最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

◆「ラグビー」月曜日

はうあー!
『俳句チャンネル』兼題「冬林檎」の発表でしたが、投句ばかりか聴くのも抜けてしまいました(汗
この機に、いつも楽しませてもらっている『俳句ポスト』のギャ句&回文から、
お気に入りをいくつか紹介させて頂きますup

◆ギャ句

ラグビーや清算一万あれば足る 山香ばし
元句「ラグビーや青雲一抹あれば足る/中村草田男」
焼肉でしょうかhappy01
私ですと3000円くらいですが、ラガーともなれば一人当たり一万くらい食べちゃうのかも!


ラグビーの巨躯タマもなほ息はずむ 出楽久眞
元句「ラグビーの巨躯いまもなほ息はずむ/山口誓子)」
作者コメントによると「タマ」は猫ちゃんだそうです。
すみません、私、違う「タマ」を想像してしまいましたーーーーーsweat01


ラグビーや敵の汗に触れてうふ 星埜黴円
元句「ラグビーや敵(かたき)の汗に触れて組む/日野草城」
マイラブ・黴円さん!さすが安定のクオリティ!!
「組む」から「うふ」が出て来るそのセンスに痺れ憧れますッッッ!!


ラグビーの曲いまもなほ息はずむ 赤い彗星の捨楽
元句「ラグビーの巨躯いまもなほ息はずむ/山口誓子」
「ラグビーの曲」というと「HERO」ですよね!!!っふっふーーー!upupup

ラグビーのさっと牛来る肝油噛み 比良山
元句「ラグビーの殺到しくる顔ゆがみ/下村福」
「さっと牛来る」にヤラれました!想像すると、めっちゃシュールhappy02

恥じる恥じる恥じるラグビーNOと子 ヒカリゴケ
元句「走る走る走るラグビーの男/秋山巳之流」
あっ、なんか息子の小さい頃を思い出したわspa親戚のおじさんと会う時なんかもよく私の後ろに隠れて恥ずかしがってた。ラグビーなんて無理だっただろうなcoldsweats01



皆さんの楽しいギャ句を拝見すると、なんかいろいろ掻き立てられます。
月曜日から楽しいなんて幸せですねshine
さて、「薇」頑張るかーーー!!!

2018年1月28日 (日)

◆1月句会の結果です

今月は、3句中2句に点が頂けました、有難うございますhappy01

ぽんぽんと弾んでふくら雀かな (3点)
玉砂利の広き参道春近し    (1点)

(結果はコチラから)


そして!選句の方では、3句中の1句が葦たかしさんの「柴犬」の句!!!dog
めっちゃ可愛くて、一発で選びました!
あーーーーんど!!今回の最高得点句「初荷受く」を、
桃にゃん、やち坊主さん、葦たかしさんと一緒に選べていたのも嬉しいです!!
それだけ、誰が見ても佳い句ということですねshine
私も、昨年の11月に「まつすぐに捺す実印や藪柑子」という句を日記に書きましたが、
こちらは「天地を正し」という措辞に淑気が溢れ、「初荷」を受ける時の、
ピシっと背すじも伸ばしているだろう姿、配達人への労い(敬意)まで感じたものです。
同じ材料でも、料理人が違えばここまで違うかー!と爽やかな気持ちです。

なんだかメッチャ元気の出た1月句会でした。来月も頑張るぞっ!!!upupup

【地】寒柝の星生む仕事かも知れず

月波さんに速報頂き、大喜びしておりますーーーーup

【地】寒柝の星生む仕事かも知れず

この句は、2015年末に着想を得て、上記の形になったのが2016年年明け。
年明けの句会に出せる句ではないので、そのまま寝かせ、
2016年11月締切の「星野立子新人賞」応募の50句に使って、
反応を知りたかったので、クローズドの句会である「象さん句会」に提出したものです。
その時頂いたコメントがとても嬉しく、賞の方は当然ながら力及ばなかったものの、
この句は次の年末になったらどこかに投句するぞーとひそかに決心していました。
いざ2017年12月を迎えた時、「もっとシンプルに詠めるのでは?」と悩み始め、
しばらく推敲を試みていたのですが、このままではまた年が明けてしまうと思い、
【没】だったら練り直せばいいんだと気持ちを切り替えて投句。
よかったーーーーめっちゃ嬉しいーーーupupup
お祝い下さった「ひまわり畑」の皆さま、有難うございます!!!

ちなみに、推敲案は以下の通り。

寒柝の星生むほどに響きけり
寒柝の星生む音と思ひけり

なんかサラっと詠みたいと思いつつも、これでは弱い気がして迷いは消えず・・・
投句締切の2日後、『俳句ポスト』兼題「炭」で、めいおう星さんの地選句

【地】寒星を打ち合はせたる炭の声     めいおう星

を読んで、目からウロコが百万枚ほど落ちましたっ!!!eyesweat01sweat01sweat01
「寒星」の刺さってくるような煌めきが、キンと澄んだ炭の音にマッチしていますし、
「~たる~声」という力強さ・潔さも、冬の厳しさと呼応していますね。
私も、ボヤ~~~と求めていた最終形が見えた気がしました。
いずれまた、別な季語でビシっと書ける時が来るかも知れません。
その時を楽しみにしています。

最後になりましたが、「100年俳句計画」2月号掲載の皆さん、おめでとうございます!!

