最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「熊」発表です! | トップページ | ◆兼題「炭」十句選です »

2017年12月21日 (木)

【人】野衾の飛び立つ気配炭砕く

ウオオオオ
今回、「団欒」の景がひとつも描けず、本当に全没再びの予感に震えていた「炭」。
思いがけず【人】×2句採って頂いて、心の底からホっとしました~~~!

【人】炭継ぐや箱根寄木の秘密箱

秘密箱」手順通りに動かさないと開かない仕掛けを施された箱。
寄木細工の美しさには、心惹かれっぱなしです。
「団欒」というより「1人遊び」っぽいかな~~~と思っていたので、
5句に絞るとしたら外していたかも。
12句中8番目の句でした。

【人】野衾の飛び立つ気配炭砕く

Photo_3

「野衾(のぶすま)」むささびのような妖怪。
9月18日に繰り出した文学フリマ大阪でGETした豆本「妖怪図鑑」で、
あまりにも可愛くて使いたかったのです
12句中2番目の投句、これは今回のお気に入り句のひとつでした。
他にも、魅力的な妖怪がたくさんいるので、チャンスがあればブッ込みたいです!!


そして・・・久しぶりに「没句祭り」いっちゃいます!!
今回、没句がちょうど十句ですので、上位互換句との並列でお届けです*敬称略

【人】猫股は金の目したり炭を継ぐ      桂奈
【没】猫又の赤き双眸炭爆ぜる
「炭爆ぜる」だと「炭火」になっているのでダメだったな、と思った句です。
掲句はしっかり「炭を継ぐ」。また、色の対比も「金」と「炭」が綺麗!

【人】炭に聞くむかしむかしの風の歌    かすみ草
【没】堅炭や昔むかしのことじやつた
いやんもう、常田富士男のセリフそのままな私の句に比べて、「風の歌」だなんて、
なんて素敵な措辞でしょう!!しかも「炭に聞く」という上五がまた素敵!

【人】炭跳ねて昔話の続きかな        広海
【没】炭継ぎて昔ばなしをもう一話
掲句、「炭跳ねて」に臨場感があり、「えーっとどこまで話したかいね・・・そうそう」などと、
囲炉裏端での家族の会話までが聴こえてきそうです。似ているようで全然違います。

【人】この炭のくべ方は姉美しき姉      はまのはの
【没】夫の手に堅炭のよく燃ゆること
はのさんは本当にいつも私が「あーん!私もそういう句が書きたかったの!!!」と、
悶絶するような句を書かれます。はのさん、LOVEですーーー

【人】もうずっと炭の火をただ眺めてる    笠原 理香
【没】薬湯のまだ飲み干せず炭を継ぐ
美しい調べ~~~!私の句を七七にしてくっつけるとズっこけます。
自由律のように胸に飛び込んできましたが、綺麗な定型ですね。いいなあ~

【並】自在鉤もてなす炭のよく笑ふ      たま
【没】菊炭や鯉の横木の自在鉤
わ~~~ん「自在鉤」詠みたいのに、どうしてもうまく詠めない私
ぐつぐつ煮えているのはのっぺい汁か豚汁か・・・。笑顔の見える句、素敵ですね。

【人】翁らの竹炭に月匂ひけり        ヒカリゴケ
【没】菊炭の燃え初むとき匂ひけり
おおおーーー、ほのかに透けて見える「竹取物語」
なんと粋な一句でしょうか。姫の黒髪のように美しい竹炭が見えました!

【人】炭焼の匂い呼びたい人ばかり    酒井おかわり
【没】菊炭や車座にいつもの五人
う”~~~んッ!!!「呼びたい人ばかり」という措辞、最高ですね!!!
「炭」あるところ、団欒あり賑わいあり、温かみあり。これだったなあ、と小一時間。

【人】炭つぎて余計なことを話したき    せり坊
【没】炭継ぎてより本題の切り出され  
私のはまさに類想。ここから一歩抜け出たかった
掲句、「余計なこと」というのが佳いですね!何を言い出すのか、わくわく(ヒヤヒヤ?)です。

【人】小屋番は話好きなり炭をつぐ     睡花
【没】炭継ぎて話し手替わる不浄小屋
「炭」→「脱臭」からの連想で「不浄小屋」へ行きましたが、方向違いだったかも。
掲句はストレートにあったかい景が浮かんで佳いな~と思いました。


うむむ、並べてみると自分の句のダメさがスッゴク良く分かる!!!
次の「探梅」は15句投句。また没句祭りやります

最後になりましたが、木曜掲載の皆さま、おめでとうございます!!!
『俳句ポスト』って本当に学びの宝庫ですね

« ◆「熊」発表です! | トップページ | ◆兼題「炭」十句選です »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

いつも、このブログで勉強させていただいております。
まさか、このブログに私が登場する日が来るとは思ってもいませんでした。
ありがとうございます。感激です。
まだ俳句がよくわからなくて、いろいろなものを大量に投稿しております。
今回の句はA面B面でいうところのB面だったのですが、選ばれると味わい深いです。
火の前で何もしないでぼーっとしている息子をディスッたものだったんです。
なんか、ごめんなさい。これからもがんばります。

あら、めぐるさんも猫又の句だったのですね!
炭と猫又の組み合わせはありだったのですね。なんだかめぐるさんと類そう、嬉しいです♪
めぐるさんののぶすまの句、素敵です。野衾、かわいい妖怪ですね。
そして炭は「継ぐ」くらいしか思いつかなかったのですが「砕く」とは!
他の方たちもいろいろな動詞を使っていてすごいなあと感心しました。
野衾はかわいい妖怪に見えますが、やはり炭が砕けるのですからかなりのパワーを秘めた妖怪なのでしょうね。
私も妖怪好きなのでその本興味があります!

