最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« リュウグウノツカイは虹になりたくて | トップページ | ◆6月句会の結果です »

2018年6月21日 (木)

◆自句自戒!

「第5回るるる句会」の3句、今回も★コメント中心に振り返ります。


父の日の低反発の枕かな(14点)

△上五をやで切って、下五のかなを別の語にすると、もっとしっくりした気がします。反抗期のあったであろう娘が買ってくれた枕との対比が生きるのでは。
△素直に父の日に低反発の枕をもらって喜んでいるという光景がちゃんと伝わります。ただそれ以上の想像するもの、余白を感じませんでした、ごめんなさい
★「父に反抗した…」とかと「低反発枕」と掛けた?それだけに終わった感。
★贈った枕でしょう。とすると詠嘆するのはどうも不自然な気がしました。または贈られた父の句か。後者としましたが、大きく良さが分かれるのでどちらなのか分かる方がよいと思います。
「父の日」と「低反発の枕」がどう繋がるのか……「父の日に低反発の枕を贈った」という単純な読みか、「普段から衝突の絶えない父だが、父の日くらいは大人しくしていよう」という示唆か?……分からん(*_*)
★父の日の必然がないように思えました。すみません。
「父の日」のプレゼントを探していて、フっと浮かんだ句・・・っていうか、そのまんまです(^^;締め切りを過ぎてから、押さえを体言止めにして中七にもういっこ情報を入れる案が浮かびました。贈ったのか貰ったのか分かった方がいいとのご意見もあり、私の場合ですから、これはしっかり「贈った/贈る」という方向でまとめたいと思います。印&ご意見くださった皆さんに感謝です!!ちなみに、私が選んだのはこの商品です。今週の土曜日には届く予定(遅くなってゴメンお父さんでも、当日の『NHK俳句』TV放送喜んでくれました

おおかたはひとりでいます浮いてこい(15点)

△とても印象的な句なのだが、「ひとりでいます」が難しい。「主観がひとりでいる」のか、「浮いてこいがひとりでいる」のか、前者の比喩も兼ねて後者の景を書いたのか?あと、「おおかたは」も少し緩いかも。
★「昼時は」など具体的な状況が見えるワードがもう少し欲しいと思いました。
★上五中七が、「おおかた」でないときはなぜひとりでないのか、誰に話しかけているのかなど、想像が広がるというよりも、もどかしく思いました。
「おおかた」よりもっと適切な言葉があるのでは?という疑問が・・・。皆さんのツッコミ待ち!・・・でしたが、全体的には、このゆるい感じになんとなく共感くださる方が多くて、これはこのままでもいいのかもという気に。それと、別の方面からの発想でも句が出来ると思いましたので、また考えてみようと思います。印&ご意見くださった皆さんに感謝です!!
コメントを読んで、「あ、おもちゃが『遊んでくれるのはちょっとの間だけ』と呟いているようにも読める?」と気づきました。それもある意味真理かも



水差しの口のS字や桜桃忌(14点)

△水差しの口がS字のものを見たことがなくて、、読み込めませんでした
△口がS字の形した水差しというとメイドさんが入れてくれるようなそんなイメージが出てきます。ただそれだけのイメージしか沸かず、その為、桜桃忌でも河童忌でも蝸牛忌でもなんでも良さそうに思ってしまいました
★類想感があり厳しめにつけました。ごめんなさい。「欠けたる口や」にすれば○にしたかった~!
「口のS字」が伝わるかどうかでしたが、殆どの方がこういう水差しを想像してくださったのではないかなと。異国感あるアンティークなデザインも太宰治っぽいかも。頬に当てた手の形を思い浮かべたり、恋人のイニシャルにまで言及してくださった方もいて、「S」は何気に膨らみがあったと驚きました。原句「水差しの長細き口桜桃忌」からの推敲でしたが、良くなったと思いたいです「歪な感じ」も伝わって良かった印&ご意見くださった皆さんに感謝です!!



まだまだこれから何回も反芻しなくちゃですね。
3句ともに二桁得点は初めてで嬉しいです。
これを続けられるよう、しっかり頑張りたいです。
皆さんも、「自句自戒」ありましたら、是非どんどこ書き込んで下さいな
お待ちしておりますよーーー!!!

« リュウグウノツカイは虹になりたくて | トップページ | ◆6月句会の結果です »

るるる句会」カテゴリの記事

コメント

めぐるさん。皆様るるる句会お世話になりました。また初めてにもかかわらず何の不安も無く投句出来た野良古システムに感謝です。さらには、今回参加のきっかけをくれた桃猫さんにも大感謝です。そして結果はびっくりポン(゚-゚)
珍しく時間外労働してしまいましたので、これから良く読ませていただき、個人の句については後日書かせていただきます。取り急ぎお礼まで。ありがとうございました。

◆???

コンバンハ!
どなたでしょう、桃にゃん経由で結果にびっくりだとくりでんさんなのかな?と推理しますが、
違ったらゴメンナサイ!
分からないのでこれ以上のコメントは避けておきます。
またゆっくりとお越しください、お待ちしております

あれ~やっぱり名前入れてなかった。(*_*)大変失礼しました。

めぐるさん、皆さま、第5回るるる句会おつかれ様でした!
そして桃猫さん、花南天anneさん、めぐるさん、1位おめでとうございます!!!

自分の句も皆さんの句も、選評を読みながら推敲をあれこれ考えるのが本当に勉強になります。
以下、頂いた評を受けての自句自戒です。

【ゼリー句】
実は「ゼリー」が季語だということを、今回参加するに当たり歳時記をめくっていて初めて気づきました。
いや何かで見たことはあったと思いますが、素通りしてしまっていたのです。
今回の3句の中でいちばん自分らしく、自分の詠みたいように詠めたと思います。
いろんなゼリーを想像してくださいましたが、作者の意図は普通の冷たいおやつのゼリーでした。

【ナイター句】
これは実話なのですが、まさにめぐるさんに読んでいただいた通り、淡白だけど決して仲が悪いわけではない家族というつもりで書きました。
最後の3文字は自分でもしっくり来ていなかったのですが、やはりそこで読みを迷わせてしまったようです。
すりいぴいさんに指摘していただいた推敲案、実ははじめはそのように書いていたのですが、それだと
「ナイターを家で観ていたら、そうなった(◯◯が△△って『きた』)」とも読めてしまうかなと考えて変えました。
ただ、今あらためて考えると、季語を詠嘆しているわけですし、家で観ているとしたら助詞「を」は意味が分からなくなるので、
読者を信じてそのようにしてよかったのかもしれません。難しいな……。

【伽羅蕗句】
お昼休みにセブンイレブンのきゃらぶきおにぎりを食べながら作りました(笑)
この伽羅蕗の味をぜひ活かしたいと思ったのですが、その点では成功だったようでよかったです。
これも自分の詠みたいように詠めたのですが、前半は何人かの方にご指摘頂いたように、もたついているような感じが確かにあります。
今のしつこい感じも好きで捨てがたいので、これとは別にもう1句、何かできないか考えてみます。

みなさん、こんばんは!

