最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「第2回るるる句会」参加者募集! | トップページ | ◆「薄氷」発表です! »

2018年3月 4日 (日)

◆3月10日締切の兼題:「三色菫」

◆季語解説
・『俳句ポスト』より
「さんしきすみれ」。(春の季語)
紫、黄、白の三色が混じる菫の意味で、一般的にはパンジーと呼ばれる。
蝶の翅を広げたような形をした、ヨーロッパ原産のスミレ科の一年草。
日本には江戸末期に渡来した。

・『きごさい』より
スミレ科の一年草。(晩春の季語)
北ヨーロッパ原産のスミレの改良種で、花壇や鉢などに植えられる。
草丈は十五センチから三十センチくらい。
      基部に卵形の葉を持つ。四月ころ紫、黄、白の三色を持つ蝶形の花を咲かせる。

子季語:パンジー/遊蝶花/胡蝶花/胡蝶菫

私の手持ちの歳時記には、「菫」のところで「パンジーは改良種」という一文があるだけでした。
原種の「三色菫」は、ささやかな野の花ですが、園芸種の「パンジー」は華やか。
正直言って、園芸種の方はなんだか主張が強すぎてあまり好きではなかったのですが・・・
「遊蝶花」という別名がとっても可愛らしくて素敵なので、頑張って考えようと思います。


◆例句(『575筆まか勢』『575筆まか勢(補遺)』

パンジーがこちら向くから涙拭く           近藤三知子
パンジーに光あつまる花時計              中島みちこ
パンジーの今日泣き顔と思ひけり        木田千女
パンジーを植ゑて横浜市役所前          山崎ひさを
日時計のパンジー咲いて刻告げる       阿部朋子
一粒の雨パンジーに的中す                徳永球石
女教師の日記パンジー咲くことも         石谷秀子

三色菫働けばくる日曜日                    横澤放川
卵置く三色菫の花の中                      高野素十
行き帰り覗くブティック遊蝶花              伊藤ふみ

取り合わせで多く見られたのは「風」、それから「顔」、「光」「笑」「時」かな?
有名な句として、「パンジーの仔熊の顔に似たりけり 森田峠」もありますね。
花の中に「瞳」「目」を感じた句もありました。
特筆すべきは、「三色菫」で詠んだ句は少ない!!!ということ。
しかし、俳句的には「パンジー」よりも「三色菫」という和名にこそ情緒を感じる気も。
「さんしきすみれ」の音感を大事にした句を書きたいなーと思います

◆参考記事
・「パンジーの花言葉と神話・伝説
・「パンジー七つのお話
・「花言葉と花物語
・「原産地:北ヨーロッパ」バルト三国がある・・・だと?そして何気に三色旗の国が多い。
・「三色旗
・「三国同盟
・「三国志

・・・あれ、なんか脱線してきた?
締切まであと数日、がががががんばりますっ!!

« ◆「第2回るるる句会」参加者募集! | トップページ | ◆「薄氷」発表です! »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

めぐるさん、おはようございます。

しやぼん玉二句掲載おめでとうございます。
あやとり橋は知りませんでした。画像をみてきました。
桃猫さんがもうすべて言われていますね。
数は子どもの名候補の数、。は、しやぼん玉の。、ですね。
あやとり橋は取り合わせの妙。あやとりだけだとぼんやりしてしまいます(季重なりとは
別の意味で)。おめでとうございました。
私はどちらも一物仕立て。なぜか今回は半分弱が一物仕立てだったんです。
その中でこの二句は嬉しい。
「紐ついて~」は、仏映画「赤い風船」ですね。もしレンタルにあれば是非ごらんください。
私の大好きな映画・・。

「三色菫」記事拝読しました。
>正直言って、園芸種の方はなんだか主張が強すぎてあまり好きではなかったのですが・・・
>「遊蝶花」という別名がとっても可愛らしくて素敵なので

同感です。火曜日記事に書きましたが、パンジーといえば、
交配、つくりもの、人為性、渡来、日常性という感じです。人工的な感じで、
ナチュラル、野性とは反対の。でも中には淡さ、華やかさ、
柔らかさを感じるところもあって・・。
傍題は字数の関係ではなく、それならではで使いたいところ。
私も「遊蝶花」で2つ出来ました。でも詠めるんですが、
最近の中では一番ピンときていない季語です。
>「風」、それから「顔」、「光」「笑」「時」かな?

そうですね。「しやぼん玉」みたい(沈)。
そして「顔」「眼」というも同意です。「瞳」を感じます。
しかし例句はあっさりしたのが多いような。
「市役所」「ブティック」はなんかわかる・・。
ぼくが考えているのはどのくらいのパンジーか分かる方がいいのかです。
プランターなのか、公園か、家か、野辺か、とか。たくさんか一株か、
とかそういうことですね。

ところで、昨日正午にコンビニに「花の歳時記」が届いていて夜に入手しました。
ギュッとなる句をいくつか見つけました。
これはまあ入手していない方が多くいるみたいなので後日に。
では。
(昨日、大阪城にひとり吟行してきました~)

◆ぴいさん

こんばんは!
「あやとり橋」見て下さって有難うございます。
「しゃぼん玉」とは正反対の質感を持ちながら、ネーミングから「子どもの遊び繋がり」となり、
「振り子連想法」に嵌ったキーワードでした。
「こおろぎ橋」も雰囲気満点なので、こちらもいつか・・・と狙っております。

>赤い風船
私は、いわさきちひろの絵本で見たことがあるかも!
悲しいお話じゃなかったでしたっけ・・・映画もいつか観てみたいです。

>ピンときていない
私も難産です。
ぴいさんの「人工的な」という言葉から、「ブレードランナー」を思い出して一句。
それからギャ句2句・回文1句は書けました。(デキはともかく!)
「ブティック」はまさに「遊蝶花」ですよね。こういう、ぴったりな措辞を見つけたいです。

>花の歳時記
ぴいさん、おめでとうございます!!
今度見せて下さい!!!

>ひとり吟行
なんだよ誘えよー(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆3月10日締切の兼題:「三色菫」:

« ◆「第2回るるる句会」参加者募集! | トップページ | ◆「薄氷」発表です! »