最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【水】神棚に達磨も置かれ新麹 | トップページ | 【天】烏瓜あれは迷い家だつたのか »

2017年10月27日 (金)

【人】山小屋は少し傾いで烏瓜

『俳句ポスト』兼題「烏瓜」の発表週です。

【人】山小屋は少し傾いで烏瓜

これまた、20句投句中のラス2であります。
「いのち」「今にも落ちそう」「危なっかしい」「不安」といったイメージで書きましたが、
ここらへんになってくると、頭で思いつくような句が底を尽いてきて、
肩の力の抜けたような句が出て来るのかも知れません。

○唐突な不気味さ、見てはいけないものを見てしまったのではないか、
という不穏も感じる不思議な季語です。(『俳句ポスト』火曜日より)



バラエティに富んだ木曜掲載の皆さんの句にも、様々な「不穏」があったように思います。
めくるめく「烏瓜」の世界、じっくり読ませて頂きます

最後になりましたが、木曜掲載の皆さん、おめでとうございます~!

« 【水】神棚に達磨も置かれ新麹 | トップページ | 【天】烏瓜あれは迷い家だつたのか »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

烏瓜の天選
おめでとうございます
素敵なお句 ありがとう

おめでとうございます!
やっぱり!木曜日にフラッグ立ってましたよね!
スゴイ!

天選 おめでとうございます。
素晴らしい。

めぐるさん、はじめまして、ヒカリゴケと申します。
「烏瓜」天選おめでとうございます!!

以前からめぐるさんのサイトを拝見させていただきながら、ご挨拶の勇気が出なかった私めをお許しください。
今日は、どうしてもお伝えせねば!と勇気を出しました。
皆さんで楽しく俳句されているめぐるさんのサイトが大好きです。
また改めてご挨拶に伺います。

めぐるさーん✨✨✨
天選おめでとうございます〜㊗️
もう昨日から、いやもっと前かも…予感がしていました。

とにかく、おめでとうございます🏅

天!!おめでとうございます!!!

めぐるさんの発想の広げ方はやっぱり素敵!!

めぐるさん、俳句ポストの天おめでとうございます(*≧∀≦*)
昨日僕がめぐるさんにたしなめられた事を、次の日にご自分で体現なさるとはさすがです(*´艸`)(笑)
御句の世界観も素晴らしくて、その世界に引き込まれるような感覚を覚えました(゜o゜)
これからもめぐるさんを目標に僕も頑張ります(ง •̀ω•́)ง✧

めぐるさん
天!!!おめでとうございます
自分が選ばれたみたいにうれしいです🎊

めぐるさん。初めまして大阪の比良山です。たまに一句一遊で火曜日、水曜日あたりに組長に詠んでいただいています。このたび「烏瓜」の「天」おめでとうございます。私は俳句を初めて3年近くなりますが、初めは現代俳句のインターネット俳句の掲示板でめぐるさんのことを知り、NHK俳句への投稿、そして一句一遊、俳句ポストのことも教えていただき、めぐるさんの後を追うように投稿を続け、このブログもずっと拝見させていただきながら俳句を勉強してまいりました。実はこのたび念願であったNHK俳句11月号の佳作に自句が2句も初めて掲載され、俳句ポストも没、並続きでしたが久しぶりに「烏瓜」で「人」を頂きました。これもめぐるさんのこのブログのおかげと思っておりました矢先、本日俳句ポストでめぐるさんが見事「天」を取られたのを知りお祝い旁々お礼を申し上げたく突然で申し訳ないことですが書き込みさせていただきました。誠に有難うございました。私の句力はまだまだこのブログに書き込みさせていただくには烏滸がましいものですが今後とも宜しくお願いいたします。今後もめぐるさんの益々のご活躍をお祈りしております。

色々とコメントを書かなきゃいけないな~と思いながら、例によって放置しまくってましたが……号外級の緊急事態(?)につき、取り急ぎコメントを

めぐるさん、俳句ポスト天選おめでとうございます!!!!

……てか、人選の報告記事だってのに、1コメント目からずっと天選の話ばっかり……この調子じゃ、記事差し替えした方が良いかもな

積もる話は、また後ほど
……さて、めぐるさん本人はいつ気付くかな?

めぐるさん
「烏瓜」天選おめでとうございます!!
幻想的な世界に、感動しています。
めぐるさんの発想力、本当に素敵で、大好きです♪

めぐるさん、やりましたね!

