最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【水】年の夜の哲学者めく夫である | トップページ | 何もせず大晦日を迎へけり »

2017年12月30日 (土)

◆『俳句ポスト』2017年の歩み

2017年の歩み

●冬
「熊」(7句)
【人】神奈備の山深々と眠る熊
「鷹狩」(30句)30句挑戦スタート!
【人】鷹匠の目尻に爪の痕ひとつ

●春
「山焼」(30句/捨7句)
【人】山焼の空撮千五百米
「蜂」(23句)ギャ句・回文挑戦スタート!
【地】蜂球を朝から二つ見たるとは
「蕨狩」(30句/捨9句)
【人】たたら場の赤目砂鉄や蕨狩
「雲」(23句)
―――(全没)―――
「菜の花」(45句/捨13句)
【人】騒ぐ子は菜の花畑に捨てますよ
【人】菜の花や移動図書館走る村
【並】菜の花や陸前高田の丘の風

●夏
「薄暑」(31句)
【地】名画座に「昼顔」観ていたる薄暑
【人】浮き玉をひとつ求めし薄暑かな
【人】薄暑来ぬ高千穂ミルク飲み干しぬ
「青芝」(30句)
【人】言い負けるたび背を青芝に預けたり
「芒種」(27句/捨12句)
【人】るうるうと芒種の川の太りけり
【人】どんくるどんくる芒種の風来る来る
「白靴」(25句)30句→25句に
【人】海に行く日など来なくて白い靴
「日焼」(25句/捨2句)
【人】名水をだっぱだっぱと日焼の子
【人】恋をして日焼して祖父元気元気
「秋櫻子忌」(20句)
【人】膣鏡の銀やはらかに群青忌
【人】リノリウムの床しずかにひかる秋櫻子忌
「夏越」(9句)この締切直前に初めての吟行句会決行!!
【人】龍神の髭ごうごうと夏越かな

●秋
「蜩」(25句)
【人】蜩に枝分かれしてゆく記憶
【人】赤チンは切れた蜩鳴き出した
「菊日和」(20句/捨1句)25句→20句に
【人】菊日和仔犬はまろびまたまろび
「鰯」(5句)
【人】ちくちくと母のつみれの鰯かな
「櫨紅葉」(19句/捨4句)
【人】櫨紅葉「嘘よ」と嘘をつきました
【人】櫨紅葉良き軽石を見つけたり
「烏瓜」(20句)
【人】山小屋は少し傾いで烏瓜
【天】烏瓜あれは迷い家だつたのか
「舞茸」(20句)
【人】舞茸の天麩羅ざふと喰らひつき
【人】いうまいぞうまいまいたけくうまいと

●冬
「鰭酒」(17句)
【人】鰭酒や追悼盤に針落とし
「水涸る」(15句)20句→15句に
【人】水涸ると聞かば心の小石鳴る
【人】涸川に放つ小便きらりきらり
「炭」(12句)
【人】炭継ぐや箱根寄木の秘密箱
【人】野衾の飛び立つ気配炭砕く


なんとなんと、出来すぎな結果にビビる
初めての地選の後はメンタル面の弱さを露呈してしまいましたが、
その後は何とか踏ん張れている・・・のかな
【天】の時に考えていた「水涸る」、その次の「炭」でも【人】×2句採って頂き、
本当に本当に「良かった頑張れた」と思いました。

また、兼題「菜の花」から、ようやく「逆転の発想」が少し出来るようになり、
プラスのイメージのものにマイナスイメージの言葉を合わせるとか、
「行く」「見る」といった景が浮かびやすい季語に対して、
「見失う」「行かない」といった、逆方向の発想が浮かぶようになってきたのが、
今年は収穫だったかなと思っています。
・・・とはいうものの、目標の数までいかずに締切を迎えた兼題もいくつかあり、
全然しっかりやれたとは言えない状況です。
来年は、もっとキッチリ目標に向かわなくっちゃですね!!!
15句から10句に、10句から5句に、バチっと絞っていけるよう。
皆勤・完走を目指すとともに、自選眼を磨いていけるように頑張ります。

まだまだ学ぶことばかりの3年生になりますが、
皆さんとの交流が何よりも刺激と勉強になっています。
来年もどうぞよろしくお願い致します!!!

« 【水】年の夜の哲学者めく夫である | トップページ | 何もせず大晦日を迎へけり »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

★めぐるさん。
おはようございます。
めぐるさんの俳句ポストの戦歴、華々しいですね。
少なくとも20句以上30句をめざし投句されてきた姿勢に頭がさがります。
私はせいぜい5句程度10句を越えたことはありません。
これで並み街道ばく進と嘆いている自分が恥ずかしいです。
来年は私もこのような戦歴を書けるよう頑張って投句致し度く
めぐるさん、皆さん宜しくご指導の程宜しくお願いします。

★めぐるさん

壮観ですね!!!
この一年間のご活躍がよくわかります
月を追うごとにモチーフが広がってますね~
でも、僕は冒頭の「神奈備」のお句が大好きです♪

めぐるさんとネットでもリアルでも交流させて
頂いてたいへん刺激になりました
また、来年もご一緒しましょうね
(*^-^*)

