最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ◆結果発表~! | トップページ | 薫風や佳き音の立つグラス買ひ »

2018年5月17日 (木)

◆自句自戒

ふひー、今回も★中心に自句を振り返ります!
今回は、推敲句を別の句会に投句しますので、一部内容を伏せて書いてみます。

冷奴父は薬味を厭ひけり(8点)
★葱や茗荷は嫌いなお父様なのですね。お父様の席に並ぶ冷奴は薬味のない真っ白な冷奴だとしたら、その景を詠んだほうが良いかも。
★似たような句を考えたことがあり、類想感が拭えず...。薬味って難しいですよね。具体的に書くと季語になっちゃうし。「厭ひけり」を具体的な動作にすると良くなるかも。
★読もうと思えば、「父はただでさえ薄い豆腐の味を、生で食べる事にこだわった堅物だった」と読めるが……全体的に詩情を感じさせる要素が薄く、普通に読んだら単なる個人の報告にしか読めない(-_-;)
★簡潔なのはいいのですが、既知の事実の報告のように響きました。語順でだいぶ変わる気がします。

chickもっと違う言い回しが出来たのではと、最後まで気になり続けた句です。皆さんのコメントで推敲したいです!皆さん、アドバイスたくさん有難うございます!!「冷奴」を詠もうと思った時に、思い出したのが、実家で食べていた豆腐。水どころなので、お豆腐も素のままでとても美味しかったんです。大豆の味や香りがしっかりして甘くて・・・。今一度、思い出を遡り、もっとお豆腐そのものが見えてくるような句にしたいと思います。ガンバリます!!

白玉や*********(10点)
★白玉との取り合わせ良くわかりません。すみません。m(_ _)m
★上五の季語が、それ以降と少し離れすぎていて意図が掴みきれなかったです。中七下五もよく見る内容だと思ってしまいました。すみません。
★季語と措辞が離れすぎているように感じました。また、祖母の手箱に祖父の文があるのは意外性がないかなと。考(ちち)などにするのはいかがでしょうか。
★読んでいて、イメージがあちこちしたのは、季語より中七以下が、やや強いからでしょうか。白玉に記憶や思い出のようなものを、つめこんで。という感じは、とてもよくわかります。
★遺品の整理中に文を発見し、祖母と祖父が出会った頃の思い出に思いを馳せていたのだろうか……十二音には十分な詩情があるが、「白玉」が合わせられた意味が全くもって不明
★主観では全部いってしまった感があります。そのためか「白玉」の句の中の比重が軽くなった印象です。十七音でいえる以上のことをいおうとしたような。これでいいという方がいるのもわかります。
chickどうも「文箱」を使いがちな私。ハっとして「手箱」に替えたものの、自己模倣から出られなかったです。予定調和的で、冒険出来ていないなあと(涙)。・・・案の定「よく見る内容」「意外性がない」とのご指摘sweat02「離れすぎ」とのご意見が意外でしたが、採って下さった方のコメントから、何か感じて頂ければ嬉しく思います。皆さんのおかげで推敲案浮かびましたので、どこかに投句してみます!有難うございました!!!

蜜豆や********(12点)
★付かず離れずとは思いますが句意がわかりません。すみません。m(_ _)m
★「蜜豆」→「秘密」→「***」の連想か?もう一つ連想を飛ばしても良かったか。「*****」も俳句ではあるある的な。
★「蜜」に「秘密」を掛けたのであろうか?読みようによっては色々な想像ができるかも知れないが……実質「*****」しか取っ掛かりがなく、読み手にあれこれ想像させる材料に乏しい句。
★意味はわかりますがちょっとどう感じていいか個人的には伝わりにくかった句です。「*****」にどこか実感が乏しいような・・。季語の選択の相性かなあ。
chick主役のはずなのに、固くて邪魔に感じて「豆」ばっかり残してた記憶があります。私にとっては異物感・踏み込めないところがある印象の食べ物でしたので・・・「美味しそう」な句になっていなくてスミマセン・・・。この句は別な季語でリベンジを図っています。そちらの結果やいかに・・・ドキドキ結果待ち中~~~coldsweats01


皆さんの「自句自戒」もお待ちしております、
よろしくお願い致します!!

« ◆結果発表~! | トップページ | 薫風や佳き音の立つグラス買ひ »

るるる句会」カテゴリの記事

コメント

みなさん、おはようございます!花南天さん、優勝おめでとうございます!印と評ありがとうございました!
メンバーさん向けの自句の振り返りは★で。尾崎豊の『シェリー』の歌詞のごとく、わが作句は自問自答の繰り返し(どこがや)
るるる投句の終点は、るるる句会でこざいますので、フルオープン!

・飲む角度子らに伝ふるラムネかな

伝ふるではなく、教へるではのご指摘が多かったです。
実を言いますと、句は俳ポ芒種の天選の谷口さんの優秀句をヒントに、伝ふるものが自分にあるとすれば、と考えながら、自然のない町に生まれ育ち、現在も住んでいる自分の、どうでもいい伝承にたどり着いた一句でした。
仕事、スポーツ、芸術、趣味に家事、そして、どうでもいいこと。みなさんは、どんなすべを伝えていきますか?

・夏季限定ガリガリ君は虹の味

中七の商品名に思っていたほど指摘がなかったことに、坪内稔典先生の偉大さを再認識しました。
句は、ヨミビトさんの季重ねのレクチャーをノートにまとめ、できた一句です。レッドライアーです(笑)事前にできていました。
夏井先生いわく虚の季語の虹は、もちろん俳ポの兼題から。これください!でした。

・このクリソひいばあちゃんと阪急で

点数度外視の実験句です。コンビニ、原発、ミニバス(ミニバスケットボール)や掲句の略語。略が活きるのは口語。〜してる、静かなるの静かな等。また口語は作品の中に会話相手を生み出します。
で、句は、クリームソーダと阪急百貨店大食堂です。季語以外は、すべて幻です。幻ですが、対面には僕のばあちゃんが、ひいばあちゃんに該当する、僕の子が座っております。

以上でーす。今回の結果はオーライすべてはオーライ!それでは、またね!