おめでとう!

私も最近水木しげるさんの漫画『遠野物語』で「迷い家」のことを知ったばかり。

もう烏瓜がドンピシャ嵌った感じで、ありありと目に浮かびましたよ。

めぐるさん、ついに・・・ついにやりましたね!
天選、おめでとうございます!

これも、皆、めぐるさんの日頃の努力の賜物ですね。
努力の方法も、その量も、そして持って生まれた詩情も、人一倍優れているめぐるさん、本当に素晴らしいです!

改めて、おめでとうございました!!

めるぐさん、おめでとうございます!
私、本当に嬉しくて嬉しくて、なんか ふわふわしちゃって、仕事が手につきませんでした(*^^*)
嬉しい!嬉しい!!うれしい!!!!!

天選おめでとうございます!!!
迷い家という発想が素敵です。

めぐるさん
栄えある【天】選、おめでとうございます。
昼休みに[結果発表/天・地の俳句]をクリックし、画面に飛び込んできたのが天句とめぐるさんの名前まで。
スクロールしないで、句を何度を読みましたが、「迷い家」がよくわからずマヨイヤとは、迷って辿り着いた家かと考えたりしました。
遠野のマヨイガのこともよく知らずに通りすぎて生きてきました。
物語と烏瓜、忘れません。
お話しを読み感動した者ですが、感動をありがとうございます。

天選!おめでとうございます!
僕には絶対に詠めない句!鳥肌です!

はじめまして。おめでとうございます。

「天」おめでとうございます~!
ブログを拝見するとあれ、違う句だけど。。??
もしかしてまだご覧になってないのでしょうか?
ぜひぜひ組長のコメントも一緒にご覧になってくださいね~!
迷い家なんて私も全く知りませんでした。
俳句をして、改めて知らないことだらけ、また子供のころに聞いた昔話もすっかり忘れて
いつの間に私は貧しい精神世界に生きているのだろう、と胸を付かれる思いがします。

もっと自由だった子供のころのことを思いだし、そしてもっと豊かな経験を積んだはずの今だからこそ
形に出来る言葉に出会いたい。。。
たくさんの言葉、豊かな精神世界にあふれるみなさんの俳句と出会えてよかった。
めぐるさんの俳句で遠野物語をもう一度読んでみようと思いました。
私の世界を広げてくれてありがとうございました。

そうそう、前におっしゃていた「はなぶらんこゆれて」、読みましたよ!
最近娘が「りぼん」を買うようになり一緒に見ていますが、最近の「りぼん」と全然違う話の深さと豊かさにびっくり。
中学生の娘も「これがりぼんだったの?今のりぼんは話が単純で浅いものばっかりね」と言っていました。
親子で同じ漫画を堪能出来て本当に楽しかったです。
こちらも重ねてありがとうございました。

天選ですよ!おめでとうございます*\(^o^)/*

めぐるさん 天選おめでとうございます!!!
ついにやりましたね(≧∇≦)
素晴らしい!!!
でも遅いくらいですよ(*`ε´*)ノ
お祝いがたくさんでめぐるさんの事を大好きな人が
私を含め大勢いますね(//∇//)
この喜びをじっくり味わってくださいね。
また近いうちにあると思いますけど(*^-^)
本当におめでとうございます!!!

めぐるさん
【天】選、おめでとうございます。
努力する人には、いつか実りがありますね!!!

今日は、朝から会議があり、その後懇親会があり、電車で帰ってきて近頃覗くことの少なくなった、「俳句ホスト」をのぞいたら、ビッグニュースに驚いています。本当におめでとうございます。

めぐるさん、天選おめでとうございます!
いつかは必ず天をとるんだろうなー、って勝手ながらぼんやり思っていたので、やはりという感じです。
お忙しくしてらっしゃるのか、はたまた喜び噛み締め中か…下戸ゆえご一緒は出来ませんが、お祝い置いていきますねー!
・:*+.\(( °ω° ))/.:+っ【お酒】

天選おめでとうございます。
どんどん高みへと登って行っててしまいそうです。
さぁ、次のプチ句会、みんなでめぐるさんを倒しに行きましょう。
切磋琢磨させてもらいますね。

◆としなりさん

有難うございます!
としなりさんの「先斗町」も素敵でした!
烏瓜から感じる、「あかり」「ぬくもり」、私も句にしたかったのですが微妙に出来ず・・・
「ぼんぼり」という可愛らしい措辞にヤラれました!