◆2月7日締切の兼題:「薇(ぜんまい)」

◆季語解説

・『俳句ポスト』より
「ぜんまい」。ゼンマイ科の多年草シダ。山林や野原に数本ずつ自生する。
山菜として有名で、先端が白い綿毛に覆われて渦を巻いた、
まだ柔らかいうちの若葉や茎を折り取って、干して貯え食用にする。

◆例句(『575筆まか勢』、『増殖する俳句歳時記』より抜粋)

ぜんまいに不意に風湧く古戦場       西村公鳳
ぜんまいののの字ばかりの寂光土    川端茅舎
ぜんまいは仲よく拗ねて相反き       富安風生
ぜんまいや聞く耳もたぬ石一つ       南雲愁子
ぜんまいを貫くシュールレアリスム     櫂未知子
ぜんまい摘みその錆色に指ぬらす         高井北杜
ぜんまい干す日向日向の峡の家      山口草堂
薇がほどけるまでの寝釈迦かな       間石
みず・うるい・しどけ・ぜんまい雨しとど   八木林之介flair「ぜんまい」名詞止
世阿弥寺ぜんまいを干す花の下      細見綾子flair中七前半
子を産みに来て薇を母と揉む        渡部柳春flair中七後半
村中の莚の並ぶぜんまい干し        小林輝子flair下五(字余り)

晩秋の季語「舞茸」や「烏瓜」では、人間の最奥部へ切り込むような句が多く見られました。
「薇」にも、死生観(輪廻とか)や根源的な部分に繋がる言葉が似合いそうです。
一方、春の季語ですので、あたたかみや喜び、のどかさも表したい。
あと、隙あらばブっ込もうと画策中の「田中邦衛」も何とかならんか。

◆参考記事
でんでら野(「不思議空間『遠野』―「遠野物語」をwebせよ―」より)
職場の後輩くんが貸してくれた小説「でんでら」が面白かったので、先日映画も観たところ。
「でんでら」で何とか詠んでみたいです。(→「姥捨伝説」)
隠国(こもりく)・・・熊野の地。死者の魂が集まる場所。
使ってみたい言葉リストの中のひとつ。万葉時代から歌にも詠まれてきた。
「隠国の泊瀬(はつせ)の~」と枕詞にもなっていて、「山深い奥地」といった意味合い。
ゼンマイ採り(「水と森の郷あきた」より)
ぜんまい織り(「Beautiful Akita」より)
ぜんまい紬(「着物買取査定館」より)
男ぜんまいと女ぜんまい(「秋田犬クゥとの日々」より)

2018年1月27日 (土)

◆「探梅」金曜日&七句選

「プチ句会」終了、「探梅」発表、「花」投句完了ーーー!
なんとも駆け足に過ぎて、何一つ追いついていないノロマな私ですsweat01
このごろ、ちょっと目をこするとビックリするほどしみるようになってきました。
いよいよドライアイも深刻かーーーと思いながら、ボチボチやっておりまするbearingsweat01

◆金曜日

【天】探梅や天智天武の恋幾たび    めいおう星
天智天皇、天武天皇が生きていた時代には、花といえば「梅」を意味していました。
額田王をめぐる三角関係説もある、兄の「天智」と弟の「天武」。
彼らの「恋」が「恋幾たび」も華やいだ時代には、かぐわしい梅の香りが似合います。
季語「探梅」の野生味と情趣を表現しようとする時、
万葉集の時代の「恋」と取り合わせる手があったか!と、膝を打った次第です。
上五の季語を強める「や」から、
下五「幾たび」でおさめるあたりのバランス感覚もさすがの一句です。(夏井いつき)抜粋

「探梅」には「古典」、とりわけ「万葉」の世界が似合う!と思っていましたが、
私の「妹背の里に立つ煙」は見事撃沈sweat02
【天】句を見て、その違いにいっそ爽やかな気持ちです。
「天」のリズムのゆえでしょうか、一句全体に透明で明るい色彩が広がって心地良く、
「恋幾度(いくど)」ならば五音でまとまるのに、「恋幾たび」と字余りの結び。
二人の有り余る情熱を表しているようで、ぐっときますshine
めいおう星さーーーん、おめでとうございます!!!憧れは新たになる一方ですshine

【地】探梅の声や静かな活断層    酒井おかわり
「探梅の声」が賑やかに聞こえてきますが、
彼らの歩いているその地層は「活断層」であるよ、というのです。
「静かな」の一語が静かな迫力となって「探梅」の人々に迫ります。
名詞止もまた静かな迫力。(夏井いつき)

ある方から「『震災基準点』の上位互換句と思ったのではありませんか?」と、
ご意見を頂いた句です。言われた瞬間はピンときませんでした。
「基準点」は探梅者が目の前の小さなものにふと気づいた感じで、
「活断層」は第三者が探梅者のいる山を俯瞰している感じで、
全然違う句だと思っていたんですsweat01
ところが一晩寝て酒が抜けたら「あっ!!!」と気づきました。
   (↑新年会の2次会で気持ちワイン良く飲んでましたー)
「この発想はなかったわ~着眼点が違うな~~~」と眩しくみていた句が・・・
「地震」という、根本にあるキーワードは同じだったんですね。
そのスケールのあまりの違いに、愕然とする思いです。
おかわりさーーーん、おめでとうございます!!!打ちのめされました!!!

その他、「スクナヒコナ」「ぽっくり寺」「青猫」「恐ろしヶ淵」などなど、唸らされる句ばかり。
金曜掲載の皆さん、おめでとうございます!!!