るるる句会参加の皆様お疲れ様でした。高得点獲得された皆様おめでとう
ございます。
また懇切丁寧なご選評いただきありがとうございました。大変勉強に
なります。

さて、自句自戒ですが、

①〇〇〇〇のバナナと★★の△△△かな
 〇〇〇〇がバナナと★★の両方にかかることを表したかったのですが。
「△△△かな」がよくなかったようです。
「〇〇〇〇のバナナと★★の目覚めかな」が自然でよかったかも
 しれません。
 ふっと思いついた△△△を吟味しないで使用したことが失敗で
 した。(@_@;)
②◯◯引きや△△き★★★の×××添へ
 ×××は略語でした。辞書によれば×××瓜として通じるように書かれて
 いますが俳句に略語を使うことの難しさを痛感しました。
 因みに里では×××だけで通じますが。方言や略語は要注意でした。
 また〇〇引きもなじみのない言葉でこれも〇〇広めの方がよかった
 かも。句の型にこだわるばかり切れ字を使うことに固執してしまい
 ました。△△きも余計でした。
 〇〇広め添へる★★★の×××瓜
 が自然でよかったかもしれません。😅
③アイス〇〇〇〇の××ボトルや「△△」と□□
 これも切字の「や」は「が」とすべきでした。冷蔵庫から出して
 コップについだ時にボトル内の空気圧の急激な変化で××ボトルが
 発した音を表現したかったのですが?😅
 □□の漢字は××とある動物をかけて選んだものです。
 言葉遊び?いや漢字遊び?がすぎました。m(_ _)m
 アイス〇〇〇〇はアイスとつく飲み物であればどれでもよかったの
 ですが実際〇〇〇〇でしたので選びました。アイスとつく別の飲み物に
 置き換えられますがそれが季語が動くとまで言うほど句意が変わることは
 ないとの勝手解釈して良しとしていました。
 季語の扱いが軽薄かもしれません。m(_ _)m

 今回、切れ字を使ってまで切る必要があるのか、一般に馴染みのない
 言葉の使い方、略語の使い方、季語が動くこと等など、皆様のご選評の
 おかげで大変勉強になりました。
 お恥ずかしいことにまだ切れ字を使う取り合わせの句と一句一章の句の
 どちらで表現すべきかについて混乱しているような句力ですので毎回
 選評を頂くことに恐縮しております。これに懲りず次回もチャレンジ
 致したく皆様宜しくお願い致します。
 

この度は参加させていただき、ありがとうございました!
高得点の皆様、おめでとうございます!
ひとつひとつの句をよく読んで、分からないものは調べて選句して、選評を書いて、と行っているつもりではありますが、失礼な事などございましたらお許しください。

自句自戒、まだできないので、とりあえず句に対してのつぶやきだけさせてください。

『トマトジャム』
トマトジャムを毎年作るのですが、甘みよりは酸味が残って、甘いだけのジャムには負けてしまう。
誰に食べさせても、きっと甘くないって言われそう・・・
そう、人生も甘くない!甘いだけじゃない!がんばれ、自分!(笑)

『ラムネ玉』
ラムネ玉を取りたくて、手に入れる方法を色々考えてみる。
何とかして欲しい・・・
ラムネ玉に限らず、欲しいものほどなかなか手には入らない・・・
「手に入れてしまえば放るラムネ玉」というアンサー句も作りました!(笑)

『一夜酒』
母の味にはならなくて、母にはもう聞けなくて・・・悲しいです。
私が作る甘酒は、味が行ったり来たり。自由だけれど悲しい味です。

皆様のご意見を参考に練り直したいと思います。
ありがとうございました。
めぐる様、いつもありがとうございます。
また是非参加させてくださいm(__)m

皆さまお世話になりました。めぐるさん野良古さんありがとうございます。
句にアドバイス下さいました皆様ありがとうございます。
また、私の勘違いコメント失礼いたしました。
特にすりいぴいさんの句に、「買ふて」を間違って提案してしまい、ああ、恥ずかしい。4段活用連用形なので「買ひて」でした。後で調べて、、と思っていたのにすっかり忘れて失礼いたしました。他にも多々。。
自句については★に記した通りです。
反省点は、「ふしだらな」句が低評価だったこと。自分では近年稀に見る気に入った句でした。苦笑
独りよがりでした。完全に擬人化してましたから。
司啓さんが最も近い読みをしてくださった上にソーダ水バトル勝者に選んで下さいまして光栄です。!
ミッチー及川氏の衣装かなり近いです。笑!ありがとうございました。
割と素直な句を読むタイプだと思うのですが時々このようなひねくれた句を思いついてしまいます。
お一人でも何かが伝わってくれたら嬉しいですね。これからも時々変な句をご披露するかもしれません。
「サバンナ」の句も気に入っていたので高評価いただき嬉しかったです。
確かにこちらは素直に景が浮かびますね。あいだほさんからは今回唯一の○を頂きありがとうございます。
「喧嘩して」のくは★の皆さんのおっしゃる通り。今度は素直すぎて俳句になってない。汗
ほぼ散文。。。。しかしこちらは思ったよりも高評価で恐縮しております。
「あんみつ」は私の主婦の友社の本では餡蜜豆と表記されていました。餡蜜で良かったのですね。
色々と楽しく勉強させて頂きありがとうございました。

第4回のるるる句会にも参加させていただき、ありがとうございました!

早速ですが、るるる句会自句の評を受けて…。

◎きれい事言うなとすする心太
怒りながら、酸味のある酢醤油味の心太を一気にすする場面です。『すする』は不要では?との評、まさにそうだと思います。自分の中でも『すする』に代わる語が見つからなかった…というのが事実です(^o^;)

◎模擬店のラムネ呼び込む子らの意気
文化祭の一場面を氷。水につけられ、キンキンに冷えたラムネと、それを売ろうと声を張り上げる小学生の対比を句にしました。『意気』が不要では?との評、確かに…。『模擬店』『呼び込む』『意気』…不必要な語があったり、説明的な語だったり…表現する内容に適した語のチョイスな必要ですね。

◎丁度よき丸み蜜豆すくう匙
使いやすい、適当な丸みってあるよなぁ…と思い、詠んだ句です。『丁度よき』の説明調の…再考してみます!