◆凡さん

有難うございます!
以前、「もしや?」と思って空振りだったことがあるので、メッチャ自制していました
いやーん目出度いっ
凡さんも【人】×2句おめでとうございます!
「烏瓜」×「火星」の取り合わせはお見事ですね

◆大西主計さん

有難うございます!
大西さんも【人】×2句おめでとうございます!
飯島晴子の「葛の花来るなと言つたではないか」を思い出しました。
こういった、拒絶(否定)の言葉って、ドキっとします。
私もいつかこのテクニックを使ってみたいです!!

◆ヒカリゴケさん

有難うございます!
先ほど、ブログも覗かせて頂きました、
うわ~ん錚々たる綺羅星のやうな方たちが集う、眩しい場所っ!
挨拶をしようとしてスゴスゴ帰ってきましたよ
後ほど、心の準備をしっかりとして、改めて伺いますね、どうぞよろしくお願い致します!!!

ヒカリゴケさんの【人】×2句(おめでとうございます!)どちらも面白かったです!!
「水曜日」は、「烏瓜」の持つ「赤(朱)」との対比としても際立っていますね
わさわさ~っと茂ったものを見ると「ぶったぎりたい!」という衝動が湧き起こるのも感覚として理解出来て、
大好きな一句です!!
そうそう、そして「櫨紅葉」では地選おめでとうございます!!赤黒い飛沫が見えました・・・!

◆さるぼぼさん

有難うございます!
チームは離脱しましたが、「天地」への憧れを失った訳ではなかったので、メッチャ嬉しいです。
そしてさるぼぼさんの「家出の子」、続きのような句を投句していました。

うかうかと烏瓜など持ち帰り

【没】でしたが、実はこの句が一番のお気に入りでした。
さるぼぼさん、遅くなりましたが「櫨紅葉」での地選おめでとうございます!!
いつ【天】を獲ってもおかしくない方、これからも楽しみにしております!!!

◆蜂喰・・・あれっ

有難うございます!
・・・お名前にトラップが仕掛けられていることに今頃気づきました
騙されませんよー蜂喰擬さんですねっ???
(前回は気づいてなかった迂闊な私

蜂喰擬さんのお句、「理由」をいろいろと想像出来て楽しいですね!
こういった遊び心のある句が自在に書けるようになったらいいなーと憧れています

◆立志さん

有難うございます!
いやーーーー何か神のタイミングでしたねびっくり~!
「ハイポ掲示板」でもおめコメ下さり、有難うございます
そうそう、【天】の句には洩れなく壮大なドラマ性が・・・物語があると感じていました。
そして「金曜日の句は、自分の知らない場所に連れていってくれる」と。
自分の句に、そんな力があるとは思っていなかったですが、
「迷い家」を知らなかった人がこの伝承を知るきっかけになったのなら、
こんなに嬉しいことはありません。
夏井先生の鑑賞のおかげだと、心から感謝しています。

立志さんの「東雲」の句、さまざまな思いも含めてしっとりとした気持ちで読ませて頂きました。
「烏瓜」から何かが生まれそうだ・・・という句は私も考えたのですが、朝焼けに染まる希望に満ちた空、
こんなに美しいものを入れちゃうとはさすが立志さんです!
立志さんの紡ぐ物語、いつも楽しみにしています!!!

◆直木葉子さん

有難うございます!!
葉子さんのお名前いつも気になっていました、
そして、自分の本名が嫌いな中学時代の私が自分につけていた名前が「葉子」だったんです。
「櫨紅葉」では「玉梓」、「烏瓜」では「ふぐり」、「菊日和」では「阿羅漢」、
何とも私好みな言葉を自在に操る葉子さんに憧れ無限大
なので、今回コメント頂き、めちゃくちゃ嬉しいです!!
これからも是非お気軽にいらして下さい、どうぞよろしくお願い致します!!!

◆比良山さん

有難うございます!
お名前、そこかしこで拝見しております、ご活躍ですね!!
私の方こそ、何かと力不足で何ともはやな感じで申し訳ないです
なので、おこがましいなどと言わず、お気軽にコメント頂ければ嬉しく思います、是非是非よろしくお願い致します!

比良山さんのお句、スっと入ってきてすごく素敵。
「夏越(夏祓)」の句は、私的には【人】でもおかしくないと感じました。
いよいよエンジンがかかってきたのかも知れませんね、これからも楽しみに拝見させて頂きます!!!

