最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第2週 | トップページ | ◆「紙風船/黒田三郎」 »

2017年7月15日 (土)

◆チャレンジ!YKB23

「夏井いつきの100年俳句日記」で始まった、「雪」の傍題チャレンジ23!!
洒落神戸さんいわく「YKB23」!!(ナイスネーミング!)
ひーひーながらも挑戦していましたが、ふと気づきました。
「これ・・・『雪100句』になるのかも!」とcoldsweats02impact

「桜100句」にも挑戦しようとして全然だったんですけどcoldsweats01
傍題ごとに数句ずつ考えていたら、何とかなりそう???
なので、どうせならこの機会に「雪100句」に挑戦出来ればと思い・・・。
傍題によって投句数にバラツキがあるので、ちょっと掘り起こして確認してみました。

「六花(むつのはな)」
  六花ドラマチックな恋もがな
  音量を落とすワルツや六花
「銀花(ぎんか)」
  頑是なき子の手のひらに銀花かな
  街灯は青く銀花は音もなく
「雪空」
  雪空や蓬莱切に散らす文字
  雪空や世に墨すり機あると云ふ
「根雪」
  ひと冬をすべて受け止め根雪かな
  百日の日にち薬を待ち根雪
  pencil百日を日にち薬として根雪
「新雪」
  新雪を迎へて疾き三輪車
「雪の声」
  雪のこゑ岩井志麻子の本閉ぢる
「餅雪」
  餅雪や赤きバンダナ野地蔵に
「衾雪(ふすまゆき)」
  ふすま雪チーズフォンデュはいかがです?
  pencilふすま雪チーズフォンデュにしましょうか
  ふすま雪蝶々遊びのきりもなや
  衾雪バター落として飲む珈琲
「細雪」
  細雪深煎り無糖のひととゐて
  細雪こねこがごひきおりました
  pencil細雪こねこがにひきおりました
  シャンパンの長きグラスや細雪
  チョコ溶かす温度のキスを細雪
  細雪赤き蛇の目の傘ひろぐ
「雪の宿」
  雪の宿こけしのごとき姉妹ゐて
  pencil雪の宿こけしのやうな姉妹ゐて
  雪の宿ウーパールーパー似の女将
  これがあの座敷童の雪の宿
  菓子皿に曲がり煎餅雪の宿
「雪紐」
  雪紐やどうにも切れぬ男ゐて
  雪紐や長考の棋士逆転す
「筒雪」
  筒雪や骨はダイヤになると云ふ
  筒雪や骨笛鳴らす口美しく
「冠雪(かむりゆき)」
  人はまず褒めよと言うて冠雪
「雪庇(せっぴ)」
  「雪庇や!」の声は画面に届かざる
  「アカンそこ雪庇や!」画面に手を伸ばす
「水雪」
  水雪や家主の犬はマルチーズ
  水雪に名刺まとめて捨ててあり
  水雪やリリヤン編みに日の暮れて
  やすやすと水雪踏みてゆきにけり
「べと雪」
  べと雪やランプ五回の合図して
「しまり雪」
    しまり雪絵筆は埃かぶりゐて
  しまり雪開けぬつもりのメール見て
「ざらめ雪」
  ざらめ雪実家のあたりは豪雨だと
「湿雪(しつせつ)」
  湿雪に「イマジン」歌ふ人のゐて
「雪風(ゆきかぜ)」
  雪風やパンフラワーは母の趣味
  雪風や泊める準備はしてあるの
  雪風に正拳突きの格闘家
「雪月夜(ゆきづきよ)」
  雪月夜ビーズの指輪は捨てました
「雪景色(ゆきげしき)」
  下塗りのイエローオーク雪景色
  プリズムのそこにかしこに雪景色
  何色がいくつ見つかる雪景色
「雪国(ゆきぐに)」
    瑠璃色の地球に凛と雪国は




ああ~~~、「投句しただけ」の感にさいなまされるだけだったshock
「雪100句」、まだまだ当分おあずけのようです・・・。
今回は、とにもかくにも完走出来たことだけを成果としたいと思います。
ご参加の皆さん、お疲れ様でした!!!
  