毎回いろんな評があり、読み取り方があり、勉強になります。自分が採らなかった、また読み取れなかった句についての評がまた、とても勉強になります。

毎回、ありがとうございます!次回もぜひ参加させてください!!

こんにちは、思いがけない結果におたおたしていますが、何とか自句自戒してみます。
●アイスクリン。ほぼ皆さまが読んでくれた通りのそのままの句ですが、初めは雲との色の対比をさせようとかき氷にしてみましたが、市販のカップのかき氷でないと外と合わないし、かき氷だけでそこまで読んでもらえるかと悩みやはりアイスクリンへ。その季語を褒めていただき嬉しかったです。後は空地も悩みました。実景として原っぱですが、他に場所でなく「遊び」など考えましたがやはりそのままで。お題が食べ物なので逆に外を意識したのがよかったのかもしれません。

●ソーダ水。〆切1時間をきってからふいに出てきた句で全く推敲もせず差し替えたので何の鼻なのか迷わせてしまいました。テレビで沖縄の遺跡から出た縄文人の復元模型をみたとき日本人のルーツの一つの南方系の説明に鼻に違和感があり、それが記憶に残ってたかなと。季語はもう何でも包んでくれそうなソーダ水に託しましたが、他に日本生まれの心太も候補でした。

●桑の実。子供の頃柏餅の葉(関西は柏の葉ではありません)を取りに山へ。チビは犬だったのですが、はっきりそうわかる名前(ポチとか?)がよかったかな。場所も分かりずらかったですね。独りよがりでした。

自分の句だけでなく他の方の句の選評も本当に勉強になります。また前回もそうでしたが★の意見をいたただく事は更に勉強になります。自分が悩んだり少しひっかかっていた所を指摘してもらうとそれが間違っていなかったと分かり(いやそれなら直してよと言われそうですが)うれしい時が有ります。
長くなりましたがどうぞこれからもよろしくお願いいたします。

◆つかっさん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
丁寧な自句解説およびフルオープン有難うございます~~~。
今回はつかっさんに3点負けたのが悔しくて悔しくてcoldsweats01
でも、「白玉」へのアドバイスはシカと胸に刻みました、推敲に生かします!!!
季語と措辞のバランス・・・がんばるっ!!
次は「夏の生活」、またよろしくお願い致します!!


◆比良山さん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
しっかりとした「自句自戒」有難うございます、
「こういうつもりだったけど、こう受け取られた。こうしたら良かったかも知れない」
これの繰り返しで、少しずつだんだんと、投句前に自句の欠点が見えてくるようになるハズ!!
(と信じてやっていますーーー)

>因みに里では×××だけで通じますが。方言や略語は要注意でした。
例句にもたくさんありますし、状況からしても×××だけでも十分通用するように私は思います。
ただ、「添へ」とせず、下五を「×××瓜」にしても伝わりそうにも思いましたから、
出来るだけ、略さないで使えないか試してみるといいかも知れないですね。

>アイスとつく飲み物であればどれでもよかった
「別にどれでもいいじゃん」と思われると、句の評価は一気に下がります。
作句する時はやっぱり、その季語ならではの何かを追求してみたいですね。
・・・と言いながら、なかなかバシっと決まった季語使いが出来ていないのですがshock
私も毎回試行錯誤の連続です。一緒に頑張りましょう~~~!!!

みなさんこんばんは。

桂奈さん、「買ひて」の件は、お気になさらず。「ふて」という綴りはないのは、
「ふて寝は駄目よ」と覚えるといいらしいですよ。受け売りですが。

あと、自分のお気に入りの句はなかなか客観的にみることができません。
高柳先生は「自分の中に他者をもつ」という言い方をしていました。
これが難しいんですけど・・。

みなさん、御句と選評をありがとうございました。
次回は夏の生活の句 ? バラエティに富んだ句に出会えそうですね。
では(「ダース・ベイダーのテーマ」を聴きながら)。

るるる句会を終点とするつかっさんの心意気に惚れ惚れしながら
私は日曜の初句会ライブの御守りに今回の句を持って行きますっ( ̄∀ ̄;)ドキドキ・・・
というわけでオープンしない自句自戒です。

◇ P ・・・色んな意味で今回一番結果を気にしていた句です。(小川軽舟先生を踏襲。なんちゃって)
めぐるさんちはるさんの評を読み、また、つかっさんのソーダ水バトルに敗れたことに、自分の句柄を考えずにいられません。それにしても評の比率を見ると、るるる句会のレベルの高さ、黄金バランスに慄きます!(ありがちかも・・・!)と思いつつとても好きな句だったので、たくさんの○△大変有難く読ませていただきました。「水面を越えると存在できない」蜂喰擬さん、「私の中でソーダ水No.1の句」桂奈さん、「言い換える点がありません」すりいぴいさん、その他皆様の御意見本当にありがとうございます!ソーダ水バトル本当に凄かったです!皆さん自由で伸びやかで素晴らしく一緒に並べていただけて幸せです。

◇氷菓買ふ ・・・ちょっと切ない気持ちでしたが皆様の優しい読み、多様な読みに心が温まりました。俳人の目線って凄いなあ。★の助詞、動詞、説明文の御指摘、確かに・・・!切れなしで動詞が多いのがごちゃごちゃしていますね。「買ふ氷菓」、いいですね!参考にさせていただきます!ありがとうございました!