◆シラズくん

有難うございます!
まさしく号外でしたねえええ、いやビックリ!
思わず帰宅途中に串カツ屋で一杯なんてやっちゃったもんですから、
家に帰ると眠たくて・・・金曜日の記事のUPが大幅に遅れてしまいました
皆さんからのおめコメ、いっぱい入っていて嬉しかったです!!

シラズくんの「烏瓜」、とっても「らしい」一句でした!
個人的な感触ですが、今後シラズくんは太宰治的な方向に大化けするんじゃないかとアタリをつけています。
徹底的に自分と向き合った時に生まれる、軽みや可笑しみ。←この境地に辿り着きそうな予感!
シラズくんにしか書けない世界がある!というのは強みです。
私も、自分の世界を確立出来たらいいなあと、常日頃憧れております。

◆花節湖さん

有難うございます!
「山の中にあると言えば」というところからスっと降りてきたので、
「迷い家」は「烏瓜」で2句、「舞茸」でも1句投句しました
昔話、伝承、奇譚、そういった物語ってほんとに心を掴む力がありますよね・・・!
「姥捨」とか「オシラサマ」とか、使ってみたいワードの宝庫です。
花節湖さんの「龍の目玉」も、らんらんと光る赤い目が浮かんでカッコいい!
あと「鰯」の句がマジで私にストライクですし、花節湖さんの句大好き~!!
「プチ句会」でも楽しみにしております、よろしくお願い致します!!

◆比々きさん

有難うございます!
んも~~~ホントに比々きさんのおかげです!!
「俳句は『詠む』と『読む』の両輪」と仰って、「名句鑑賞」をすすめて下さって。
その「名句鑑賞」の第一弾に「烏瓜」の句を選んだ私の初めての【天】が「烏瓜」だなんて、
これはもう、運命じゃないのかなーという気さえします・・・。
記事が相変わらずなかなか書けないままですが、これからも鑑賞を大事にしたいと思っています。

比々きさんも【人】×2句おめでとうございます!
卵型の「烏瓜」に「とがる」、しかも「嗅覚のとがる」を当てたあたりが匠の技!と感じました。
「妊婦」にリアリティを与えるのと同時に、、
季語とは逆の性質を持つ言葉を加えることによって、
こういったパンチの利いた句になるんですね
「なるほど、なるほど」と思っているうちに、いつしか自分にもそういったテクニックが身につくことを願いつつ、
皆さんの句をじっくりゆっくり読み進めております

◆葉音さん

有難うございます!
ああ、まさか本当にこんな日が来るなんて
実は、「夏越」~「鰯」までギャ句&回文を休んでまして、「櫨紅葉」から復活したんです。
その途端の【天】なんで、やっぱりココに何か発想の飛躍をさせるというのか、頭をほぐす力があって、
底に眠ってる「もともと知ってるモノ」を引っ張り出す力があるのかも?なんて・・・。
さあっ、葉音さんもレッツチャレンジ世界がちょっとだけ変わるかもよ~

そうそう、今回の葉音さんの「烏瓜」、「ミサイル」を使っていましたね!
私も、「爆発」を使った句を『愚陀佛庵』さんに投句したので、発想が似ていて嬉しかったです!

めぐるさん。ご丁寧にご返信ありがとうございます。お忙しい中、お一人お一人にこのように返信される姿勢頭が下がります。またこれまでの私の句についてもご感想頂き励みになります。有難うございました。

◆比良山さん

皆さんのお句から学ばせて頂くことばかり、こちらこそ有難うございます!
比良山さんの「芒種」では、「熏籠」という言葉を初めて知りました
初めて知る言葉、納得の取り合わせ、新鮮な語り口・・・
『俳句ポスト』は本当に学びの宝庫です。
でも、一覧でズラ~~~~っと見て行く時よりも、こうやって書き込んでくれた人の句だと思って読むと、
やっぱり味わいが全然違うんですよね
皆さんの素敵な句を読んだからには、私も頑張らなくっちゃ!という気持ちになります。
「水涸る」・・・まだ全然出来てないけど・・・がんばるっ

