最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ◆「幽霊」「逝く夏」 | トップページ | 稲妻や姉は非婚でよいと言う »

2018年8月17日 (金)

姉の目のほの濡れてゐる踊かな

うわ~~~~!
良かったーーーー!!!
ほんっとうに類想しか出て来なくて、3句しか投句出来なかった「踊」。
なんとか!なんとか1句を【人】に採って頂けましたー感謝です!!!

【人】姉の目のほの濡れてゐる踊かな

以前『NHK俳句』の兼題に出た時の没句のリベンジです。

【没】姉の眼尻うす赤き踊りかな   ・・・定型にしなさい!
 盆踊り姉の眼尻うす赤く       「うす」より「ほの」がいいかな?
 盆踊り姉の眼尻ほの赤く       季語に送り仮名は要らない!
 ほの赤き姉の眼尻や盆踊    「まなじり」から「めじり」へ。でも「眼」だけでいい?
 姉の眼の赤く濡れたる踊かな  字面(絵面)がきつい?コワイ感じも。
 姉の目のほの濡れてゐる踊かな優しくしてみた。ここで投句。

そして、妖怪ネタで1句、これは「覚(さとり)」を使ったものでしたが、
いずれリベンジを狙うのでここでは伏せておきまする。
木曜掲載句の中から上位互換句を紹介させて頂きます。

妖と約束すまじ踊の輪            しゃれこうべの妻
盆踊人でないもの付いて来る        シュリ
河童の眼静かに澄める踊かな       さとうりつこ
あかあかと踊るひとひとのつぺらぼう   薄荷光

もう1句は、『俳句チャンネル』に投句した「あの尻がうちのかあちゃん盆踊」の姉妹句。
「太腿」を何とかエロっぽく詠みたかったんですが、力不足でして・・・。
これもいずれリベンジを狙うので、ここでは伏せておきまする。
上位互換句をいくつか紹介させて頂きます。

母じやない踊つてるのは知らぬ女     薄荷光
踊りたる母も人妻かと思ふ          明星

そのとき、そこにいるのは、普段と違う貌をした「女」であると。
「母」もそうなら、「姉」もそうなのだと、今頃になって気が付きました。
そして、自分では言葉に出来なかったイメージの句をいくつか紹介させて頂きます。

婆さんの踊だんだん透きとおり       空蝉
やがて火になるのねあの踊子たちは   牟礼あおい
踊りつつ夜露と溶けていくつもり      鬼怒
踊る手や踊浴衣を脱いでなほ       鈴木牛後

「踊」から浮かぶキーワードとして、「没頭・恍惚・高揚」などがあるかと思います。
単純な動作の繰り返しの果てに、突き抜けるというか辿り着くというのか。
そのことを思い浮かべながら、ついにまとめられませんでした。
ああ、皆さん素晴らしい・・・!

あんなに、「アカン!出てこん!!!」と思っていたのに、
皆さんの句を読ませて頂くと、次々とアイディアが湧いて来る気がしてきます。
(気がするだけかも知れませんが・・・嗚呼っ)
来年は、自分でも素敵な「踊」の句を詠めるといいな。

最後になりましたが、木曜掲載の皆さん有難うございます&おめでとうございます!!!

« ◆「幽霊」「逝く夏」 | トップページ | 稲妻や姉は非婚でよいと言う »

まつやま俳句ポスト365」カテゴリの記事

コメント

うううっ・・・なんと色っぽいお姉さん・・・!
私の中では夏料理のお姉さんともリンクするのです。
黒髪の壇蜜風の清楚かつ色っぽいお姉さん。
踊の輪の中に愛しい人がいるのかもしれませんね。
そしてその人は別の女性を踊っていたりして・・・この句もまた想像が膨らみます。
お姉さん、幸せになってーーー!!

◆桃にゃん

こんばんは!
素敵な「姉」を想像してくださってありがとうございます~!
「なんで潤んでいるの?」という部分を読者に丸投げしているので、
いろいろ想像してもらえると嬉しいのです

桃にゃん【人】×2句おめでとう!!
今は昔男ありけり踊りたり
「伊勢物語」ですね!!「かきつばた」の話だけ知ってます~!
男社会と言われても家柄だとか慣習だとか、いろいろと纏いつくものがあったんだろうなあと思います。
踊って何もかも忘れたいーーーと思うことは、男性にもあったんだろうなあ。
桃にゃんの句の続きが、「伊勢物語」のどこかに入っていてもおかしくない気がします。
それから「犬がどこかに繋がれている」という発想の句はたくさんありましが、「痩せ犬」なのが実に桃にゃんらしく、ドキっとさせる一句になっていますね。
人物が感じられて、その飼い主さんが素通り出来ない祭り(踊り)というものの吸引力に気づきます。
うまいなあーーー!