◇細君・・・一番自信がなかったのですが最近、夏目漱石先生の本を読んでいるので(明暗が進まない・・・)ちょぴっとでも文豪にあやかりたく。思いがけぬ高得点&シラズ君の◎に(きゃーーー!!!)と転げました!!激しいソーダ水バトルでしたが夏目大先生のおかげです。しかし★の「迂遠」という御指摘もその通り・・・納得です。

◎○△★全ての評に感謝です。本当にありがとうございました。
あと、夜に弱い私としては23時発表後、きゃー!ぎゃー!と寝床で騒ぎながら・笑 
0時に就寝できてとっても助かりました。
最後に、山香ばしさん16日のお誕生日おめでとうございましたヾ(*´∀`*)ノ゛
「弱」の句、滅茶苦茶好きで笑いました~。がっかりの顔が見えて・・・笑
また次回るるる句会でご一緒できるのを楽しみにしております!


◆さとみさん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!
食べ物の句にはすぐに影響を受けてしまう私・・・
今回ハートにストライクだったのが「トマトジャム」でした。
人生は甘くないからこそ、元気出して行くんですよね。
トマトの明るさと爽やかさが、ぽんっと肩を叩いてくれました。素敵な句を有難うございます!
知らない言葉とたくさん出逢えるのも句会の面白さ。
自分の中の「俳句辞典(覚書)」が一気に数ページ進むようで楽しいですよね!
また是非いらして下さい、次はさとみさんのハートに届くような句を書けるようガンバリます!!

◆桂奈さん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
個人的には桂奈さんの句で連想した西城秀樹に突然の訃報が飛び込んできて超ビックリ!!
懐かしくなって「愛の園」練習しよ~っとか思った矢先だったので・・・。
(他の歌は自分で歌える気がしないcoldsweats01
おっと脱線、ゴメンナサイsweat01
>主婦の友社の本では餡蜜豆と表記
おあ!そうだったのですねcoldsweats02
私の手持ちの歳時記では「餡蜜」でしたので・・・失礼致しましたsweat01
(でも「蜜豆」か「餡蜜」かだったらやっぱり「餡蜜」だなあと感じていました)
「ふしだら」の俳句的断定、「サバンナ」の雄大な景、どちらも○にしたかった句です。
桂奈さんの世界、素敵だなーーーshine

そして、「白玉」への○、「冷奴」「蜜豆」への△有難うございました!!
今回はホントに自信のない句ばっかりだったんですが、
桂奈さんの鑑賞で、拙句にも多少なりともキラキラが感じられる気になりましたshine
3句それぞれに、句の向うにいる人物を感じて頂けて、とっても嬉しかったです!!
お忙しいかとは思いますが、また是非ご参加頂ければ有り難く。
どうぞよろしくお願い致します!!!

めぐるさん!お世話になりました。
そしてご一緒した皆さん、ありがとうございました。
一句づつの自解はしません。読む方の自由だと思います。

ただ一点。今回、守りに入った自分に「喝っ!」
やっぱりぶっ込まないと凡鑽じゃない!www
特に「すもも」の句。最後の最後で点数欲しさに入れ替えた句でした。
やっぱり挑戦すべきだった、と反省しきりです。

次回はこのリベンジさせてください。

めぐるさま、今回もるるる句会に参加させていただき、ありがとうございます。
花南天anneさん、最高得点獲得おめでとうございます!
やっぱりここは凄く楽しい場所ですね。
とても勉強になる場ですし、様々な感性の皆さんにコメントもいただけるのですからね。
皆さんからいただいた、◎○△★といろいろな読み方をしていただきに感謝いたします。
特に立志さん、すりいぴいさんからの◎ありがとうございます。
もっともっと精進して、楽しんで、いい句を詠んでいきたいですね。
それと桃猫さん、誕生日メッセージありがとうございます。

ちなみに父の日の句は完全な創作です。亡くなっている仮定で詠んだものです。
弱の句は自分がいつもそれをつけて歩いている実感から。
甘酒の句は日常のひとコマを詠んでみたものです。

◆かつたろー。さん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でしたー!!
しっかりした「自句自戒」そしてフルオープン有難うございます!
今回、「あっ!」と思ったのが、かつたろー。さんの「匙」で、
私も「蜜豆」を掬う匙の口当たりの官能的な感じを詠みたいなと思っていたのに、
うまくまとまらなくて別な発想に逸れてしまったのです。
かつたろー。さんの句を見て、うまくまとまらなかったものがまとまりそうな気になってきました!
有難うございます!!

>『すする』に代わる語が見つからなかった
私なら「きれい事言うな」という言葉を「言えなくて」心太をすすった、という句にするかも。
すする時の音も、なんかこう鋭そうで、テーマの「甘いからは少し外れるかも知れませんが、
情景がストレートに伝わるという点では、「第4回」の中でも屈指の句だった気がします。
こういう、多くを語らず、ズバっと飛び込んでくるような句を私も書きたいです(切望)。

また、拙句3句ともに△を有難うございました!!選評がいちいち素敵で、
特に「白玉」へのコメントは涙が出るほと美しかったですshine
私もダンナからもらった手紙を大切にとっ・・・・・・・・・・・・・・・あれ~~~どこいったかなcoldsweats01
次はかつたろー。さんから○、いや◎を貰えるように頑張ります、
どうぞよろしくお願い致します!!!


★めぐるさん。私の自戒についてまとめて頂いてありがとうございます。
①略語はできるだけ略さない表現方法を考える。
②季語が主役。あくまで尊重し動かないようにする。底の浅い句に
なってしまう。

以上ですがもうひとつ如何に自分の独創性を出すかについては常に
悩んでいます。
馴染みのない言葉を使うことで済ましてしまい写生がおろそかになっている
ようです。
「○○ざ」「★★引」「雀△△」等。探しあてた時にそれをまるで
神の言葉のように簡単に吟味なしに使ってしまう傾向があるようです。
今の時点の私の句力では、まず基本の写生に徹して独創性は後からついて
来ると考えることにします。
次回も宜しくお願い致します。