今回はかなり接戦で、同点のキャンディーズ優勝おめでとうございます!
そして、今回も1点差で、もう数えきれないぐらいブービーが、
定位置の司啓です(笑)

それでは、自句紹介と自句自戒です。

全世界の俳ポニストみなさん、作句の際の危機管理の参考にしてね!


どぶ川へ唸る冷房室外機(15点)

1988年頃、住んでいたワンルームです。
『断末魔のやうな冷房苦情了ふ』と、前日にメンバーチェンジしました。
香織が信じきれず、やな予感がしたからです(笑)
結果、男性陣の4つ並んだ○が、とても嬉しかったです。
へ、唸る、季語へのご提案、とても参考になりました。


太陽ふたつ鷲鼻にサングラス(8点)

モデルは、88年大阪南港の野外、一番前で観た
『百万人の盆踊り』を熱唱するカールスモーキー石井さんです。
今日、たまたまテレビに出てた、てっぺいちゃんを観ますと、
ひとつのライトが、サングラスのふたつのレンズにそれぞれ映ってました。
即きすぎは、想定内でしたが、
「に」ではなく「の」のご提案は、次回以降へのいいこと見ーつけたでした。
これが句会の悦びちゅうやつですわ。みんなも共有しよう、この悦びを!
で、たまたま挨拶句っぽくなったので、このままにしました。
(誰も気づいてくれんとこが、大阪のどぶ川は、悲しい色やね♪です)
それでも、立志さん、特選ありがとうございました!
自分が納得し、もう一人くらい容け入れてくれれば、
それを一句の成仏としよう!です。


プールサイド高校だって香織の子(4点)

『アラビアのプールサイドに着陸す』に始まり、
世界を探索し、結局は、地元の市民プールに着地しました。
最初は、恋や子供で、作句してましたが、俺の中の香織が言うんです。
「自分、そんなんで、ほんまにええの」って。
で、いつもの口語の、同級生のママ友同士の会話になりました。
香織は、1982年生まれ、今年36才です。
82年は、1位裕子さん、2位愛さんに次いで、3位です。
ちなみに、1973年7位初登場、74年一旦姿を消しますが、
75年以降88年まで、84年を除き、
『明治安田生命保険相互株式会社名前ランキング』の
常連さんのお名前でした。
そういったマーケティング調査に基づき、チョイスした固有名詞ですが、
みなさんのまわりに、該当者は、少なかったようです。
ですが、4名の女性陣に、△をいただきました!

以上です。

それでは、また、いつかどこかで(あ、ここか)

それじゃあ、またね!


めぐるさん、今回もありがとうございました。

予告通り「ぶち込ん」でみました。(笑)
エロ三部作いかがでしたでしょうか。「蚊遣」「水中花」「扇風機」お気に召していただけたでしょうか。
雅なものから下世話なものまでバラエティーに富んだものを出させていただきました。

自解はいたしませんが、「扇風機」の句だけ少し。

現(うつつ)大辞林には
①(夢に対して)目が覚めている状態。現実。
②正常な心の状態。正気。本心。「ーにかえる」
③(「夢うつつ」の形で使われることから誤って)夢見心地。半覚醒。
④(死に対して)生きている状態。
とあります。皆さんは③の意味で取られているようですね。
②の「正気にかえる」と取っていただけたら、少しは句意が見えてくるのではないでしょうか。
欲情に任せて貪るように(以下自粛)・・・
〇〇を食って、ふと正気に返った。熱帯夜の学生ボロアパートの景として詠みました。
ここはクーラーでも蚊取り線香でもなく、やはり「扇風機」だと思うのです。
ま、力不足です。
次もまた、参加させてください。そして、ぶち込ませてください。(^◇^;)

今回も参加させていただき、ありがとうございました!初の3句とも二桁得点、そして過去最高順位…嬉しかったです!!

今回の自句についてですが…

◎夏帽子朝採り野菜直売所
野菜を並べる農家の方の夏帽子、また野菜を買いにきた人の夏帽子、どちらを思い浮かべてもらってもいいなと思って作った句です。山香ばしさんの『読む人それぞれに情景が浮かぶ句』、くりでんさんの『瑞々しい野菜を出荷する人の夏帽子、またその野菜を買い求める夏帽子。地産地消の景』が、まさにイメージした通りに読み取ってもらったなと思います。

◎かちわりやよその夫ばかり褒めるな
めぐるさんの『口には出せない悪態をモゴモゴさせつつ「かちわり」をガリッと噛み砕いていそう』がまさに!かちわりのジャリジャリした感じと嫉妬心を取り合わせた句です。リズム的には改善の余地はありそうですね〜。

◎リバーシは五戦全敗水羊羹
リバーシは全部負けた。お前、つえ〜な〜とか言いながら水羊羹でひと休憩し、次は将棋で勝負!といったストーリーを思い描いて作った句です。オセロではなく『リバーシ』を選んだのは…スミマセン、単純に語数です(;´∀`)必然性をもっと考えねば!

次回もよろしくお願いします(・∀・)

◆くりでんさん

おはようございます!
やっぱりくりでんさんでしたか(ほっ)
16点句、大好きです!
他の2句もよく雰囲気が伝わってきて好きでした~、
くりでんさんの確かな実力を感じます。
次回はくりでんさんから選んでもらえるような句を書きたいです、ゴゴゴゴゴ。
よろしかったらまた是非お願いいたします!!