◆お気に入り五句

街灯は青く銀花は音もなく
シャンパンの長きグラスや細雪
雪紐や長考の棋士逆転す
やすやすと水雪踏みてゆきにけり
雪月夜ビーズの指輪は捨てました

« ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第2週 | トップページ | ◆「紙風船/黒田三郎」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

YKB23総選挙、お疲れさまでした。
みんなで選抜入りできますように (-人-)

ざっと数えてみましたが、めぐるさんは「51句」かな(数え間違いなければ)。
私も自分の投句数を数えましたが52句でした。
うーん、ふたりとも約50って事で半分ちょい、「チョメチョメ百句」って大変なんだな……orz

そう言えば、「鉛筆マーク」はなんですか?
最初はお気に入り?と思ったのですが、下のお気に入りの五句とは違うし。

◆私のお気に入り五句
籬越し遊女見上ぐや六花
一二三四ツ谷五時頃六花
べと雪や迷惑さうな犬の顔
ざらめ雪原田知世に恋した日
雪風や方違えして帰る夜

◆洒落神戸さん

わわっ、数まで数えて下さり有難うございます!
私のpencilマークは、「こちらに書き換えました」という印です。
『プレバト!』の記事では、夏井先生の添削句につけています。
なので、多分、私の投句数は50句を切るくらいになっちゃいますね。48句くらいかな?
YBK48!いや47?おおっ、そんなオチが待っていたとはcoldsweats01

>雪風や方違えして帰る夜
これ好きですshine選ばれるといいですね!

めぐるさん

「方違え」、一句一遊での「夢違え」に刺激されて使いたかったフレーズです♪

袋回しの件、掲示板もメールも見ましたよ〜
「葦」、直ってましたね ;-p

◆洒落神戸さん

ご確認下さり有難うございます!
皆さんを悶絶させるようなナイスなお題をお願いします・・・嘘です簡単なのにしてねっcoldsweats01

>葦
フフフ、月波さんから耳打ちメールもらったのさっhappy02
友情に乾杯っbar

YKB総選挙お疲れ様でした!
大変だったけど楽しかったな~。
皆さんの投句を同時に見られるってなかなかできない経験。
知っている名前がたくさんあり幸せな気持ちにもなり励みにもなり。
私はしょっちゅうコメントフォームを間違えては訂正し訂正しても間違えていました・涙
同じような方がいるとほっとしたものです・・・
同じ企画があったら間違えないことが目標!(そこかっ?

めぐるしゃんすごい数の佳句に驚愕しながら好きな御句を勝手にコメントです。

◎街灯は青く銀花は音もなく
銀に対しての青が文句なく美しい~!傍題の中でもひときわ輝く美しい題をさらに美しく彩る見事な句と思いました。

◎筒雪や骨はダイヤになると云ふ
骨とダイヤが雪に対して良い距離感。質感の違う白、銀が重ねられ人骨が雪の中でダイヤに変化していく感覚が好き。NHK蜥蜴の回で今井先生の「YOU!言い切っちゃいなよ」の言葉を思い出し、「なりにけり」と言い切っちゃっても?と思ったけど、いやいや伝聞だからこそ雪国の言い伝えめいて素敵なんだと思いました。

◎水雪に名刺まとめて捨ててあり
どなたかも褒めていらしたと思いますがこれも良いですねえ!「名詞まとめて」の措辞が捨てた人の心情を見事に表し「水雪」の水っぽさ、時間の経過を感じさせられる季語が絶妙!「やられた~!」と思った句です。
  
◎やすやすと水雪踏みてゆきにけり
水雪の憂鬱な成分を「やすやす」と「踏みて」ゆく人物への小さな賞賛がこもっています。下5の「ゆきにけり」が凜と、そして颯爽としていて季語を生かしきっていて素敵です。

◎プリズムのそこにかしこに雪景色
ああ、綺麗・・・プリズムをかかげる行為がまず楽しく明るいですよね。「そこにかしこに」の措辞がくるくると色んな景色をプリズムを通して見やる人物を想像させ、最後に美しい「雪景色」が置かれる・・・白を基調に虹のような七色とはしゃぐ人物の明るさが伝わってきました。


ほかにも気になる句がたくさん!まとめるのは大変だけど自分の作品を振り返る良い機会ですねえ。
私も見習わなくては!

