最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 【人】たまぶくろみたいね男薇は | トップページ | ◆俳句甲子園関西オープン戦・そのに »

2018年3月20日 (火)

◆俳句甲子園・関西オープン戦・そのいち

昨日(3月18日)、弁天町の生涯学習センターで行われた関西オープン戦!!
8時頃ピカっと目が覚めて、「ぼくらの17-ON!」を読み返していたら、
もうメラメラと燃えてくるものがあって、「ウッシャア!!行くぞ!!!」と立ち上がりました。
何故か開始時刻を13時と思い込んでいたのですが、よく見たら11時。
確認した時にはもう11時8分になっていたので、慌てて飛び出しました

会場には洒落神戸さん&天野姫城さんがすでにいらっしゃり、
席を確保して下さっていたので、お二人の真ん中に座らせて頂くという贅沢。
間に合わなかった試合の分は、姫城さんの美しいノートで拝見させて頂きました。
姫さん、ありがとう~~~!

以下、長くなりますが、大会の全句を紹介させて頂きます。
(エキシビジョンマッチは「そのに」で)
句の後ろの数字は、審査員の点数。数字に「’」がついているのは、
合計点が同じの時の、作品点の高かった方です。
」は勝利した方、「」は私が上げた方。
また、俳句の表記に関しては、コチラ(第21回俳句甲子園)を参照させて頂きました!!
石川焦点さんにもご挨拶出来て超ハッピー!!!
いろいろと有難うございました!!!!

◆第一試合:甲南高校(赤)VS洛南高校(白)

先鋒戦
赤 ハルウレイ1号ハルウレイ2号
白 春愁や鱗飛び散るばかりなり

「ハルウレイ1号」という表現面白い!けれどふたつめには実景が欲しいところ。

中堅戦
赤 春愁や朝9時のベーコンエッグ
白 春愁や世界遺産となる故郷

大将戦
赤 雪舟のとめはねはらい春愁い
白 春愁や床の木目に見つめられ

◆第二試合:和歌山県立向陽高校(赤)VS名古屋高校(白)

先鋒戦
赤 春愁や墨汁を面に一滴         8’ 7 7’    
白 ぼんてんの取れし耳掻き春愁ふ       8  7 7

「おもにいってき」と詠まれたが、審査の時「もにひとしづく」と読んで採った。
モノの欠如と「愁」は近いので、これを超える句を!
頭に浮かんだ映像がとても綺麗だったので赤に。
「火サス」のOPのような、落とし込まれた異物がじわっと心に広がるイメージを抱きました。

中堅戦
赤 駄菓子屋のすすくる椅子や春愁ふ   8 8 9    
白 春愁やサスペンダーの食い込めり      6 7 7

季語の本意を考える。「春愁」は春のやわらかい感じとともにある。
「詩情あると思うが予定調和的」とのツッコミにドキっ
自分がそう言われた時、どう返せるだろうと考えてしまいました。
「春愁ふ」には、何とも言えない懐かしさがあるのでは、という返しに感心。

大将戦
赤 春愁や秒針の乱す朝のこと       7 6 6
白 春愁や百葉箱の熱仄か          8 7 9     

完成度が高い。百葉箱に孤独を感じる、若い人ならではの観点。
(赤は)中八チャレンジの効果が薄く、結びも弱い。
ひっそりと置かれている百葉箱に、自身を重ねる人もいるだろう。
誰も知らないけど、それは仄かかも知れないけど、確かに熱があるんだと・・・。

◆第三試合:大阪桐蔭高校(赤)VS灘高校(白)

先鋒戦
赤 春愁い凹い落書き半頁          7 6 6 
白 コンビニのカフェオレ甘し春愁      6 8 8     

コンビニである理由。チープ感、画一的な甘さ、スッキリしない感じ。
 外でふとした時に感じる「春愁」。
中七が一読で分からない。どういう落書きか具体的に言った方が良い。
下五に「春愁」が置かれたら「はるうれい」と読む。両パターンある。
  遅れぐせ付きたる時計春愁ひ 中村苑子
  遙かなるものはるかなり春愁 鈴木真砂女

中堅戦
赤 春愁ひ五度傾きしクリムトの絵      7 7’ 7   
白 ティッシュ箱分解するや春愁       9 7 9 

(赤)着眼点は良いが、語順、語句の工夫で定型に出来る。
(白)有用なものが無用になってしまう虚無感。うまく詠んだ。
一度白に○をつけましたが、ディベートが良くて最終的に赤に上げました。
  審査員の講評で端的にキモの部分が語られて納得。

大将戦
赤 春愁の風頬を撫で君はいない      6 8 6
白 飛行機雲一本残し春愁          7 7 7  

俳句は、感じ・ニュアンスが大事。白は類想感じるがオーソドックス。
なんと、土曜日に公園でそんな写真を撮っていたので、思わず白に!
Photo_3

不思議なんですが、見ているとだんだん尻尾の方から消えていくように感じられます。
・・・えっ、気のせいかしら

◆第四試合:甲南高校(赤)VS名古屋高校(白)

先鋒戦
赤 ゾンビにはゾンビの宴の八重桜      7’ 8 7   
白 家桜回覧板のまた一夜          7 6 8

(赤)「八重桜」、遅く咲くこと、色の濃さから、底にある感じが伝わる。
(白)つきすぎがダメではないがこの場合はくどい。狙いは良かったが別なフレーズを。
この取り合わせに拍手!「ゾンビ」に合わせるなら「八重桜」しかない!と思えました。


中堅戦
赤 肩紐の千切れたリュック初桜       6 7 7
白 豊臣の系図短し庭桜            8 9 9   

「庭桜」利いている。野点(茶会)の好きな人だった。
何故「豊臣」か?とのツッコミに、「豊臣以外ありえない」との受け答え素晴らしかったです。

大将戦
赤 モスクワをやはらかくする桜かな     9 10 9 
白 庭園の欄干低し宵桜            8 7 8     

季語の本意というものはあるが、(詠み尽されてきた)桜にいかに変化をもたせるか。
(白とは)好対照となったが、新しいモスクワを発見・桜の力を感じた。
今日一番の好カード!!!赤の句を聴いた瞬間マルをつけようとしましたが、
ぐっとこらえてディベートまで聞いて、実景がありありと浮かんできた白に上げました。
甲南高校の人が、相手高を称える姿、一生忘れないと思います。
「日本語が美しくて・・・俳句が、美しくて」と、胸を詰まらせながらコメントしている、
彼の姿が本当に素晴らしかったです。
たまたま、甲南高校の方たちの真後ろに座っていたので、
戻って来られた時に思わず声をかけてしまいました。
私も涙で胸が詰まって何も言えず、ただの不審者になってしまったことをお詫びします

うおおお、ちょっと記事が長くなってきたので、続きは「そのに」で!

« 【人】たまぶくろみたいね男薇は | トップページ | ◆俳句甲子園関西オープン戦・そのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

めぐにゃーー!!読んでいる私もうるうるだったよー!!
何も言えないからこそ伝わる想いがある!
全然不審者じゃないよ!きっと私もその場にいたら同じことしてた・・・!えっ?不審者2号?(=ω=;)

若者達が大勢の前で俳句を発表してディベートまでするんだもん。
凄いよねえ。言葉に真摯に取り組む彼らはきっとすごい大人になるんだろうなあ。

以下思ったことをつらつらと・・・
・ハルウレイ1号ハルウレイ2号  うーむ。なんて私好みな。ハルウララならぬハルウレイ。ちゃんと十七音なのね!1号2方としてあと五音で映像を確保したら素晴らしい句になりそう!

・雪舟のとめはねはらい春愁い  面白い!かすれ具合のあたりがちょっと気に入らなかったのかなあ

・春愁や墨汁を面に一滴  おおー!ひとしづくと読むのか!下5がぐっとおさまりますね!

・「詩情あると思うが予定調和的」とのツッコミにドキっ うんうん!確かに!私だったら絶対「すみませんっ」と平謝りだわ。

・ティッシュ箱の句、有用なものが無用になってしまう虚無感 ほうほう、なるほど。そういう意味かと納得!俳句ってやっぱり面白い!

・飛行機雲の句私も作りたいけど類想しか思い浮かばず・・・「尻尾から消えてゆく」って面白い視点。俳人の視点。

・ゾンビと八重桜はびっくり!映画やゲームでもっと身近にゾンビを感じないといかんなあ・・・

・豊臣と茶会、庭桜に気づかず、一本とられた~なるほど!

・モスクワの句もびっくり!桜にモスクワを持ってきた発想に拍手!冷涼なロシアの空気と桜の白が新しいですね。いやーでも赤の句も素晴らしい。高校生恐るべし!

これだけの集中して聞きメモをとりながら自分の評も考えられるめぐにゃんすごいっ!
読んでいて臨場感緊張感、俳句への愛とリスペクトが伝わってきました!

◆桃にゃー!

いやーん行って良かったオープン戦!!
記事しっかり読んでくれて有難うね、
会場の熱気の何分の一も伝え切れてないですが、書いたかいがありました
ディベートの時は、
「何故この季語にしたのか?」
「何故○○にしたのか?他の言葉ではダメだったのか?」
「もっと伝わりやすい表現があったのでは?」
といったことが突っ込まれていました。
句が出来た時、そういったツッコミを想定して、推敲の手引きにしたいなあと。

>でもっと身近にゾンビを感じないといかんなあ・・・
いやっゾンビ
でも、こないだ観た韓国映画「新感染」がまさかの泣けるゾンビ映画でした。
主人公は「サスペクト」で体脂肪3.7%(エッ!?)の超肉体を披露したコン・ユ。LOVE!
相棒(?)は愛すべき腕っぷし野郎・俺たちのマ・ドンソクさん!!LOVELOVE!!
桃にゃん、是非是非観て下さい


ええと、全然不思議じゃないですよ〜>尻尾から消えていく
だって飛行機が飛んだあと尻尾の方が先にできてるんだから先に消えてきます。
これが逆だと飛行機から出た側から消えていかないといけないので……飛行機雲にならない(^^;

◆アニキー

いやん、「写真なのに」ってことですよ~~~。
写真だから変わらないはずなのに、
じっとみてると、だんだん消えていくように感じられるのが不思議だなって。
ほ~~~ら・・・そんなカンジ・・・しませんか?(えっしない?

いやーん。恥ずかしい勘違いを!私はてっきり


   ←○      ●●●●●●●
  飛行機       飛行機雲

この●●●の行機雲が左から消えて見えるのかと理解したつもりでいました・・・
そうだね。「飛行機雲の尻尾」はこの場合右のやつだわね(´ε`;)
失礼しました。
うん。改めて見返したら写真が消えるクイズのように見えてきたよ~

一緒に写っている蕾は木蓮か辛夷かなあ。
違ったらごめんよー!

◆桃にゃー

いいのよいいのよ「アホかっ!見えるわけないわっ!」と突っ込んでも
そして蕾は木蓮で正解です!
白木蓮、別名「玉蘭」というのも素敵ですね

おお、実物ではなくて「写真」の話ですか、それは失礼しました。
その発想はなかった〜
そしてしばらく写真を見てみました。

消えていくという感覚はなかったけど、しっぽの長さが長くなったり短くなったりしました。
多分、最後のほうの消えかけ(空の色との差が少ない)部分をどこまで識別できるかが目の状態によって変化して、よく見えるときは長く、見えないときは短くなるのかな……
詩的にはまとめられず科学的に分析してしまう体質です orz

◆アニキー

こんばんは
実景でしたら当たり前のことですからね

>しっぽの長さが長くなったり短くなったりしました。
そうでしょそうでしょ!
なんか尻尾の方が薄くなって・・・「エッ?」と思って目をしばたくと元に戻るカンジ。
こういった現象にちゃんと理屈はあるんでしょうけど、
「不思議~」で済ませてしまう大雑把さが私の持ち味です
多分、探求心のあるアニキの方が俳人としての資質が高そう・・・Orz

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆俳句甲子園・関西オープン戦・そのいち:

« 【人】たまぶくろみたいね男薇は | トップページ | ◆俳句甲子園関西オープン戦・そのに »