最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◆「自分の感受性くらい/茨木のり子」 | トップページ | 大感謝御礼夏の袋回し »

2017年7月21日 (金)

◆「秋櫻子忌」没句祭り~~~!

今週も怒濤の金曜日!!!
ウオオオ比々きさん【天】!!おめでとうございます!!!
トポルさん、鞠月けいさん、豊田すばるさん、としなりさん【地】!おめでとうございます!!
眩暈がするほど豪華絢爛なラインナップで、
「秋櫻子忌」「群青忌」「紫陽花忌」「喜雨亭忌」、
この四つの傍題を活かしきった素晴らしい句が【天】【地】に並んでいましたshine
ここでは、その季語(傍題)と響き合う内容に触れた部分を抜粋します。

「群青忌」は、「白樺」との色の印象が美しく、
さらに秋桜子作「瀧落ちて群青世界とどろけり」の世界も同時に立ち上がります。
「白樺」の林の向こうにあるに違いない渓谷や「瀧」が想像されて、涼やか。

「喜雨」の印象が、山々の青をますます美しくするかのような印象も。

中七「箔押し金よ」という色と詠嘆が、「秋桜」という文字を含む季語「秋櫻子忌」と、
つかづ離れずのイメージを構成しています。

「紫陽花」の一語を含む「紫陽花忌」という季語が、瑞々しい印象を醸し出します。

「瀧落ちて群青世界とどろけり」から生まれた傍題「群青忌」を、象徴的に表現。
瀧を落ちていった水は、やがて「大河」となります。

「喜雨」という言葉を含む季語「喜雨亭忌」は、命をつなぐイメージをうまく表現しています。

まさに産婦人科医の日常の行為。(中略)この句の場合は、他の傍題ではダメですね。
「秋桜子」という人物がストレートに想像されてこその一句です。

乾ききって「黒」く「捩れ」ている我が子の「臍の緒」に、
「群青」の一語を含む季語「群青忌」が鮮やかな印象を添えます。

季語「紫陽花忌」に含まれる「紫陽花」の一語。
秋桜子を慕いつつ、雨に揺れているのかもしれません、
受付窓口に飾られているのかもしれません。。

「喜雨」の一語を含んだ「喜雨亭忌」は飄々とした味わい。
雨を喜び、書物に没頭する秋桜子も、こんな光景と出会っていたかもしれません。

野球好きだった秋桜子。
「ナイターの光芒大河へだてけり」から「ナイター」という夏の季語が生まれました。
これも、他の傍題では成立しないタイプの一句。。

「白樺のあまき樹液」も「ネップモイ」も、
その甘やかな豊かさが「秋櫻子」に似合うのかもしれません。


うむうむ、なるほど・・・!
単なる音数合わせとしてだけでなく、キチっと「響き合う内容」であればこそ。
うむうむ・・・なるほど・・・!
これらの選評をよくよく噛み締めながら、自作を振り返ろうじゃあーりませんかああ!!!

◆「秋櫻子忌」全投句リスト

<期待値上位10句>

膣鏡の銀やはらかに群青忌
嘴のやうなクスコー群青忌
◎クスコー=膣鏡
リノリウムの床しずかにひかる秋櫻子忌
みどり児の爪にひかりや群青忌
みどり児に美しきを見せよ秋櫻子忌
◎産婦人科医だったということなので、私が出産した時にお医者さまから言われた
「綺麗なものをたくさん見せてあげて下さい」との言葉を思い出しました。
同じような言葉を、水原秋櫻子も言っていたのではないか、
無垢な赤ん坊に、この世の中の美しさを存分に感じて欲しいと
願っていたのではないかと思いました。

うつくしき返球フォーム群青忌
日の暮るるまで打ち合へば群青忌
◎加藤楸邨とのラリーが続き、日暮れても試合が終わらなかったという記事を読んで。
 「啄木鳥や落ち葉をいそぐ牧の木々」(水原秋櫻子)
 「木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ」(加藤楸邨)
これもまた美しいラリーではないかと感じました。

ナイターの美技にこそ酔え秋櫻子忌
◎秋櫻子はお酒を飲まなかったようですが、ファインプレイにはたっぷり酔ったことでしょう。
万葉のささめく古刹紫陽花忌
万葉集ひらく水辺や秋櫻子忌

<期待値微妙グループ>

虹立てばみどり児笑ふ群青忌 (参考「野の虹と春田の虹と空に合ふ」)
歳時記に真青きカバーを秋櫻子忌(歳時記をめくりて涼し群青忌より推敲)
広告の多きカフェーへ群青忌
◎秋櫻子は佐伯祐三のファンだった。
玻璃見れば玻璃の光や秋櫻子忌
真青なる空秋櫻子忌の朝

脊椎はゆるきS字や群青忌
紫陽花忌別れ話は鰻屋で
けりつけて詠む鰻屋や群青忌
鰻屋の黒き髭文字秋櫻子忌
若者のチュースは造語紫陽花忌
◎「チュース」と言えば、ドイツ語の「またね」ですが、
漫画「スラムダンク」の部活挨拶「チュース」は、
「こんにちはーーっス!」の略から派生した言葉のようです。
秋桜子先生が聞いたら違和感を覚えるかしら?微笑ましく感じるかしら?