めぐるさん、句会に参加されたみなさま、お疲れさまでした&ありがとうございました。

拙句に対してはまた後ほど。

さとみさん
トマトジャム、ご自身でお作りになるんですね。私が以前に頂戴したトマトジャムは甘かったんです。もちろん酸味もありますが、そのフルーティーな甘みに驚いたんですよね。それであのような選評になりました。すみません。
ラムネ玉のアンサー句、好きです。今回の句会に投句されていたら、私は間違いなく◎か◯で迷ってます。
一夜酒、自分の意志で母の味にしないと決めたのだと解釈しました。私の読みがひねくれてました^^;

佳奈さん
サバンナ句はとてもいいです。季語との取り合わせから、サバンナの高級リゾートホテルのバルコニーに居るのだと想像し、セレブ感が充分に出ていると思いました。是非、またどこかでこの句に逢いたいです。
餡蜜豆で「あんみつ」と読むのですね^^; 勉強になりました。

花南天anneさ、
桑の実の句、桃猫さん&かつたろーさんの選評の景が私にはありありと浮かんで、「すごい!楽しい!」と迷いなく特選にしました。思い描いた景の楽しさを書いていたら全然二行になんかで収まらず、きっとこの楽しさは他の方が書いてくださるだろうと自分の思いだけをお伝えすることにしたら、あんな選評になってしまい、今になって大変反省しています(ここでも、選評を詳しく書けないし^^; 次回からはこんなことがないようにします)。思いほか、他の皆さんの選評が厳しくて、「そうか。これでも万人に伝わらないんだ」と勉強にもなりました。でも、好きです。こんな句が作りたいです。

選評って本当に難しいですね。
俳句の技術的なことはプレバトレベルのことしかわからないので、好き度で選びました。
「十七音で私の頭の中に景がしっかりと立って、その景に私がどれだけ入り込めるか。感情移入できるか」のみで選びました。
皆さんがどういう基準で選んでいるかも大変勉強になりました。
あらためて、自分が伝えたい景を十七音で適切に伝えるのって難しいけど面白いなぁと思いました。

るるる句会中は現実放棄しちゃってたので、現実に戻ります^^;

拙句について
(自解なんてできないから、感想戦)

はひょー!な高得点をいただきました21点句。どうしましょう^^;
すりいぴさんのおっしゃる通り、雰囲気だけで、私もよくわかんないんです、この句。
季語から連想していったら、出てきちゃった。季重なりだけど、他に言い換えると雰囲気が変わるし、あと15分程で締切だし、ってことでそのまま投句しちゃいました。
投句してすぐに「あ、こっちだ」と修正案が浮かんだけど、時間切れ。
修正案だったら、どういう評価をいただいていたかなぁ。

今回の私の勝負句でした、15点句。
下五は紆余曲折ありましたが、結局最初に浮かんだ景に戻しました。
私としては会心の出来!ここ最近では一番気に入っている句です。
これも下五を別案にしていたら、どういう評価をいただいていたかなぁ。

難しかった10点句。
「さいご」の表記で迷いましたが、問題点はそこではなかったのですね。
皆さんの五感をくすぐる中七を見つけます。

おはようございます☀
皆さまの自句自戒楽しく拝見しています。改めてみえてくる句の解釈に自分の読みの浅さが…恥ずかしい😥
○山香ばしさん
句会お世話になりました。コメントありがとうございます。
万歩計、以前私も付けていたので気持ちよく分かります。家の中では意外に歩数上がりませんよね。
甘酒は楽しい句でした。主婦の憩いが伝わりました。次もまたご一緒したいです。あ、お誕生日だったのですね🎵おめでとうございます💐、5月はとてもよい季節。大好きです。

○はまのはのさん
句会お疲れ様でした。桑の実の◎嬉しかったです。私もあります、言いたい事が多すぎて、長引きそうで逆にさらっとなってしまう事が。
もっと文章力を付けなくてはと反省ばかり。パイナップルの句私には発想出来ない、想像の膨らむ句でした。枇杷、ソーダ水も余韻の残る句で好きです。句会は本当に色々刺激的で勉強になります。これからもよろしくお願いいたします。


○司啓さん
コメントありがとうございます。印と選評も有り難く頂きました。
ソーダ水敗れてしまいました~😆あれはあまり考えずに作った句なので全く後悔は有りません。またなにか形を変えて使うかもしれませんが。いつも司啓さんには驚かせてもらっておおいに刺激されます。その発想の展開力?ほんの少しでもいただきたいものです😄次も楽しい句を期待しています。よろしくお願いいたします。あ、ひいばあちゃんはほんとかわいい💠

〇花南天anne さん
ありがとうございます。
次回は、ご期待にこたえて、
ご期待を裏切ります(笑)ので、
よろしくお願いいたします。
では、また!

会も楽しかったけれど、ここのコメント欄の居心地が良すぎます‼(笑)😆
皆様の自句に対するお気持ち、思い入れ、悩みや反省など読ませて頂いて、とても勉強になりますし皆様とお話出来ている気持ちになれて、とても嬉しいです😆🎵

🌼めぐる様
今回も優しく丁寧な評をありがとうございます
m(_ _)m
本当にめぐるさんのお人柄が良く出ている文章で、ありがたくて嬉しくて泣けます😭
えへ。
お会いしたいー(笑)😆💕

🌼はまのはの様
わー❗ありがたいお言葉、本当にありがとうございます‼️
m(_ _)m
アンサー句、誉めていただきツボにはまってます💖
ホントに嬉しいです😆🎵

私もこの場をお借りして
皆様にコメントさせてくださいm(_ _)m
順不同ですみません。

💠かつたろー。さん
心太、だから、すするはこの句にあってる気がします✨
気取って食べてなんかいられない、細かいこと気にすんなよ!って(^o^)男の人の心意気感じられて好きです✨