◆比良山さん

おはようございます!
(文章が変なところで改行されていたので、ちょこっと修正させて頂きました、スミマセン
掲載句一覧、『俳句ポスト』で学んでいれば、きっと成長の跡が結果に出るはずだと思って並べていますが、
内心、変化がなかったらどうしようとビクビクしていたチキンです
そして、今年望外の結果が出過ぎてしまったため、来年は成績が下がるのではと怯えています

>20句30句
私も最初は5~10句が関の山でしたが、一念発起しました!!!
やる前は「無理~~~」と思い込んでいました。
が、「たくさん作るゾ!」と決めると、蛇口が緩んだ感じになって、案外気楽に取り組めて楽しかったです。
取り合わせにしても、「大きさ・質感・遠近・色の対比」などいろいろなパターンが出来ますし、
時間ですと「朝」「日中」「夕方」「夜」のシーンを想定してみるだけで4句出来ます。
人物を配してみようと考えると、無限に出来るかも知れません。
「胎児」「赤ちゃん」「幼子」「少年・少女」「姉」「兄」「弟」「妹」「父」「母」「祖父」「祖母」「伯父」「伯母」・・・
頭の中にあるパズルのピースを、ザラーーーーーっと広げながら、
ひとつひとつ「これは?」と嵌めてみるのも楽しいですよ~~~。
「そういえば」「そういえば」と次々いろんなシーンが浮かんでくる時もあって、
選ぶのが大変になるんですけど・・・
でも、30句挑戦から、確実に変わったと断言出来るので、
比良山さんも是非是非来年はチャレンジなさってみて下さい!!!
きっと素敵な変化が訪れます

◆葦たかしさん

こんにちは
私も「神奈備」の句は特別思い入れがあります!!!
今年は『NHK俳句』で大活躍の葦たかしさんから「大好き」と言ってもらえて、
震えるほど感激しております
来年は何とか『湯豆腐句会』で葦たかしさんのハートを射止める句をと狙っておりま・・・
いや、狙ったらダメですね
ふわっと自然に、そういう句が出て来てくれたらいいなと・・・
葦たかしさんや月波さんのように、何気ない日常をサラっと詠めたらと思っています。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願い致します!!!
いっぱい美味しいお酒を飲みたいですねえー!!!

★めぐるさん。アドバイス有難うございます。早速チェックリスト追加いたします。

第26項;取り合わせのパターン1(大きさ、質感、遠近、色の対比)を検討したか。
第27項;取り合わせのパターン2(時間:朝、日中、夕方、夜)を検討したか。
第28項;取り合わせのパターン3(人物:「胎児」「赤ちゃん」「幼子」「少年・少女」「姉」「兄」「弟」「妹」「父」「母」「祖父」「祖母」「伯父」「伯母」・・・)を検討したか。

このような具体的な項目一つ一つを念頭に置いて句を捻ると思考の幅が広がり句の数も増えそうですね。俳句ポスト「石蓴」がどうしても限られたイメージしかなく句が思い浮かばなかったのですが、早速やってみます。

こんばんは!
いつも、俳句に対する真剣な姿勢に力をいただいています。
PDCA手法にも似た、実績のチェックとその反省を次に生かすなど、着実に進化する様子をまばゆく見ております。
プチ句会に、なかなか参加できませんが、ますます盛会でありますように! 
どうぞ佳い年をお迎えください。

◆比良山さん

おおっ、さすが熱心な!
多分、「俳句が上手くなる100の発想法/ひらのこぼ」が凄く参考になると思います。
http://meguru2016.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-81d9.html
(全部は書けませんでしたが、少しなら・・・)
いろんなアプローチを楽しみつつ、自分の描きたい景に近づいていきたいと思っています。
お互い頑張りましょうね

◆正丸さん

こんばんは!
わあ、知らない言葉が・・・と思って調べました
「Plan:計画」「Do:実行」「Check:評価」「Act:改善」
なるほど~!そう言われればそうなのかも知れません、
『俳句ポスト』では、まず目標があって、結果を見て、分析していくようなところがあると思います。
皆さんの秀作を見て「あああ~こういう言い回しがあったんだー」「あああーこんな言葉がー」と、
毎回上位互換句に出会えるのが大きいですね。
来年もしっかり学ばせて頂こうと思っています。
金曜率が高くなることは考えにくいので、取り敢えず「オール【人】(×2句)」を目指します!!
体育会系で暑苦しい私ですが、来年もどうぞよろしくお願い致します!!

★めぐるさん。アマゾンでさっそく「・・・の発想法」注文、今入荷しました。便利な世の中になったものです。今日は除夜の鐘を聞きながら読破いたします。めぐるさん、皆さん、良いお年を!

◆比良山さん

わあ、凄い行動力!!!
その熱意がきっと次々と扉を開けていってくれそうですね!!
私は、本を読みながら、自分は過去に同じ観点で作句したことがあっただろうか?と
振り返っていきましたが、まだまだやっていないことがたくさん
「石蓴」の締切までまだしばらくあるので、いろいろ試してみたいです。
除夜の鐘まであと少し。
我が家はこれから、海老天蕎麦です。
スーパーの惣菜売り場で尻尾ピーンの海老天を買ってきたのです
比良山さんのお句を思い出しながら頂きます

ではでは、良いお年を!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆『俳句ポスト』2017年の歩み:

« 【水】年の夜の哲学者めく夫である | トップページ | 何もせず大晦日を迎へけり »