最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ◆「霧笛/レイ・ブラッドベリ:萩尾望都」 | トップページ | ◆「第6回プチ句会」スケジュール&参加者募集 »

2017年8月13日 (日)

◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第9週

さて、前回の更新からすっかり間が空いてしまいました。
山口誓子の四句は「夏氷」と「キャムプ」は大丈夫!
後の2句もおいおい覚えていくということで(エー)、先に進んでいきたいと思いますっ!

下記赤文字部分は本書からの引用です。
■書名:『角川俳句ライブラリー 新版 20週俳句入門』
■著者名:藤田 湘子
■出版社名:株式会社KADOKAWA

◆第一作をどう詠んだか

上五「や」で2句作らないといけなかったんですよねsweat02
先に、藤田湘子の添削指導を見て行きましょう。
実作指導のために、5人のモデルを用意して下さっています。

山吹や山迫りくる高速道   
・「山吹」のあとにすぐ「山」でうるさい感じ、季語を変えたい。
・「高速道」が六音、「高速路」なら五音。
pencil藤咲くや山迫りくる高速路  (添削)

原句には、その名の通り吹き出すように枝が広がり黄金色の花が咲く「山吹」の迫力に、
まさしく「山が迫ってきた!」という実感があったと思いますが、
添削後は、「藤」の色を認めた途端に「わっ♪」と目が吸い寄せられたことを、
「山迫りくる」と表現しているようで、一種独特の爽快感があるように思います。
添削句を見て原句に戻ると、確かに「山」「山」の畳み掛けがもっさりして思われる。
そして「高速道」を「高速路」としても何の違和感もなく受け入れられるので、
こういった音数省略のテクニックは是非覚えておきたいと思いました。

春愁や君しのぶ高原長停車
・感傷・観念に流れてはダメ(そういったものは季語に託す)。
・目に見えた「モノ」ををフレーズにすることが大事。
pencil春愁や八ヶ岳見て長停車  (添削)

「春愁」の中に、「君しのぶ」がすっぽり入っている訳ですね。
眼前の「八ヶ岳」、それはかつて「君」と登った思い出の山なのでしょう。
涼やかな「君」の笑顔、額に浮かぶ汗、軽く上気した頬も美しかった。
ゴツゴツした岩場を登る時、さりげなく手を繋いだり・・・
もしかしてもしかして、頂上でプロポーズしたりもしたのかしら・・・。
景勝地では、景色を楽しむために、
駅ではない絶景スポットで一時停止するサービスもありますね。
作者のいう「長停車」もそういうことかと想像します。
実際に停まっている時間よりも、遙かに長い心の旅に出たのではないでしょうか。

[型・その1]は[四つの型]の中でも一番の基本型とも言うべきもので、
もっとも俳句らしい型、俳句の原型と言っていいほどのものである。
この型でたくさん作ることを希望する。

「俳句は一千句ぐらい作ると、どうやら身についた感じになる。
早く一千句作ることです」


一千句!
というと、「ほぇええcoldsweats02impact」ですが、1年は365日、1日3句も作ればもう一千句。
私だと、新年から『俳句ポスト』の兼題ごとに30句作っていたので、
『俳句ポスト』だけで単純に月60句としても、『一句一遊』とか『湯豆腐句会』とか・・・
あと、テキト~な時にテキト~に言うのも含めたら・・・うん・・・月に100句くらいは?
イケてるのかな???もしかして???(特に自信ナシsweat01
ということは、もう多分、俳句を始めてから今までに、一千句は書いていることになりますねcoldsweats02
それなりの作品が書けているかどうかは、甚だ不安ではありますがsweat02

また、藤田湘子は「多作多捨」について、
トレーニングのようにたくさん作る中で、ある時「これはイケる」と閃くことがある、
そうしたらトレーニングのように作った句はいさぎよく捨てる、
勉強して進歩するんだから、(中略)もっといい形で自分の中から湧いてくる。安心して捨てなさい
と語っています。

『俳句ポスト』に参加した当初は、「これはイケる」と思った句はことごとく【没】でしたcoldsweats01
今思うと、「どうです、俳句っぽいでしょ?」という一種ドヤ顔が見えるようだったのでしょう。
選者の夏井いつき先生は、段階を追って、実に丁寧にご指導下さったと思っています。
まず、兼題を素直に詠むこと。
次に、語順や助詞に細心の注意を払うこと。
そして、取り合わせの感覚を掴むこと。
さらには自分の持っているもの、オリジナリティを出すこと。

そして徐々に、私自身の「これはイケる!」が入選句と重なるようになってきました。
ただ、毎回期待値1位の句が選ばれるかというとそうでもなく、
「期待値10位以内」まで広げればなんとか、という感じかなcoldsweats01
今は、30句挑戦から20句に減らしていますが・・・
これを10句に減らしても、その中で高確率で複数入選が叶うのか。
不安は尽きませんが、やらねば永遠に上達しないので、何とか取り組んでいきたいです。
湘子先生も「安心して捨てなさい」と言っている!
どうしても自分の表現したいことがそこにあれば、
かならずまた後々「もっといい形で自分の中から湧いてくる」でしょう。
どうしても捨てるのを迷うくらいだったら、
・・・雑詠の投句先に送ってみる、というテもあるかな~~~なんてcoldsweats01

