最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆11月15日締切の兼題:「炭」 | トップページ | ◆「第9回プチ句会」参加者募集のお知らせ »

2017年11月18日 (土)

◆探梅

◆季語解説

・俳句ポスト
梅林や庭園などに植えらたものではなく、まだ雪深い山などに、
春の知らせとして春に先駆けて咲く梅を尋ねることをいう。

・日本の歳時記(小学館)
梅はいち早く春を告げる花だが、
「探梅」は、春を前にして早咲きの梅(早梅)を探して野山を歩くこと。
春を待つ心のあらわれのひとつ。
もともと漢詩で使われていた言葉(後略)。→陸游
半吐幽香特地奇   半ば幽香を吐いて特地に奇なり
正如官柳弄黄時   正に官柳の黄を弄する時のごとし
放翁頗具尋梅眼   放翁すこぶる具う尋梅の眼
可愛南枝愛北枝   南枝を愛すべくして北枝を愛す

ほころびかけた梅の香りはまことに香しく、
まさに芽吹き始めた柳の糸さながら。

この放翁(陸游の号)には「梅を尋ねる目」がある。
世の人は満開の南の枝を愛でるが、私は咲き始めた北の枝を愛でる。

・きごさい
春を待ちかねて、まだ冬のうちに早咲きの梅を求めて山野に入ること。
枯れ尽くした大地の中に春の兆しを探す心映えを尊ぶ。
寒気の残る山野を、一輪の梅を探し求める姿は、
人生の真を追い続ける心の旅にも似ている。

思わずニール・ヤングの「孤独の旅路」が脳内に流れました。

・小歳時記(水原秋櫻子編)
早咲きの梅を探して山野を訪ね歩くのを探梅または探梅行という。
本格的な梅の開花のころの梅園や近隣の梅を見て歩くのとは違い、
まだ確実に咲いているのかどうかわからない梅を探し歩くものなので、
心のどこかに余裕もあるし、
また咲いていたとしても一、二輪といったところなので喜びも大きい。
しかも大勢で歩くものではなく、一人二人で出掛けるものである。
俳句作者たるもの人に先がけて季節の変化を見付け出す努力を怠っては、
微妙な季感をとらえる感覚をみがくことはできない。

「俳句作者たるもの」・・・にドッキンドッキン!ががががんばります!!!

◆例句(『575筆まか勢』『増殖する俳句歳時記』より

あなづりし道に迷ひぬ探梅行  松本たかし
密談のほしいままなる探梅行 上野英一
どこからも見ゆる露坐仏梅探る 加藤富美子
梅探る離宮の奥に舟着場 増山千鶴子
丘ひとつ越え探梅のつもりなり 藤田湘子
探梅のナップザックに電子辞書 川崎展宏
探梅の寒さばかりを言ひどほし 正木ゆう子
探梅の間に半生を聞かさるる 中戸川朝人
探梅や山の名のつく駅に降り 池田秀水
探梅や遠き昔の汽車にのり   山口誓子

「探梅」という行動の中にある実感や会話・・・といった句が多いですね。
取り合わせっぽい句は少ないのですが、「仏」「舟」など
川崎展宏の句が今時っぽいですね。
おかげで一句閃きました

◆参考記事
梅の花言葉、飛梅伝説
「源氏物語」の「紅梅」
わが背子に見せむと思ひし梅の花それとも見えず雪の振れれば 山部赤人(万葉集)

◆ヒント
・「小さな喜びを探す」という正統派のものから、「息抜き」「適当な外出の口実」というくだけた物まで、色々とありそう(byシラズくん)
・やはり、梅を求め、探すこころ。生活の分類であることに注意、かな。
「探梅」にすでに含まれている感覚を繰り返さないようにしたいですね。(byすりいぴいさん)

« ◆11月15日締切の兼題:「炭」 | トップページ | ◆「第9回プチ句会」参加者募集のお知らせ »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

★めぐるさん

秋櫻子編の「探梅」を読むと、昔の俳人は一人でも山の中に分け入って、梅の花の二、三片を見つけて喜んでいたんですね〜〜

今の廃人はネットを見ながら、お酒を飲んで喜んでいます〜m(._.)m

◆葦たかしさん

ホント見知らぬ兼題に当たってはYou Tubeさまさま・・・ですね
お酒いいなー!
木曜日から風邪気味で頭痛がしているので、卵酒でも頂きたい気分です~~~。

FBの追記
今回の「探梅」の結果掲載は、少し先となりまして、年が明けた1月の予定です。
季節でいえば、強く冷えこみながらも、暦の上での春がすぐそこまでやって来ている……というそんな時季。地域によっては、庭木などの梅もちらほらと開花し始める頃でしょうか。
心待ちにする春の花といえば、今ではすっかり桜が中心になりましたが、梅の花もその一つ。桜に先駆けて咲く梅は、いち早く春の訪れを知らせてくれる花、といったところでしょうか。

先ずは見出し季語の「探梅」で詠まないといけないけど。
「春信」「梅探る」「春の便り」なんて傍題もあるのですね(講談社 カラー版 新日本大歳時記より)。


あっ、昨日いつき組に「玉子酒」の句出したw
お大事に (-人-)

◆主将ー

まずは『NHK俳句』佳作掲載おめでとうございます!!
そしてFB情報有難うございます!
梅って本当に風情があって、咲くと雅で御目出度い気分になりますね。
傍題、そういえば書くの忘れてましたけど、「小歳時記」には「探梅行」も載ってました。

>玉子酒
何とタイムリーな
有難く頂き・・・エッ私にぢゃない?ギブミーたまご酒~~~!
仕方ないので(?)今夜はカレーで体の中から温まる作戦です。
ついでに、具だくさんセロリスープも作ってみましたうみゃい!
この冬、-5kgを目指す私にご期待下さいッ!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆探梅:

« ◆11月15日締切の兼題:「炭」 | トップページ | ◆「第9回プチ句会」参加者募集のお知らせ »