最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ◆チャレンジ!YKB23 | トップページ | ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第3週 »

2017年7月16日 (日)

◆「紙風船/黒田三郎」

紙風船


落ちて来たら
今度は
もっと高く
もっともっと高く
何度でも
打ち上げよう
美しい
願いごとのように

« ◆チャレンジ!YKB23 | トップページ | ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第3週 »

私の好きな詩・句・その他」カテゴリの記事

コメント

黒田三郎詩集全巻読んでみてくださいな。すごく暖かい気持ちになれますよ。

あ、私は連休 とある俳句グループで俳句の夏季特訓です。昨日で秋の句を歳時記なしで120句という《まったく歳時記使わず)プリントに季語があり、そこに書き込んでワードで渡すのですが、皆さん10年20年の人のなかで、「あなたはまだ2年ちょっとだから」とともかく120句違った季語で入れました。
内容はかまわない、ただ作りなさいって・・・


今日は水泳の特訓をしてきました。でも今から「やってみる?」というある特訓もしようかと思います。

上手くないですよ。私。だけど仲間にいれてくれるプロ俳句集団がいるから嬉しいです。

◆恵子さん

わあ、恵子さんも黒田三郎読まれているんですねshine
寂しい詩が多い気がしていましたが、
「紙風船」は美しい祈りを感じて大好きなんですshine
全集はなかなかお目にかかれないのですが、機会があったら迷わず手に取ります!!

寂しい人なんです。もとはね・・・黒田三郎氏、しかし可憐な少女があらわれて恋をして、結婚して、
そして可愛いお嬢さんが生まれて、奥さんが病気になるけど、そういう庶民のささやかな幸せを「小さなユリに(ユリはお嬢さんの名前」とかあと・・

https://www.amazon.co.jp/%E9%BB%92%E7%94%B0%E4%B8%89%E9%83%8E%E8%A9%A9%E9%9B%86-1968%E5%B9%B4-%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%A9%A9%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%BB%92%E7%94%B0-%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/B000JA5ZOM/ref=sr_1_7?s=books&ie=UTF8&qid=1500292125&sr=1-7

ひとりの女に これは黒田氏が戦争から還っての虚無感の中で独りの。たった一人の女性(のちのおくさま)と恋におちいる恋愛詩集でH賞(詩集の角川賞のようなもの)をもらい、その奥様と結婚して、ユリちゃんというお嬢さんができて「小さなユリと」ができてこれもベストセラーになりました。黒田三郎は目立たないけど私のオアシスなんです。

アマゾンでの黒田三郎詩集にたいてい(今古本で500円)売られていますが、本当に金子光晴の「若葉のうた」とか黒田三郎詩集などはもっていて損はないです。はい。

◆恵子さん

「ひとりの女に」は有名ですねshine
奥さま、相当素敵な方みたいですね!
私はここのページを読んで、凄いなと素直に感じました。
娘さんの「暴露本」も面白そうです!
http://www.nisshoku.jp/12948.html

結局ね・・・黒田さんは戦争のことをまったく語らないといってもいいまま詩人になり亡くなっていったのですね。戦地での過酷なことを語らないまま。

戦争のもつ傷をかかえて還ってきた。しかしつぶさに戦場で見た地獄、戦争にいって戦地で友達が死んでいく、そして自分は生きて返った。


かえってきて
みたものは「戦後という」虚飾の日本だった。黒田氏はアルコールにおぼれるほかなかった・・・そこに生きがいのように光子さんという女性があらわれた。(ひとりの女に)恋で助けられた。それでも結婚してユリちゃんができても、やはり戦争の深い傷あとは戦後も彼のアルコールに依存したり、あるいは戦争についてほとんど語らなかったりしたことから解る。光子さんは元バレリーナでね。彼女がいなかったら三郎さんもあのまま戦後の傷をかかえていただろうという・・・切ない話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/71155954

この記事へのトラックバック一覧です: ◆「紙風船/黒田三郎」:

« ◆チャレンジ!YKB23 | トップページ | ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第3週 »