💠蜂喰擬さん
曹達水の句はホントに好きです✨お兄ちゃんがんばれー👊😆🎵梅酒も氷の音が聞こえてきそうでした✨

💠立志さん
ソフトクリーム🍦の句、大好きな山頭火や尾崎放哉の立志版❗また楽しみにしております✨

💠比良山さん
バナナの句、可愛い感じが好きです✨ 雀、バナナ、小さな子と3つも好きなものが入っていました😆

💠山香ばしさん
お父様も甘酒も選ばせていただきました🎵万歩計も迷ったんです❗ごめんなさーい🙏

💠はまのはのさん
枇杷の皮、迷ってしまいました❕私はつるんと剥けたことがなくて😢😢😢とてもいい句でしたのに✨ごめんなさい🙏

💠凡鑽さん
すももの句の自注をぜひお聞きしたいです✨苺の句、好きです🍓

💠桂奈さん
ソーダ水、なるほどー❗なるほどー❗
と今、頷いております🎵✨✨

💠あいだほさん
大縄跳びの句、わぉ❗って思いました❗
私も経験あって悔しい思いをしたので入れれなかった😵💧ごめんなさーい🙏

💠すりいぴいさん
蜜豆の句、をんなさんのこと、好きなのかな⁉どう思ったのかな❔気になります(笑)✨

💠司啓さん
ラムネの角度なんですが、教えなくてもちゃんと子に伝わっているんだな、というイメージでした😌✨

💠小川めぐるさん
お父様、祖父母様、お姉様の句が揃って、幸せなご家族に生まれた喜びが伝わってきて嬉しくなっちゃいました‼️

💠ヨミビトシラズさん
🍈メロンの句、じーっとメロンを観ている感じが伝わってきて美味しそう過ぎます❗マスクメロンでいいですか⁉️

💠桃猫さん
今になって読み返すと、細君の句がとても気になります❗細君のお気持ちを知りたい❗(笑)

💠あきしちはるさん
こぼれさう、が頭の中でくるくるしてこぼれた夢を見ました❗いい句でした✨

💠花南天anneさん
おめでとうございます✨🎉✨😆✨🎊
アイスクリン、これから一人で句を味わいながら食べます(笑)✨素晴らしいです😆🎵✨✨✨

めぐるさん
いつもありがとうございますm(_ _)m
ホントに優しいめぐるさんにお会いしたいです😆
リアル句会出来るときはぜひ誘って下さいね❗
関西は遠いですが、早めに言ってくだされば予定立てますよ➰😆💕

みなさんこんばんは。賑わってますね。

さとみさん、求肥ですが・・、そういう女性はなんか気になりますね。
この食べ物がすき、とかこれを食べているときのその女性がすき、その食べ方が好き、
とかあるような。
求肥ってかつたろー。さんが書かれているようにエロティックな感じ、なまなましさを
個人的には感じます(←どーでもいい話・・)。

はまのはのさん、
ようわからんけどとてもいい、という句は確かにあります。
もちろん言えればいいのですが、いえなくても良い句はありますし、採ります。
「出てきた句」はいい句と思うし、自分で好きな句であることが多いです。
「降りた!」という感じですね。もちろん推敲はしますが。
そういう句は選にもれてもあまり関係ないし、迷わずに投句できますよね。

個人的には意味からつくるとうまくいかない。いいたいことがあるとうまくいかない。
イメージはありますが。
むしろ頭を使うのは、推敲時ですね。
出来た句を句会の他人の句と思い込んで「何かがグッと伝わるか?」と
考えてみます。 ではでは。

◆アンさん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした~~~!!!
あーんど!!総合第1位および最高得点句おめでとうございますshinecrownshine
「アイスクリン」、移動販売のおっちゃん&昭和の空地を思い浮かべてキュンキュンでした。
特選に頂いた「ソーダ水」ともども、季語がこれ以上なく嵌っていると思います。
「桑の実」は、大きく育った桑の木の根元で「わんわん♪」と吠えるチビ(犬)と、
小柄ですばしっこくて、大きな桑の木にひゅんひゅん登っていく弟の両方を想像し、
ネットで得た「桑の木は成長が早い」という情報から、少年の成長に不可欠なものいろいろが、
ギュっと詰まった一句に感じ、いろんなことを書きたいと思ったのですが無理でしたcoldsweats01

>自分が悩んだり少しひっかかっていた所を指摘してもらうと(中略)うれしい時が有ります。
分かります!!!
ぴいさんも書かれてますが、自分が迷ったところ、ビシっと決めきれなかったところ、
指摘してもらうと「やっぱりかー!coldsweats01」って思いますし、
アドバイスを頂いてピカっと推敲案が閃いた時は本当に嬉しい。
いつも貰うばかりで、自分からは何も出来ないのが心苦しいですがcoldsweats01
集まって下さる皆さんに少しでも楽しく感じて頂けたら、こんなに嬉しいことはありません。
また是非よろしくお願い致します!!!

◆ぴいさん

>買ひて
ウォンビン・・・じゃなくて、ウ音便「買うて」という選択肢もあるな、とチラっと思った私でしたが、
「買つて」の発音に「ふと思いついた感」が入ってるなと感じました。
「あっ」とか「はっ」とか「ふっ」とか、そんな感じに結びついている気がします。
もし、この句の中の人が下駄履きだとしたら、
「~帰らうか」と思いついて、カランコロンと歩く音まで変わりそうな、そんなカンジ。
何気ない句ですが、とっても好きです。こんな句が書きたい。

>求肥
これ、作者はどう思ってるんだろうと興味津々だった一句です。
ちょいエロの感じも漂ってるし、粘着質で苦手かも知れないし。
いずれにしても、読者それぞれが自分の感覚で「をんな」の姿を思い浮かべられる、
「バナナ」の句もそうですけど、いくらでも想像が膨らませられるって素敵ですよね。
私も、読者が好きなように解釈して遊んでくれるような句を書きたいと思う今日この頃なのです。
次はぴいさんからの特選を狙って頑張ります!!!ゴゴゴゴゴ。

◆桃にゃん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございました&お疲れ様でした!
4~6位は僅差でしたね、もし手計算していたら、何度も確認したかも知れないスリリングな展開!
「氷菓」の句は切なかったですね。
実体験かどうかは置いておいて、そういったシーンに目を向ける心というものを思います。
俳句をしていると、掘り起こしたくなかったものまで見つかってしまって「うっ」と思うことがありますが、
十七音の結晶になって心の中のガラス瓶に何色かの輝きになって入ってくれるのなら、
それはその方がいいなと思えるのです。