>お姉さん、幸せになってーーー!!
漫画では「キャラが勝手に動く」と言いますが、この「姉」もなんか勝手に生きている感じで、
今後どうなっていくのか
でも幸せになって欲しいです私も!
作者として、なんとか頑張ってみます!!

めぐるさん。こんにちは。

熱気ムンムンの坩堝感が伝わればと思ってましたが、天への祈りの昇華まで考えてませんでした。素敵な選評ありがとうございます。(^^)
今回は、るるる句会での凡讚さんの「後朝や」に刺激を受けて作った
手をつなぐ吾子宿りしも踊の夜(没供養)
が自選1だったんですが、ここでまさかの「けり」の句がくるとは(゚Д゚)
組長の千里眼。勉強せい。の叱咤激励と受け止め頑張ろうと思います。
とは言え「無月」が未だに無の状態。「をり」3句「なり」0句「たり」1句。頑張らねば。

こんばんは。
自句自戒のタイミングを逃したまま夏季休暇が終わりました。
もたもたしてると次の句会が来てしまう…

さておき。人選おめでとうございます。
いつものことながら、発想の広げ方、勉強になります。
母とか子は思いつくけど、姉は出ないなー私…
因みに、次の無月は好みの例句が多くて、逆に思いつきませんw

◆くりでんさん

こんにちは!
「踊」地選おめでとうございます!!
「ムンムンの坩堝感」ばっちり伝わりました!
そしてその熱気が渦を巻いて天に向かって昇っていくのも・・・!
このあいだからマイブームの「世界は螺旋」のせいかも知れません
何しろ感じたのが「傍題なエネルギー」です。
これぞ「踊」と感じ入りました、改めておめでとうございます!!!

>ここでまさかの「けり」の句がくるとは(゚Д゚)
いやもうマジで「まさか」、
多分、「踊」の投句期間のうちは、自然と作句されていて、
「るるる」のテーマが「けり」になった時は、意識しすぎて別方向に行ってしまったのかな?
なんかありますよね、そういうの・・・!

>自選1
自分の期待値一番の句が選ばれることって少ないですよね
私の場合、今回は「もし選に入るならコレ」という淡い期待はありましたが、
他の2句があまりにもだったので
早くズバっと「これだっ」という句を投句してバシっと選ばれるようになりたいーー!!

>無月
私も締切2時間前くらいからダーっと投句・・・もうダメだと思いましたが、
最後の1句は0:00という、まったくもってギリギリの攻防(?)でした。
今頃になって「あっ、この地名使いたかった」とかいろいろと浮かんでくる始末・・・。
毎回なんですけど、ホントに締切が過ぎた後に浮かぶのよね・・・
あと、皆さんの句を拝見した後・・・
本当に、自分の中から出て来るものは、皆さんから頂いたものばかりだと感じています。
皆さんの素敵エッセンスをちゅうちゅうしようと虎視眈々です、
「るるる句会」でもヨロシクお願いいたします!!!

◆しゃーらさん

こんにちは!
「踊」難しかったです、あまりにも思いつかなくて、過去の没句の焼き直しに走りました。
その原句も、「づかづかと~」で囁かれた踊り子が頬を赤らめる、といったイメージからのもの。
「姉」が出て来たのも、この高野素十の名句のおかげです

踊りの手重たき夜気を斬つてゆく

「踊」の句では、「やはらか」「しなやか」といったイメージが多い気がしたので、
しゃーらさんの句にあるオリジナリティにハっとしました!
すぱっと夜気を斬る指先、それは心にまとわりつく何かまで切り裂いているのかも。
そしてその繰り返さ絵る動きは、無我の境地へと・・・。
「ダンシング・ゼネレーション(槇村さとる)」の神崎先生の踊りみたいでカッチョいいと思った私です。

>無月は好みの例句が多くて、逆に思いつきませんw
ほんとに、素敵な句がいっぱいでした~!
またしても、もろに影響を受けている句しか書けておりません
次の「無花果」では、もうちょっと頑張りたいです!!!
うあー「るるる句会」も迫ってる!
募集記事早くUPしなくちゃ
またよろしくお願いしますね!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姉の目のほの濡れてゐる踊かな:

« ◆「幽霊」「逝く夏」 | トップページ | 稲妻や姉は非婚でよいと言う »