◆はのさん

有難うございます!
私も10時すぎ(仕事中)に結果を見てしまったので、
チョットいつもよりも無駄に画面に見入ってしまう時間が長かったかな
でも、気分は最高!だったので、良い接客が出来たような気もします
そしてフワフワ~~~といい気分のまま、帰り道では串カツ屋に・・・。
茄子、山芋(醤油味)、紅生姜の串カツを、たんたかたんのロックで頂きました~
何故か、その後も「オッここにも良さげな店が!」と気づいたりしたので、
次に何か嬉しいことがあったら、今度はソコに行ってみようかな?なんて

はのさん、安定の【人】×2句おめでとうございます!
少ない投句で複数掲載が私も最終目標なので、はのさんの域に近づけるよう頑張りますよ!!!
「水涸る」からは、15句に絞ります!(嘘です、20句も思いつかないからですスミマセン

◆野良古さん

有難うございます!
いやー読んでて良かった「うしおととら」。この漫画、子どもも好きでね~、アニメも一緒に観たわ~
夏井先生の選から、そういう自分の好きなもの、好きなことが句になる、私のオリジナリティになるって感じて、
「読んでて良かった、聴いてて良かった」さらには「生きてて良かった」という幸福感を味わっています。
野良古さんの『一句一遊』での【天】も、野良古さんならではの句でしたね!

そして野良古さんの「烏瓜」、脱力感がたまりません!
私も出来ることならそういう句を書きたいなって思っています。
兼題で詠む時も雑詠のような、自然に自分の中から出て来るような句を・・・。
それが今の目標なんです

◆chaoさん

有難うございます!
私も、最初に開いた時、あまりにもビックリして一瞬で閉じてしまいました
その後、何度も開けてみては、「ほ、ほんまや。ほんまなんやー」と込み上げて来る喜びにブルブル・・・。
こんなことって、あるんですね・・・!
いつも「金曜日の句は、知らない場所に連れていってくれる」と感じていましたので、
もし私の句がchaoさんにとって知らない場所への扉を開いたのだとしたら、こんなに嬉しいことはありません。
自分の知っていることだと、「どうせ皆も知っている、こんなの平凡だ」と思ってしまいがちですが、
案外そうでもないのかも知れません。
chaoさんにも、chaoさんが良く知っていて、他の人には新鮮な世界がたくさんあると思います。
是非是非、どんどん、chaoさんの世界を解放しちゃって下さい!!楽しみにしています!!

今回のお句、からからと乾いた空が見えるようで素敵
私も「旅人」で2句ほど詠んだので、発想が似ていて嬉しかったです!!

◆耳目さん

有難うございます!
いやいやいやとんでもない、耳目さんこそ、常々私には詠めない佳句を量産されていて鳥肌です!
今回の2句ももちろん!・・・耳目さん、恐ろしい人!
その一方、「迷い家」は本当なら「迷ひ家」にすべきなのに、またまた投句後に「ハッ!」としたというダメな私
以前、耳目さんと私に俳句を教えてくれた友人の句風が似ていると言ったことがあると思いますが、
今回のような語り口調の句は間違いなくお二人から影響を受けたものです。
兼題でも雑詠のように詠みたいなあ・・・と思った時、ひとつの打開策のように感じました。
自分の中から出て来るものは、すなわち周囲の誰かからもらったものなのだ、ということを強く感じています。
私にとって、耳目さんは永遠の憧れ!これからも少しでも近づけるように頑張ります。
不肖の弟子だと思って、生温かい目で見てやって下さいね

◆純音さん

有難うございます!
コメント頂いて嬉しいです、純音さんのお名前とお句、『俳句ポスト』や『一句一遊』で目にしています!
「烏瓜」では【人】×2句でしたね、おめでとうございます!
これからも是非、お気軽に書き込みにいらして下さい、お待ちしております!!!

◆桂奈さん

有難うございます!
そして、きゃ~「花ぶらんこゆれて・・・」読んで下さったんですね!!!
娘さんと一緒に読んで下さったとのこと、嬉しいです!!!
そーなんです、以前の「りぼん」は結構濃いぃドラマをやっていたんです・・・。
(「砂の城(一条ゆかり)」なんてドロッドロのメロドラマやってましたし・・・)
私は絶対!真幸お兄ちゃま派だったので、非常ーに切なかったですねえ・・・。
ところで、太刀掛秀子の作画、素晴らしいでしょう???
小道具のひとつひとつの可愛らしいこと、太刀掛秀子が描いたもの全部欲しくなります
そしてデッサンの正確なこと、眼鏡の横顔なんて、あんなふうに描けるものではないとつくづく思います。
俳句にとって大切なことまで全部詰め込まれている気がする・・・。

そして、桂奈さんの「烏瓜」の句を読んで震えました。
私の目指しているところがまさにそこにあったからです。
もう一度言わせて下さい、貴女は私の太刀掛秀子だ!