めぐる様、皆様、第5回るるる句会お疲れ様でした
そして桃猫さん、花南天anneさん、めぐるさん、キャンディーズ(真似)1位おめでとうございます!本当に皆様、素晴らしいです!!
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私の句ですが・・・
まず、『髪洗ひ』これは、『髪洗ふ』にしたほうがいいですね!皆様ありがとうございます。やたら考えることが多くて(悩みばかりで・・・)、イジイジいつまでも過ぎたことも思い出して・・・。もうやめた!明日の事だけ考えよう!!っていう句でした。

『昼寝人』眠れないのです、最近。薬に頼ったりして。で、ガーガーお昼寝している人を見ると、(夜眠れなくならないんか?羨ましすぎるぞ、コノヤロー)みたいな(笑)
ちょっと乱暴でしたね。もう少し丁寧に作らなくては・・・

『体外受精』はじめ、顕微授精だったのです。漢字がごっちゃになってすみません。
体外受精は精神的にも経済的にも肉体的にもとても辛くて、必ずや最後の日が来るんです。そんな次女を見ていた先月の句でした!お陰様で着床して、12月には私はおばあちゃん(がーん!!)になります。応援していただき、嬉しかったです!!ありがとうございました!!

めぐる様、皆様ありがとうございました!(/ ^^)/
またよろしくお願いいたします!

P.S.
司啓さんの香織さん
凡鑽さんのエロ3
面白すぎです

皆さんこんばんは。
るるる句会本当にお世話になりました。普段もいろいろな視点から推敲する様にしているのですが、複数の人に句評を貰い人の句を選評することが、こんなに勉強になるとは目から鱗の体験でした。
以外自句自戒です。

冷し酒あたしとなれば素の女
最初は「冷し酒私あたしに戻りそう」でしたが、少し女子的目線に過ぎるのではと直して投句しましたが、すりいぴいさんのおっしゃる通り「ちょっとわかりにくい措辞」自分の中だけで理解消化してしまい伝える努力が足りなかったと反省。

●風鈴の句
山香ばしさん。特選ありがとうございました。同郷の方よりの高評価、また皆さんの選評を元に再推敲し地元の ※ 山あげ全国俳句大会に出そう思うのでこれだけ伏せさせて下さい。
※補足
山あげ全国俳句大会とは。
栃木県烏山の山あげ行事が、昨年ユネスコ無形文化遺産登録された事を記念に出来た俳句大会で、組長の師匠、黒田杏子先生が主選者で、ちなみに昨年は先生つながりで、瀬戸内寂聴さんが投句して下さり、「大文字恋も恨みもはるかなり」が特選でした。黒田先生つながりで組長にも来て頂けないかなぁと思う昨今です。興味のある方は、(山あげ全国俳句大会)で検索出来ると思います。サラッと宣伝。

●怪物も豪腕もみな日焼の子
かつたろーさん。私の胸の内100%の選評と特選ありがとうございました。
私も数十年前は顔と腕だけが焼けた高校球児だったもので野球ネタは結構考えます。俳句ポストでも「金盞花」「蟻」で組長にとって頂き一人ニヤニヤしていました。
一阿蘇さんの指摘
「みな日焼けの子怪物も豪腕も」
おお~いいかも。今度は伏せますので、またアドバイスお願いします。
最後にめぐるさん。素晴らしい句会ありがとうございました。またすぐ埋まってしまうと大変なので次回先行予約~。

めぐにゃん!皆様今回も素晴らしい句会をありがとうございました!
ずぁぁぁ~~~!!!まさかまさかのタイ1位と最多得点、うゎあわわわ!!!
水曜23時の衝撃です。嬉しすぎて舞い上がりました・・・キャンディーズとはまた嬉しいですね!
花南天アンさん、めぐるさん、一緒にマイクを握り、紙テープを投げられましょう~~~♪
すぐに御礼と自句自戒を書きたいと思っていたのですが
昨日の夕方、いきなり仕事飲み会になり(うあああ~~御礼だけでも朝に書けば良かったぁぁ)と後悔しながら深夜まで飲んでいたので、眠たがりの私は現在モーローとしています。
不甲斐ない私を許してくだされ・・・また明日書き込ませてください。

書きたいことはたくさんあるのですが、まずはくりでんさん!!
初参加で素晴らしい成績おめでとうございますっ!!
御一緒できてたいへん嬉しく思います!!
次回もまた是非~~~!
るるる句会参加の権利がプラチナチケットとなりつつあり、先行予約受け付けてほしいですね~
どうなるかな?
では、また明日・・・!

めぐるさま
いつもいつもこの場を提供していただき、ありがとうございます。
一位を獲得された皆様、おめでとうございます。やっぱり一位は凄いんですよ。
なかなか上への壁は厚いようで、今後も精進したいと思います。

それにるるる句会に参加される皆さんは、本当に様々な感性をお持ちの方が多く、
俳句だけでなく、句評ひとつひとつも楽しく、勉強になりますね。
特に、自分がいいなと思って採ったのに、採る人が少なかったり、
その逆もあったりと、独りよがりを戒めるのにも最高の場だなぁと感じています。

それから、さとみさま
瓜漬ける句への特選ありがとうございます。好意的に読んでいただき、
句を活かしていただいたように思います。

くりでんさま
同じ栃木県在住ですか。同郷として、よろしくお願いします。
山あげ全国俳句大会の方も挑戦してみたいと思ってます。
あさっての黒羽俳句大会に方は、結婚式に出席するため参加できないのは残念ですが。

みなさま、句会お世話になりました。まさにキャンディーズ同年代、花南天です。桃猫さん、めぐるさんと一緒に紙テープを投げていただき感激です😆💓
みなさまの句の多様性にうなりながらの選評でした。これがまた自分に取り込めるようにしていきたいと思っています。
さとみさんの『体外受精』実感が有り、ぐっと伝わってきました。コメントからやはりと納得です。

凡鑽さんの前回の童話から今回の○○の句柄の振幅にやられました😆
次はどんな句か今から楽しみです。

まだ選評のコメント読みきれて無いのでこれからまた楽しみます

山香ばし様
良かったです!私は姑と暮らしたこと少ししかなくて、今一緒に暮らしていたらどんななのかな~って思ったり。山香ばし様の優しい視点が痛いほど感じられました。仲が悪かったら絶対にこの句は生まれません。お大事にしてください