◆七句選
「探梅」木曜掲載の句から、お気に入りの七句を紹介します。
(十句にしようとしたら、際限なく抜き出し続けるハメになったので厳選しましたsweat01
私なりの感想を書かせて頂きますが、「私はこう読んだ」「私もその句好きです」あるいは
「勝手に私の句を使わないで」といったご意見があればよろしくお願い致します。
 (↑お申し出があれば、すぐに取り消し致します)

探梅や逞しく立つ尿の湯気      一阿蘇二鷲三ピーマン
「探梅」という、どことなく正体の掴めない感じに、「逞しく立つ」の確りした存在感、それが「尿の湯気」なのが素敵。まだ寒い時であるため、その情景は容易に想像出来るし、排尿後の足取りの力強さまで感じることが出来る。今年も探梅に来れた、こうやって元気に歩けることそのものの喜びがきっとあるのだろう。梅が咲いていてもいなくても、帰路の人物は充足感に微笑んでいるような気がする。

あそこだけ空があはくて梅さがす  緑の手
空は、大気中の水分が少ないほど青く見えるそうです。空気の乾燥する冬が一番空の色が濃く見えるのはそのため。ということは、淡く見えるのは春の兆し・・・ほら、そこにもう梅が咲いているかも知れませんよ。春の予感に、ほんのりとそこだけやわらかくなる空の色を、私にも見せて頂きました。ファンタスティックshine

しりとりは明るい言葉探梅行     香野さとみ
1人ではない、複数での「探梅行」ですね。「ねーしりとりしようよ」なんて言い出すのだから、女性同士のグループかも知れません。カラフルな上着やリュック、きゃらきゃらと明るい笑い声まで聞こえてくるようです。「探梅」というちょっとした冒険、ちょっとした非日常感、春を探しにいくというワクワク感や華やぎが、明るい言葉ばかりを浮かばせるのでしょう。しりとりの次は恋バナでしょうか。彼女たちは確かに春に向かって進んでいます。

探梅や折り目の多き手描き地図  次郎の飼い主
私も「手描き地図」を「蕗の薹」で考えたことがありました!あ~~~でも「折り目の多き」は何だかスゴク実感出来るものがあります!!ギュギュっと折りたたんで、タバコみたいに胸ポケットに入れるような・・・そしてその指もゴツゴツと節くれだっているような。書いた本人にしか分からないような目印、記号、自分がつけた木や道の名前が書き込んでありそうで、一緒に見てみたくなりました。

一息に熱きごぼう茶梅探る      かつたろー。
私も、熱いお茶を持って行く、どこかで飲む、といった句のイメージは追いかけましたが、「ごぼう茶」は出て来ませんでした(知りませんでした)。牛蒡は大好きでよく煮ものや豚汁に使います。独特の香り・風味があって、入れると入れないでは全然違います。オリジナリティのある言葉ひとつで、一句がこんなにも豊かになるのと同じですね。それにしても、この広告の「なんと現在62歳」って写真の人のこと?気になるわあああcoldsweats01

探梅や男根石を拝みつつ      葦たかし
いいですねえ!「男根岩」というと、子宝・安産を願う女性たちが拝むご神体というイメージですが、「探梅」と合わせると、一気に男性側の祈りが感じられる気がするのは、「探梅」から「健脚」→「強靭な下半身」と連想が進むせいでしょうかcoldsweats01「拝みつつ」という軽さも素敵ですね。深刻な祈りではなくて、あくまでも「ついでに拝んでおくか」という感じ。何事にもフットワークの軽そうな、気持ちの良い「人生の先輩」の姿が浮かびました。

フルートは水の響きや探梅行    みちる
フルートの旋律を「水の響き」との把握が何とも素敵です。あの軽やかに澄んだ音色は、確かに清冽な流れがそのまま音楽になったかのよう。「探梅」に歩く間中、この句の「中の人」の心には、このフルートの音色が響いているのでしょう。沢のせせらぎ、雪解水。そんな確かな春の兆しが、きっと「探梅」の山に潜んでいるのに違いありません。胸の中まで浄化されそうな「探梅行」です。


最後になりましたが、「探梅」掲載の皆さん、おめでとうございます!!
寒いの苦手な私ですが、山歩きって気持ちよさそうだなーと思いました。
いつか、気心知れた仲間と行くことが出来たならーーー。
あ、でも大阪城公園の梅は見に行きたいかも!!!どーですか、月波さん!!!

2018年1月25日 (木)

◆「しゃぼん玉」投句しましたー

「プチ句会」に夢中になっている間に、「エッもう月曜日!?」・・・と驚いた今週。
ヤバいかも知れんと思っていると、何故か仕事中にポコポコ出て来てくれて、
何とか今回も12句投句は出来ました。
うち11句は「しゃぼん玉」。旧仮名使い「しやぼん玉」は1句のみです。
使った言葉は、「ふたご」「チョココロネ」「あやとり橋」「ブルースハープ」「お船」「ミニカー」など。
切ない感じの句を書きたかったのですが、人生経験が足りないせいか、その方面は微妙。
自由律が2句(もっと早く思いつけば「100年俳句計画」に投句出来たのにsweat01)。

そして、「俳句チャンネル」の兼題も同じく「しゃぼん玉」だったので、そちらにも1句。
前回うっかり投句しそびれたので、今回は早め投句で手を打ちました!!
投句しそびれた句は、『愚陀佛庵』さんに投句しました!!
グッドラック私happy02sweat01sweat01sweat01

皆さん、首尾はいかがでしたか?