ふ~~~、本当ならまだ25句挑戦中なのに、難しくて20句が精一杯。
最後の方では「鰻屋シリーズ」に活路を求めましたが、類想が多いかもとも。
(やはり、ちょっと離れて「蕎麦屋」「蕎麦」の句が入選していました)
「産婦人科医」だったというところからの連想で書いた句が、やはり期待値は高く、
その中から2句採って頂けたことは本当に嬉しいです。
「秋櫻子は、仕事で使う道具にも美を感じていたのではないか?」
という観点から、特に「THE産婦人科」の医療器具である「膣鏡(クスコー)」に注目。

Photo

*画像はこちらのサイトより

入選句リストの中に、「膣鏡」は1つだけ、「クスコー鏡」もひとつだったのは意外でしたが、
【地】の「クレゾール匂ふ長椅子(トポルさん)」には平伏すのみ・・・!
カーテンに遮られて、見えるはずもない器具よりも、
「クレゾール匂ふ長椅子」の方が、脳裏に描き出されるスピードが圧倒的に速い!
期待と不安、あるいは苦痛を抱えながら待合室にいるあの時間・・・。
消毒の利いた空間は、安心感とともに、非日常の不安感をももたらします。
落ち着かない視線が捉える、受付あるいは窓の外に見える紫陽花は、
まさに七変化の心そのものと言えるかも知れません。
鬱々とした雨の空気感が、診察を待つ気持ちとリンクして、
傍題「紫陽花忌」が、これ以上なく嵌っていると感じたものです。
うむむ・・・!
やはり金曜日は遠かった・・・!
滝に、滝に打たれてきます・・・crying


最後になりましたが、「秋櫻子忌」掲載の皆さま、おめでとうございます!!!
光のたなびくような読後感に、酔いしれております・・・!!shineshineshine

« ◆「自分の感受性くらい/茨木のり子」 | トップページ | 大感謝御礼夏の袋回し »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

のぼさんと野球談義や群青忌
没句供養です。2句投句の1句が並選でした。

◆GONZAさん

「没句供養」ご参加有難うございます!
片や「野球」という言葉の産みの親、片や「ナイター」という季語の産みの親。
秋櫻子は幾度となく脳内で「のぼさんと野球談議」を繰り広げていたのではないか・・・。
そんな想像に、「さもありなん」のリアリティを感じます。
もしかすると、この内容なら「喜雨亭忌」が合うのかも知れませんね。

真青なる秋櫻子忌や光満つ   GONZA

私の【没】真青なる空秋櫻子忌の朝、の上位互換句でした!おめでとうございます!!
私の句は漢字が続いて読み難いですが、GONZAさんの句はスッキリと整って字面から美しいですね!

喜雨亭忌では野球が中止になってしまう。
秋桜子忌では、子規としてないので釣り合わない。までは考えました。
並選の句は秋桜子の俳句を読んで「青」と「光」をイメージした、そのままです。

◆GONZAさん

あららっ、すみません、「野球観戦」のイメージなんですねsweat01
私はてっきり、夜遅くまで話し込む室内のイメージで「野球談議」を捉えていました、
とんだ思い違いで申し訳ありませんsweat01sweat01sweat01

はい。それこそビール片手にナイターです

今回の「秋櫻子忌」、傍題がたくさんあって「何をどう使い分けりゃ良いんだ?そもそも、各傍題の季語ごとに何か違いでもあるのか?」と思っていた私ですが……天選・地選の解説を見て鱗が落ちまくりcoldsweats02
紫陽花忌・喜雨亭忌・群青忌等の場合、「物体・事象」のみならず「故人の書いた句」まで引き合いに出せる(示唆させられる)とは……また1つ、勉強になりましたhappy01

今回、特に気になった句は……

「群青忌大河は時を急がざり」(とおと)

単純に「描いた景色が良い」というのもありますが、その奥に秘められた内容が実に深い。
「水原秋櫻子」「群青(+群青世界の句)」「大河」「時を急がない(=結果を急がない)」という4つのキーワードが絶妙にマッチしていて、それでいて奇を衒(てら)った語や表現は無く、全体的に非常にシンプルな仕上がり。哲学的な味わいもある、私好みの句。
将来的には、こんな句が書けたら良いなあsmile