凡鑽様
花南天anne様
特選、嬉しいです!!本当にありがとうございます。体外受精、お蔭さまでうまくいきましたo(*^▽^*)o

こんにちは。
みなさんおつかれさまでした。刺激的な句会でした。ありがたいことに拙句も句別3位にいれていただきました。とても励みになります。また参加したいと思いますので、よろしくおねがいします。

司啓さん
どうもこちらこそはじめまして。わざわざご丁寧にありがとうございます。こちらもマイペースでやってます。どうぞよろしくおねがいします。

くりでんさん
そう言って頂けるとこちらも自信になります。こちらこそ次もよろしくおねがいします。

桃猫 自句自戒。

◇浮いてこい
最多得点・・・心底吃驚!この凄いメンバーで嘘やろ~~!!と叫びました。
嬉しすぎて泣けます~。皆様のすべての言葉に感謝。
俳句をしない家族に見せたら「まったく意味が分からない句」と言われました。(当たり前か)
皆様の豊かな読みに幸せすぎて天にも上る心地です・・・
今回暗い句ばかりになったので反省していたので本当にありがとうございました。

◇瓜きざむ土間に水吐くホースかな
ホースを詠みたかったのかな?・・・更紗ゆふさま(わぁぁ~確かに変ですね!)
ホースへの詠嘆もよく分かりませんでした・・・一阿蘇さま(ぎゃ~!確かに!)
この句も季語をずっと迷ったので「季語を変えてみたら」のアドバイスが胸に沁みます。
子ども時代に土間から続く工場の床に水吐くホースが置きっぱなしになっている光景を見慣れていたため一人よがりの句になってしまったと反省です。もっと実感ある句を目指します。
すべての印に感謝です。ありがとうございました。

◇日焼け子の××鬼・・・やっぱり切れがないとだらだらしますね。
座5の唐突さはマイナスにもプラスにもなるのだと勉強になりました。
色々なご意見をいただけてどれも頷きました。濃い意見おいただけてとっても幸せな句です!
めぐるさんの読み方、凄いなあ。
以前めぐるさんの「日だまりを」の句のような感じですよね。(切れの位置を変える)
鬼という言葉の不穏を生かすために季語を「桜桃忌」として一旦切ろうかずっと迷っていたのですが・・・
そっちにすべきだったかも(´ε`;)
ちょっと推敲して他でチャレンジしてみます。素敵なご意見アドバイスありがとうございました!

めぐにゃん!

今回も素敵な句会を改めてありがとうございました♪
アンさんとともに三人娘で同率一位とは「めでたさや~~」と一句詠みたいくらい嬉しく光栄です。
(詠めないけど・汗)
全ての句にコンスタントに高得点とは凄いことですね!

「低反発」の反抗期を読み取れなかった自分が悔しい!
なんて独創的な言葉と取り合わせだろうと吃驚しました!素敵です♪
「おおかたは」こういった映像のほとんどない措辞で、高得点は凄いと思います。季語がくっきりと際立ちますね!全快ソーダ水バトル、今回は浮いてこいバトル。次回はなにバトルかな?是非参戦したい!推奨ワードから推理します♪
「水差し」・・・あぁぁ。写真を見て自分が勘違いして思い描いていたのは「吸いのみ」であったことが発覚!本当にごめんなさいぃぃぃ!めぐにゃんの「メニューの細き筆記体」の句のようなやわらかい曲線のイメージの句、上手いと思います。次は夏の時候ですね。これまた楽しみ!

めぐるさんのいつも素敵な読みにうっとりします。
こんな読みをしたいなあと猛烈に憧れて憧れて私も全句コメントをしております。
初心者の私がこんなハレの栄誉をいただけたのは、るるる句会のおかげです。
本当にありがとうございます。
今後、なかなか参加の権利獲得難しくなりそうなるるる句会ですが
上手く参加できるといいなあ!どきどき。
参加したいですが、まだ参加回数が少ない方や初参加を希望される方もいらっしゃると思うので
様子を見つつ・・・えへへ。
それではまた!

◆野良古さん

こんばんは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でしたっ!!
進化し続ける野良古システムに驚愕&感謝です!!
ツール利用者も増えているようで何より
そして、「自句自戒」を有難うございます、
皆さんの選評と作者コメントを読むと、また新たに湧き上がってくるものがあって、
一粒で二度三度味わえるのが凄く刺激&勉強になりますっ!
毎回、食べ物の句は非常に印象に残るのですが、今回は「伽羅蕗」
自分では作れないので(きっぱり)、お惣菜で見つけたら買いますっ!!

>自分の句も皆さんの句も、選評を読みながら推敲をあれこれ考えるのが本当に勉強になります。
推敲が本当に楽しいですね!!
語順を入れ替えると、措辞にも多少の音数調節が必要になり、似た意味で違う表現は・・・と、
いろいろ探ることで、自分の中にも多少なりとも語彙が増えていくように思います。
別な発想も浮かんでくるので、本当に句会は楽しいですね!
次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語の予定。
また是非よろしくお願い致します!!!


◆つかっさん

おはようございます!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした
ブービーって言っても20点以上って凄くないですか?
臨場感たっぷりの「どぶ川」はもちろん、「鷲鼻」「香織」も好きな句でした。
「鷲鼻」は画面力がハンパないですし、「香織」がどんな子だったか想像するのも楽しかった。
「高校だって」と話題に上がるくらいだから、
同世代のママたちの子はまだ幼稚園とか小学生なんだろうな~。
一読して、「プールサイド高校」っていう私立に進学したのかって思ったのは内緒です(汗
そして、私の「父の日」への並選有難うございました!
激しいバトルとなった「浮いてこい」&忌日俳句「桜桃忌」
への△コメント、ともに嬉しかったです!
次はつかっさんの◎を射止められるように頑張るぞ!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

◆凡さん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
エロ三部作、堪能させて頂きました!!
特に「蚊遣」は、下五の状況をどう捉えるべきか何とも言えない「きゅ~ん」が迫ってきます。
思い切り句の中に入ってしまい、何回も○と△を行ったり来たりしましたです。あぁ~!
「扇風機」は、「ウッ」の解釈で良かったんですね
ちょっと描くのが憚られる内容だったので、なんとなく誤魔化してしまった自分が情けない。
鑑賞でも「ブッ込み」出来るよう頑張ります(えっ)。

次回のテーマは「夏の天文・時候」・・・エロくなりそうな季語がいっぱい???
また是非よろしくお願い致します!!