2018年1月22日 (月)

◆「短日」発表です

今治五七五「俳句チャンネル」~~~upupup
いやあ、先週は寝てしまって聴けませんでしたので、
今日は眠らないように映画観てスタンバイshinehappy02shine
『トンネル 闇に鎖された男(主演ハ・ジョンウ×ペ・ドゥナ)』ドキドキしつつ、
(救けてくれ!助かってくれ!救助隊長役のオ・ダルスもいいよね~~~!)
一時STOPしてラジオ聴いています。

さて、今日のパーソナリティさんは、Gさん・かずねさん・みかりさんの三人です。


短日に小(ち)さき陽だまり包みけり  立志
みかり「ちょっとこれ光景がない季語なので抽象的ではありますが、
     小さな陽だまりを大事なものとして愛でている、そういう句かなと」
G「場面が見えんからどうかなあ・・・」
みかり「見えるものを、ひとつね」   

短日や赤い服着せ犬散歩  子犬  
G「犬の散歩。赤い服だからいいんですよこれね。黒かったらあかん」
みかり「『着せ』が省略できますね」        

短日にラジオのナレも速くなり  冬おこじょ
短日や明日に繰り越す用ふたつ   かつたろー。
そしてまたひとつし残す日短  台所のキフジン
短日やパラパラめくる週刊誌   司啓
短日を捜し物して時盗られ  田中ようちゃん 

みかり「気分はよく分かるんですが、原因と結果になってしまってる句ですね」     

短日や子規と漱石芝居観る  どんぐりばば
みかり「お気持ちは良く分かるんですが、この季語ではその感動が伝わってこないかな」
かずね「短日よりは、もう少し日脚が伸びた方が」
G「短日やとせわしない感じしますからね」
かずね「やっと観れたってことだから、せわしい中でってことかもですね」

短日の防災チヤイム「七つの子」 すりいぴい
みかり「ななつのこはよく聴きますが」
G「防災チャイムで聴くかな、これ。5時のチャイムではよう聴くけどね」
みかり「防災チャイムでは・・・ここをご一考されては」     

日短か陰にいつかの雨のあと  抹茶金魚
みかり「雰囲気のある句で。仰りたいことは分かる気がするんですが。いつか、が。」

短日や影のキリンの中に立つ のんしゃらん
かずね「具体的に言われたらいいということでね、具体的なモノを持ってきたなと」
G「影のキリンがお上手。美しいいい句だなあと。」      

愛読の小川未明や日短  小川めぐる
G「読んでないから分からない」
みかり「童話の・・・日本のアンデルセンと呼ばれた方ですね」
かずね「かなりファンなのでしょうかね、俳号も・・・」         

不揃ひに伸びゆく爪や日短  花節湖
かずね「爪つんでるうちに日が暮れて不揃いになったっていうことでしょうかね」     

そして!今週の【天】は!!全員一致でのんしゃらん(比々き)さんの「キリン」の句!!
おめでとうございます、比々きさん!!!
みかりさんも「一目惚れしました」と仰ってましたねshine

ところで私の俳号は小川ですが、小川未明とも小川軽舟とも関係ありませんで、
生まれたところの名前でございますcoldsweats01  
でも、小川未明はもちろん大好きで、童話集を見つけると買ってしまいます。
学校で習った「野ばら」は今でも大好き、「牛女」に至ってはダダ泣き。
「赤いろうそくと人魚(絵いわさきちひろ)」も見つけ次第買いますっ!

~番組HPより~     

今募集中の兼題は2月4日(日)〆切りで
「しゃぼん玉」と「春の夜」です。
メールアドレスは radio@baribari789.com  
FAX番号は0898-33-0789

この頃、宣伝部長(?)立志さん経由で投句者が増えてきているそうです!!
「る印」からも芽が出ますように(祈)

そして映画でハ・ジョンウが助かりますように!!!

2018年1月20日 (土)

【人】探梅や汽笛聞こゆる天狗岩

「探梅」の結果が発表されました。
何とか【人】に2句採って頂いて、良かったですshine

【人】探梅の山に震災基準点

探梅に出て、梅じゃないものを見つける、という着想から、「山 標」など検索するうち、
復興基準点」というものがあることを知りました。
「阪神淡路大震災後の復興のため急きょ設置された基準点」ということです。
「震災基準点」というのは厳密には間違いなのかも知れませんが、
今踏み込んでいる「山」への「畏れ」のようなものを表せるかなと・・・。
採って下さった組長に感謝です。

【人】探梅や汽笛聞こゆる天狗岩

1月17日正午、神戸港では黙祷のための汽笛を鳴らすそうです。
天狗岩」と呼ばれる岩は全国各地にあるようですので、
他にも同じように汽笛の聞こえるところがあるかも知れません。
人事(生活)の季語に対して、聴覚+視覚、「梅」に対して「岩」(質感の対比)など、
今回の投句の中では、取り合わせがうまくいったのかな、と感じていた一句でした。
採って下さった組長に感謝です。


◆没句祭り(類想の見つからなかった句は除外しています)