そんな、まだまだ甘ちゃんの私の「今週の二句」です。

鬼灯や石橋半里先の群落(むら)
山萩や標識朽ちし県境


前句は中七が窮屈、後句は「既視感バリバリ句」だと思います。
どなたか、良い推敲例を示して頂ければ幸いですbearingsweat01

・・・と、早速ひそかさんから貴重なご意見頂きました!有難うございます!!

標識がどんな風に朽ちていたのか、それを具体的に詠まれてはと思います。
「標識」は「標」でも意味は通じるかと思いますし
「県境(けんざかい)」は「県境(けんきょう)」と読ませることもできますので、
そのあたりで音数の調節も可能かと

うおう!!音数を減らすことが出来たeyeshine
早速このテクニックを使って推敲を・・・。

山萩や標錆びゐる県境

漠然とした「朽ち」から、「錆び」にしてみました・・・どうでしょうか?


<今週の暗誦句>
阿波野青畝の四句。
「秋櫻子」「素十」「誓子」と並んで4Sと称された「青畝」ですね。
「すいは」「そうは」「せいほ」と「ややこし三人組」を結成出来そうですcoldsweats01
「俺も混ぜてくれよ~」と言って断られる「そうしゅう(高屋窓秋)」まで想像・・・
・・・って、ズビバゼンcrying四句頑張って覚えますsweat01sweat01sweat01

« ◆「霧笛/レイ・ブラッドベリ:萩尾望都」 | トップページ | ◆「第6回プチ句会」スケジュール&参加者募集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

めぐるしゃん

藤田先生の添削がいよいよ始動の第9週!
先生の昭和の香りと先生然!とした言い回しが好きだ~♪
「いかにも安っぽい流行歌調だと思いませんか」なんてたまらん!(*´∀`*)くー
型・その1は安定感があって初心者でもきちんと俳句にしてくれるから大好き。
この型で作ることを推奨されるのが安心。この辺、夏井先生もそうおしゃってますね。ありがたい。
4文字の季語が出たらまず型・その1と心がけています。
さすがめぐるさんの御句、しっかりどっしりした良い句ですね~。
句暦10年以上の方が作ったみたいだ~。概視感なんてとんでもない!
こういう句をさらりと作れるのがベテランなのだと思います。

◆桃にゃん

>「いかにも安っぽい流行歌調だと思いませんか」なんてたまらん!(*´∀`*)くー
ホント湘子節みたいな語り口がたまんないですね!
「思いませんか。~解決する。」なんて、緩急自在の言い回しがもはや韻律。
平易な物言いの中に丁寧さと歯切れの良さの両方があって、ものすごく読んでて気持ちいいですね!

>句歴10年以上の方が作ったみたいだ~。
ぶぉほっ、げほほっぐはっwobblysweat01
うむ・・・初めて国語の授業で作った時から数えればン十年経っとるけども!sweat01
ちなみに、当時の、私の初めての俳句は

土色の豊かなるかな草雲雀

で、「揚雲雀」「落雲雀」に対して、麦畑の中にいる時の雲雀を「草雲雀」というと思ってたんだよ。
先生には「佳いですね」と2回も読みあげてもらったのだけど、
秋の虫で「草雲雀(これも土色だな)」がいるなんて全然知らなかったんだよshock
今は、「かな」をこの位置に持ってくるとか思いつかない気がする・・・。

おはようございます。
昨日まで田舎に帰省しておりましたので、あちらの掲示板もまだ読めておりませんが……。
「標識朽ちし県境」についてだけ。
標識がどんな風に朽ちていたのか、それを具体的に詠まれてはと思います。
「標識」は「標」でも意味は通じるかと思いますし「県境(けんざかい)」は「県境(けんきょう)」と読ませることもできますので、そのあたりで音数の調節も可能かと。

◆ひそかさん

お帰りなさいませ!!
お疲れのところ貴重なご意見を有難うございます!!!

>「標識」は「標」でも意味は通じるかと思いますし
>「県境(けんざかい)」は「県境(けんきょう)」と読ませることもできますので
おおお!早速音数省略のテクニックが!eyeshine
「ひょうしき」「けんざかい」から「しるべ」「けんきょう」にすると、二音描写に回せますね。
このアドバイス頂いて、記事の続きに入れさせて頂きます、有難うございます!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/71405692

この記事へのトラックバック一覧です: ◆「(新版)20週俳句入門/藤田湘子」第9週:

« ◆「霧笛/レイ・ブラッドベリ:萩尾望都」 | トップページ | ◆「第6回プチ句会」スケジュール&参加者募集 »