◆かつたろー。さん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
かつたろー。さんの句には最初全部○をつけていました!!いやホントですよ!
「かちわり」は破調でこそと思いますし、「朝採り」は文字の並びまで爽やかで。
「リバーシ」も、私はピッタリに感じましたが、「これだっ!」と納得出来る言葉が見つかるかも知れませんね。
一読して飛び込んでくるイメージが、3句ともに鮮やかでしたので、
次回から「俳句チャンネル」の作者予想の時に大いに参考にしたいと思いましたよ
そして、私の「父の日」「浮いてこい」への△コメント有難うございました!!
それぞれに汲み取って下さった言葉が、とても嬉しかったです。
次はかつたろー。さんの○、いや◎を射止められるよう頑張ります!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

めぐるさん、みなさんこんにちは。
まずは1位の、そして上位のみなさん、おめでとうございました。
野良古さんのゼリー句の良さがじわじわきました。最初に感じていれば・・。すいません。

自句は述べませんが、あらゆる評、選をいただいたみなさんありがとうございました。
桃猫さん、夏館の◎ありがとう。
夏帽子は、「の」がよかったもしれません。

いちおう偉そうに言った手前、選評のおおまかな基準をのべさせてください。
俳句に「理」を過剰にもちこんでいない。観念でできていない。
示唆や伏線や誘導、過剰なドラマがない、こう思われた句を採りました。
(句意やテーマでなく)なんかの狙いを言おう言おうと感じられた句は採れませんでした・・。

そして、意味はわからなくても、なんか響いた、句を採りました。
言いたい意味よりも、簡単な何かの「感じ」が簡潔に十七音で研ぎ澄まされ、
実感を持って「表現」されたか、に重点をおきました。
まあ、いただいた評が示すように、私ができているとは言えないのが申し訳ないのですが。

主催のめぐるさん、システム開発の父、野良古さん、すべての評のみなさんに
あらためて感謝と懺悔をいたします。

かつたろー。さん、NHK俳句、

アーノルド・シュワルッツェネッガー雲の峰

おめでとうございます!いま手元にないので表記間違いあればすいません。
漏れあればすいません。
次回は「おいしそうに詠む」でしたっけ。 それでは。

めぐるさん、参加者の皆さま

先ほど「投句処」に、作者コメント掲載の機能を実装してみました。
自分の句についている選評の一番下に作者コメント登録(編集)のボタンがついています。
「全選評」「得点順」「作者順」のどこから選評を表示しても大丈夫です。

作者コメントは、「作者が自分自身の句につける評」(記号は★)という扱いになっています。
選句期間中にすでに自句に★を入れてコメントしてくださっている場合、すでにそれが作者コメントとして別枠で掲載されています(今から編集もできます)。
また、字数制限もほかの評と同じく100字です。


最後に、この機能は現状ではまだ「β版」(実験的に公開してみている機能)ですので、
これからいろんな点で使い勝手を変更していく可能性があるという点はご了承ください。
(まあ、投句処全体がそういうノリではあるんですけどね。)
とりあえずお試し機能として気軽に使ってみていただければ幸いです♪

◆さとみさん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
さとみさんの「体外受精」の句、私のOL時代の友人の話を思い出しました。
友人は通水治療を受けた後で妊娠できたとのこと。
さとみさんも、無事おばあちゃんになる予定が出来て本当に良かったですね!!
娘さん頑張られましたね。
無事のご出産を心から願っております。
それから、私の「父の日」への△コメント有難うございました!
昨日、枕が実家に届いたのですが、父ではなく兄が使っているとのこと・・・
でも、『NHK俳句』放送が「父の日」だったので、入選のお知らせがプレゼントになっていればと
次はさとみさんの○、いや◎を射止められるよう頑張ります!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

◆くりでんさん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
くりでんさんの3句どれも好きでした
特に「日焼の子」は一読で○を決めた一句。
私は、桃にゃん同様「母目線」で読んで胸きゅんでしたが、
かつたろー。さんの選評が胸アツで、目頭まで熱くなりました・・・!
コメントから、夏のグラウンドに舞う砂埃、涙か汗か分からない滴り、
「甲子園」というキーワードから浮かぶすべてのものが一気に立ち上がったかのようで。
「ドカベン」の中で、里中くんが変化球投手として再生しようと、
「まがれ~~~」と叫びながらカーブの練習を繰り返していたシーンも思い出し。
句で感激し、選評で感動し、作者コメントでまたウルウル出来て、ホントに幸せ
「風鈴」の句に結果が出たら、また是非教えて下さいね!!!
私は、次はくりでんさんから何らかのコメントをもらえるように頑張ります!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
先行予約を頂き、おおーーーと燃え上がるモノを感じています。
また是非よろしくお願い致します!!

◆桃にゃん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
今回は、モモちゃんアンちゃんとキャンディーズを結成出来て幸せでした!!
みんなーーーーおめでとうーーーありがとうーーーー(紙テープ!)
次回早速解散することにならないよう、また頑張りたいと思いますっ!!!

桃にゃんの「浮いてこい」得票1位でしたね!!おめでとうございます!!
私の「浮いてこい」と同じ発想だ!と思ったので、何をどう言われるのか(自句との違い)
そして作者の弁は・・・?と、ドキドキで待っていました。
そこから浮かび上がったのは、「自句に時間情報をプラスしてみよう」という推敲案。
どこかに出してみるよ~~~、有難うね桃にゃん!!
「日焼け子」への「もうひとつの読み」を楽しんで頂けたようで何よりです。
ちょっと夏井先生を意識してみたよ
桃にゃんも私の句へのコメントそれぞれ有難う!
「浮いてこい」はやっぱ黄色いアヒルが可愛いよね!!
次は○、いや◎を射止められるように頑張るっ!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