探梅や船玉神を祀る岩 
【人】探梅や男根石を拝みつつ       葦たかし
【人】探梅や深き眠りのこんにゃく岩    さるぼぼ@チーム天地夢遥
【人】探梅や日の当たりたる屏風岩    川島欣也
【人】探梅や未だ岩なる天守台       白瀬いりこ
探梅のポケットにあるチロルチョコ
【人】味のなきガム噛みながら探梅す  石川焦点
【人】探梅や塩キャラメルはあとひとつ  どかてい
【人】探梅や花の形のおにぎりだ     がんばれけいご7才
【人】探梅やドロップあまいあまいあまい ちま(3さい)
【人】探梅やキャラメルの紙はりついて  むらさき(5さい)
探梅や妹背の里に立つ煙
【天】探梅や天智天武の恋幾たび     めいおう星
探梅を終へて蕎麦屋のカツとじ丼
【人】飴色の蒟蒻玉や探梅行       霞山旅
【人】探梅や妻の取り出すゆで玉子   ちゃうりん
【人】探梅の回し飲みするスキットル   ラーラ
【人】探梅や二本目となるワンカップ   鬼怒
【人】しんがりはランチの話探梅行    香舟
【人】コンビニの握り好きです探梅行   湘輝
【人】探梅や父の遺品のスキットル    雪うさぎ
探梅の山に防空壕数多
【人】探梅の野にも眠れる不発弾     むぎみち
地図に無き枝道あまた探梅す
【人】探梅や径はずれてもまた愉し   ぽろたま
【人】探梅の道失ふを肯へり       ささのはのささ
探梅す望遠レンズ新調し
【人】狙撃手の如きレンズよ梅探る   クラウド坂上
【人】たんばいやぼくのおもちゃのそうがんきょう  がんばれたくみ4才
【人】探梅の肩にカメラの紐の跡     ほろよい
ああ、目から鱗がボロボロとsweat01
そして私も「万葉」の世界に目を向けたのに、仕上がりが【天】の句とほど遠いことに愕然。
めいおう星さーーーん、おめでとうございまーーーーす!!!

そして香りたつ白梅のような佳句の数々を見せて下さった皆さま、有難うございます!!
しっかり読み込んで勉強させて頂きます!!!(がんばれ私ーcrying

2018年1月19日 (金)

◆「第10回プチ句会」結果もろもろ

一晩明け、今度はブログでの「結果発表」です。


◆結果一覧(得点順)

crown21点
************(露砂)

crown20点
同じ夢見てた気がして初電話(捨楽)
あんたとは二十三年阪神忌(司啓)flair「阪神忌」→「関西震災忌」「阪神淡路震災忌」

bell18点
************(彼方ひらく)

bell17点
**************(24516)
************(あいだほ)
「恋つて何」「俺に聞くなよ」水つ洟(蜂喰擬)

bell16点
日向ぼこ君の惜しげのなきおなら(つぎがい)
メキシカンスタンドオフの春小袖(立志)flairメキシカン~」=膠着状態を表す言葉

bell15点
外套や好きになってと泣いた夜の(あるきしちはる)

bell14点
詩のやうに君の名を呼ぶ春隣(小川めぐる)
トータスの来た見せいこかさぶいさかい(司啓)
焼餅をぽつぺん吹いて知らんぷり(蜂喰擬)flairぽっぺん」=新年の季語

bell13点
胸はって失恋冬夕焼ゆがむ(24516)
寒紅差すさよならと吐かせる口に(あまぶー)
ひと月に一度会う日々冬椿(あるきしちはる)
眠そうなまぶたがええねん初笑(小川めぐる)

bell12点
切山椒ちょっと休めばきっと好き(あまぶー)flair切山椒」=新年の季語
砕氷船で文結ぶ「信じろ」と(彼方ひらく)
君の手を来世も掴む冬銀河(豊田すばる)
何やねん何でもええねん秘め始(ヨミビトシラズ)

bell11点
寒卵同じ夢などことごとし(司啓)
早梅や独りの食事まだ慣れず(24516)
初弓の晴れ着の君や誰を射つ(比良山)

bell10点
沈黙を埋めたくてまた噛む檸檬(ヒカリゴケ)shock「檸檬」=晩秋の季語
ええねんと夫笑ひけり福寿草(ヒカリゴケ)
ええ女演じきれずに初弁天(山香ばし)
湯豆腐を嚥んで優しき嘘も嚥む(露砂)

clover9点
逢いたくて逢いたくて逢いたくて冬(小川めぐる)
初霜の弁当玉子焼き焦げて(すりいぴい)
風吹いてひとり笑へば嫁が君(すりいぴい)
時差七時間笑ひ飛ばして冬木立(つぎがい)
六畳に君と冬林檎のほのか(ヒカリゴケ)

clover8点
事務始NtoCとある指輪(あるきしちはる)
ふた色のランドセルへと雪蛍(すりいぴい)
「あけおめ」と七日の君の笑いたる(野良古)
君は君それでええねん冬の虹(立志)

clover7点
着物着て背伸びのふたり初芝居(捨楽)
あなたからLINEが来たという淑気(野良古)

clover6点
手を振つた漁船の音へ冬の霧(あいだほ)
遠縁の君年玉も最後かな(彼方ひらく)
山眠れり君さあ我を愛せよかし(野良古)flair「かし」→「念をおす、強調する」
愛妻のお守り忘れ梯子乗(葦たかし)
冬夕焼「ええねん」言えぬ葦の影(ヨミビトシラズ)

clover5点
初日の出背伸びして見る僕へ笑み(比良山)
君の眉ほどけ私も冬の虹(つぎがい)
喰積や君のうなじの朱きほし(葦たかし)5点
福寿草同じ寝床で同じ夢(葦たかし)5点

clover4点
大吉を信じて君に初電話(捨楽)
君の熱包みこみたり初日の出(豊田すばる)
恋は愛へと君とまた初笑(蜂喰擬)
初詣きみは猫背を丸うして(露砂)
生牡蠣にあたりし君の寝息澄む(山香ばし)
去年今年恋人募集中とウソ(山香ばし)

clover3点
臓腑まで愛すと君の眼の雫 (無季) (立志)

clover2点
ドキドキと君の音出づる初日の音(あいだほ)
初メール帰ってこいに「」 (かぎかっこ) (あまぶー)
同じ夢それでええねん巣林忌(比良山)flair「巣林忌」→「巣林子忌」「近松忌」
嗄れ果ててええねん恋の寒復習(ヨミビトシラズ)flair「寒復習(かんざらい)」→「寒稽古」
初詣前行く背中は大西(豊田すばる)