>ソーダ水
シラズくんからの◎、めっちゃテンション上がりますよね!分かります分かります!!
実は最初★にしていたんです。「ソーダ水」には、明るい爽やかなイメージがあったので。
しかし作者コメントにあった「沈黙の中、かすかな発泡の音」、まさにそれが聴こえてきたことで、
景が鮮やかに動き始め、「あ、ありがと・・・」と言いながら冷や汗タラリの旦那さま、
夫婦間の緊張の中、しゅるんと通り過ぎていく白猫、チリンと鳴る風鈴・・・が浮かんだりして。

そして桃にゃん、拙句への温かくも的確なコメントを有難うございましたー!
「冷奴」頑張って推敲します!!
初句会ライブはいかがっだったでしょうか、結果・感想また是非教えて下さいね!!
次回もよろしくお願い致しま~~~す!!

すりいぴいさん

推敲、大事ですね。ありがとうございます。

みなさま

推敲して、また、どこかでみなさまに御披露目したくなりました。
恐れ入りますが、今後の拙句へのコメントは控えていただけると有り難いです。
よろしくお願いいたします。

◆凡さん

「第4回るるる句会」ご参加有難うございました&お疲れ様でした!!
そして「るるる句会」総合第2位および「俳句生活」での【天】おめでとうございます!!
『俳句ポスト』兼題「舞茸」の地選句といい、
変幻自在の凡鑽さんに驚かされっぱなしです!!

そして拙句「蜜豆」にアドバイス有難うございました!!
おかげで、いくつかの推敲案が浮かびましたshine
またどこかで選を仰ぎたいと思います!!!

>やっぱりぶっ込まないと凡鑽じゃない!www
うっcoldsweats01
それは楽しみなような怖いようなcoldsweats01
でも、ホントに個性的な句をたくさん読めて、いろんな解釈に触れられるのが、
「るるる句会」の良さかなとも思います、是非ともブッ込んで下さいな!!!(ドキドキ)
「第5回」でも楽しみにしています、よろしくお願い致します!!!

◆山香ばしさん

遅くなりましたが、「第4回」ご参加ありがとうございます&お疲れ様でした!!
あ~~~んど、これまた遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます!!!shine
今回は4位、やはり堅実にハートを掴んでくる山香ばしさん、
「ニッキ水」の句、すごく好きです~~~shine
そして、私の3句それぞれに暖かいコメントを有難うございました!!
3句とも完全な創作ですが、書いている時はそんな家族がいる気になるものですねcoldsweats01
皆さんからのコメントひとつひとつがとても嬉しかったです。
今回はちょっと予定調和的な句になってしまったので、
次回はもう少し発想を飛ばしたいなと考えています。
「夏の生活」、また是非よろしくお願い致します!!!
次は山さんからの○、いや◎を奪ってみせる!!(ギラ)

遅れてやって来た死神……じゃなくて、自句自戒ですcoldsweats01本当はもう書かなくても良いかと思っていたのですが、色々とネタになりそうな事が(個人的に)あったので、是非。
何と、この回は奇跡の「11点×3」。安定し始めたと言うか、好みが分かれる句をたくさん書いたというか……coldsweats01
 
 
 
【12.「いつもの」とラムネを頼む禿頭(11点)】

[由来]
「とある西部開拓時代、荒野のバー。バーのカウンターに座ったコワモテのガンマン。抑揚の無いぶっきらぼうな声で、一言……「いつもの」。
バーテンが、グラスをカウンターに沿ってシューッと滑らせる。何気なさそうなバーテンの手元から、グラスは計算され尽くされた動きでガンマンの目の前に止まった。ガンマンは、満足そうな笑みを浮かべてグラスに手を伸ばす。そして、一口飲んで喉を鳴らすと、グラスを置いて静かに微笑んだ……「美味い」。
そのグラスの中には、バーの雰囲気には似つかわしくない白い液体が。……彼が頼んだのは、何と牛乳だった」

という、どこかで見たコントがベースになっている句。……別にガンマンが牛乳を頼もうが、良い歳をした禿頭がラムネを頼もうが良いだろsmile両さんだってフルーツ牛乳飲んでるし(何だそりゃ)coldsweats01

[反省点]
展開・取り合わせ重視のウケ狙いの句。「ラムネ」と言えば「青春・子供・若々しい・どこか甘酸っぱい・青空・純粋・爽快・儚い・切ない」などというキーワードがすぐに出てきますが、それらのキーワードから一番離れた所に着地しようとして持ってきたのが「禿頭」。やや唐突ですが、現実的にあり得ない光景ではないので納得はされると思ってました。

それにしても、

「関西人の私には、お好み焼きやの隅で牛すじ焼きあてにラムネ飲んでいるおっちゃんがありありと浮かんできて面白かったです」

「牛すじ焼きあてにラムネ」って……酒が合うのは分かるけど、ラムネが果たして牛すじ焼きに合うかな?coldsweats01
 
 
 
【14.十重二十重ひかり塗り込むメロンかな(11点)】

[由来]
12・35の句を作った後で、「そう言えば、この句会の前で「飯テロ上等」なんて言ったっけ……1句ぐらい飯テロの句を作らなければまずいな」と思って急遽作成した句。
ただ……いざ考え始めると、

「「飯テロ」と言ってもあまり無機質に細々と説明したら料理番組・旅行番組のキャスターの台詞になってしまい、俳句にならなくなる。「宝石箱や~」などというわざとらしいベタな台詞が通るのは番組の中だけだ。よほど効果的な描写が使えない限り、心情的要素を抜きにした句を書けば間違いなく「読みの深み不足」で失敗するから、心情的要素もある程度は必要だろう……う~んう~んdespair