◆山香ばしさん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
いや~~~~もう、毎回皆さんの多様性には本当に唸らされます!
同じ句を読んでも、こんなに受け止め方が違うのか、
同じように感じていても、こんなに表現に差が出るのかと、
毎回皆さんのコメントを読むのが本当に楽しみです。
山香ばしさんの「瓜漬ける」、
家族を詠むのは、どこかで読んだような句になりやすく、なかなか難しいかと思うのですが、
季語に日々の空気感も入っている気がして、とても印象に残りました。
そして私の3句ともに△コメント有難うございます!!
それぞれのコメントが非常に有難く嬉しく、おかげで「父の日」の推敲案がまとまりました!!
来年のどこかの6月句会に投句するチャンスを狙います!
次は山香ばしさんの○、いや◎を射止められるように頑張るっ!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

◆野良古さん

作者コメント、使い易いです~~(感涙
早速、ひとつ編集しちゃった(´▽`*)
シラズ君発の「作者より」システム、自分の言葉の足りなさを
さらけ出すことができ大変重宝しています。
皆様のコメントを読むのも楽しみですし、自解しない姿勢もまた潔いなあと思ったり・・・
過去の句会も復習しやすく本当に感謝です。ありがとうございました。


◆凡さん

いつも楽しいぶっこみ有難うございます!
扇風機の句、うつつとはそういう意味だったのか~
食うまでは「うつつではない=夢のような快楽の世界」だったのですね~なるほど!
自分の評を読み返して色気のなさを反省しました・笑
次回も楽しみにしています。


◆自分の選評の基準について

類想のないもの。
型を踏まえているもの。(型を踏まえたうえで崩していると感じたもの)
を採るようにしています。
すりいぴいさんのように自分の言葉で自分の基準があるといいのですが
それがない(自信がないともいう)のでこの二つを基準に。
ただ「類想のない」という基準は自分の俳句暦が短いため、仮にユニークなものでも
一度見たことがある句材を類想か否か判断できないのが辛い。
たくさん読むしかないですね~(´∀`;)
何千句と選評されるプロの俳人の先生方は凄いなあと改めて尊敬します。

◆めぐにゃん

最後になりましたが、私も次回るるる句会でぶっこみたい句ができたので
是非次回も参加したいです。
もし先行受付が可能であればエントリーお願いします。

長文を書くのは地味に辛い、でも書かないと落ち着かない……
……皆様、今回も私の「寿限無(自句自戒)」にお付き合い下さい
 
 
 
【1.夏の灯を失う家の蛍かな(8点)】

[由来]
「夏の灯:ギラギラと照る夏の太陽がようやく沈んで、夜の帳が下りる頃、家々に灯火が点ると涼しさにほっと安堵を覚える。そんな感じを表している季語。殊に湖畔や海辺、木立に漏れる灯は涼味とともに解放感ももたらしてくれる(「きごさい」より)」

……結構風情のある季語で、これを使ったら何か良い句が書けそう……と思ったまでは良かったが、持ち前のひねくれ根性のせいか軽めの鬱を発症していたせいか、この「夏の灯(+)」を使って-の句を作ってやろうという事に

少し前まで、独り暮らしだった祖母が住んでいた家。祖母が亡くなってから、ここに住む者は誰もいない。たまに家の整理や掃除をするために、2~3ヵ月に一度、私が来るだけだ。
ここに灯りが灯る事は、もう無い。けれど、そんな事を知ってか知らずか……今日、私がこの家から去る時、家の裏にある川から蛍がやってきて顔を見せた。まるで、夏の灯が消えたこの家を惜しむかのように。
(注:あくまでフィクションです)

[反省点]
……と、自分では色々と盛り込んだつもりだったが……作っているうちに肝心要の事を見落としていた事を、以下のコメント群で気付かされる事に。

「上五はただの「灯を」で十分良かった」
「「夏の」はいらないと思います」
「「ともしびを」とのびのびと詠んで季重なりを回避したいところ」
「「夏の灯」を使わないで同じことが表現できるのでは?」
「蛍だから夏に違いがないわけで、あえて「夏の」が必要なのか」

……やってしまった…………
上五が、「夏の灯」である必要性・必然性が(ほぼ)無いっ……!!!!

「(あたたかな)夏の灯が失われた事の寂しさ」に囚われ過ぎ、「夏の灯」という言葉にこだわり過ぎていた事に自分自身全く気付いていなかったおまけに、季語の重要度は「夏の灯<蛍」なので、事実上「夏の灯」は季語として死んでいると言っても過言ではない「生活の季語」が兼題であった今回の句会において、ほぼ致命的レベルの失敗である

その一方で、

「夏の灯は亡くなられた方、蛍はその方の魂」
「夏の間はどこかに旅行に出て無人/愛でる人のいない空間でも、あるいはだからこそ、蛍は悠々とやわらかく飛ぶ」
「夏草に呑まれて(家が)自然へと帰って行く」

という、当初予測していた読みを越えるコメントが出ていたので……それはそれで興味深く、また有り難かったです

しかし、今回はこれの上を行く「失敗」があって……(以下、25の句に続く)
 
 
 
【13.胸底に重力を聴く昼寝かな(16点)】

[由来]
私は、たまに極度の不安状態(≒鬱)に陥ると、「体も頭も疲れているけど上手く眠れない上に、眠ったとしても眠った気にならず体力・精神力(≒思考力)が回復しない」という状態になります。体も頭もしんどいので、休める状況なら昼夜を問わずとにかく横になって眠るようにしているのですが……仮に眠っても、心音が耳と頭に響く、心臓マッサージをされているような感覚で胸が心拍に合わせて圧迫されるような感じがする、胸の上に岩を抱いて寝ているような錯覚を覚える……
……とにかく、「意識を失っていても胸が重い」のですそれを、可能な限りの描写で表そうとした句。

[反省点]
どちらかと言えば、「俳句」と言うより「詩」に近い句。「特殊な状況・感覚」を書いた句なので、読み手が句意に辿り着く事を期待してはいません。純粋な「表現力・描写力勝負の句」なので、そこが読み手に受けるかどうかです。成功しても失敗しても、これ以上の改造は現段階の私の語彙・感性では不可能です。
強いて言えば、「昼寝(+)」と同じような意味を持った言葉で、(-)のニュアンスがありそうな言葉があったら良かったのですが……