露砂さん、最高得点句おめでとうございます!!
1点差で続いた捨楽さん、司啓さん、おめでとうございます!!
上位5位までは現時点では伏せております、公開OKであれば仰って下さいましhappy01

◆自句自戒

詩のやうに君の名を呼ぶ春隣
好きな人の名前って、とっても素敵に思えて、名前を呟くだけで幸せになってしまいます。
「ミハラって、音楽みたいで素敵ですね」「・・・それミファラです」そんな思い出もあったりcoldsweats01
「君の名を詩(歌)のように思う」というところからスタートしましたが、
「詩のやうに」がイメージしにくい方もおられましたし、いっそ断定というご意見ごもっとも!
あと、ご指摘のあったとおり、片思いの感じも強いかと思いますので、
どうせなら「初春や」から始めて恋人感をUPさせてもいいかなと考えています。
ご意見を参考に、いつか進化させたいと思っています、有難うございました!!

眠そうなまぶたがええねん初笑
「ブサイクで愛おしい」「不細工なところが好き」「中八が成功」などのコメント嬉しかったです!!
起き抜けなんかのボーーーっとした顔を見て、
「こんなブスなところ知ってるのは俺だけ!」みたいな嬉しさもありますよね(ない?)
個人的に、男性でも女性でも、まぶたの腫れぼったい人って色っぽくて好きーlovely
そんな私のフェチ心を炸裂させた句でしたが、確かに季語を迷ったんです。
「ええねん」ですでに笑ってる感じがあるから近いですよね・・・ムズカシイー!
ご意見を参考に、いつか進化させたいと思っています、有難うございました!!

逢いたくて逢いたくて逢いたくて冬
これは何年か前に書いていて、季語が決まらなくてずっと置いていたものです。
前回「J-POPみたい」というご指摘を受けたので、
どうせなら「J-POP感」ど真ん中を行こうじゃないか!と開き直った時に思い出しました。
私としては「早春物語/原田知世」そのまんま。「木蘭の涙/スタレビ」もなるほど!
雪國/吉幾三」の「追いかけて×3」を思い出してくれた方も。うんうん。
コメントには、「西野カナ」が多かったですね。世代差ですねcoldsweats01
ご意見を参考に、いつか進化させたいと思っています、有難うございました!!


三句三様、さまざまにご意見頂いて、ジワジワと推敲案が浮かんできております。
まとまったら、どこかにこっそり投句しますup

次回からは「藤田湘子の型に挑戦」が始まります。
この機に、新しい名前でスタートしようと思っておりますので、
改めて皆さん、よろしくお願い致します!!!

2018年1月17日 (水)

◆結果発表ーーー!

皆さん、こんばんは!
なんと!!
今回から「プチ句会」の結果もツールの中で確認出来るようになっておりますshine
(野良古さん、有難う!!!)
句会が「終了済み」になっていますので、クリックして頂くと、
「選評一覧」「個人別成績」が見られるようになっておりますshine

総合優勝は司啓さん(45点)!!おめでとうございます!!!
準優勝は24516さん(41点)!!おめでとうございます!!!
3位が3人並んでいて、
小川めぐる(36点)
彼方ひらく(36点)
あるきしちはる(36点)
となっています!!!おめでとうございます!!!

最後に、このコメント欄で、皆さまによる熱い交流が行われることを願っております。
お気軽にばんばん発言して頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い致します~~~!!!



2018年1月13日 (土)

◆選句開始ー!!!(≧▽≦)(追記あり)

葦たかしさんからの修正も入り、無事全句揃いましたup
予定通り0時より選句開始と致します。

画面の「選句期間中」のところをクリックして頂くと、投句一覧が表示されます。
「まとめてクリップボードに貼る」を使うと、
お手持ちのメールや記事作成の編集画面に投句リストを貼ることが出来ます。

投句ツールの中で投句リストを見て頂くので、投句一覧は記事に致しません。
ということは・・・!
高得点句などで、作者の方が「どこかに投句したい」と思った時は、
未発表句として投句が可能だということです。
得点上位の5句の方は、句を伏せた状態で発表致します。

公開してもいいよ~と仰る場合は、お申し出下さい。

◆選句についてのお願い
集計ツールを使用しますので、
皆さんが投句フォームを守って頂くことが、速やかな集計に繋がります。
(フォームから外れるとツールに反映されません。)
ですので、必ずフォームの通りに選句を行って下さい。

<フォーム>
note必ず、【番号と句】の下に、【印と選評(俳号)】をお書き下さい。漏れがあると反映されません
note選評は「100字以内」でお願い致します。文字数に関しては、下記の文章量を参考になさって下さい。
ちなみに100字程度というと、ざっくり言ってこの文章くらい。ブログにUPした時に2行程度で収まる文字数になります。私のカウントが間違ってなければ・・・ですので、皆さま良かったらカウントしてみて下さい♪
note選評は◎(1つ)○(5つ)△(自由)★(最低1つ)でお送り下さい。△以外はコメント(選評)必須です。
なお、ご面倒かとは思いますが、選評送信のさいは




の順に並べてお送り頂けると助かります!
よろしくお願い致します。
なお、アドバイスとして推敲例を挙げる場合、
全体にわたる添削までは行わないよう、ご注意お願い致します。


読者は「想像力」が勝負!
たった十七音の言葉の連なりの中から、どれだけ豊かな世界を引き出せるかは、
読者の感受性にかかっています。
「読む力は詠む力」
この言葉を胸に、楽しく学んでいきましょう!