◆GONZAさん

有難うございます!
GONZAさんも【人】おめでとうです!

◆幸江さん

有難うございます!
本当に、PCを開くたびに増えていくお祝いコメントに感涙の金曜日でした・・・!
皆さんあっての私だなあとしみじみ・・・。
そう、皆さんへの憧れが私にいつも力をくれたのでした、次は皆さんの番ですね
幸江さんこそ、 「 時雨忌全国俳句大会」特選おめでとうございます!!
さすが幸江さん・・・!
幸江さんは私の憧れの筆頭にいつもいる方です。
(そんな人が何人いるんだというツッコミはナシで!
いろいろな賞をお取りになっている幸江さん、『俳句ポスト』での戴冠の日も心待ちにしております

◆正丸さん

有難うございます!
俳句上達の方法としてオススメされた「名句鑑賞」で、一番最初にやってみたのが、
正木ゆう子の「烏瓜」の句でした。
その「烏瓜」で【天】を頂けたこと、無関係ではないと思います。
もし私が、季語の本意に迫れていたとしたら、間違いなくこの取り組みのおかげです。
この頃は(というよりだいぶ以前から?)なかなか記事が書けないでいますが、
また少しずつでも、名句鑑賞を続けていきたいと思います。

正丸さん、お忙しそうですが、折に触れブログに掲載されるお写真にいつも癒されています。
あの蜻蛉、羽先の特徴からノシメトンボかと思いましたが、どうでしょうか・・・。

◆しゃーらさん

有難うございます!
金曜日は、もはや何が何だかな状態で、とりあえず一晩寝て落ち着こう?という感じでした
お返事書こうにも、手が震えるので、まともにキーが触れないのです(飲んだせい?)。
でも、さすがに2日経つとしっかりしてきましたね~有難く頂きますよ~そのお酒っ

思えば『現俳協ネット句会』での、しゃーらさんとの出会いが、ここまで私を引っ張ってきてくれたんですね。
『現俳協ネット句会』では、しゃーらさんに採って欲しい!!!との一心で頑張りましたし、
『俳句ポスト』もしゃーらさんが地選になっているのを見て飛び込んだのですし・・・
ホントしゃーらさんあっての私・・・感謝してもしきれません
しかーし!「プチ句会」では正々堂々と勝負です!
投句用のパスワードを発射しますので、ご確認ヨロシク!!!いざっ!!!

◆山香ばしさん

有難うございます!
いやいや私なんぞ常に全没の恐怖と戦っている小心者ですので・・・
山香ばしさんのように、金曜常連として揺るぎない俳句力を身に着けるにはまだまだまだまだ精進が必要です。
前に金曜日に出たのいつだろ~~~と思ったら、「薄暑」はもう、半年も前の話なんですね
そんなの、望外の幸せと思いながらも・・・
うむ・・・半期に一度は登場したい・・・そんな夢が頭をもたげてきました
モチベーションを切らさず、また次の兼題に取り組みたいと思います。
「水涸る」・・・ギャ句と回文だけ投稿しましたっ!
やっぱり、ココへの挑戦(山香ばしさんもやってますものね!)が何かを開いてくれたと思っているので、
是非是非皆さんにもバンバン挑戦して頂きたいです!!!

>さぁ、次のプチ句会、みんなでめぐるさんを倒しに行きましょう。
ひー!
めぐるはブルブル震えながら皆さんにパスワードを送付いたしました!
お手柔らかに・・・いや、ビシビシ稽古つけてやって下さいっ!押忍ッ!!!