なお、本当にどうでも良い話ですが……

「真夏に畳に仰向けになって昼寝をする。鼓動が畳に跳ね返り、背中にも響く。[鼓動を感じながら、徐々に重力に負けて地球に沈み込んでいく]ように、眠りに落ちていく。穏やかな昼下がりですね」

[]内に関連して……あくまで聞いた話ですが、鬱にかかっている人が寝ると、ベッドの中に自分がズブズブとめり込み、沈んでいくような感覚を覚える人もいるようです私のは、まだ軽症だと思います。

【ずぶずぶと地球の裏へ行く昼寝】
 
 
 
【25.夏の夜半ロウソクに憑く百の風(4点)】

[由来]
「百物語:集まった人々が一人一人怖い話をして、用意された百本の蝋燭を一つづつ消していく。百本目の蝋燭が消された時、本物の幽霊が現れるとされる」

という季語の話を読んだ時に、これを使ったら何か(以下略)。「百本の蝋燭を全て消したときに、本物の幽霊が出る」という所に心惹かれたのだが……

[反省点]
……結局、「百物語」という季語そのものを生かすことができず、あれこれ考えるうちにいつの間にか「百物語」という語そのものも消滅し、単なる季語の説明に色々な意味で初歩的ミス+推敲不足であり、低評価でも仕方がない中途半端な句を出してしまい、申し訳ない思いでいっぱいです
しかし、それにしても……「隠れ季語(読んでいるうちに季語が浮かび上がる)」って技巧としてアリなんだろうか?今回みたいに、下手をすれば季語の説明になってそれっきりになりそうな気が……
 
 
 
今回のまとめは……その…………
憑かれて……ではなくて、疲れていて色々と本当にごめんなさい

句会を楽しみにしているのは間違いなかったし、色々とあった中でいつものノリで手を挙げたまでは良かったが、やはり精神的動揺がある時に良い俳句は作れない……

皆様、今回もお世話になりました。ありがとうございます
 
 
 
【P・S】このコメント投稿と同時に、前回の自句自戒+αも出しておきました。興味がある方はどうぞ

さて、自句自戒は終わりましたが……ここからは、追加コメント+懺悔を少々。
現段階でオープンされていない句に関しては、季語はオープンにし、説明に必要な単語はアルファベット、そうでない単語・助詞は***で表記しています
 
 
 
【4.*********浮いてこい】(桃猫さん)
本来は○以上で採っていてもおかしくない句だったが、「浮いてこい」の動き・性質(雰囲気)がはっきりしなかったため△に。歳時記の記述や静止画は多数見つかったが、動画が見つからなかった……どんな動きをするおもちゃなんだろ?

【6.おおかたはひとりでいます浮いてこい】(小川めぐるさん)
口語と文語の中間のような句に、「おおかた」という「不安定な語(※1)」を使ってきている。(あくまで私の直感だが)この手の「不安定な語」は、口語の句で使うと効果的だが……文語の句で使うと、説明っぽかったりわざとらしい示唆だと思われたりして機能しない事が多い気がする(※2)。
(※1)→読み手によって尺度が変わってきそうな言葉、もしくは主観の感情や価値観を含む言葉

「十七音全域において口語100%の句」であるなら、「おおかた」は十分機能すると思う。しかし、「十二音は口語っぽいが、十七音全体で見ると文語っぽい」この句の場合は、十二音だけ拾って口語と判断されれば「「おおかた」の緩さ」が評価されて+になるが……句全体を見られて文語で読まれると、その「緩さ」が-に働く気が。
これを防ぐには、「完全口語の句」にするか(1)、「おおかた」を示唆する別の言葉に置き換えるか(2)、あるいははっきり言い切ってしまうか(3)……といったところ。ただ、「おおかた」が絶対的に悪と言える程の語かと言うとそうでもないから、無理して直す事もない気もするが……あくまで、参考までに。

1.浮いてこいおおかたひとり過ごします(これでも、口語としてはやや不完全)
2.気が付けばひとりでいます浮いてこい(ひとりきりです?)
2.飽きもせずひとりでいます浮いてこい
3.夜いつもひとりでいます浮いてこい

(※2)についても色々と詳しく書きたいのですが、ここで書くと書き切れないような中身なので……後日、気力があれば

【7.蠅取紙*******】(あいだほさん)
この句の選評で「内容が非常に印象的で奥深い」と書いたのは、「社畜という名の穀潰し(蠅)を見る、ブラック企業の上司の冷めた眼」を感じたから。……ちょっとキツい読みかな?

【10.***********ゼリー**】(野良古さん)
実は、特選と迷った句。語の連携が抜群で隙がない。インパクト重視で7を推したが、個人的にはこれも捨てがたかった

【17.すててこでAAAABBBBB】(あるきしちはるさん)
「AAAA」がどのような時に使われる物かは知っていたが、それでも具体的内容は色々と考えられる……それにより、読みの幅は増えるがインパクトは減るので一長一短。「AAAA」から「BBBBB」も平凡と言えば平凡。

【19.昼寝起A********】(比良山さん)
コメントに「BBBのCCは**だけではなかったのか」とありましたが……こっちの方(BBBのCCでAの状態を知る)がネタとしては面白くありませんか?書くのはちょっと難しそうだけど……

【22.***AA*BB三尺寝】(あいだほさん)
微妙なレベルでの語の選択ミスの句で、AAを「野辺」にするか(要音数調整)、BBを「捨てて」にするだけで不自然な点は消える。惜しい句

【24.プールサイド高校だって香織の子】(司啓さん)
「だって」という言葉は、意外に難しい言葉で……

1.……でも。……でさえも。……もまた。(添加・極端な例示・並列)
2.……だということだ。だそうだ。(伝聞)
3.そうではあるが。そうだとしても。また、なぜかというと。(逆接+理由の接続詞)

……私は1で読んだため、意味が全く分からなかった伝聞で読ませたいなら、それとはっきり分かるような書き方にするか、他の言葉にしたい。

「プールサイド香織の子高校だって」(「だって」の直後に語が来なければ、ほぼ確実に伝聞)
「プールサイド高校ですって香織の子」(中八が苦しいが……)

もっとも、伝聞で読んだ読み手は多数いたため、単純に私の読解力が不足しているだけかも知れないが……

【28.冷し酒あたしとなれば素の女】(くりでんさん)
この句にしたって「冷し酒私あたしに戻りそう」にしたって、ネタはそんなに悪くない……もっと改造の余地がありそう。「あたしとなれば」も面白いけど、語が長くて説明っぽくも感じる……素直に「冷し酒「あたし」に戻る三本目」とかはどう?

