最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ◆投句開始ー! | トップページ | ◆選句開始ー! »

2018年4月14日 (土)

【人】欧羅巴の憂ひ三色菫に新種

「三色菫」発表でーす!
今回投句出来たのは10句。やっぱり絞ると【人】×2句に届きません。
詠みがーーー詠みが足らんのじゃあああーーーー

【人】欧羅巴の憂ひ三色菫に新種 @欧羅巴(エウロパ)=ヨーロッパ

「欧羅巴」の読みは「ヨーロッパ」だとは思いますが、
ここでは音数から「エウロパ」と読んで頂ければということで
それにしても、とめどなくいろんな色や品種が生まれ続ける三色菫には驚かされるばかり。
うさぎ型ビオラ」、そんなものもあるのか!


◆没句祭りーーー
毎度毎度、上位互換句を見つけては「グワアー!」と悶えておりまする。


【没】水飲み鳥こっくこっく三色菫すうやすや
【天】どの色の薬で眠い三色菫         多事
【地】三色菫鉄琴の音に醒めたばかり     Y雨日
【人】眠さうな三色菫より眠い           ヒカリゴケ
【人】真夜中のパンジー揺り起こしては駄目  めいおう星
【人】パンジーの陳腐な花壇眠くなる      ヘリンボーン富樽
【人】ライオンの欠伸やパンジーに睡魔    凡鑽
【人】パンジーや動物園の虎眠る        28あずきち
【人】特売のさんしきすみれ眠る午後      竹吹く
【人】三色菫寄り集いての午睡かな       スタルカ

「三色菫」と「眠気」の取り合わせ、いっぱいありました!「薬」とか「毒」とかといったキーワードを生かした【地】の句に唸り、猛獣との取り合わせに「なるほど!」、逆に「醒める」「起こす」といった発想にも「ハッ」。凡鑽さんの句は、「るるる句会」の片仮名バージョンですね。漢字の方が私は好きっ

【没】恋する貴女へ三色菫のサラダです
【地】パンジーも美味しいかしらグレーテル    ふじこ
【人】パンジーのぽくぽく雨を食べてをり      一阿蘇二鷲三ピーマン
【人】バタールに三色すみれ添えて朝       香壺
【人】パンジー詰めようか隙間だらけのお弁当  ぬらりひょん
【人】三色菫シナモンティがおすすめです     みやこわすれ
【人】三色菫砂のケーキをあふれだす       むらさき(5さい)
【人】パンジーや少し味濃きナポリタン       幹弘

「エディブルフラワー(食べられる花)」としての側面を詠んだ句もありましたね!逆を衝いての「パンジーが」食べるという発想に唸り、砂のケーキのトッピングとして溢れるほどに散らされる光景に驚かされ。また、こちらは取り合わせの句だとは思いますが、ケチャップ濃い目のナポリタンと一緒に食べたら爽やかで美味しそう!・・・とついつい思ってしまいましたそしてグレーテルーーーーそのパンジーは食べないでーーー???

【没】ふらんすへ行きたしと三色菫
【地】パンジーにしゃがめぬ我も修羅なのだ   くりでん
【人】三色菫揺れてふらんす装の詩集買う    ウロ
【人】三色菫フランス窓の診療所          うに子
【人】黄パンジーおのが光におどろきぬ      卯MOON

萩原朔太郎の「旅上」の一節を使ったのですが、投句する時に「T]と「Y」のタッチミスで「行きたしよ」になってたのに気づき愕然としましたが、まあいずれにしても【没】でありましょう。そのまんますぎる!!!「ふらんす」という言葉をもっと自由に使うことが出来たのだし、二項並列にして「三色菫○○し」とリフレインすることも出来たのだし。本歌取りするならするで「ここまで出来たなら」といったお手本があったのでした

【没】パンジーとにらめっこしてまた負けて
【人】パンジーとにらめっこして夫ゆるす    千の葉

「にらめっこ」の句もいくつかありましたね!中でも、違うのは下五だけという千の葉さんの句を完全なる上位互換句として紹介させて頂きます!!「夫ゆるす」という言葉には「負けるが勝ちってトコかしらね」といったニュアンスもあるでしょうか。にらめっこしているうちに、パンジーに向かってひとしきり変顔を繰り返せば吹き飛ばせる憂さ。それは円満な家庭生活の中の愛すべきアクセントなのかも知れませんね。


ちょっとスクワット3セットくらいする・・・。
「三色菫」掲載の皆さん、有難うございました!
めぐるは「初鰹」頑張ります!!!ゴゴゴゴゴ

« ◆投句開始ー! | トップページ | ◆選句開始ー! »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

めぐにゃん♪

欧羅巴=えうろぱ
なるほど!
凡さんの漢字バージョンのように漢字の方が複雑なものを秘めていて想像力をかきたてますね!
今回の兼題は呼び方によって目から耳からイメージが違うのでとっても勉強になりました。
秋櫻子忌のときも傍題との違いをどう読み込むかがポイントだったのを思い出しました~(遅っ・汗
きっと私だったら(字数合わせで三色菫かなにしとこ)となるところに「に新種」と持ってきて
世界が狭くなり、色んな思想が生まれ、憂いも多いヨーロッパ情勢を暗喩しているのかなと。
烏瓜もそうでしたけれど明るさと暗さのある季語を深く表しているなあと思いました!
過去のハイポを読み直すとめぐにゃんの「天」のところで、いつもじーんとしてしまう私です。
もうすぐ「るるる句会」!ドキドキするなー(´▽`*)

◆桃にゃー

こんばんは!
いつもコメント有難うー!!

>明るさと暗さのある季語を深く表しているなあと思いました!
わあ、そんなふうに言ってもらうと、なかなか佳い句を詠んだ気になります。
ありがと~~~!
そして桃にゃん【人】×2句おめでと~~~!!

カーテンと鍋とパンジー買いにけり    桃猫雪子
参加者の数の三色菫かな         桃猫雪子

前句、新生活を感じさせるお買い物、このウキウキ感には「パンジー」という語感と、
あの華やかな彩り、大きさが似合うと思います。
そして後句、「参」と「三」の音韻がナイス!
なんかたくさんいる感じが、小ぶりで花数の多い「ビオラ」の方のイメージ。
ちゃんと理解して使い分けられているな~~~っと感じました。さすがです!!
過去のハイポからしっかり学んでいる姿勢、素晴らしい!
「るるる句会」でも桃にゃん旋風を待ってるぜーーーっ!!
ぴいさんの連覇を止めないと・・・!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【人】欧羅巴の憂ひ三色菫に新種:

« ◆投句開始ー! | トップページ | ◆選句開始ー! »