実は炭×妖怪取り合わせは自信がなくて自分の中では没候補でした。
妖怪に興味はあるけど猫又か雪女くらいしか思い付かなくて。しかも猫又は猫を飼い始めて身近に感じられるようになりました。この猫ちゃんもいつか猫又になるに違いない。。なーんてじっと猫の目を見て思うんです。笑
だから私の中では安易な発想の句で、今までも没句のなかに猫又出てきますよ~。笑
初めて日の目を見た私の猫又俳句。^^;

けど、めぐるさんの猫又の句が私よりダメだなんて思いません。
私が想像するに組長は同一人物に2句以上素敵な句があっても2句までしか取らない、と決めてらっしゃると思います。でないと上手な人の句ばかり10句とか掲載されたら他の方の出番が減ってしまうじゃないですか?
選ばれることだけが目的ではないとは言え、やっぱりいつもいつも同じ方の句ばかりたくさん出てゐたらやっぱり自信がなくなってしまいます。
私はめぐるさんの猫又の句、双眸(そうぼうと読むのですね)が赤く光り、炭の火が赤くチラチラと爆ぜているのが
リンクして猫又の不気味さとか不穏な感じがリアルに迫っていて素敵だと思いました。
うちの猫は夜金色の目になるので猫又の目も金色だと単純に思ってしまいましたが、赤い目の猫又も妖怪らしくて
面白いと思いました。
そうそう、「金」を上手に使ってみたいと思っていたのでそれも今回は嬉しかったです。
めぐるさんの「金秋や髭の男の手風琴」で、「金」の使い方がうまいなあと思って以来私も「金」を上手に使えるようになりたい、と思っていました。(あ、カネじゃないですよ~。笑)
郵便配達夫の時も金釦を使ってみたかったけど上手く出来ませんでした。今回「金」で「人」が取れたので単純に嬉しくなりました。カネじゃないですよ~。(#^^#)

めぐるさんのように類そうの句を並べて比較するのはとても勉強になりますね!
なかなか出来ないことです。めぐるさんの熱意にはいつも素晴らしいなあと思っています。


◆笠原 理香さん

きゃああようこそ!!!来て下さって嬉しいです!!!
勝手に登場させっちゃってゴメンナサイ
ブログ見て下さってたなんて嬉しいです、とりとめのないブログでハズカシイ~

>火の前で何もしないでぼーっとしている息子をディスッたものだったんです。
そうだったんですか!
私もボ~っとしていることが多くて、「●●を見ているのみの●●●」みたいな句をよく書きます(笑)。
息子さんに親近感・・・どうぞよろしくお伝え下さい
俳句って、「何もない」「何もしていない」ことまで句になるから面白いですよね!!

私も全然俳句分からなくて皆さんとの交流の中で何かを掴もうとしています。
また是非いらして下さい、そして気軽にコメント下さい!!!
一緒にあーだこーだお喋り出来たら嬉しいです!!!

◆桂奈さん

こんばんはー!
桂奈さんの句めっちゃ良かったー
「猫又」と「金」、両方がピタっと噛み合って報われたんですね、なんだか素敵だな
ちなみに私もよく使っててまだ報われてないワードのひとつに「ばあちゃん」があるんですけど、
「炭」こそ出番だったんじゃないのか?と後になって思いましたです・・・。
あと「田中邦衛」。ドラマで炭担いでいそう?

桂奈さん、妖怪好きなんですね!
この豆本は大和堂さんが出していて、文学フリマで300円でした。めっちゃ可愛いーーーよ!!!
他にもいろいろと出されてました。
https://c.bunfree.net/p/osaka05/8558
こちらの本は通販でも買えるみたいですヨ!!

>組長は同一人物に2句以上素敵な句があっても2句までしか取らない
これは以前、どこかでそう語ってらっしゃるのを読みました
当時は1人3句まででしたので、私も「【人】×3句を目標に30句投句!」を始めました。
(30句で没句祭りをしたら首を痛めてしまいました
どの句が選ばれるかというと、「同じ発想の中から選ぶならコレ」というものもあると思いますし、
「人と被っていない、オリジナルな発想」も眼を引くと思うので、
ちょっとニッチな(?)「野衾」を入れられて良かったと思います。
組長は、『俳句ポスト』の選を通して、「こんなにいろんな発想がある(出来る)よ!!!」と教えて下さってると思いますし、
ひとりひとりの個性を伸ばすような選句をされていると思います。
自分が自分の好きなものを素直に詠むことの大事さを教えてくれている気がします。
ちなみに、「ラグビー」には「ぬりかべ」出してます
桂奈さん、一緒に頑張りましょう!!!

私もめぐるさんラブですぅぅぅ
めぐるさんに励ましてもらって出てきた俳句です。ありがとうございます。

書きたいことはたくさんあるのですが、読みましたってことだけお伝えしておきます。

◆はのさん

きゃう~~~~ん!はのさーん
人と話すことで「そういえば」と掘り起こされるものがあったりして楽しいですよね
また是非なんだかんだ呟きにいらして下さい、お待ちしておりまする~~~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【人】野衾の飛び立つ気配炭砕く:

« ◆「熊」発表です! | トップページ | ◆兼題「炭」十句選です »