と考えていたら、「十重二十重(とえはたえ)」という言葉をどこかで使ってみようと思っていた事と、「メロンの玉磨き(→きれいな網目をつけるために、軍手でメロンの表面をせっせと撫でる作業)」の事を知った事から、この句に。
……料理番組・旅行番組と言うよりかは、農協新聞の記事っぽい?coldsweats01

[反省点]
素直な句でインパクトには欠けますが、表現はこの後の35の句ほど癖がある訳ではないので、こちらは評価が大きく割れる事はありませんでした。
ただ一点、

「「幾重にも」の方が簡潔なような。主観ですが。「塗り込む」もさらに合う言い方があるかも」

「十重二十重」「塗り込む」はちょっとメロンに対しては重厚過ぎる表現だったかも知れません。ライトな感じにするなら、

【幾重にもひかり収むるメロンかな】

くらいが適切かも……描写が少し物足りないかも知れないけど。

あと余談ですが、

「私的には、本物ではなく、メロンのアイスクリームの、やわらかいプラスチック容器へのイメージ変換も面白いと思いました」

……言われてみれば、「ババヘラ(路上のアイス屋)のメロン味」と見ても面白いかとも思いました。ヘラで塗りつけたり舌で舐めたりしたら、ちゃんと光るしdelicious
 
 
 
【35.意気地なし声も出せずにソーダ死ぬ(11点)】

[由来]
3句中、最も難産だった句wobbly「ソーダの泡が消える」という事を直感的に示す表現として「ソーダ死す(死ぬ)」を思い付いたまでは良かったが、その後が大変だった。

【音信の絶えて久しいソーダ水】
【ソーダ水生きているなら返事しろ】
【サイダーよ返事してくれ今すぐに】

サイダーを「若さ・気力などの象徴」と考え、「気抜けしたサイダー≒それらの死」として書いた句だが、読み手が句意に辿り着けない可能性が大なので没。

【ソーダ水別れ話に殺された】
【レモネード別れ話に息を飲み】
【別れの言葉息を飲むレモネード】
【ソーダ死ぬ別れ話の十分後】

読み手に分かりやすくするため、「別れ話」という要素を入れて「ソーダの泡が消えていくのを、黙って見ている事しかできない・ショックな事があってボーッとしてたら、いつの間にかソーダの泡が消えていた」という路線にする事に。しかし、「別れ話」という単語を直に使うのは味がない。

【ビンタされ声も出せずにソーダ死ぬ】
【ソーダ死ぬビンタもらった日の夜更け】

「ビンタ」という具体的行動に「別れ話」という要素を託すが、「男女間のトラブル」ではなく「親子間のトラブル」という線も僅かながら出てくる(=ソーダ水が場にある必然性が若干薄くなる)ので、確実性重視のため却下。

【君去るや声も出せずにソーダ死ぬ】
【優しくて声も出せずにソーダ死ぬ】

ただの説明につき、却下。

A:【意気地なし声も出せずにソーダ死ぬ】
B:【「意気地なし」声も出せずにソーダ死ぬ】
C:【「意気地なし!!」声も出せずにソーダ死ぬ】

結局、「女性から掛けられたであろう言葉」に「別れ話」の要素を託す事に。しかしこれ、読みが複数あって

1.付き合っている女性と喧嘩して、「意気地なし」と罵倒された
2.自分に気のある女性と二人の時間を過ごしたが、(その事を知ってか知らずか)主観があまりに煮え切らない態度をとっていたため、「意気地なし」と言われてしまった(なお、立場が逆でも成立する)
3.告白するつもりが告白できず、女性が去った後で主観が「意気地なし」と自嘲した
4.(単純に取り合わせで読んで)声をあげるべき時にあげられなかった意気地のない人間と、声も出せずに(≒いつの間にか)気抜けしていたソーダとの取り合わせ

Aだと1~4全て、Bだと1or2(ほぼ1だろうが、若干2もある。3が読まれる可能性は薄く、4を示すならAの方が効果的)、Cだとほぼ1に限定される。読みの幅を重視してAとしたが、インパクトとしてはBやCの方が上だったかも知れない。

[反省点]
……などという事を延々と考えてロールアウトされたAの句だったが、コメントが集中したのはやはり「ソーダ死ぬ」の一点。かなり思い切った擬人法の表現ゆえ、評価は

「甘いだけではない夏の甘味。死ぬは唐突でも思いきった句です」
「なんだか悲しく切ないです。死ぬソーダでも」
「ソーダの炭酸の泡が立ち上るのが溺れ死ぬ者の呼吸のよう」
「炭酸抜けきっても言えなかった思い」

「「ソーダ死ぬ」が分かりませんでした」
「切れの位置が曖昧なのと、擬人化?が成功していないような気がしました」
「「ソーダ」が「死ぬ」という擬人化には無理があるかも」

と、真っ二つに割れました。インパクト重視の表現だが、「ソーダの気抜け」と「上五(意気地なし)が意味する状況」が分からないと、そのまま意味不明な句に……ちょっと表現がわざとらしかった?think
 
 
 
以上、言いそびれていた事を言い切りましたconfident
……スッキリしたようなcoldsweats01、ひどく疲れたようなdespair
 
 
 
【おまけの一言】

【33.********ソーダ水】(桃猫さん)

34の「冷やし飴」の句と並んだ事から、「凍り付いた雰囲気」を思い浮かべた人が多数いたようですが……私が真っ先に思い付いたのは、どちらかと言えば「幸せな光景」もしくは「(変な意味ではなく)ちょっとした駆け引きを楽しんでいる状況」でした。「凍り付いた状況」に考えが至ったのは……実は、選評が発表された後ですcoldsweats02
しかし、それを含めても「********(十二音)」と「ソーダ水」の相性は良い(=良い意味で、極めて近い)と思うので、特選を入れた事に疑問は持っていません。デートのシャンパンに繋がる物もあるしdelicious

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2251208/73500735

この記事へのトラックバック一覧です: ◆自句自戒:

« ◆結果発表~! | トップページ | 薫風や佳き音の立つグラス買ひ »