最後に恒例、ひそかさんからのナイスアドバイスを再掲させて頂きますねconfident

     組長と句会していて時々聞くのが
     「その句にとってベストな読みをしてあげる」といった意味の事です。
     もちろん、それは甘い選評をしようということとは全く違います。
     「この句はどう読みとくのがベストなんだろう」
     ということを考えて選評をされるのも、読み手の側の勉強になるかと思います。

ではでは、皆さんよろしくお願い致します!!!

2018年1月10日 (水)

◆投句受付開始しています

水曜24時。いや木曜0時。
『俳句ポスト』兼題「石蓴」の締切と同時に、「第10回プチ句会」投句受付開始です!
◆投句はコチラから!

そして、今回は皆さんにご意見を伺いたいことが。
これまで「プチ句会」という名称をずっと使ってきましたが、
参加者の方から「そろそろ句会に名前をつけてはどうか?」という意見を頂きました。
掲示板「ひまわり畑」との連動で、「ひまわり句会」?
「る印日記」なので「る印句会?」
ふたつを合わせて「ひまわる句会」あるいは「ひめぐる句会」?
慣れているので「プチ句会」のままでもいい?
ご意見・ご提案頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します~~~!


2018年1月 8日 (月)

◆「手鞠」発表です

今治575の「俳句チャンネル」ーーー!
新年第一回目の放送です、明けましておめでとうございます!shine
Gさん、まごべさん、まりんさんの3人です。

まりん「ちょっとむつかしい兼題ですよね、私こんな兼題だったらパスしますcoldsweats01

手毬唄京へ嫁ぎし子も揃ふ 立志
まごべ「子どもさんが京都へ嫁がれて、お孫さんと一緒に帰ってきてるんですかね」
まりん「京っていう地名のみやびさが手鞠と合ってますよね」
G「これは京でないとイカン」       

声揃へ手鞠つきたる双子かな すりいぴい
G「これは展開の妙というかね。最後『双子』でしょう?『声揃へ』が利いてくるね」
まりん「最後のタネ明かしみたいなとこが」      

故郷や手まりの友と逢ひにけり 子犬
まりん「子犬さんお得意の『友達』。『故郷』よりも友達の映像を入れても良かったかも」     

亡き友が作った手毬はきれい赤  どんぐりばば
まりん「最後が無理に入れ込みすぎて・・・」
G「このままだったら説明的すぎるから」
まいん「『赤き糸』とかにするといいかな」

吊り糸の褪せて遺れる加賀手毬  みなと
まりん「これも色彩が綺麗な」
まごべ「加賀手鞠は色褪せないんでしょうかね、吊り糸だけ褪せて」   
まりん「これも綺麗な句だと思います」 

夕餉の香背中(せな)から聞こゆ手毬唄   かつたろー。
まりん「お料理しているお母さんが口遊んでるんでしょうかね。優しい景ですね」

平成の少女手毬をつかず蹴る  ぐずみ
G「平成の少女っていうと、もうお母さんも平成生まれよ」
まりん「つきかたなんか知らんかもね」     

あちこちと弾ませあぐね手鞠つく  抹茶金魚
まりん「これも弾まないのよね」    

みぎひだり手鞠ころがすだけがよい  小川めぐる
まごべ「最後の『だけが』は俳句的でないような。『ころころと~みぎひだり』でどうかな」  

手鞠唄はじめて聞くや転校生 花節湖
G「この転校生は女性よ。転校してきて、こっちの手毬唄初めて聞いたんやろうね」
まりん「驚く顔も見えてきますね」

股ぐらを出づる手毬の弾みかな  のんしゃらん
まいん「これも、分かる年代が上の方になってきますね」

そして!今回の【天】は・・・!
G「立志さんのがいいね。『京』も利いてるし」
まごべ「夕餉もいいと思いました」
まりん「迷いましたが、目出度さもある立志さんの句で」
ということで!協議の結果、今回の【天】は立志さんに!!
おめでとう立志さんーーー!!
ああっ残されたのは私だけになってしまったcoldsweats01
今回は添削して頂き、「あっなるほど!」と思いました。
オノマトペという手があったんだ~!有難うございます!!

・・・なんて書いてるうちにまた次の兼題聴き損ねてしまったっcoldsweats02impact
「冬林檎」は間違いないとして・・・「冴返る」で良かったようです、良かった~!
すりいぴいさんより情報頂きました、有難うございます!!

次の兼題:「冬林檎」と「冴返る」
投句締切:1月21日(日)
投句宛先:radio@baribari789.com FAX番号は0898-33-0789
       本名と住所もお書き添えください。

とっても楽しい番組ですので、ブログをご覧の皆さんも是非ご参加を!

   

人日の親指に巻く絆創膏

先週の金曜日、職場で洗い物をしていて、親指をぱっくり切ってしまいましたshock
確か、気力で止血した話を漫画で読んだと思い・・・
『グラップラー刃牙』だったかなと検索してみたら、正解は『はじめの一歩』でした。
鷹村さんがアドレナリンで血を止めてたup
・・・さすがにそこまでは出来ませんでしたが、痛みを感じずにすんだのは、
やはりアドレナリンのおかげなのでしょうね。
「スゴいね、人体heart01
Photo
『グラップラー刃牙』より

おかげで、いろいろヤベエと思ってたことも何とか出来そうな気になり、
今日はまず『現俳協ネット句会』への投句を済ませています。
キーボードを触る時、怪我している部分が当たらなくて良かったshine
この調子でいろいろ早めに取り掛かろう!!!
今年は「ギャーッ(投句忘れ)」をなくすのが一大目標です!!!