なお、天選の比々きさんの

「白樺のあまき樹液や群青忌」

これも、非常に面白かったです。
普通「白樺」というのは、木そのものを眺めたり、木に寄ってくる虫などを見るものですが……「甘い」という「味覚(+嗅覚)」で来るとは思いませんでした。白樺の樹液の味を知っているのは、カブトムシかクワガタ位のものだろうに……

しかも、「白樺ジュース」が超意外coldsweats02
人間が飲んでも平気な物なんだ……都会育ちの私には、想像も付かなかったcoldsweats01機会があったら、一度飲んでみたいdelicious

◆GONZAさん

おっ♪ビールを飲んでるのはのぼさんの方ですね。
同時代に生きていたら、二人は大親友になっていたかも知れませんねshine

◆ヨミビトシラズさん

ほんと、めっちゃ勉強になりましたね!!
鑑賞もとっても素敵です!!

>将来的には、こんな句が書けたら良いなあ
この「憧れ」が何よりも成長の促進剤ですよね!!
たくさんの「憧れ」が見つかる『俳句ポスト』、次の「夏越」も楽しみですねshine

めぐるさん

拙句への過分な句評、ありがとうございました。
組長の上を行く深読みに平伏すのみであります。
産婦人科系の言葉は、男は苦手。
軽く詠んでは女性に申し訳ないような気がしちゃうわけで。

めぐるしゃん♪

待ってました♪没句祭り~♪

>「綺麗なものをたくさん見せてあげて下さい」

なんて、えいお言葉や~。
お子さんが産まれた日のお医者様の言葉をずっと大切にしてきためぐるさんの心にじーんとします。
「膣鏡」という言葉を優しく感じ取れる感性が羨ましいです。
期待値上位グループはキラキラとした光、潤い、美しさが満ちていますね。
難しい兼題の生み苦しみから放たれた美しい御句の数々。
母性や女性性がことのほか強く感じられました。

微妙とおっしゃる句は冒険や遊び心がありながら、やはり季語が季語だけに格調があり佳句ばかり。
ほんと、好きな句がたくさんあるのですが、

>脊椎はゆるきS字や群青忌

こちらいただきます!
レントゲン写真とか骨格標本横向きのゆるやかな曲線がありありと思い浮かび「群青忌」と並べるとなんとまあ詩的な・・・ほれぼれ。「ゆるきS字」いいな~。これが没句とは信じられない。
没句にこれだけのレベルをそろえないと人選二句はできないのかと思うと壁が高いっ・・・高すぎる!
息止めて群青世界に飛び込むつもりで私も精進いたします!

◆トポルさん

きゃああ、トポルさん【地】おめでとうございます!!!
こちらこそ身に余るような過分なお言葉、恐縮の極みですsweat01
私はなんだか赤ちゃんがすぐ出来ちゃうタチでしたので、
(産めたのはひとりだけです・・・)
産婦人科には大変お世話になりました。
「クレゾール匂ふ長椅子」で、一瞬に当時のあらゆる感情が蘇り、
(いかん、泣いてしまふ)
その中で「紫陽花」は私を慰めるように優しく揺れてくれました。
その圧倒的な喚起力に比べると、私の句など表面をちらりと見ただけの薄っぺらさが・・・。
「綺麗に詠もう」という作意が感じられて、「まだまだだな」とshock
いつも「ここまで詠めたら」と思う、憧れのトポルさんですshine

◆桃にゃん

いつもコメント有難うございます!
色の綺麗なものをたくさん見せると、それだけ豊かな感受性が育まれるといった話をして頂きました。
赤ちゃんのおもちゃってカラフルなものが多いのも、同じ理由からなんですね、きっとshine
「S字」の句と採って下さり、有難うございます!
これで「S字」は救われました~~~shine
書けた瞬間「決まった!」と思ったのですが(笑)、
よく考えると「脊椎」が「産婦人科」とはちょっと離れているのかもとも思い、微妙になりましたcoldsweats01
「真青」は類想が多そうだったし、「鰻屋シリーズ」は数合わせだしで、
投句してから日にちがたつと、だんだん期待度がはっきり見えてきます・・・。
投句する時は「へへっ面白いの出来たぜ!smile」とか思ってるんですけどねcoldsweats01
でも、難しかった「秋櫻子忌」でも【人】×2句採ってもらったので、
次からは20句に絞ることにしようかなぁ・・・shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/71203831

この記事へのトラックバック一覧です: ◆「秋櫻子忌」没句祭り~~~!:

« ◆「自分の感受性くらい/茨木のり子」 | トップページ | 大感謝御礼夏の袋回し »