井「作者が分かって、鼻から悪いものが飛び出したみたいな・・・
    本当にビックリいたしました
    非常ーに素直に詠んでいるそれを『夏の山』という季語が支えている。
    『違(たが)えど』でもいいんですが、相違点がある・食い違うという意味になるので、
    ちょっと変えます」

故郷にあらねど同じ夏の山(添削)
夏井「こうすると、『私の故郷の山ではないんだけれども』・・・とすっと出てきますね。
    ぃやーなんか才能あったんや、びっくりびっくり!」


軽く手の甲で汗だか涙だかをぬぐうような仕草の夏井先生、目がキラキラしています。
アルスさまのブログでケンコバの過去成績をまとめて下さってますが、
ここまで繰り返し挑戦してきて、ジワジワ成績を上げて来ての才能アリに、
驚きと感激を隠せなかったようです。本当に嬉しかったでしょうね!!!
私も、最初からずっとケンコバさん応援してきたので、ようやくの思いに震えています。
あれだけの話術をお持ちの方、俳句に慣れれば凄く素敵な句が出来ると信じてました。
これからフジモンを狙っていくことになるのか、今後の展開も超楽しみ
ケンコバさん、本当におめでとうーーーー!!!

そしてこの後はお待ちかね、特待生の査定に入ります。

【特】5級:中田喜子
雨あがる箱根うつぎの咲う径
夏井「やっぱり!特待生は勉強していますね
    普通に『咲く道』としてもいいんですが、『咲(わら)う』と詠んで。
    んも、勉強してますよちゃんと!!

査定ポイント:上五「雨あがる」適当か
結果:現状維持
コメント:言葉選びがもったいない

夏井「やっぱりもったいない!『雨あがる』五音使ってます。これ二音『雨後』で言えます。
    そしてさらに映像を入れると遠近感が出ます。」

雨後の空箱根うつぎの咲う径(添削)
夏井「遠近感と色合いが、違ってくるでしょう?」

ここがポイント映像でより具体的に!
  
【名】3段:FUJIWARA藤本
箱根号これより初夏に入ります
藤本「こういう車内アナウンスがあったら楽しいなと・・・」
浜田「子どもを意識したな、これ

査定ポイント:下五「入ります」という口語が成功しているか?
結果:1ランク昇格!
コメント:表現が楽しい一句

夏井「楽しい一句ですよ
    『箱根』という固有名詞も効いてます。山の中にずーっと入っていった時に、
    いかにも初夏の新緑が美しい、風が変わってきますよ皆さんという、
    『初夏』という季語を信じてやっているところがいいと思います
    全体を見た時に、分からない言葉がどこにもないじゃないですか。
    こういう
分かりやすい句というのが、俳句のひとつの価値でもあるわけですね
    難しい言葉を使ったらダメってことじゃないですよ、
    こういう句の味わいがあるということです。
    全国の小学校に行くんですけれども、フジモンの句が好きという小学生、
    ホントに多いんです。」
藤本「!!!


フジモン、涙のワンランク昇格―――!!!
本当に、素直な言葉で、素敵な内容で、フジモンの句は魅力的です
さらっと詠んでするっと心に入る、そんな俳句を私も目指しています
ある時「ぽかっ」と心に浮かぶこともありますが、
いろいろ言いたい言葉がうじゃうじゃっとあって、迷って悩んで、削って削って、
最後に「ふっ」と息を吹きかけた時に、ようやく現れてくれることもあるでしょう。
常日頃、そうやって表現と格闘していればいるほど、
神さまが「ぽかっ」と閃きを与えて下さるんだとも思います。
人はひとりひとり違うから、個性は隠しようもなく現れるもの。
「あの人の句素敵だな、あんな句を私も詠んでみたいな」と憧れることばかりですが、
私には私の俳句が見つかるように、日々を慈しんでいきたいと思います。

« ★「それミー吟行隊・関西支部」動き始めます~! | トップページ | ◆「第3回プチ句会」選句開始~~~!!!(選句受付者リスト更新) »

プレバト!」カテゴリの記事

コメント

おお~っ!待ってました。ありがとうございます。
ケンコバさんが1位を取った瞬間は何度見ても感動しますね。スポーツ告知に掲載されたり、次回のプレバト放送時にまで話題が入るのはやはりそれだけすごい回だったことではないでしょうか。しかも私の希望通りに、「フジモン先輩がいるときに、ケンコバさんが1位を取ってもらいたい。」
この両方の条件が見事にマッチ、実現して、フジモンさんも大拍手!。
先輩フジモンさんがちゃんとケンコバさんを支えてくれたからではないのでしょうか。2人の仲のよさがこっちにも伝わってきました。でも、もっとすごいのは、才能アリはケンコバさんたった1人しかいなかったこと。この分布での1位はよく目立ちますね。
渡辺えりさんは、特待生狙いで難しく考えすぎて破裂してしまい、羽田圭介さんや、ABC - Z河合さん等と同じケースで最下位に転落。ケンコバさんは難しいことを考えようとしなかったから、これは完全にケンコバさんの勝利ですね。

字幕の「3年かけて初の1位」というのは俳句だけでなくケンコバさんの全部門における初の1位という意味もこもっており、プレバトのwikipediaの1位記録に初めて、「ケンドーコバヤシ」と掲載されました。これは大きいですね。
水彩画は少々残念ですが、あれ以上自分には無理だと言ってました。俳句以外の部門でいくつも1位を狙うよりは、もうここまできたら俳句一点勝負でいいじゃないかと思いました。
にけつっの相方、千原ジュニアさんは少々成績が不安定ながらも俳句で1位を2回取ってますから「千原ジュニア(2)」、是非もう1回取ってもらいたいところです。
記録に「ケンドーコバヤシ(2)」の(2)が付加されたらさらにすごくなるのでは?。

しかし、ケンコバさんと同じく過去劣等生だったキスマイ北山君は3回も1位を取っています。彼が3回というのもすごいですよね。こちらは横尾君と千賀君の後押しがあったからではないでしょうか。2連続最下位のまんまの紺野美沙子さんと渡辺直美さんと博多華丸さんはこの先・・・。

◆アルスさま

お待たせしました~~~~っ
ゆうべの世界卓球の日本人選手の活躍に燃え滾る気持ちを更新にブツけました!!
メモだけでは不十分だったので、動画を繰り返し再生させつつ聞き書きして・・・。
でもホント、仰る通り何度観ても感動しますね~~~
ケンコバさんの1位もだし・・・フジモンのグっときた表情も凄く・・・
やっぱり普段一緒にいることが多い人が活躍していると刺激になるし励みになるし、
影響大きいですよね。キスマイの人たちもいつも「楽屋で・・・」って話してますもんね。
アルスさま『俳句ポスト』には興味ありませんか?
金曜日に選ばれれば、夏井先生のコメントが入りますよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 払っても払っても夏(自由律):

« ★「それミー吟行隊・関西支部」動き始めます~! | トップページ | ◆「第3回プチ句会」選句開始~~~!!!(選句受付者リスト更新) »