めぐるさん。私の芒種の句にまでご感想頂き有難うございます。実はこれは漢詩からヒントを得たもので昨年のNHKの漢詩を詠むで四季の詩が特集されていたので俳句に使える言葉を漢詩から探していて知ったものです。ボキャブラリーの少ない私にとってはこのような方法や青空文庫のアプリで著作権の切れた文庫本の小説(例えば漱石の草枕等)が無償で読めるのでたまに読んで俳句に使える言葉を探したりしています。したがって恥ずかしながらまだ私の句は借り物の域を出ていませんので発想に独自の新しさを盛り込んだ句は未だ出来ていません。唯一実体験をベースとした句が今回NHK俳句の佳作や俳句ポストの人に取っていただいたようです。めぐるさんの天の句のような発想の飛躍した句は夢のまた夢です。

◆比良山さん

こんにちは!
おぉー漢詩で知った言葉だったのですね、馴染みがないと思った・・・。
漢詩と言えば、以前の『俳句ポスト』の兼題「秋薊」の時に知った句、

花薊露珊々と葉をのべぬ    飯田蛇笏
(はなあざみつゆさんさんとはをのべぬ)
珊珊(さんさん)・・・佩玉の音、すべて清逸なるものをいう。風―、雨―、玉―など。

この「さんさん」という言葉が、漢詩から取られたみたい?でした。
「珊」の字が、薊の葉っぱのようにも見えて、物凄く美しい句だと感じました。(さすが蛇笏・・・!)
私たちが知っている言葉は、みんなどこかで読んだものであったり誰かに教えてもらったものばかりです。
私の「迷い家」だって漫画で読んだ言葉です。
「借り物」というより、「共同の財産」というべきものかも知れません。
素敵な言葉を見つけたら、どんどん使おうじゃないですか!
使い続けることでしか、言葉は残っていかないのですから

>唯一実体験をベースとした句
これは不思議ですけど、本当に強いですね!!!
何気なくポロっと出て来た感じで、特に捻ることもなくそのまま出しただけで、
自分では「つまんないよね、こんなの」なんて思ってるような句に限って光が当たります。
自然に出て来た言葉、実感を伴った言葉だからこそ、きっと読み手の心にもするっと入っていくのでしょう。
そして案外、そういう句を作ろうと思っていると全然作れない・・・そんな気がします。

>発想の飛躍
私の場合、皆さんとのお喋りからヒントをもらうことがたくさんなんです
「烏瓜」の時は、掲示板「ひまわり畑」(ブログの「リンク集」から行けます)の中で
   「烏瓜」っていろいろ謎があったので、ミステリーと絡めるのも面白いかなと思っています。
と書いていて、「山中のミステリーといえば!」で「迷い家」が出て来たと思います。
比良山さんも、是非お喋りに加わりにいらして下さい、
そして「水涸る」にヒント下さい~~~

めぐるさん。「水涸る」ですが締切当日まで句作りに励まれる姿勢私も見習わなければと思います。
どうも私は淡泊なのかいつも締切の3日前あたりで妥協して投句を終えてしまします。
さて「水涸る」の私の連想は「川涸」しかなくこれは子供の頃、里の扇状地の川をテーマーに季節は違いますが夏休みの宿題で涸れきった川の観察写真を取ったことが思い出されこの実体験の句を詠みました。
後は苦手な発想の斬新な飛躍に無理にチャレンジして、月の探査、砂漠のラリー、映画スターウオーズ等々を連想してみました。また今の不順な気候から水涸るの反対の発想水溢るの発想もしてみましたが被災された方もおられるのでこちらは難しいものでした。「ひまわりの畑」の情報有難うございました。早速覗かせてもらいます。

めぐるさん。「ひまわりの畑」拝見させていただき、あらためて青空文庫で柳田国男の「遠野物語」を読んで見ました。面白いですね俳句のネタ満載かも。早速めぐるさんの二番煎じでこの物語に出てくる河童との取り合わせて「水涸る」の句を詠んで俳句ポストに投句しました。おそらく二番煎じの駄句なので没でしょう。

勿体ないくらい嬉しい返信をありがとうございます。
私こそ、めぐるさんの鰯雲の句に励まされたおかげで今までなんとかやって来れてます。感謝してもしきれないくらい。

現俳には暫く投句出来てないし、というか寧ろハイポとプチ句会のみの参加にもかかわらず、エンジンのかかりがもたもたとして恥ずかしいやら情けないやら。
めぐるさんをはじめ、皆さんのバイタリティをこっそり分けてもらって少しでも多く句が作れたら良いなと思いますー。

◆比良山さん

こんばんは!
「水涸る」、なんとかギリギリまで粘って15句投句出来たのは良かったんですが、
お布団に入ってから「ハッ!あの句は語順が~!!」と気づいたりもして、
やっぱもっと早めに用意出来ているものを見つめ直す時間が必要だな~と感じました。
(それでも結局、投句した途端の「しまった!」は後を絶たないのですが
比良山さん、いろんな発想で書かれたようですね!
結果発表が楽しみ~~~!!!
私は「イムジン河」「八百比丘尼」「螺鈿」「小便」「よだか」「落人」といった言葉を使ってみました。
どれか入選してくれたら嬉しいんだけど~~~ドキドキですね