2018年1月 7日 (日)

◆「クジャク/まど・みちお」

クジャク

ひろげた はねの
まんなかで
クジャクが ふんすいに
なりました
さらさらさらと
まわりに まいて すてた
ほうせきを 見てください
いま
やさしい こころの ほかには
なんにも もたないで
やせて 立っています


「まど・みちお詩の本」より

Photo

2018年1月 4日 (木)

◆「第10回プチ句会」もうすぐです

開催が近づいてきたので、改めて記事を上げておきます。

「第10回」プチ句会スケジュール
◆参加人数:20名flair定員に達しましたので締切らせて頂きます~happy01
・1月10日(水)17:00現在の参加者(20名)*敬称略*赤字は初参加の方
 葦たかし、山香ばし、24516、豊田すばる、あるきしちはる、立志、比良山
 野良古、蜂喰擬、小川めぐる、ヨミビトシラズ、あいだほ、彼方ひらく、すりいぴい、
 司啓、ヒカリゴケつぎがい露砂、捨楽、あまぶー
◆参加受付:1月10日(水)23時締切flair飛び入り参加不可となります、ご注意下さい
◆投句受付:1月11日(木)0時~1月13日(土)23時
◆選句期間:1月14日(日)0時~1月17日(水)23時
◆結果発表:1月18日(木)集計終了次第
投句にはツールを利用します。
 初参加者の方にはパスワードをお渡ししますので、
 下記アドレスまでメール下さい。

 55ruttiori★gmail.com(★を@に替えてねwink

◆今回のお題(テーマ「恋heart04」)
・「恋」をテーマにした3句を募集します。(3句「まで」受付可能です)
・そのうちの最低1句は「課題曲」からキーワードを採って作句して下さい。
・今回の課題曲「ええねん/ウルフルズ」歌詞はコチラからnotes
・ツールを使いますので、投句のさいは「句のみ」で大丈夫です。
 (季語の確認、課題曲から採った言葉の記載は必要ありません)
・使用する季語は「冬」の範囲であれば良しとしますが、
 今回は特に「新年」を意識して頂けると嬉しいです。
・投句期間内であれば、句の上書き(修正・差替え)は何度でも可能です。
 
「第8回」「第9回」と、さまざまな「恋」の形が登場しましたが、このテーマもこれがラスト。
出来るだけ「どストレート」「等身大」な「恋の句」を期待しています。

ではでは、今回もよろしくお願い致します!!!

2018年1月 3日 (水)

鳥団子入れて我が家の雑煮とす

皆さん、明けましておめでとうございます!!!
お正月はいかが過ごされましたか?
私は夜明け前から出勤して15時まで仕事でしたhappy02
帰宅後、ごはんを食べて一息ついていると、日本酒をお土産に息子が帰って来まして、
録画していた「ガキ使」を親子で鑑賞したりピザを食べたり、懐かしい遊びをしたりして、
幸福な数時間を過ごしましたよshinelovelyshine
「次はいつ来るの?」
「来年の正月かな」
「えーーーーっcrying
うっうっう。
でも数時間でも会えただけ幸せでしたー。
この気持ちを何とか「恋の句」にでも生かせればと思っておりまするーcrying

ふたまわり下の男と枇杷の種  池田澄子

24歳の時に生んだので、息子はちょうど「ふたまわり下の男」。
掲句も、「年下の恋人?」と思わせておいて、実は「息子」なんてオチを想像したり。
でも、息子だろうがそうでなかろうが、たとえふたまわり下でも、
十分異性として魅力的に感じるような、そんな相手なのでしょうね。
みずみずしくツヤツヤで、ぷっくりと大きな「枇杷の種」は、
彼の魅力そのもののようでもあり、
彼にこれから開けるであろう、輝く未来を象徴しているように思えてなりません。

そうそう、スーパーで売ってる枇杷でも、種を植えれば芽が出るそうです。
今度枇杷を食べたら、種を植えてみようかな。

・・・なんて、正月早々、全然お正月っぽい話じゃなくってスミマセンcoldsweats01
こんな私ですが、皆さんどうか今年もよろしくお願い致します!!!

2018年1月 1日 (月)

◆2018年最初の結果です

0時とともに、『現俳協ネット句会』の結果が送られてきました!
12月は、『NHK俳句』兼題「寒一切」の時に「寒~~~」の句がいっぱい出来たので、
『湯豆腐句会』と『現俳協ネット句会』に振り分けました。
こちらでも、3句中2句に点が頂けて良かったですshine

寒の月あなたに叱られたいのです  (2点)
寒芹の真白き根まで頂きぬ     (1点)

累計29pshine
昨年が3月までの累計で30p、もう一息で昨年を上回ることが出来ます。
もうちょっとだーーー頑張れよ私up

今回は幸江さんがスゴかったです。

いつまでも見送る父の冬帽子 (8点)

この句が高得点句としてリストに載ったほか、他の2句もしっかり得点しています。
う~~~ん、さすがです!!
私も、3句ともに得点出来るよう頑張らなくっちゃ!
4月以来全然なので・・・3月までにあと1回でも出来るかな・・・?ドキドキですcoldsweats01

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »