最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆「桜と新幹線」 | トップページ | ◆3月句会の結果です »

2018年3月23日 (金)

◆4月4日締切の兼題:「蟻」

このところ、毎回駆け込みで1~2日前から作句ということが続いているので、
今回は!今度こそ!!早めから!!!取り掛かります

◆季語解説

・『俳句ポスト』より
アリ科の昆虫の総称。
非常に種類が多く様々な生態を持っており、女王蟻を中心に多数で独自な社会生活を営む。
詩歌の季題としては比較的新しく、大正以降であるといわれる。

◆例句(『575筆まか勢』『575筆まか勢・補遺』『増殖する俳句歳時記』より)

走らねば月食に間に合はぬ              夏井いつき
山蟻に這はるる足のうつくしき              日野草城
あなの門(と)渡り風船葛にも              高澤良一
あはれ家の柱を高あがる                  山口誓子
大頭の黒蟻西行の野糞                       金子兜太
いつか熱さめて蟻は蟻馬は馬               加藤秋邨
毛沢東選集をのぼりけり                   甲斐多津雉
おのれのみおのれのみ黒き殺す        千代田葛彦
嚥みこぼすミルクの端にゐしよ           加藤秋邨
やつぱり自分のうちがすずしい畳の    荻原井泉水

「蟻」の句、いーーーっぱいありました!
高澤良一70句以上とか、加藤秋邨50句以上とか、右城暮石の奥さんは蟻がキライとか、
そんな中、日野草城の「這はるる足」の艶めかしさよとか。
上五「蟻」から始まる句が圧倒的に多かったんですが、
十七音のいろんなところに入り込んでいるところがまた蟻っぽく。
いろいろとチャレンジしたくなる季語かも知れません。

◆参考記事

(Wikipedia)
サムライアリの奴隷狩り  うへえ
そんなのアリ?(まとめ)  うへえ
意外と知らないアリの生態 へえ!
蟻という生き物         へえ!へえ!へえ!
「蟻通」歌舞伎の演目    素直な心が一番大事
・「蟻の神話」          ほほう・・・
・「蟻映画あれこれ」      出たー!「巨大なんちゃらの襲撃」ー!(大好きです)

« ◆「桜と新幹線」 | トップページ | ◆3月句会の結果です »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

三色菫、金盞花という難しい題から、身近で想像しやすい「蟻」となってちょっと嬉しい。
十七音の中で色々な場所に置けるのはありがたい~!
めぐにゃんは虫苦手だったような・・・蟻も写真やリアルな絵だとちょと怖いよね( ̄∀ ̄;)
苦手なのに、色々御紹介のサイトありがとーー!!
勉強してきます!!

◆桃にゃ

おはようございます
「金盞花」お疲れ様でした、次は「蟻」・・・また頑張りましょう!!
『増殖する俳句歳時記』の例句、鑑賞文にも圧倒されます、蟻蟻蟻・・・。
虫は苦手だけど、その分早めから考え始めれば何とかなるかも知れないと期待しています。
向き合わなくっちゃーですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆4月4日締切の兼題:「蟻」:

« ◆「桜と新幹線」 | トップページ | ◆3月句会の結果です »