最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆2月句会の結果です | トップページ | ◆3月号 »

2018年2月28日 (水)

【水】薄紅梅たわやかに喜寿迎へをり

「建国記念日」に続いて2週連続掲載となりましたラッキー!

【水】薄紅梅たわやかに喜寿迎へをり

「しなやか」の類語を調べていて、「たわやか」という言葉が「しなやかで優美なさま」と知り、
「薄紅梅」の華美に過ぎずはんなりとした風情に合うのでは?と思い使ってみました。
ダンナの年齢からすると「古稀」の方が近いんですが、
「喜寿」という字面が「春」に似合うと感じたので、プチ捏造
ダンナは19歳年上で、結婚当初は何やら星一徹系の部分も垣間見られましたが、
長年一緒に暮らしているうちに、口癖やら癖(仕草)やら生活スタイルやら、
何かと私色に染まってしまい、すっかりよく分からないおじいちゃんになっています。
卵のこと「タメイゴォ」って言うようになるんですからねえ。
・・・おっと、そんな話はどうでもいい

「薄紅梅」、その美しい季語から、たくさんの素敵な景を見せて頂きました
私のお気に入りの作品を少し紹介させて頂きます。

<火曜日>
薄紅梅鳥群れて来て群れて去る   漢詩人鉄仮面
措辞が素敵鳥の動きから、一瞬濃く香り来る「薄紅梅」を感じました
<水曜日>
薄紅梅狛犬の毛の軽くなる  豊田すばる
像である「狛犬」の毛が軽くなる、という把握が素敵です。春らしい軽やかな気分
高僧の法衣むさらき薄紅梅  てん点
ことごとく「香り高い」イメージを持つ言葉たち、色彩も鮮やかです
まろらかに進む茶話会薄紅梅  宮城 出楽久眞
「まろらか」という言葉が素敵素敵な方たちとの、愛しく大切な時間なのですね
<金曜日>
薄紅梅歩けばついてくる心  穂積書道教室俳句部部長・天玲
心がどこか迷っているような時も、歩き始めればついてきてくれる
薄紅梅新書を覆うグラシン紙  大分・樫の木
清潔感、上質感の漂う言葉が並びましたあの紙、「グラシン紙」というのですね!


例によって、抜き出し始めるとあっという間にとんでもないことになるので、
絞りに絞っています。
掲載の皆さん、素敵な句をありがとうございました!!!

« ◆2月句会の結果です | トップページ | ◆3月号 »

一句一遊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【水】薄紅梅たわやかに喜寿迎へをり:

« ◆2月句会の結果です | トップページ | ◆3月号 »