【40.**********扇風機】(凡鑽さん)
いや、その……「ひょっとしたら「そういう句」なんじゃないかな?」と思わなかった訳じゃなかったんですが……「その「生々しい読み」を公表して、万一外したら……」と思ったら気が気ではなく、とても評を書けませんでした勇気が無くてすみません

【42.水差しの口のS字や桜桃忌】(小川めぐるさん)
「注ぎ口のシルエットがS字」ならまだ自然だが、「細い管状の注ぎ口が付いていて、それがS字になっている」と読んだためにあのような評に。自分でも「ちょっと突飛な読みだったか?」と思ったが……実際のところ、そういう水差しってあるんだろうか?

【45.日焼け子のAAAA*****】(桃猫さん)
細かい事ですが……「AAAA」をやるのは「子供」と相場が決まっているので、実は「子」は必要ないのではないのかと。「日焼けした」にした方が良いと言ったのは、そういう意味もあるのですが……この表現ではかえって説明っぽいかな?

【48.*********昼寝人】(さとみさん)
「世の中に寝るほど楽な事はなし 浮世の馬鹿は起きて働く」という狂歌(?)があるが、それを思い出した一句。道理は道理なんだけど何かおかしい、不思議な感じのする句

【49.揚花火*********】(花南天anneさん)
すみません、懺悔です「揚花火は初秋の季語」とコメント欄に書きましたが……歳時記によってまちまちで、「夏」と表記されている歳時記もあるようです。どうも申し訳ありませんでした

【53.夜濯ぎ**********】(比良山さん)
変換ミスに気付いていなかった人間が、ここにも一人私が幼い頃、母がこれを使って洗濯していただけであって、私自身は実際にこれを使った事は無いからな……語の実感がやや薄かったのかも
 
 
 
以上です。少々と言っておいて、何百字書いたんだか……

ヨミビトさん、こんばんは!

追加コメントありがとうございます。
『だって』の複数の意味は、僕も悩みました。
大阪弁なら、『高校やて』で、事足りるのですが、
字足らずですし、前回迄の『うめきた』や『クリソ』の反省を踏まえ、
『高校だって』になった次第です。

言葉に賭けて、伝わる伝わらないは、あくまでも結果ですので、
これはこれで了です。

次回はまた今回の反省を踏まえ、多分、誰も使ったことない五音等、
いろいろと企んでおりますので、よろしくお願いいたします!

追伸:

最近のヨミビトさんの句を採るようになったのは、
そんな言葉に賭けているなあという意志が、
句から伝わるからだと思います。

そういった意味からすると、
夏の灯は、『喪ふ』で、ギャンブルしてみるのも、ありだったかなと。

それじゃあ、またね!

◆アンさん

おはようございます!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
アンちゃん、モモちゃんとキャンディーズ結成出来て嬉しいです!
まさに私も世代ど真ん中、カラオケでも時々歌ったりします
アンさんの3句どれも素敵でしたー、
特に14点句は、季語の微妙なニュアンスが利いていて、
措辞がぴったりだったと思います。
そして、私の「浮いてこい」に○を有難うございました!!
コメントとっても嬉しかったです。
次回は、アンさんのハートのAを引き当てられるよう頑張ります!
テーマは「夏の天文・時候」の季語の予定です、
どうぞよろしくお願いいたします!!

◆一阿蘇さん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
21点句(得点3位)は、一読で特選を決めた一句でした。
キャッキャウフフなお喋りシーンというより、
「やるじゃん(ニヤリ)」といった目線や口元による意思の疎通・・・を想像しました。
そして、私の「桜桃忌」への△コメント有難うございます!
忌日俳句は難しいですが、時折チャレンジしてみることもきっと勉強になると思っています。
いいにつけ悪いにつけ、皆さんの反応が分かるのが有難いです
次は一阿蘇さんの○、いや◎を射止められるよう頑張ります!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

◆すりいぴいさん

こんにちは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!!
「夏館」は、一読で○でした、もう取らざるを得ない句
「夏帽子」も、さまざまに想像出来て好きな句です。
助詞は確かに「の」でも伝わりますね。
また、選の基準を書いてくださり、有難うございます。
「作意の感じられない、スッキリとした句」の中にこそ、
読者がさまざまに想像を広げられる奥行き(余白)があると私も思います。
そうは思っても、なかなかピタっと決められずもどかしいばかりですが
「第4回」では3タテを喰らいましたが、「第5回」では△ふたつ。
次はぴいさんの○、いや◎を射止められるよう頑張ります!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

◆野良古さん

こんにちは!
おおおーーお、ついに「作者コメント」が!有難うございます~!
そしてまだまだこれから進化が起こりそうな気配!
ワクワクが止まりません!
どうか無理のないよう、よろしくお願い致します!!

◆シラズくん

こんばんは!
「第5回るるる句会」ご参加有難うございます&お疲れ様でした!
いつもながら暑い・・・いや厚い・・・違った、熱いコメントを有難う!!!(不必要なボケ)
シラズくんの句やコメントがどんどん洗練されていくのが、読んでいて楽しいです
そして私の「桜桃忌」への並選有難うございました!
『そんな水差しが水差しであるためにはどうすれば良かったのだろう?』
このコメントには涙腺が熱くなりましたよ・・・
そして、「浮いてこい」推敲案も浮かびましたので、どこかで試してみます。
自句に★を入れるようにすると、「ここが~」と思う場所がよく分かっていいですね。
皆さんから指摘される部分と同じだと「やっぱり!」と素直に思えるし、
自分では感じていなかった部分に言及があると、それがまた勉強になります。
いろんな意見があるので、その中で自分の意見(方向性)もより固まってくる気がします。
・・・と言いながらも、道の遠さを思い知るばかりではありますが
次はシラズくんの◎を射止められるよう頑張りますからね~!!

次回のテーマは「夏の天文・時候」の季語。
また是非よろしくお願い致します!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆自句自戒!:

« リュウグウノツカイは虹になりたくて | トップページ | ◆6月句会の結果です »