◆桃にゃん

わああ、素敵な鑑賞を有難うございます!!
「銀花」は一番のお気に入りかもなので嬉しいです!!
「骨はダイヤに」、遺骨を圧縮してダイヤにしたのを装飾品に加工するってサービスがあるそうで、
そのことを知った時の率直な気持ちで「と云ふ」を使いましたが、
「YOU!言い切っちゃいなよ」も確かにアリですよね~~~。
ただ、季語が、もしかすると「根雪」の方が良かったかなあという気もしています。
先に使っちゃったんで・・・「ああっsweat01」でした。
「水雪」2句有難うございます!
私も最初2句上げてたんですが、最後に5句に絞る時に「各傍題からひとつづつ」にしようと・・・。
「やすやす」は、今絶賛挑戦中の「裏返す」が出来たと思ってお気に入りなのです。
「びしゃびしゃ」→「うへえ」というマイナスイメージを裏返してみました。
子どもって多分大喜びで走っていきそうだな、と思って。
コメントの「小さな賞賛がこもっています」、有難くshine
「プリズム」は、この記事を見て書きました。
http://blog.goo.ne.jp/momosi77/e/f3b6de3f2d265a074fb70df25613ab72
美しいですね!
桃にゃんの句では、全部は追い切れてないけど、「雪国」良かったです。

雪国や角栄像は右手上ぐ

今でも「総理大臣」というと一番最初に思い出す田中角栄。
熊本の私がそうなのですから、東北の人々はなおさらではないかと思います。

組長ブログの掲示板でどなかたが書いてらっしゃいましたが、
暑い時期に「雪」のことを考えられて有難かった気がしています。
「納涼!YKB23」でもあった訳ですね!

次は『一句一遊』の「廃」「三伏」考えなくっちゃ。
今日が締切なんだよ~~~!!!dashdashdash

熱暴走して廃人になりそうな今日。
立派な俳人になりたい。

洒落神戸さま

あわわ。熱発ですか?
無理なさらずに~!
ご迷惑かと思いますが勝手に鑑賞させていただきお見舞いとさせてくださいまし。

◎籬越し遊女見上ぐや六花
籬(マガキ)を秋櫻子忌の句で初めて知り華やかなイメージをもっていましたが、それを覆す切ない句ですね。六つの花弁を持つ雪が灰色の空からゆっくりと舞い落ち、遊女の目に映る・・・触れたくても籬が遮る。句の中の哀しく言葉が響き合っています。

◎雪風や方違えして帰る夜
方違えという言葉を知らずウィキで調べてあまりに理不尽な陰陽の風習に驚き笑ってしまいました!
>金神(こんじん):1年間同じ方角に留まる
な、長いよ~~~~!!・笑 
貴重な情報いただきありがとうございました。
雪風の中、方違えする律儀が、この現代において味わいがありますね!

どうぞ御体、御大事になさってくださいね!

>桃猫さん

素敵な鑑賞、ありがとうございます m(_ _)m

心配して頂いていると申し訳ないので、先に訂正だけ。

>>熱暴走して廃人になりそうな今日。

あっ、発熱は発熱でも病気ではありませんので、どうかご心配なく。
今日〆切りの「廃」と「三伏」(夏の暑い盛り)で脳が熱暴走して、「廃」人になりそうと (^^;;;

◆洒落神戸さん

「廃」「三伏」先ほどメールしました~!
粘っている洒落神戸さんに差し入れです。beerどんっ!beerどんっ!!beerどんっ!!!
「三伏」ならぬ「三杯」happy02
私の寒いギャグで少し熱が冷めますようにshine

◆桃にゃん

「読む力は詠む力」、素晴らしい鑑賞に私の目まで開かれるようshine
さっきコメント入れてから「はっ」と思ったんですが、
「やすやす」の鑑賞をゆっくり読み直して、私が作句した時に思い描いた景以上に、
「颯爽とした青年」であったり、「頑健な老人」であったり、「肝っ玉母さん」であったり・・・
実に様々な人物が浮かぶことに驚きました。
最初に書いた時以上に、この句がお気に入りとして自分史に刻まれました(大袈裟?)。
有難うございます!!!

ビールのおかげでなんとか両方とも投句したけど……

なんかスランプに入りそうな予感が (^^;
まあ成長する時に停滞期があるのは次のジャンプへの準備期間。
20週と実作で頑張ります。
相変わらず、覚えられないけど orz

◆洒落神戸さん

もしかして、今は作句よりも読書の方に気がいっている時なのかも知れませんね。
「ちゃんと理解してからでないと出来ないぞ」って、多少ブレーキをかけているのかも。
『一句一遊』で金曜日に輝いた洒落神戸さんですから、
きっとこれから力と技の風車がぶんぶん回って飛翔しまくるに違いありません!!
とりあえず飲め飲め~~~~!!!beerbeerbeer

あ、暗誦私もヘタなので、自分なりに工夫していますよ。
四句セットで覚える方式。一句目の上五が出ればもうスラスラです!good

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/71026670

この記事へのトラックバック一覧です: ◆チャレンジ!YKB23:

« ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第2週 | トップページ | ◆「紙風船/黒田三郎」 »