「遠野物語」惹かれますよね~、私は十番目の話とか、ダダ泣きでした。
息子には、嫁が出来ても連れて来るなと言い含めております

◆しゃーらさん

「大切なのは出会いだよ」
この言葉をホントによく噛み締めている今日この頃

あーっ、そういえば「烏瓜」では、捨楽さんのギャ句がなかったような・・・?
寂しいじゃないですか~、ガンガン送りましょうよ~!
なーんて言いながら、私もエンジンのかかりは遅い方でして・・・
カラオケでも2時間くらい歌わないと声が出てこないとか・・・
『俳句ポスト』は締切前の2~3日が勝負というか・・・
ボヤボヤ~~~とイメージを遊ばせている時間が長いです
あっ、でも「プチ句会」の3句はさっき投句しましたよ
そして早速修正も←メチャメチャ有難い機能!!!
捨楽さんの投句もお待ちしておりまーーーす!

めぐるさん。夜遅くにも関わらず書き込みいただき恐縮です。それにしてもすごい言葉の発想力ですね。私とは読書量や言葉の引き出しの数も違うのでしょうね。私は自選もろくろくしないで同じような言葉で片っ端から投句して12句でした。イムジン河の発想の句は私はNHKの「天の川」で投句しましたが没でしたが、「水涸る」でのイムジン河の発想はぴったりですね。その手があったかです。私はボブディラン、PPM、フォークル世代ですので共感しきりです。あらためて「水涸る」と「イムジン河」で捻ってどこか雑詠で投句しようかな。どうも私は自分の発想力が乏しいのでどなたかの発想の二番煎じが得意なようです。俳句ポストのギャ句にはまるのも納得です。先人の秀句の俳句の型と言葉の選択の勉強にはなりますね。しかしこれでは3文字でも5文字でも自分独自の発想を句に盛り込むことは難しい。今週の一句一遊「横這」で珍しいことに2週連続で水曜日に詠まれた句「横這も跳ねるや自動早刈機」の「自動早刈機」という言葉は始め「自動稲刈機」だったのを「稲」では季重なりなので咄嗟に「早」に苦し紛れに変えて投稿したのですが、組長評「自動早刈機って凄い名前ですね」でした。組長はお見通しでしたが、少々新しさを感じて水曜日に読んでいただいたのでしょう。本来なら月、火、いや没でしょう。私は元々技術屋ですので機械のネーミングは経験がありますがこんなところで役に立つとはと勝手解釈しています。でもこの程度の発想力ではとても一句一遊や俳句ポストの金曜日までは行けませんね。このブログでもっともっと勉強させていただきます。

◆比良山さん

いやいや、私も同じような句を出してますよ~
「舞茸」では、同じキーワード(連想)から2句ずつ出しましたし、
なかなか全部バラバラの発想で詠むということは難しいですね
「イムジン河」、名曲ですよね~。
比良山さんもお使いになったとのこと、やはり堪らなく切なくなるものがあると思います。
私は、うまく書けた気がしないので、是非とも比良山さんの手で素敵な句にしてあげて下さい!!

>ボブディラン、PPM、フォークル世代
おー!察するに私よりも5~10歳くらいお兄さんですね
私もフォークソングは好きで、南こうせつとかふきのとうとか時々歌いますよ~。
こないだはPPMの「500マイル」を歌いました。これも名曲ですね~!
ギャ句は、「一文字違いで大違い!」の面白さと、「発音同じで違う意味」で嵌った時が堪らないです。
「川涸る」では、ちょっと自信作が(笑)。
私の『俳句ポスト』での成績が飛躍的に上がったのが、
30句投句と「ギャ句&回文挑戦」を始めてからなので、絶対効果あるんだと思っていますよ!!!
比良山さんの今後の躍進がチョ~楽しみです!!

私のブログが少しでもお役に立つようなら、こんな嬉しいことはありません、
いろいろ書き散らかしてますが、読んで頂ければ幸せです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【人】山小屋は少し傾いで烏瓜:

« 【水】神棚に達磨も置かれ新麹 | トップページ | 【天】烏瓜あれは迷い家だつたのか »